shimiyan21.cocolog-nifty.com > 1/35 AFV (Vehicles)

Sdkfz250/5 Alte

Sdkfz250/5 Alte

Sd.Kfz.250/5装甲観測車は砲兵部隊用の観測用車両で、搭載無線機によって2種類のヴァリエーションが存在。
当初Sd.Kfz.253装甲観測車に代わって突撃砲部隊に装備されたのは、このタイプ。
●タイプ1
Fu.4無線機と、司令部連絡用のFu.8無線機を搭載したタイプ。
Fu.4は、c型中波帯無線機で受信専用。
Fu.8は、出力30Wの送信機とc型受信機を組み合わせた中波帯無線機。

無線機のラックおよびアンテナ基部の装備位置はSd.Kfz.250/3装甲無線車と同じであったが、戦闘室内左側にあったベンチシートは廃止されており、代わりに観測用双眼望遠鏡(Sf14Z)を取り付けるための支持ポールと、観測者用の高さ調節可能な回転式小型シートが装備。
また、増設無線機の向かい側にも折り畳み式のシートが取り付けられていた。

武装は7.92mm機関銃MG34(MG42) 1挺、9mm機関短銃MP38(MP40) 2挺で、小銃用のラックは装備されていなかった。
その代わり、戦闘室内左側に観測用双眼望遠鏡を野外で使用するための三脚が装備されていた。
アンテナは初期においてはフレーム型、後期では高さ2mの星型が取り付けられた。
乗員は4名

●タイプ2
Fu.8無線機の強化型であるFu.12無線機を搭載したタイプ。
1944年にこの車両はSd.Kfz.250/4装甲観測車と区別するために、「装甲観測車」から「装甲偵察車」へと車種名を変更。