フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

カテゴリー「艦船模型 (SHIP)2009」の17件の記事

2009年10月 1日 (木)

イタリア海軍駆逐艦フレッチア級 完成

1/700イタリア海軍駆逐艦フレッチア級

2日で完成です(笑)
その代わりなにも弄らずデティールアップ無し
塗装ベタ塗り状態、ただ塗っただけの汚しなしです。

010203040506 .

.

.

Freccia_1・フレッチア級4隻のうち左写真の”FR:フレッチア”にしようと思いながら、何を考えていたのかSA:サエッタにしてしまいました。

後日写真のFA:フレッチアに変更予定です。

なぜそうするかと申しますと、舷側に書かれている固有艦記号の”S"が独特の書体で、今回の完成品に書いたような”S"の字ではありません。

ちなみにフレッチア級4隻の記号は以下の通り。
ダルド(DARDO):DR
フレッチア(FRECCIA):FR
サエッタ(SAETTA):SA
ストラーレ(STRALE):ST

Strale_dardo_saetta Pitの取り説では艦橋角型(DR,SA)丸型(FR,ST)の違いを表現するようになっているのですが
戦前は2種類でも大戦中のある時期からはすべて角型のように思うのですが・・・あるいはその逆か。資料が少なく良く分かりません。(写真はストラーレ、ダルド、サエッタ)

武装機銃を中心に変更されているのですが、装備および変更状況はまったくわからないのでキットのまま(戦前仕様)です。

あ、形状不良のプロペラガードを切り取ったまま付け直してない…

2009年9月30日 (水)

イタリア海軍駆逐艦フレッチア級 ①

艦船ファンの皆様、お待ちどうさまでした。
え!誰も待っていないって?(笑)

突然いつものきまぐれで艦船を作りたくなり
考証しようにも資料も持っておらずDUPをやりたくてもできないような
悩まずに1~2日でサクッと作れる艦船ということで

PitRord 1/700イタリア駆逐艦フレッチア を始めました。

01ポリウレタンキットなので離型剤が付着しているため洗浄液で除去します。

写真には撮っていませんが、船体パーツに反りが見られたため熱湯をかけ修正しました。

.

02 ・洗浄液に10分ほど付け、流水下で洗います。

今回は慎重を期し中性洗剤でも洗っています。

.

03 ・ゲートを切り取り、バリも処理し瞬着エポキシ接着剤で接着します。

ここまでの工程で1時間半程度しかかかっていません。

.

04 ・参考にタミヤ1/700駆逐艦”松”を並べてみましたが、松よりも小さな駆逐艦です。

一応、艦隊型駆逐艦です。(この後のイタリア艦隊駆逐艦の基本・・らしい)

今日はここまで。
この後サフかけ塗装と進めますが、あまりにも早いので手摺くらいつけようかしら。

もしかして絶版キット?取っておいて何になる!売るわけじゃあるまいし(笑)

※今月号の某模型雑誌の艦船特集・・・艦船キットの製作記じゃなくまるでエッチングパーツのカタログとその使い方ですね。
自分もエッチングパーツを使っておいて書くのもなんですけど
この雑誌、エッチングパーツを使わなければ艦船模型は良い作品ができないという押し付けがだんだんひどくなってくるような気がするのは私だけでしょうか?

----------------------------------------------------

前回記事の蛇の目機ですが、候補としてこの塗装も考えています。

P40m ・上の機体の塗装を考えていますが、砂漠鮫とどちらにしようか悩み中。
ちなみに下の機体は1/72ですでに●PACI-CON ~太平洋祭り~の時に再現して完成写真は→のアルバムに入れてあります。)

この場合すべて手書きになります。
この場合の一番の悩みは機体固有のニックネーム・・デザイン文字(この文字はなんて言いましたかねぇ)は書けませんわ。

2009年6月 6日 (土)

1/700 練習巡洋艦「鹿島」 ②

特に弄ったというわけではないんですが、洛南海軍工廠♪ さんの木甲板シール記事を拝見しまして思いつきでやってみました。

インクジェット・プリンター用のデカールのほうがお手軽で良いと思いますが、コスト面と失敗した場合のことを考えて・・。

・まずインクジェット用のシールラベルを用意します。

AB ・A-oneのマルチプリンタラベル
 A4判 ノーカット
 シートサイズ:A4判
 入数:10シート
 厚み:0.13mm

700円前後だったでしょうか。 (1枚当たり70円)

.

ただ「キレイにはがせる」とのうたい文句なので永久的なものではないかもしれません。
探せばもう少し目的に合ったものがあるかもしれません。

でも厚みが0.13mmというのは魅力的。

・木甲板を印刷します。

Photo ・参考例です。欲しい方はどうぞ。大した出来ではないのでDLして頂いて結構です。

某社の空母用デカールをコピーすれば良いかもしれませんね。.

このままA4で印刷すると丁度いい具合な木目になると思います。

.

・切り抜いて船体の木甲板部に貼り付けます。

1112 ・凹凸が多いものはカットが面倒なので、比較的平らなものが楽で良いです。

・写真ではまだ貼り付けていませんが、貼り付けた後浮き上がりや剥がれの経過を見るために数日~数か月?様子を見ても良いかもしれません。

・船体に貼り付け終了時点でフラットクリアー缶スプレーを吹いて固定を図っても良いかもしれません。

・キットの甲板モールドは一種のデフォルメで1/700ならば実際はフラットに見えるはずと考え、平坦なシールでも可と開き直ります(笑)

※写真の木目シールは上記に掲示したのとは別の木甲板のもので、いまいち木目が見えません。

以上どうなるか結果は分かりませんが今回は貼り付け放置経過観察コースでやってみようかと思っています。
なのでしばらく「鹿島」製作進行はないと思います。

2009年5月26日 (火)

1/700 練習巡洋艦「鹿島」 ①

アオシマ1/700 練習巡洋艦「鹿島」

00 ・無謀にもちょっと弄ってやろうと手を出しましたがどこまでできるやら。

.

.

・船体1

何も弄っていないパーツの状態です。

01_20203 .

.

.

・船体2

凸部やモールドをすべて削り落し、艦橋基部も少し弄ります。
艦尾旗竿用穴や舷窓の凹も適当なのですべてパテ埋めします。

07080910 .

.

.

・詳細    

06 06a .

.

.

順次上部構造物も掲載していきますが、例により途中で飽きる場合もありますので完成まで持っていけるかどうか未定です(汗)

このアオシマの1/700練習巡洋艦キットは古さを差し引いても
小物の出来が”萎える”のと船体も”ゲッ!”というくらいのものなので
好き好んで作る人間はよほどの物好きか主要艦艇を作ってしまって残っているのがこれしかないという方くらいでしょう(笑)
ただし、全体の形は悪くないようです。

まともに作ってある作品にはあまりお目にかかれないことは確かですね。
(皆さん避けているんでしょう。笑)

現在のアオシマレベルでリニューアルしていただけるとありがたいのですが
まずリニューアルは望めないと思います。
(フジミあたりが出すかもしれませんが・・・希望的観測)

※水上機母艦の「日進」「瑞穂」・・・暫く忘れてください。

-----------------------------------------------

1/72 A-4KUも少しながら弄っています。

A4ku_161上面塗装

写真(撮影条件にもよるので正確とは言えませんが)に合わせて近似色を選び、少し混色調整。

ガイアノーツ204 ダークイエローにクレオス・No.311グレー(下面色)を少々混色。
(まだダークイエローが強いようです。最終で調整します。)

2009年3月18日 (水)

1/700WL 重巡洋艦「足柄」 完成

重巡洋艦「足柄」 完成

単装機銃が装備されていませんが完成とします。
(「足柄」は13号、22号電探は装備されていないという説をとりました。)

0102030405060708091011121314 .

.

.

フジミ1/700 重巡洋艦「足柄」スペシャルバージョン

・純正エッチングパーツに加え
レーダー、はしご、ボートダビット、リール、クレーンフック、水密ドアを手持ちのエッチングパーツ使用。

・張り線、ファンネルキャップは伸ばしランナー使用。

・喫水線はエッチング手摺を付けたら塗装しにくくなったのでオミット

・船体に汚しも入れましたが汚くなったので拭き取ってしまいました。

・戦訓による舷窓閉鎖の再現はやってありません。

※張り線無しと比べ精密感が増したように感じませんか?
張り線を加えただけです。目の錯覚で精密感が増したように見えるだけです。(笑)

      

2009年3月17日 (火)

1/700WL 重巡洋艦「足柄」 ⑧

記事アップするほどの作業でもないんですが
・張り線の工程としてまずマストのロープカッター部分のロープを張ってみました。
(カッターの振れ止めはマスキングテープの細切りです。)

・ロープということでダークイエローのプラランナー極細伸ばしランナーを作り貼りました。
(調べたわけではないのでロープではなく鋼線かもしれませんが、そこはデフォルメとして見てください。)

・クレーン部は鋼線としてダークグリーンのランナーを使っています。残りもこの色を使う予定ですが、黒色のランナーがあればいいんですけど持っておりません。
そもそも黒いプラ整形パーツってなかなかお目にかかりませんね(笑)

404142 .

.

.

・後部マスト右柱に伸ばしランナーの組み合わせで十字型の信号燈を付けましたが「足柄」はもしかすると左柱だったかもしれません。

エッチングの手すりや上構をつけてあるので持つところに気を使わなければならず取り回しがきついですね~・・・弱気 

次の「足柄」記事は張り線完了の予定(あくまで予定)です。

2009年3月16日 (月)

1/700WL 重巡洋艦「足柄」 ⑦

重巡洋艦「足柄」基本組み終了。

363738 .

.

.

ここで完成としてもいいのですが、もう少しデコレーションしてみたいと思います。

省略形ながら貼り線ロープ類を少々付ける予定。

たぶんそれらを施すことにより精密感がましたような錯覚を持たせることができると思います。

現時点ではフルデティールではなくとも一応多少なり細部工作を施してあるのでそれなりに見えると思いますが、張り線を施すことにより手間以上に”精密感”は倍増するはずです。

はたしてそう見えるように工作できるか、期待しないで待っていて下さい(笑) 

2009年3月 7日 (土)

1/700WL 重巡洋艦「足柄」 ⑥

34 時間が取れないながらもチマチマとエッチングパーツ小物弄りをしていました。

.

.

そして昨日、今日と落ち着きましたので船体の塗装と艤装も進みました。

28甲板リノリウムをクレオス:ウッドブラウンエアブラシ塗装

リノリウム色が既存の塗料で出ていますが、正しい色なのでしょうが赤味が強すぎる気がして使いません。(それに、あれは1/1用でしょう?)

.

2930上構凸部筆塗りで塗装します。

考証なしのクレオス:軍艦色2 使用

.

3132 ・船体舷側も同じように筆塗りで塗装

.

.

3335 ・塗装した小物パーツを取り付け艤装工事です。

残りは短艇/ボート類、機銃等武装関係、前後マストとラッタル類を残すのみです。

.

この後のデティールアップはしつこくなるので(面倒くさくなったというのが本音?笑)たぶんやらない・・・貼り線くらいはやるかも。

(停滞理由(言い訳)は↓に書いておきました)

2009年2月13日 (金)

こんな時代もあった軽巡洋艦編

前回のこんな時代もあった戦艦編につづいてんな時代もあった軽巡洋艦編です。

これらの完成品以上に古い時代のものがありましたが、さすがに曝せません(笑)
ホントに大量に押入れの奥底にしまってありました。

ほとんどが”マスト”を伸ばしランナーで変えるくらいです。
またこれも当時出始めた初期のPitの武装パーツセット(これもスケールオーバー)を使っていますね。

デティールアップというよりも素組みに毛が生えた程度の弄りです。
しかも塗装はベタ塗りです。

下手糞でもまだ元気でモチベーションも高く持続性もあり
模型作り自体をとても楽しんでいて数だけは大量に作っていた時代のものです。

今じゃ「やれアフターパーツ」だの「考証的にどうだ」だの小難しい製作の仕方になってしまって、はたして自分は模型を楽しんで作っているのだろうかと思うことがあります。

・アオシマ「 練習巡洋艦 香取」

12

.

.

.

・アオシマ「 練習巡洋艦 香椎」

1_22_2 .

.

.

・タミヤ「軽巡洋艦 鬼怒/球磨/五十鈴」

PhotoPhoto_2Photo_3 .

.

.

・タミヤ「軽巡洋艦 長良/名取/夕張」

Photo_4Photo_5Photo_6 .

.

.

・タミヤ「軽巡洋艦 阿賀野」ハセガワ「天竜」Pit「大井」

Photo_7Photo_8Photo_9 .

.

.

・フジミ「軽巡洋艦 大淀」Pit「工作艦 明石」

Photo_101_32_3 .

.

.

・Pit「飛行艇母艦 秋津洲」

1_52_43 .

.

.

・Pit「潜水母艦 長鯨」

Photo_11 .他に「水上機母艦 千歳/千代田/改造して作った瑞穂」
病院船「氷川丸」がありますが出来がひどいので晒しません(笑)

.「明石」と「秋津洲」は比較的あたらしいかも・・・。それでも7~8年ほどたっていないかなぁ?

この後、戦艦編、航空母艦編、重巡洋艦編、駆逐艦編、潜水艦編、小艦艇編、外国艦艇編を掲載するかどうかはは未定。

             シミソニアワン(シミソに合わん)博物館

   

 

2009年2月10日 (火)

1/700WL 水上機母艦「日進」 番外1

水上機母艦「日進」の製作がブログアップするほど進んでいるわけではなく、前々回の記事1/700WL 水上機母艦「日進」 ①ほりでぃさんアオシマの水上機母艦「千歳/千代田/瑞穂」から「日進」を作れないかと言っておられたので、手持ちのアオシマ水上機母艦「瑞穂」で比較してみます。(ついでに弄ったりなんかして・・・笑)

00_4 .

.

.

.

.

.

.

.

.

・アオシマ1/700 水上機母艦「瑞穂」

0103.

.

.

艦橋基部のすさまじき合いの悪さ!(笑)しっかりパテ埋めします

0204 .

.

.

艦尾は艦底板パーツに合わせたため変な形をしています。
艦底板の長さも短いですね(苦笑)
艦尾部品内部にパテを詰め、整形します。(たしか「千歳」の艦尾も同様です。)

05 ボートダビットはWL共通武装Wパーツに交換するため、また取り付け部分も昔風なので、取り付け部分をパテで埋めてしまいます

.

06_2 前部航空機作業台は形が間違っている(図面による)ので修正します。(まだ作業途中でこの形が最終形ではありません。「千歳/千代田」も変更の必要性あり。「瑞穂」とも形が違います。)

.

以上、アオシマ1/700水上機母艦「瑞穂」の船体を少々弄りました。
ここでピットロードの水上機母艦「日進」と比較してみます。

02_201_3 .

.

.

長さ:実艦では垂線間長はいずれも174.0m(水線長はそれぞれ違います。)が、キットでは「日進」の長さが「千歳/千代田/瑞穂」の長さよりも短いです(5mm程?)。
どちらが正しくてどちらが間違いかは面倒なので調べません。(分かっても治しませんし。笑)

艦幅は「日進」の方が90cm広いのですが、それ以上の差があるように思えます。
でも許容範囲かな?
甲標的搭載用ハッチも「日進」の方が幅広でよいのですが、「瑞穂」に装備されたかどうかは未確認です。(「千歳/千代田」は装備)

後部飛行機作業甲板の形状は多分どちらも(完全ではないが)正しいようです。

・艦尾の航空機運搬軌条のレイアウトは異なっています。

・「日進」と他3艦の最も違う、そして改造に難儀する点。
艦橋構造物の位置が全く違います。しかもアオシマキットは甲板に艦橋基部と前部高角砲台がモールドされており、切り取るというより甲板全てを貼り替えなければならないほどの大作業になると思います。

・まだ作業していないので写真はありませんが、艦中央部の機銃台支柱(天蓋支柱)の形状もかなり違います。

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ