カテゴリー「グルメ・クッキング」の9件の記事

2016年5月 4日 (水)

福井 ソースカツ丼

GWは世間では有給取れば10連休可能とか言っていますが

こちらはカレンダーの赤日通りで飛び飛びの休み。

連続では5月3日~5日の3連休しかありません。

土曜日は休みでしかも有給取れて10連休なんてうちらから見れば大名ですな。

そんな中、天気はむちゃくちゃ悪かったんですが、

福井ソースカツ丼を食べに行きました、

ほんとにただ食べに行っただけで、観光などしていません(笑)

Photo

ヨーロッパ軒総本店「行事出席のため休業」

なんですと~!連休中に休まないでくれ~!!

ということで近くの分店へ・・・

まぁ、暖簾分けしているはずなのでそんなには味は変わらないはず。

美味かった(笑)

この間、新潟に行ったとき一押しの「たれカツ」を食べてきたんですが

新潟の方には申し訳ないんですが、やっぱりこっちのソースカツですね。

しかも新潟の「たれカツ」私が新潟にいたころは聞いたことがなかったような・・・。

(たれカツも十分おいしいと思いますよ。
また一般にいうところの卵とじカツ丼は別ものです)

以上生存報告を兼ねたグルメリポートでした。

| | コメント (8)

2013年8月17日 (土)

江戸前寿司 七尾編

昨日8月16日、娘と女房殿と3人で(長男は県外在で所用により帰省せず)
お盆休みに入って初めて遠出をしました。

今回の第一目的は石川県七尾市幸寿し 本店さん

01 02 03
※画像は食べログから頂きました。
行った時も玄関の植物以外は張り紙も全く同じです。

私の地元も寿司はかなり美味しくて有名な地域なのに何故七尾までいかなきゃならないのか(笑)

と思われるでしょうけど、この幸寿しさんはまた別物

本格的な江戸前ずしを提供されます。

いわゆる新鮮な魚の.切り身をのせた”刺身寿司”ではなく”仕事がしてある寿司”です。

ネタは小ぶりでシャリも少ないのですが丁寧な仕事、ネタ、シャリ、仕事のバランスが絶妙です。

詳細は「食べログ」で。(クリックでページ開きます)

口コミとおりのお店でございました。
普段あまりこの口コミは信用しないのですが
今回書かれているコメントはほとんど共感出来ました。

もちろん良い評価ですよ。
(ちなみに石川県にも有名店や高評判店も幾多ありますが
ここは勝るとも劣らない・・・というか個人的には一番もしくは
同率一位ですかね~)

御主人の静かで丁寧な対応が心地よく、また腕は確かだと思います。

でも小さな店なので掲示写真のように飛び込みじゃよほど運がよくない限り入店できないと思います。

満足したところで金沢市にむけ出発。

金沢はいつものことなので詳細は書きませんが、女房殿と娘はショッピングに
私は自由行動(笑)

全行程の距離にしたら160kmくらいなのできつくはないです。

---------------------------------------------------------

キット購入は控えてはいるんですが押し入れ在庫に無かったFM社1/72「烈風11型」を仕入れてしまいました。
(1度作ったことがあるんですが完成品は数年前に完成キットを一斉処分した時に一緒に処分したと思われます。)

Fm72_2 01_3

8月17日AM10時の時点ですでにパーツはランナーより切り取りパーティングライン等処理済
増槽およびカウリング左右と主翼上下貼り合わせ接着ライン処理済

合いの良いキットならこの後コクピット塗装して胴体貼り合わせ
パカパカ組み上げられるんですが、
このキットはそう一筋縄ではいかないキットです。

「烈風」試製でも11型でもは1/48のほうが作りやすく出来も良いんですが、
合いの悪い1/72で苦労をお金を出して買ってしまいました(笑)

20013年8月16日机横 現状

Photo

疾風中断中武蔵未開封、その他詳細後日。

疾風は掟キットなのでこのまま中断にはできませんけど(笑)

※今年はなぜか夏休みに入ってからずっと過去記事の「ヤシの木の作り方」のアクセス数が極端に多い(驚)なぜ今年?

| | コメント (16)

2009年12月 4日 (金)

「香箱蟹のちらし寿司」

今回は久々の食い物ネタ。

北陸の晩秋から冬にかけての季節物
 蟹
であります。

いろいろな食べ方はありますが、今回はお勧め弁当

「香箱蟹のちらし寿司」

Photo_2

香箱蟹(ズワイガニのメス)一杯まるごと使用し内子、外子、蟹肉、蟹ミソすべて入っています。
画像では外子が2種類が入っていますがオマケで入れていただいていますので、本来は一杯分だけです。

金沢市内や近郊にも同じような弁当は売っていますが、味も内容もこちらのほうが上!

しかも値段も金沢市内平均1500円(以上)に対しこちらは850円!!!

隠れた人気商品なので平日午前中以外は予約をお勧めします。

Photo_3 売り切れて買いにくくなるのであまり書きたくはないのですが(笑)
お店は”峠のお寿司「甚吉」” さん。

津幡の道の駅に隣接しています。

ちなみに他の押し寿司も絶品です。

| | コメント (12)

2008年10月28日 (火)

ウッチー特製必勝祈願弁当

10月27日「ジャンクSPORTS」内田恭子プレゼンツ「ウッチー特製必勝祈願弁当」(530円)ファミリーマートで買ってきました。

1_22  ミーハーなもので、こういうものが出るとすぐ買ってしまいます(笑)

.

めぼし、な、はん、じき、くね、しょーがやきの6品目

温めるとポテトサラダなど温めなくていいものまで温まるので・・・。

ご飯が2種入っていますが全体の量は少なく感じました(女性向?)

生姜焼きは味付けが濃く感じましたが他は薄味でしょうか。

味は…まぁ、530円で量も多くないので買って食べてみてください(笑)

---------------------------------------------------

模型ネタもチョロッと

00_3 0203 .

.

.

主翼付け根の接着ラインは実機に無いので消さなければなりません。

が、ハリアーGr.3(濃い灰色塗装の機体)製作時にはそのことを知らず接着ラインを消さずに塗装してしまいました。
いくら適当素組みでもこれは目立つのでいただけません。
おかげでハリアーGr.3モチベーション急降下です。

| | コメント (16)

2008年4月14日 (月)

竹の子(筍)づくし

フォッケ記事を御期待下さった方、申し訳ありません。

日曜日に始まったばかりの筍料理を食べに行ってきました。
例年2~3回は行くのですが、こんなに早い時期に行ったのは久しぶりです。

昨年は記事にしていませんが一昨年は記事にしています。

一昨年とは別の店です。(今回は"筍"表記でした。)

2345 .

.

.

左端は「筍定食」で定番のメニューです。
・筍ご飯、
・筍煮物(※1)
・筍酢の物
・筍ピーナツ和え(※2)
・筍とワカメの味噌汁

2番目「筍天婦羅」

3番目「筍さしみ」:前回記事は朝採れ筍を切っただけのものでしたが、今回は昆布〆(※3)です。(昆布〆のため薬味は生姜です。普通の筍刺身は山葵・・だったかな?)

4番目「筍玉子とじ」:今回初めて食べました。(昨年まではメニューに無かったような気がします。)

以下、前回の記事をコピペ(笑)

富山県高岡市太田の西田(さいだ)地区には「竹の子料理」のお店が数件あります。

各店によってそれぞれ味付けが違いますがどこもおいしいです。

ここの竹の子料理の発祥はこの地区にある禅道場としても有名な「臨済宗国泰寺派 大本山」ということです。

※1 店によって出汁が違います。今回は煮干し系とみました。(前回は昆布系?)

※2 今回はピーナツ和えでしたが、辛子マヨネーズのところもあります。

※3 昆布〆なんて富山県独特のものでしょうねぇ。一種の郷土料理です。

北海道の昆布を関西に運ぶ北前船の途中寄港地とした関係で、昆布の消費量が富山県は日本一ではなかったでしょうか。

昆布を使った料理は数多くありますが、昆布〆は食材を昆布に挟み込み香りをつけるもの?です。
昆布からの程よい塩加減に昆布の香りが程良くマッチしてたまりません~(笑)

食材は刺身が多いのですが、野菜はもちろん牛肉の昆布〆は絶品です。
(上手く説明できないので、詳しく知りたい方は「昆布〆(じめ)」でググってみてください。)

   

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

かっぱアイス

ここのところパワーが出ず模型製作も滞りぎみです。

なので土曜日にエネルギー充填を充分してきたんですが

充填しすぎたようで財布のエネルギーが限りなく0に近くなってしまいました(笑)

※注:調子こいて(何度も)延長してはいけません。

「鐘馗」は1月31日までは目処をつけたいと思っています。(思っているだけか・・・)

、場つなぎ用のネタです。Photo_13見たとおりのものです。

| | コメント (14)

2006年5月14日 (日)

竹の子づくし

連休中に行って来た「竹の子料理」をアップするのを忘れていました。

富山県高岡市太田の西田(さいだ)地区には「竹の子料理」のお店が数件あります。

各店によってそれぞれ味付けが違いますがどこもおいしいです。

ここの竹の子料理の発祥はこの地区にある禅道場としても有名な「臨済宗国泰寺派 大本山」ということです。

1、竹の子定食(5品定食)

 ・竹の子ご飯

 ・竹の子の酢の物:先端の柔らかなところを細く切った酢の物です。

  ・竹の子の和え物:マヨネーズと香辛料?(店によってはマヨネーズ+カラシもあり)

 ・竹の子の茶碗蒸し:旬の食材をふんだんに盛り込んであります。

 ・竹の子の味噌汁:ワカメとの相性抜群です。

2、筍の田楽:木の芽味噌・赤味噌・西京味噌

3、筍のさしみ:取れたて掘りたての旬ならではのものですね。

4、筍の天ぷら:輪切りにした丸々の天ぷらです。塩+木の芽の細粒?を付けて食べます。

2~4は一品料理で別注文ですが定食だけでも結構お腹はふくれます。

似たような料理もありますが昆布出汁の「筍の味噌炊き」は富山県の呉西地区だけのはずです。1000004_img_1 1000006_img 1000007_img 1000009_img

.

.

.

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年4月 5日 (水)

いかの石焼

昨日は飲みに出ておりまして、

久々に「8月のクリスマス」のロケにも使われた居酒屋へ行ってきました。S8xmas_wall02_1280

.←ここは居酒屋ではありませんよ(笑)

.

.

ここの「いかの石焼」が絶品です。Photo_6

.

.

.

.

この後はお楽しみタ~イム。写真はありません(爆)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

富山・九頭龍 本店

2月26日 富山 九頭龍 本店 にまた行ってきました。

YAHOOブログに書き込んだことを再掲してみます。

このカップ麺シリーズは全国の有名店の物が出ているようですが
今回は地元「富山・九頭龍」編

以前にこのカップ麺を食した事はあったんですが再度購入しました。
実際のお店にも(本店は席数130席くらい)行きましたが「まあ、味は近いかな?」
インスタントならこんなものでしょう。
数あるインスタント麺の中では好みといえるかもしれません。
麺はつるつるシコシコ系の中細ちぢれ麺。
レトルトの焼豚はトロッとしてました。

実際のも有名な富山ブラックではなく
シンプルなコクのある醤油ラーメンで昔ながらのあっさり系です。
本店は昼時はかなり混みます。(リピーターも多いようです。)
チャーシュー麺がお奨めかな?
でも個人の好みもあるでしょうが私には「普通かな~」。
自分のなかでは中~中の上??

こうしてみるとカップ麺もなかなか健闘しているようですね。 __4__6  __5

| | コメント (6) | トラックバック (0)