カテゴリー「航空機模型 (AIR)2017」の5件の記事

2017年12月25日 (月)

F6F-5 ①

2ヶ月以上放置してしまいました。

SHS用のお題キットを作らなければならないのですが、

10月頃取り掛かったのに2か月かかってコックピットを作っただけ。

「紫電・紫電改とライバル機」

ハセガワ1/48 F6F-5

・コックピット

F6f5h48_20

シートベルトファインモールド社の米軍機用

あとは何も付け加えず塗装のみです。

モールドは凹凸もしっかりしていて塗装しやすかったです。

ただ計器盤デカールの一部がパーツに押し付ける際に綿棒に巻き付いてしまい
ダメになったので塗装してあります。

F6f5h48

これはまずい!間に合わなくなるということでちょっと急いで製作

・エンジン

エンジンのプラグコードをいつもは銅線など金属線を使うのが、
今回はプラ紐?(極細プラ棒)で再現したため
接着は楽でしたが形がイマイチになってしまいました。

金属線なら曲げ加工してプラグコードらしくするんですが、プラスチックのため
単なる面白みのない曲線になってしまいました。

でも、こんなことしているからなかなか先に進まないんだよなぁ。

.

F6f5h48_2

取り付けると見えにくくなるのでまぁ良いかの精神で!

塗装はいつものように全体をラッカーシルバー塗装しエナメルフラットブラックでスミイレしただけです。

・機体

の字”ならぬの字”になりました。

F6f5h48_3

あとはサフ吹いて塗装するだけ・・・・

のはずが、いつもは最初に済ませてしまう小物の加工・塗装を全くしてありません。

今年中の完成はさすがに無理か…

| | コメント (7)

2017年8月 7日 (月)

ハセガワ1/72 Bf109G-6 フィンランド

最近更新が1ヶ月に1度ペースになってしまっています(汗)

これも連日の暑さのせいでエアコンの効いた涼しい部屋から出たくないというのが最大の原因です。

ちなみに模型を作っている部屋(部屋があるだけいいんでしょうけど)のエアコンはとても古く
冷却まで時間がかかるというか、効きません!

しかも効率が悪いので電気代がかかる?

しかしちょっとした合間を見てチマチマと弄り”十の字”までもっていきました。

とりあえず製作記

Bf109g6_h7201

胴体側面はモールドもなにもなく平坦で大きな”押し出しピンあと”だけあります(笑)
胴体左右側面にプラ板や伸ばしランナーでそれっぽく機器類を再現します。
どうせ見えなくなるので配線等は省略しました。
ちなみに右側面の黄色の燃料管だけは完成後もかなり目立ちます。

といっても弄っても自己満足の世界ですね。

.

30tile

左の写真はBf109G-6の実機写真
右の写真は以前投稿したフジミ1/48 Bf109G-14/ASのコックピット近接写真
黄色の燃料管はかなり目立ちますのでアイキャッチになると思います。

.

Bf109g6_h7202_2

簡単に少しデティールアップしてみました。

.

Bf109g6_h7203

シートベルトはエッチングパーツやFM社のナノシリーズを使用したらきっちりとしていいと思いますが
最初に書いたように1/72、特にコックピットの狭いBf109ではあまり見えないので
お金をかけないようマスキングテープの細切りで再現しました。
金具は細い銅線で再現しましたが、塗装で再現もしくは何もせずベルト塗装だけでもいいと思います。
背面シートベルト取り付け部の取付金具は付けてしまうと防弾板が浮いてしまうので
取り付けませんでした。
ただうまく加工すれば取り付けられると思いますが
そこまで凝りません(笑)

.

Bf109g6_h7204

詳細は画像に書きこんでありますが、図面を見てモールドを入れたり消したり。
機首上面のパネルヒンジは伸ばしランナーで再現しましたが
デフォルメです。

.

Bf109g6_h72_18

これでサフ吹き、塗装に入ります。

____________________________

ちなみにアオシマ1/72 16式機動戦闘車 はここまで進んで止まっています。

A721

あとは車輪を組み立てサフ吹き、塗装するだけなんですが・・・・暑い!



| | コメント (10)

2017年7月12日 (水)

Bf109

またまた間が空いてしまいました

今回は仕事で忙しかったわけではなく「単なる怠慢」です。

「16式機動戦闘車」は車体下部は組み立てたんですが

その後は絶賛中断中!

ちょっと気分転換に1/72のBf109をサクッと作りたいと思います。

Bf109e

このうちのどれか、右上のG-6以外は絶版キットです。(たぶん)

FMキットはちょっと高価ですが赤札で購入しているのでハセガワキットより安かった。

そのせいで何も考えずにレジにもっていったキット(笑)

今の気分的はBf109F-4ですかね。

フィンランドG-6も捨てがたい・・。

| | コメント (8)

2017年6月18日 (日)

銀河 大破?

またまた更新が滞ってしまっています。

5月後半から6月にかけ仕事上および行政との会合、会議が毎週あり、

今月はあと2回(もう2回?)あり、なかなか時間もままなりません。

ただこれも6月いっぱいで7月は今のところ3回のみで比較的自由になるはずで

8月からはたぶん月1回あるかないかで時間も取れるはずです(希望的観測?)

.

そんな中やってしまいました。

ハセガワ1/72 銀河

格納庫の位置移動をしようとしたところ手が滑って上空60~70cmより落下!

パッと見、高いところから落下した割にはダメージは少ないかな?と思ったら
主脚関係がバラバラになってしまい、特に右脚が悲惨です。

時間がとられるようになったら修復するつもりですがはたしてうまくできるでしょうか?

Photo

新しく作ったほうが早いかも。

| | コメント (9)

2017年3月10日 (金)

Bf109G-6 ルーマニア空軍


いやはや仕事関連でパ二ック状態が続きましたが今日何とかすべてに目途がたちました。

一応、小都市の某団体の長をやっていまして県からの補助金の申請、使用目的の書類作成、機材の複数社への見積もり取得、選考、機材選別発注、納品日の確認や納品後の支払い時期の煮詰め。

加えて国からの面倒なよくわからないようなアンケートの記入発送や行政への会議出向のための会員の意見取りまとめ、資料の読み込み理解等々

まぁ、すべて一人でやっていたわけで

昨年はこんなに忙しかったっけ?というくらい今年(年度末)はひどかったです。

これもあと4ヶ月、7月には交代予定です。(絶対2期はやらない!!)

PCもネット徘徊はほとんどせず、してもパパッと見るだけで足跡も残しませんでした。

ということで、息抜きのぼちぼち弄っていた

ハセガワ1/48 Bf109G-6 ルーマニア空軍 

Hasegawa 1/48 Bf409G-6 'RUMANIAN AIR FORCE'

完成しました。

Bf109g6_10

Bf109g6_20 Bf109g6_30 Bf109g6_40 Bf109g6_50_2 Bf109g6_60 Bf109g6_70_2 Bf109g6_80 Bf109g6_90

本国ドイツじゃ無くルーマニアというところがいつもの癖(笑)

一応製作過程も簡単に載せておきます。

昨年2016年11月23日の記事にもちょっと触れています。

・最初は取説の指示通りに塗装しました。

Bf109g6_080_2

・なんだか違うな~。気に入らん!!ということで標準?色に塗装しなおしました。

Bf109g6_090

・胴体上部も同じように塗装します。
(下縁ラインが下気味なのは塗装しようとする機体のラインがここのため)

Bf109g6_100 

・胴体塗装下縁に暈しを加え、返す刀でインクスポットを入れていきます。

Bf109g6_110 Bf109g6_120

・デカールを水につけたら予想通りバラバラになりました。

リキッドフイルムも使いましたが、一部カバーしきれていません(T_T)

Bf109g6_130 Bf109g6_140


これで半艶クリアーを3重くらい重ねてデカールを固定しました。
(デカールひび割れはカバーしきれていないところ)

・小物を取り付けスミイレ、ウォッシングを施し、再度半艶クリアーで整えて完成です。

DUPはコックピット内を見える範囲だけパイピングし、ナノのシートベルトと後部の雑庫蓋をプラ板で取り付け
お約束のブレーキパイプを銅線で取り付け。それだけです。

さ、時間がなんとかなりそうなのでSHS用の秘密兵器製作します。

※ツイッターやホビコムは過去作で何とか継続していましたが投稿も粗でした。

| | コメント (8)