フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

カテゴリー「航空機模型 (AIR)2015」の36件の記事

2015年12月31日 (木)

ハセガワ1/48 五式戦闘機 完成

2015年も残りあと数時間です。

皆様、今年もお世話になりありがとうございました。

来年もまた変わらぬお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

さて、ハセガワ1/48 五式戦闘機

2015年最終日(大晦日)に滑り込み完成です。

010

030 050 060 070 080 090 100 110 020


飛行第59戦隊 第2中隊 昭和20年 芦屋飛行場 Ki100-Ⅰ

2nd Company 59th Fight Regiment Ashiya airfield 1945 Ki-100Ⅰ

実機画像は1945年10月の芦屋飛行場なんですが、

薄汚れてしまっているので、ちょっと時計を戻し

活躍していた時期を再現してみました。

塗装でいろいろ小技をかましたんですが、画像ではほとんど効果がないように見えます。

下面も綺麗すぎるし・・・(汗)

それでは皆様良いお年をお迎えください。

2015年12月27日 (日)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 09

もう今年も残り1週間を切りました。

かといって日々の生活が変わっているかというとほとんど同じ。

強いて言えば、「いつからいつまで休み?」と聞かれたり

「今年中にやってください」「年が明けてからやりましょう」なんて

今月中とか来月回しとか月を年に変えただけの会話(笑)

まだ雪も積もっていないし師走って感じは薄いです(個人的感想)

さて

ハセガワ1/48 五式戦闘機 

ですが、やっと塗装にかかりました。

今日なぜかノリノリでやったので時間も忘れて気が付いたらAM3時!!!

とりあえず基本塗装

まず下面クレオスNo.11シルバーで全体塗装し、またまたいつものように一部パネルを別のシルバーで塗装し変化をつける(塗装変化はフィクション)

今回は差は控えめにしました。

44

次に機体上面塗装

45tile0

左上→右上→左下の順番です。

末期陸軍機塗装ということで塗装はよくわからない、ということで
自分のイメージに合えばエエやろ(笑)

最初にクレオスNo.17ダークグリーン(ドイツ空軍色 RLM:71)で全体塗装
(これが結構イメージに合っていたりする(笑))

つぎにクレオスNo.130日本陸軍機上面色(川崎系)をパネルラインを残すよう、かつランダムに吹き付け塗装

さらに極薄のクレオスNo.23イギリス陸・空軍機迷彩色でさらにランダム塗装

う~ん、肉眼では結構いい感じなんですがLEDの光だと蛍光灯以上に色が飛んで単色に見えますね。

排気煙痕

48tile0

いつもは塗装やスミイレ、汚しすべて終えてから入れるんですが
ちょっと早めに排気煙を入れてしまいました。

クレオスNo.22ダークアースで排気煙痕ベース

クレオスNo.101 スモークグレーで排気煙痕

基本塗装終了

50

やっぱり単色に見えますね(汗)

しかも途中経過画像と全然色が違って見えるし(実際は同じです)

これから色々と汚しでデコレーションしていきます。

せっかくの年末なので年内完成目指そう!!

2015年12月19日 (土)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 08

今年も残すところあと2週間余りになりました。

この時期になっても降雪もなく山沿いのスキー場でも地肌が見えているところもあり
暖冬すぎる年ですね。

平野部の一般市民とすれば雪のないのは歓迎するべきところなんですが
降雪を必要とする方々にとっては恨めしい天候です。

ハセガワ1/48 五式戦闘機 

ほぼひと月近く放置してしまいました。

モチベーション低下もありますが何かと忙しく
模型を触るまとまった時間も取れませんでした。

とりあえずは全体塗装準備です。

43

胴体の「機番号」はデカール予定ですが主翼の「フムナ」は
塗装にするかデカールにするか悩みましたがさっさと塗装したいため
デカールに回避(汗)

他のキットに浮気しそうです。

2015年11月25日 (水)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 07

2連休中はどこにも行かずまったりと過ごしましたが
模型を弄っていたかというとそうでもない(笑)
(いつも土曜日はAM.PM.とも仕事なので今回も2連休)

ハセガワ1/48 五式戦闘機 

・主翼基部フィレット部の修整に時間を費やしました。

と書けばいいんですが、パテを盛って乾燥待ち、
サンドペーパーでチマチマ均して

13

・サフ吹きチェック

14

こんなもんでしょうか。

そんな書くほどの時間は費やしていない(笑)

フィレットのボリュームアップは大工事になりそうなのでやめておき、

修正に疲れたので、このまま塗装に入ります。

作業は今日、明日は仕事の会議のため帰宅が遅いので金曜日以降です。

2015年11月17日 (火)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 06

日曜日に金沢マラソン開催中の金沢市に行って、とんでもなく疲れました。

う回路の作れない、しかも電車など代替え交通機関の少ない都市中で、フルマラソンって
都市機能が結構マヒしていて、他県から行くと不便この上ない!!

一部区間っていうならわかるんですが、あっちへ行けば迂回、こっちに行けば通行止め!
規制時間等の地図を持っていましたが、区画整理された土地でもなく複雑な城下町なのに
地図が大雑把すぎ!!!
地理に疎い他県民には全く分かりません。(交通規制がひどく当然ナビは使えない)

ショッピングでも不便だったのに、この日にせっかく観光に来た人は
自由に回れなかったんではないでしょうか?

まぁ、わかっていて行ったんですけどこれほどとは。

愚痴はこのくらいにして

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

このキット、ここまで作って思いましたが、案外難物キットだわ。

パーツこそシャープで、モールドも浅いながら良い感じなんですが(正確かどうかは別)

パーツ同士の合いに関しては一昔のキット、外国製のキットとみまごうばかり。

もしかしてファーストロットのキットじゃないのかな?

※ここで言う一昔前とは1970~80年代です。

・今回は機首まわりを製作

11

12

画像の中に書いてありますが、基本工作がなっていなかったのか
キットのパーツ精度なのか、隙間、段差が出まくりです。

機種上面の機銃パネル自体長さがやや短く、Rも合っていないような気がしたのは
気のせいなんでしょうか?

あまりパーツ精度にかんしては模型誌の作例でも触れてないので
やっぱり工作技術がヘタレだったのかorz

いつもならこの「06」時点で完成間近かか完成なのに、余計な手間がかかりすぎ。

2015年11月15日 (日)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 05

本降りの雨ですが石川県金沢市では金沢マラソンが開催され
市街地道路規制があるなか、金沢市にショッピングに行こうとしています(^-^;

さて

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

いい加減修正に飽きてきました。

胴体下部の修整を終えたので、問題のフィレット部分です。

25

基部の滑り止めのところに3重ほど重ね合わせたセロテープ
修正する形にして貼り付け、やすりがけして凸部を均します。

パネルに沿ってマスキングテープを貼り付け不要な接着ラインを消しがてら
パテ盛りで厚みを稼ぎます。

このあとマスキングを外しパテを均しますが、状態を見つつ他の部分も修正するかもしれません。

パテ硬化待ちの間に小物塗装します。

10

エンジンはいつもの通り
ベースクレオスNo.11シルバーエナメルブラックのスミイレし同じくエナメルブラック+ブラウンスミイレで微調整

主脚柱

11

ベースシルバーエナメルブラック+ブラウンでスミイレ。

ブレーキパイプを追加したりオレオ部に軽め穴を開けたりしています。

タイヤ覆いタイヤブラック+ブラックでやや黒を強くしてあります。


2015年11月11日 (水)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 04

ここ2~3日、急に寒くなりました。

おかげで喉がイガイガします。風邪の兆候?

さて

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

ですが、修正続きで飽きてきました。

・胴体下面

8

下面胴体パテ修正後、サフを吹いて確認。

何とか修正できたと思います。

これで細かい修整をして、モールド復活させこの個所は終了とします。

・胴体側面

9

油断してました。

主翼基部前部に落とし穴が。

とんでもないところに分割線&段差がありました。

接着剤盛り付けで継ぎ目を消し(上2枚)、凹みはパテ埋め修整。(下2枚)

修整直後なので削りカスがあります。

潤滑油冷却器の形状もいまいちですがキリがないのでそのままにしておきます。

・問題のフィレット部分

24a

図面と比較し、○印のところから主翼後縁にかけて滑り止めの部分ですが
滑り止めがやや凸モールドになっていて修正が面倒です。

修正面倒くさいな。修しているとさらに飽きそうだし、バックレようか・・・。

2015年11月 8日 (日)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 03

こちらは一昨日まで天気が良かったのに休日になると天候が崩れるという
天邪鬼的な天気です。

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

あまり進展はなく、パテ盛とパイピングだけです。

まぁ、パテ盛りに時間がかかったんですが。

・下面処理

前回の記事での胴体の下面処理は「2」の方法でやりました。

6

タミヤのラッカーパテ使用ですがヒケが生じるため均してはパテ盛り付けを
数回しています。

光硬化パテやエポキシパテやポリエステルパテも持っているんですが
プラが柔らかいため切削が楽なラッカーパテにしてしました。

・主脚柱&ハ112Ⅱエンジン(海軍呼称「金星」)

7

いつもの通り銅線ブレーキパイプおよびエンジンのプラグコードを取り付けました。

・主脚

主脚柱は実態に近いようにピンバイスで穴をあけそこに銅線を通し
主輪を塗装後に後付けしても差し込めるよう加工してあります。

ブレーキパイプ押さえはマスキングテープの細切りです。
なぜかこのキット、他キットにはめったにないのに、押さえのモールドがあります。

・ハ112Ⅱエンジン(海軍呼称「金星」)

こちらも銅線を差し込みやすいようピンバイスで穴を開けました。
ちゃんと1シリンダー2本づつ付けました。

プッシュロッドのモールドが太すぎて実感を損ねています。
でも加工も大変なのでそのままです(汗)

この後、胴体下面処理をした後、フィレット部分の修整が待っています。
パーツ分割の関係上、パネルラインは違っていますし、ボリュームも不足しています。
完璧にするととんでもなく大掛かりな修整が必要なので
それっぽくごまかしていこうと思います。

2015年11月 3日 (火)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 02

ここ数日、仕事に加え公共行事等の招待や参加がありバタバタしていて
疲れもあり進展は少ないです。

今日(昨日)も夕飯の後に爆睡してしまい、先ほど目が覚めて眠れそうもないので
この記事書いてます(汗)AM3:00~

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

とりあえず”十の字”にはしましたが・・・

12

胴体下部(主翼中央下部)に問題発生!

模型雑誌作例などではここに触れたものがないことから
(あってもさらっと「少々修正が必要」と書いてある程度?
もしくは大人の事情であえてスルー?(笑))
きっと私のヘタレな工作のせいでしょうね(爆)

パーツG6取り付けで問題発生

ちなみに上面の主翼と胴体接着ラインは
隙間もなくぴったりとフィットしています。

1:Aに合わせるとBが浮き上がりCに隙間ができます。

2:B,Cの合わせるとAが沈み込み段差が生じます。

「2」のほうがパテ盛のみで修正少なそうですが
ペーパーがけやモールド復活などを考えると
胴体ライン優先、修正の手間も加え「1」ですかね。

・コックピット

04

前回記事の画像に加え右舷に酸素レギュレターがあるらしいので
ランナーででっち上げて付けました。

けっこうアイキャッチになっています。

そのほか胴体貼り合わせ後、作動油タンクホ5 20mm機関砲後部
プラ板、ランナーでそれっぽくでっち上げ取り付け。
(本来後部(K-1)は塊ではなく鋼板で中は空洞が正解)

作動油タンクの再現って作例でもほとんどやっていないですね。

防弾鋼板は黒で塗装してあります(丸メカ図参考)

三式照準器(F-2)はパーツだけ見ると変な形?と思いますが
取り付け固定部分も一体成型されているせいです。

・胴体、主翼

09

潤滑油冷却装置のハニカム構造は手持ちの六角網目状エッチングを使いましたが
実際はもう少し目が細かいので汎用金網でもいいかもしれません。

主翼基部は中央を持つとべキッといきそうだったので
補強のプラ棒を仕込みました。

・舵操作槓桿

11

方向舵、昇降舵の舵操作槓桿の板状モールドを削り取り
伸ばしランナーで修正。
(金属線は対象が小さく扱いにくかったので)

ここまで順調に進んだかと思いきや
胴体下部の修整があります。
結構大変そうな作業で、このキット最大の難所かもしれません。
(それに加え5式戦の場合は主翼基部も少々モールド修正が必要)

・・このキット(ハセガワ48飛燕系列キット)の欠点の一つの
翼の上反角無しはこの際スルーします・・

2015年10月28日 (水)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 01

間が空いてしまいました。

先週は風邪をひいたのかずっと頭が重く
最初の頃はうつむくと鼻水が垂れてきたので寝てばかり、
仕事から帰ったらPCは重要事項のみの閲覧で
ネットはそのままボ~ッと見るだけのコメント等アクション無しでした。

模型も当然弄らずでしたが今週初めあたりから落ち着いてきたので
ネタ用(笑)に袋を開けました。

病み上がりのせいで飛行機の中断品はあらためて手を付けたくない気分・・・と、しておこう。

好きな零戦 H48_22 とも思いましたが

1/48では大昔にオオタキ(オオタキなので○十年前?)のものを作ったきり
手を出していない(1/72では有り)

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

H48 にしました。

水滴風防の乙型も持っているんですが、今回はこちら”甲型”です。
(大昔といえど”乙型”はオオタキで作っていますし。)

・早速パーツいじり

01

いつものように接着ライン処理が必要なものは先に貼り合わせ(左右胴体以外)
小物パーティングライン、ゲート処理は済ませてしまっています。
(あえてランナーにつけたままのパーツもあります)

・コックピット

Photo

キットの塗装指示はすごくあっさりしたものなので

2_2

軍機メカシリーズのコックピットイラストを参考に塗装してあります。

ただし病み上がり?(笑)のため省略部分の追加はせず
パイピングも最小限、上からキャノピー越しに覗いて目立つ部分しか
追加していません。

コックピット内塗装色五式戦闘機にはちょっと疑問の残る
塗装指示通りのクレオスNo19サンディブラウンをベースに

上から軽くクレオスNo.126 コックピット色(三菱系)を吹きましたが

薄めすぎたせいか汚しを入れて落ち着かせると全く効果は出ていません
完全にサンディブラウン1色に見えます・・・

塗装しなおす気も起らないのでこのままです。

イギリスに現存する五式戦闘機コックピット
塗りなおしたのかほぼ黒なので参考になりません。
(オリジナルなら黒塗装だと模型映えしないですね(笑))

----------------------------------------------------------

PS.合間もしくはこの後に蜜柑山の中からAFVのどれかの製作塗装を再開したいと思っています。

数あるAFV蜜柑山キットのうちの選抜メンバーです(爆)

いずれも1/35 ( )内は中断突入月(笑)

Kv1s20066 イースタンエクスプレス KV-1S(2006.6)

2008726 タミヤ ヤ-クトパンター後期型(2008.7)

D2011321 ドラゴン パンターD(2011.3)

1/72の

72kt ドラゴン キングタイガー(不明)

ダメージ等は施さないので、どれもこれも塗装に取り掛かればすぐに完成できる状態です。
飛行機にしてもAFVにしてもパーツ処理終え、塗装直前のこんな中断キットばっかりです。
塗装前に完成形が見えてしまうので飽きるんでしょうかねぇ???

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ