フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

カテゴリー「航空機模型 (AIR)2012」の53件の記事

2012年12月29日 (土)

1/48 スピットファイアF.24 ⑥

本日仕事納め&職場の大掃除でした。

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

10月24日より他キットに浮気しつつモチベーションも低下のため
ずいぶんと放置してしまいました。

ここにきて目標の年内完成のためあせって始めましたが全てを塗装では断念し、一部塗装残りデカールということにします。

F24_31

ここではオネイちゃんにも手伝ってもらって主なマークの塗装とマスキング。

マークの中の赤丸はサークルカッターで書ける円より小さかったので
わざわざマスキングテープを切り抜くのも面倒なのでデカールで済まそうと思います

F24_34

A「全て塗装じゃなくてデカールも使うんですって。」

B「最初はすべて塗装でって張り切っていたのにね。」

C「そこがこの人の軟弱なところ。いつものことじゃない。」

A「黒を先に塗装しちゃったけど色の明るいところは大丈夫なのかしら?」

B「なんとかなると言っていたわよ。」

C「またいい加減なこと言ってあとで泣きみるんだから。」

A「あちこち浮気していたけど戻ってきただけいいんじゃない?」

B「まだ油断できないわよ。完成するまではね。」

C「じっくり見届けてあげようじゃないの。」

と言っているのかどうか分かりませんが(笑)

2012年11月25日 (日)

ハセガワ1/72 Fw190A‐9 完成

ハセガワ1/72 Fw190A‐9/F-9

11月25日午後11時46分完成です♪

Fw190a9

なんとか完成できました。

時間経過は前記事に追加しておきます。

Fw190a9_01

Fw190a9_02 Fw190a9_04 Fw190a9_05 Fw190a9_06 Fw190a9_07 Fw190a9_08

※あせって写真撮影したら画面が全体的に暗くなってしまいました。

このペースなら一生分以上の押し入れ在庫はさばけると思いますが、まず無理ですね(笑)

ハセガワ1/72 Fw190A‐9 ①

ハセガワ1/72 Fw190A‐9/F-9

”①でもうすでに塗装かい!”とつっこまれそうですが(笑)

・11月22日(木)

機体はシートベルトをマスキングテープの細切りを何の加工もせず付けただけで
他のデティールアップは何もせず素組み。

(11月23日朝の状態)

Fw190a9_01 

何故か同じデカールが2枚。

くっついていたので2枚入りではなくもともと1枚のみだったと思われます。

11月23日(金)

朝の状態より接着ラインを処理(1日置いただけでペーパーがけ!!)後

サフかけRLM.76のベース塗装(ビン生べた塗り)

(11月23日夜の作業終了時の状態)

Fw190a9_02

この時点で小物塗装も済ませます。

・11月24日(土)仕事を終え帰宅 22時頃より作業開始

大雑把にマスキングしてRLM.74&75の上部グレー迷彩塗装

(11月24日夜の作業終了時の状態)

Fw190a9_03

まだグレー1色のみですが眠くなったので終了(笑)

11月25日(日)(26日に日付が変わる前)に完成出来るかな?

-------------------------------------------------

※追加

・11月25日朝

AM8時45分頃より40~50分くらいで基本迷彩塗装

迷彩部分のマスキングのみなので時間はかかりません。

紙を迷彩状に切り、帯状にしてピンと張って両端をテープで止めただけ。

(11月25日朝の作業終了時の状態)

Fw190a9_04

この後はインクスポットや細部塗装とデカール貼り

スミ入れ汚しでフイニッシュ。

現在午前10時00分、夕方まで外出するけどなんとかなるな(多分・・笑)

------------------------------------------------------------

11月25日午後8時23分再開

Fw190a9_05_2

午後8時39分 インクスポット迷彩終了

Fw190a9_06_2

午後8時45分 デカール切り分け中

Fw190a9_07_2

ここで女房殿が「風呂沸いたよ~」「へ~い」ということでいったん休憩

午後10時15分頃 デカール貼り開始(画像は10時21分

Fw190a9_09

午後11時08分 デカール貼り終了(一部バラバラになったデカールがあり修正に手間どう)

この時に塗り残してあった機体の細部塗装も終了。

Fw190a9_10

このあとラッカー系艶消しスプレー(水性ではない)をデカールを貼ったばかりなのに即吹き(いつも書くように上手くすれば何の問題もありません)

スミ入れ、簡単な汚しを入れ完成。

2012年11月22日 (木)

ハセガワ1/72 Fw190A‐9 プロローグ

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

も〆切があり再開しなければならないのですが

モチベーション維持のためちょっとインターバルを置いて

わがままプラモ日記のハヤテさんFw190A‐5を製作しておられ

なんとなく作りたいなぁと引っ張り出してきました。

在庫している1/48はパーツ分割がちょっと組み立てるのにしんどいので息抜き用に簡単分割の1/72キットで。

ものはコレ

ハセガワ1/72 Fw190A‐9/F-9

Fw190a9h7201

Fw190a9h7202

キットNo.SP119なんて人によっては絶版お宝キットなんでしょうけど

キットは作ってなんぼ、潔く袋を開けます。

と書いている今現在、製作キットを選択しただけでまだ手つかずですが(笑)

Fw190a9h7203

既存のキット(と言っても既存キットですら市場在庫のみ?どうせ2機抱き合わせコンボキットで出しそうだけど。)に
メタル製のプロペラブレードと強制冷却ファンを加えたものです。

いきぬキットのつもりなので目立つブレーキパイプの追加程度で他は素組みでいく予定です。

2012年11月16日 (金)

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ"Battle of Britain"

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ"Battle of Britain"

富山サンダーバーズ”さん展示会本日19:30~搬入間に合いました。

色々と手直ししたいんですが時間がありません。

もっとも”ぼけ~”としていた日々が数日ありましたので、それがなければ十分時間的余裕はありました(苦笑)

スーパーマリーンスピットファイアMk.Ⅰ

s/n L1043(ナンバー上塗り)

第610飛行隊 1940年6月 ロンドン南部ケント州グラベセンド

SUPERMARINE SPITFIREMk.1

s/n L1043(over painted)

No.610 SquadronJun. 1940 Gravesend/Kent

Battle_of_britain_02

Battle_of_britain_03 Battle_of_britain_04 Battle_of_britain_05 Battle_of_britain_06 Battle_of_britain_07 Battle_of_britain_08

・スピットファイアMk.Ⅰの機体はコックピットを弄りましたが主脚のブレーキパイプなど外周りは時間切れで弄っていません。
(アンテナ線を張った程度)

汚しも”バトルオブブリテン”時の機体ということで軽く入れたのみ。

機銃孔の赤シールも張り付ける間もなく出撃ということで
再現してありません。

・エデュアルドのフィギュアはネタは最高なんですがデッサンがダメですね。
 レシーバーのコードを付けて手に持たせてありますが細くて見えませんね。

 首の角度や手の位置を変えたら自然に見えていいかもしれませんがそれ以前に全て下半身デブです(笑)

・ベースは製作時間2時間ほどの速効製作なので粗探ししないように。

※記事頭に書いたように17・18日両日、”富山サンダーバーズ”模型展示会場に展示してあります。

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ機体完成

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ

不満はあるもののなんとか機体は完成させました。

汚しも俗に言うところの”バトルオブブリテン”時の機体ということで
軽く入れたのみ。

機銃孔の赤シールも張り付ける間もなく出撃ということで
再現してありません。

う~ん、前回の記事の写真とたいして変わらん・・・・。

Mk01

Mk03 Mk04 Mk05 Mk06 Mk07

やっぱり綺麗すぎるかな・・・

ゲッ!シートベルトを付け忘れている!!!

--------------------------------------------

エデュアルド1/48 英パイロット&整備兵

Photo

1日しか時間がなかったのでこの程度で妥協。

塗装していて改めてこのキットの造形バランスが悪いのを実感。

---------------------------------------------

ベース

01tile Photo_2

1.カラーパウダー:ライトブラウン

2.ライトグリーン

3.グリーン

4.フィールドグラス

の順

昨日15日は会合から帰って風呂に入ってしまったので
2時間ほどの作業時間
しかなく記事書き込み時点で乾燥待ち。

出来は悪いけど修正する時間もないshock

※乾燥すればベースの色はもう少し色は明るくなります。

間に合うか~!!!!

富山サンダーバーズ”さん展示会本日19:30~搬入予定

Ps.申しわけありません。時間がなく皆様のブログ訪問がおろそかになっています。

2012年11月13日 (火)

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ⑤

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ

”富山サンダーバーズ”さん展示会まであと3(納入当日1日を除く)

時間がないのでひねりも何もなく速効製作です。

・基本塗装とスミ入れは終わりました。

Mk24

塗装は普段はやっている濃淡塗装やスケール効果を考えた塗装は行わず
指定色ビン生単色のべた塗り。

国籍標識や機識別記号は塗装で描かずにデカールに逃げ。

ブレーキパイプ等、機体外形のデティールアップはなにもしていません。(時間がない)

このあとディオラマ風にする予定なので実戦機らしく汚しやチッピングを入れる予定です。

Mk007

Mk008

コックピット内を弄った効果が出ていると思いません?

展示ベースの構想(仮配置)

Mk

微妙にフィギュアの配置は変わると思いますが、とりあえずイメージです。

2012年11月11日 (日)

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ④

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ

新潟市より帰還後、気が抜けてしまいほとんど弄っていません。

今日の午前中にすこしだけ進みましたが

”富山サンダーバーズ”さん展示会まであと4(納入当日1日を除く)

非常に「まずいんだぜぇ~」状態です。

Mk14

↑下面塗装は時間がないので”スカイ”単色のべた塗り。テクニックもなにもなし。

Mk15

↑上面は主翼上面の黒ラインと国籍標識の白塗りをマスキング後
 ダークブラウンをべた塗り。

Mk17_2 

↑タミヤ48キットには迷彩の原寸図があるのでコピーして切り抜きマスキング台紙として貼りつけ。

でもこれは2Dなので3Dには使いづらい・・・。

さっさとこちらを仕上げてフィギュアとベースを作らねばならないんですが、期日的に機体だけになるかも。

今回はコックピット以外はなんの工夫もひねりもなく完成?かな。

ここに来て納入日直前の追い込み日の15日に役員会とか急に入ってくるし(10日前にいってもらっても困るんだよね~)

まぁ、元気でやっていますという報告を兼ねて記事アップ。

2012年11月 1日 (木)

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ③

タミヤ1/48 スーパーマリーン スピットファイア Mk.Ⅰ

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ

前回記事よりほとんど進まずコックピット塗装しただけというまずい状態!

しかも展示会まであと11(県外行き製作不可能日4日間と納入当日1日を除く)

コックピット画像だけでも載せておきます。

・シート・床材

Mk1_004

メーターの一部塗り忘れあり、機体装着前に気がついたのでちゃんと書きました。

・コックピット左右側面

Mk1_005

・汚しを入れないほうがよかったかしら?

・胴体組み込み

Mk1_006

シートベルトは画像右下に書いてあるとおり。

本日11月1日(木)より4日(日)まで新潟市に行くため全く弄られません

PCも触れませんのでブログ訪問やコメントレスは遅くなります。

2012年10月27日 (土)

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ②

タミヤ1/48 スーパーマリーン スピットファイア Mk.Ⅰ

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ

コックピットを弄りましたがほとんどコックピットの資料を持っていなかったため
小さな2枚写真から雰囲気重視でっちあげ

・床材

Mk001

冷却器フラップ操作レバーを伸ばしランナーで再現したのみ。

・コックピット左側面

Mk002

乗降ドアは”開”状態にするため切り取り。

・コックピット右側面

Mk003

コックピット左右側面とも省略された機器類追加と延ばしランナーでパイピング

パイピングは金属線でやろうかとも思いましたが、接着の手間を考えて延ばしランナー使用。

酸素マスク・ホースを金属スプリングに銅線を入れて曲げ加工しやすくしたもので再現。

計器板より前と座席より後方の胴体内部はほぼ見えないのでなにも追加工作無し。

展示会まであと15(県外行き製作不可能日4日間と納入当日1日を除く)

より以前の記事一覧

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ