フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

カテゴリー「航空機模型 (AIR)2008」の55件の記事

2008年11月26日 (水)

1/72 シーハリアーFRS.Mk1 完成

シーハリアーFRS.Mk1 完成(ハセガワ 1/72)

いきなり②で完成です(笑)

①で掲載できなかった追加部分もアップしておきます。

112113 .

.

.

前回のデティール工作部分と今回の写真掲載部分で弄ったところはすべてです。

・完成・

15_21617182324 .

.

.

・スミイレとウオッシングはしていません。

・仕上げ保護を兼ねてに半ツヤクリアーを全体に吹いてあります。

・デカールがほとんど死んでいたので(台紙から長時間浮き上がらず、縁がボロボロ砕け散る。泣)胴体国章は塗装仕上げ。

------------------------------------------

※ブログ一時休止のお知らせ

私事ではありますが本日11月26日より12月半ばまでパソコンをさわれる環境では無くなります。
ついでながら模型弄りも全くできません。

しばらくはコメントにも返事が出来なくなり、また当然ブログ訪問もできなくなります。

12月10日過ぎにはなんとか復帰はしたいのですが目処は立っていません。

楽しみにしておられた方、ゴメンナサイ。m(_ _)m

復帰した際にはまたよろしくお願いいたします。

                   11月26日未明 シミヤン/シミソ

    

2008年11月20日 (木)

1/72 シュペル エタンダール 完成

サニー1/72 シュペルエタンダール(Super Etendard) 完成

08091011塗装はイメージに近くできたのですが、デカールが駄目になっていて、小さなものを試しに水につけて剥がそうとしたらバラバラになりました。

そこでマイクロソフトのリキッド デカールフイルム(LIQUID DECAL FILM)を使用。

みごとデカールは復活したものの、フイルム皮膜が厚くなり、透明部分がものすごく目立ってしまいました。
直線部分はニス部分は切り取れるのですが複雑な部分(主翼の錨マーク)は切り取りにくくそのままにして貼るといかにもデカールという感じです(泣)

リキッドデカールフイルムはデカール復活には絶大な効果を発揮しますが、皮膜が厚くなるため後処理が大変です。

12フォークランド/マルビナス 1982  

H.M.S. Sheffield VS Super Etendard
H.M.S.シェフィールド VS シュペルエタンダール

   

2008年11月16日 (日)

1/72 シュペル エタンダール ②

なかなか更新できませんが、久々に塗装作業が出来たので上下面のマスキングが必要なシュペル エタンダール を塗装しました。

塗装前にサフがけしてあります。

1、下面の塗装

06_2 ・純ホワイトではなくクレオスNo.316 ホワイトS17875で塗装。
(やや黄色がかっているような感じです。)

パネルに沿ってグレー色したものを細吹き。

※いつもはパネルを暗い色で塗装し内部を四角い部屋を丸く掃くように塗装するのですが、今回は逆です。

2、上面の塗装

07 ・上面のダークシーグレーはクレオスNo.305 グレーFS36118が正しいらしいのですが、青味が少ないように感じたので、クレオスNo.14 ネービーブルー混色し全体塗装。

さらに上から同色にグレー混色して明度をあげたものを今度はパネルラインを残すように塗装(下面塗装の時と逆)

・あとは水平・垂直尾翼の動翼部の国旗カラー塗装とデカール貼りをし、仕上げクリアー吹きと軽いスミイレ、汚しを入れて完成です。

・シーハリアーも小物自作追加終了し塗装待ち。(別記事にて後日)

----------------------------------------------------

食い物ネタ

SAIUNさんのコメントでチラッと触れた”昆布おにぎり”です。

北陸・・それも昆布消費量日本一の富山限定かも(笑)・・石川もあるかな?

01 02 .

.

.

黒と白がありますが、だいたい黒が多いでしょうか。
写真はスーパーのものですが、県内ではどの種類のコンビニでもほぼ100%置いてあります。

具が昆布と言うわけではなく、外側が御覧の通り海苔ではなく昆布です。

コンビニやスーパーの店舗によっては微妙に内容は違いますが、基本は同じです。

米むすびの方が塩むすび、ゆかり入りむすび、梅干し入り、つくだ煮昆布入りとさまざまです。
個人的にはあっさりした塩結びのものが好みです。

※街の食堂でもおにぎりと言えばこの昆布おにぎりが出てくるか「海苔ですか?昆布ですか?」と聞かれることが多いですね。
だまって海苔のおにぎりが出てくるのは少数派?か全国チェーン店くらいかも(笑)

2008年10月25日 (土)

1/72 シーハリアーFRS.Mk1 ①

まだ全体塗装に取り掛かれないので手付キットをどんどん進めましょう。

今回は”ハセガワ1/72 シーハリアーFRS.Mk.1

詳細は画像に直接書き込んでありますので、クリック拡大してみてください。

・コックピット

05 ・シーハリアーFRS.Mk.1のシートマーチンベイカーMk.10らしいのですが、資料が見つけられず以前ネットで見つけたマーチンベイカーMk.9を参考にして射出シートを弄ってみます。

といっても1/72なのでかなり適当です。
(へたに弄りすぎると1/72ジェット機の場合はコックピットに収まらなくなる恐れがあります。)

.(このシートはマーチンベイカーMk.10でいいのかもしれません

101102_2103 .

.

.

サイドコンソール等の計器も立体化すればよかったのですがデカールで済ませてしまいました。

以下はシーハリアー製作時のとても素晴らしいデテールアップポイント記述の記事を見つけたのでそれを参考にさせて頂いています。
(ただ文章主体の.図面との記事だったので立体化したこの記事はかなり参考になると自画自賛。笑)

・胴体各部

104105106 .

.

.

・主翼

107108 .

.

.

・30mmアデン砲、補助インテーク

110111109 .

.

.

位置の間違いや省略してあるアンテナ等は塗装後に加工し取り付けるのでこれですべてではありません。

先行製作のハリアーGr.3はほとんど素組みなので比較しても面白いかも・・。

BAe シーハリアー. SEA HARRIER ,British Aerospace
ハセガワ1/72 シーハリアーFRS.1

 

 

2008年10月23日 (木)

1/72 九六式4号艦上戦闘機 その1

前回の「寿41型エンジン」の機体は九六式4号艦上戦闘機でした。

まだフジミが元気に1/72ラインナップを出し脂の乗っていた時期のキットだったと思います。

いろいろ形式が出ていたのですが最近はラインナップの縮小整理されたようで定番商品化されたみたいですね。

0441 ・前回のパイピングしたエンジンを塗装するとこうなりました。

.

.

05 ・ジャンクのパイロットを乗せます。

飛行服の色が少しこげ茶色すぎました。

.

06_964 ・1/72の単発機でデッチアップもエンジンだけなのであっという間の”士の字”(水平尾翼は後付けなので正確には”十の字”)です。
せめて機体番号以外は塗装で仕上げましょうか・・・。.

.

全体塗装の準備がまだ出来ないので次回更新は
1/72 シーハリアーFRS.Mk1」・・・かな?

PS.完成は5年後(爆)記事はこちら(←クリックで飛びます)

2008年10月20日 (月)

「寿」41型エンジン

ここのところじっくりと塗装に取り掛かれる状況にならないのでフォークランド/マルビナス関連のジェット機群の塗装はお預けです。

脚柱など小物を弄っていればいいんでしょうが、ここ数日記事更新のないブログネタ用(笑)
新キットの袋を開け、空いた時間にチマチマ弄られるものを弄っていました。

スケールは1/72レシプロ機です。

「寿」41型エンジン

014102410341 .

.

.

・いつものようにラッカーシルバー塗装にエナメルブラックのスミイレ、
 0.4mm(0.3mmは全て折ってしまい在庫なし。)で穴あけ。

プラグコードとして電線を解した銅線を差し込んで固定。

エンジン抑えを同じ銅線で再現(のちほどシルバー塗装予定)

カウリングから機種がバレてしまいますね(笑) 

2008年10月15日 (水)

シュペルエタンダールの機体上面塗装色

胴体側面のエアインティクを取り付ける前に筆の届かないエアインティク内部を機体上面色で塗装しようとし、アルゼンチン海軍シュペルエタンダール上面色は何色かいなっと・・・・・

うひゃ~!写真によって全然色が違うじゃん!
WEB上での数少ないシュペルエタンダールの作例解説でも

仏海軍アルゼンチン海軍ルーグレー

仏海軍ブルーグレーアルゼンチン海軍ネービーブルー

アルゼンチン海軍英海軍のシーハリアーペンギン色と同じダークシーグレー

どれが本当やねん!!

で、写真を見ると

001002003 .

.

.

どの解釈も当てはまるやんか!
(色が違うように見える写真はこのほかにまだあります。)

こりゃ自分のイメージ(好み)でいくしかないなと
どれになるかはお楽しみ(笑)

 

2008年10月13日 (月)

1/72 シュペル エタンダール ①

サニー1/72 シュペルエタンダール(Super Etendard)

030405 .

.

.

・前回記事にしたようにコックピット内に計器盤や操縦幹はありません(笑)
適当にでっち上げていかにも弄ってあるように見せます。

・弄った箇所はもちろん正確ではありません。パイロットのヘルメットも使用したフィギュアはバイザーが内部格納仕様なのでウソです。

・胴体の貼り合わせと胴体側面のエアインティクの仮合わせをしてみましたが、古いキットにもかかわらず段差やズレもほとんどなく合いはかなり良いですね。

後ろの機体は並行製作中のハセガワ1/72ハリアーGr.3(HARRIER Gr Mk.3)と同じくハセガワ1/72シーハリアー(SEA HARRIER FRS Mk.1)です。(なんだか手付キットが増えているような気がしますね~。爆).

2008年10月10日 (金)

1/72 ハリアーGr Mk3 ②

御無沙汰しておりました。

ハリアーGr.3もたいして進展もしておりませんが
サニー1/72のシュペルエタンダールも弄りはじめています。

Gr3_03ジャギュアGr.1付属のパイロットを乗せてみました。

塗装はそれっぽくしてありますが、純正パーツでもよかったような気がします。(笑)

.

0102シュペルエタンダールにもパイロットを乗せました。
こちらはF/A-18Cのパイロットです。
・計器盤も操縦桿も取り付けることができません(笑)

.

塗装

Gr3_04_2Gr3_05_3Gr3_06 .

.

.

・とりあえずサフがけで接着ラインや傷をチェック。

・クレオスNo.331ダークシーグレー BS381C/638 をそのまま塗装しようと思いましたが、ちょっと暗すぎるような気がしたので少し明るくして塗装しました。

・ビン生塗装とあまり変わらんということで、手元にあったクレオスNo.325グレーFS26440を微量加え明度をあげたもので気持ちグラディエーションを入れて見る。
(ほとんど自己満足的な世界だなぁ。(笑))

※この後はダークグリーンの帯迷彩を入れるのですが境界がはっきりしている迷彩なので部品取り付けの状態だと凸凹がありマスキングが面倒です。
キャノピー接着の失敗もあるのでちょっとモチべが下がり気味です。

 

2008年10月 4日 (土)

1/72 現用パイロットフィギュア

10月1・2日と地元の秋季例大祭がありまして、模型&パソコンのほうはお休みしていました。
で、10月3日はというとボケ~としていただけで何もしておりません。

Cimg0013Cimg0026Cimg0030 ・夜の堤灯曳山しか掲載しませんが昼は花曳山となります。

しずしずと静かに曳くのではなく、漁師町なのでけっこう荒っぽい曳き方をします。(とくに曲がり角)

・全部で13基の曳山が勢ぞろいする様はいつ見ても壮観ですよ。

---------------------------------------------------

現在製作中の1/72ハリアーGr.3コックピットが計器はデカールでシートの形もいま一つということから
前記事でパイロットを乗せて誤魔化そうと書きました。

純正キット付属のパイロットと作りかけ放置(手つかず在庫も多数あります。笑)のジェット機キットのパイロットを引っ張り出してきます。
(ヘリコプターも2~3機あるんですが装備が1/72でもわかるくらいに違いました。)

0407 ・中断キットに1/72 ハセガワF-8Eクルーセイダー、タミヤA-10、Su-37 もあるんですが、パイロットパーツはありませんでした。

・右からハリアーGr.3、ジャギュアGr.1、F/A-18C 2体です。

ハリアーGr.3のパイロットが一番モールドがダルですね。
いちばん左のパイロットが一番造形が良い(両手・首が別部品)のですが、なぜかF/A-18Cの不要部品扱いです。

で、ハリアーGr.3に一番いいのを乗せようとしたらコックピットに収まりません。
左から順に入れていきましたが、結局は純正のフィギュアしか収まりませんでした(笑)
(残りのどれかはシュペルエタンダールに搭乗すると思います。)

より以前の記事一覧

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ