« 1/72 フジミ 艦上攻撃機「流星改」① | トップページ

2020年8月 9日 (日)

フジミ1/72 艦上攻撃機「流星改」

ココログブログも1年間の猶予はありますが、更新しないと記事投稿できなくなる仕様に変わったので
新記事投稿しておきます。

 

プチDUP艦攻3部作(と勝手に付けました(笑))の艦上攻撃機「流星改」完成。(2020年7月9日完成)

フジミ1/72 艦上攻撃機「流星改」

1_20200809110001 

プチと言いつつ今回の「流星改」は比較的大仕事になってしまいました。
フラップや補助翼、カウリングフラップなどにもう少し手を入れたかったのですが
力尽きました。

2_20200809110001 10_20200809110001 8_20200809110001 5_20200809110001 7_20200809110001 6_20200809110001 9 4_20200809110001 3_20200809110101

あと、スジ彫りもあるようなないような細く消えそうなものなので
もし今後作られる方がおられましたら、スジ彫りは深くすることをお勧めします。
それとフラップや方向舵のとんでもないところに分割線があるので
綺麗に消したほうが良いですね。(今回は消去不十分・・反省)

主翼折り畳み部分の造形もハセガワ1/48限定品にキットがあるので参考にしようとしましたが
ハセガワ限定キットの同部分は嘘っぱちなので参考になりません。
(上段の実写真と限定キットの完成画像(箱写真)を比較してみてください)

11_20200809110201

下から2枚の写真の機体を参考にしましたが、結構機体塗装の剥げが見られます。
今回塗装の剥げは再現しませんでした。
ちなみにした2枚どちらも魚雷を搭載していて1連の写真かと思いましたが、
魚雷の安定板の有無で別時期の写真ですね。
(もしくは魚雷を交換したかどちらか。)

それと折りたたんだ主翼の胴体への支えの棒?が見当たらないので再現してありません。
おかげで折り畳み部分の接着固定に苦労しました。

塗装も濃淡付けたつもりなんですが写真ではほとんどわからず単色に見えます。
何時もおとなし過ぎるんですよね~。もっと大胆にすればいいんでしょうけど
なかなかできません。
垂直尾翼の「ヨー251」と水平尾翼左下の「機種銘板」はデカールにしました。
プロペラの内側の黄色い注意帯を入れ忘れています。

|

« 1/72 フジミ 艦上攻撃機「流星改」① | トップページ

航空機模型 (AIR)2020」カテゴリの記事