« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年6月の2件の記事

2020年6月13日 (土)

1/72 フジミ 艦上攻撃機「流星改」①

1/72艦上攻撃機が続きます。

素組みでもいいんですが、細部までのデティールアップではなくて

ちょっとだけ弄るのがマイブーム。

1/48以上の大きなスケールではデティールアップもごまかしがききにくく

その点1/72雰囲気で現物合わせで攻められるのでお気軽プチ改造です。

コックピットやブレーキパイプ等のいつもの追加の他に

オリジナルキットに何かしら装備を追加して巷の作例とちょっとだけ違うものを作って楽しんでいます。

今回はフジミ1/72 艦上攻撃機「流星改」

Photo_20200613232401

40年位前のキットでしょうか?

たしか当時は「試製」と「流星」とこの「流星改」の3種類が出ていたと思います。

※「試製」はオレンジ色のパーツで爆弾扉に窓が付いていないパーツ

 「流星」は500Kg爆弾パーツ

 「流星改」は500㎏爆弾の他に魚雷パーツ追加じゃなかったでしょうか?

 記憶違いかもしれません。

 

流星は好きな機体なので1/72は過去に何機か作っているのですが

(1/48はキットは持っていますが、まだ未組立)

今回プチ改造ということで弄りました。

・いつものようにパーツはパーティングライン消し等、最初に処理してしまいます。

F72-2

・コックピット

この当時のフジミの航空機キットはコックピットはあっさりしたもので、

キャノピーをつけると見えなくなるのはわかっていますが

さすがに寂しいので弄っていると面白くなりプチではなくなりました(笑)

ハセガワ1/48流星改を参考にしています。

ただし

寸法・取付位置等は

「パッと見、このくらいの大きさ、厚みでこのあたりの取り付けだろう」

という程度の適当さです。

F72-1

・勢い(主翼)

折り畳み翼にしようと主翼をぶった切って、切断面を再現。

写真から見様見真似で再現してみました。

いつものように寸法、形状は微妙に違うんですが、そこは雰囲気重視で。

F72-3

今回はここまで。

 

| | コメント (7)

ハセガワ1/72 TBF/M‐1C アベンジャー 完成

ハセガワ1/72 TBF/M‐1C アベンジャー
第42混成飛行隊VC42(空母ボーグ CVE-9)

Tbfm1-h72-1

 

コックピット中央と後部動力銃座のでっち上げと
マスキングテープ製シートベルト、ブレーキパイプの取り付けの他
プチ追加として主翼下に3.5inFFARロケット弾用のMk.4誘導レール型ランチャーを
ジャンクパーツから持ってきて取り付けました。
厳密には形状も取り付け方法も微妙に違うのですが
そこはまぁ、いつもの雰囲気よければすべて良しということで(笑)

Tbfm1-h72

キャノピーマスキングは市販のマスキングシートを初めて使ってみました。

これは優れものです!1枚200円(スケールや機種によっては1機~6機くらい、1/72アベンジャーは3機分)

200円でストレスフリーと作業時間超短縮効果あり!!!

Tbfm1-h72_20200613205001

 

ハンターキラーグループのハンターを作ったならキラーも作らなければなりませんね。
何時になるかわかりませんが・・・。

Tbfm1-h72-2 Tbfm1-h72-3 Tbfm1-h72-4 Tbfm1-h72-5 Tbfm1-h72-6 Tbfm1-h72-7 Tbfm1-h72-8 Tbfm1-h72-9 Tbfm1

あと実機写真を見て気が付きましたが
垂直尾翼の機番号の位置が下過ぎました。
ハセガワさんの取説に従ったばっかり・・・orz

 

最後の写真は実際の空母ボーグの搭載機ですが写真説明ではVC19となっています。
ここは突き詰めて調べていないので今回はVC42ということにしておいてください。

| | コメント (1)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »