« オオタキ1/48 FW190A-8 いきなり完成(笑) | トップページ | 飛行機模型スペシャル No.29 アブロランカスター »

2020年5月 6日 (水)

1/35 Sdkfz250/3 GREIF (生存報告を兼ねて)

2ヶ月ほど更新が滞ってしまいました。

流行感染症に罹患したわけではありませんが、そのせいでなかなか更新できなかったせいもあります。

このGWは政府の指示通りステイホーム(横文字だと良い感じに聞こえますが、要は自宅ひきこもり)していました。

毎年、GW,お盆、正月など長い休みには「模型を弄るぞ!」と宣言する割にはほとんど模型は弄らない(笑)

でも今回はさすがに外出控えのため、模型を弄りました

本来なら1/35 Fi156シュトルヒ

Ts35-fi156

ロンメルと幕僚のフィギュア

Ronnmel

も手掛けるはずだったんですが、

中断中の「1/35 Sdkfz250/3 GREIF」を完成させたのみ。

※この製作予定の一連の作品は今年中止になった静岡ホビーショーで

参加ブースのお題「映画に出てくるもの」に向けに作ろうとしていたもので、

中止を聞いてからモチベーションが急降下したものです。

(※上段の写真は2体ともロンメル将軍なんですが、右はグンゼ/ハセガワ/ドラゴンで左がタミヤ製です。タミヤは全般的に小柄なことが多いんですが、右は大きすぎて1/32くらいあるような感覚です)

出題は「砂漠の鬼将軍/The Desert Fox」から

 Photo_20200506124001

 

久々の陸物だったので製作の製作手順が鈍っていました。

とりあえず車両だけ完成です。

グンゼ/ドラゴン 1 /35 SdKfz.250/3 GREIF

Sdkfz2503-40 Sdkfz2503-10 Sdkfz2503-100 Sdkfz2503-90 Sdkfz2503-80 Sdkfz2503-50 Sdkfz2503-120 Sdkfz2503-130 Sdkfz2503-140 Vehicle_sdkfz250_50

車体は迷彩が施してあるようにしてしまいましたが、実際はジャーマングレーの下地が上塗りのデザートイエローが剥離して

顔を出してきているもので、迷彩ではないのですが途中で治す気もなく、そのまま塗装を進めて完成に持ち込みました。

もう少し汚れ(埃っぽさ)やチッピング(塗料の剥がれ)、退色等の表現もあったほうがいいと思いますが、

そこはまぁ、陸物素人ゆえやり過ぎるとバランスがを崩しそうなのでここらで止めておきました。

※間違われる方はおられないと思いますが、最後の写真は実際の白黒写真にデジタル着色したものをWEBよりいただきました。

 

連休も今日で終わり。
明日からまた仕事に戻ります。
微妙に感染が怖い気もしますが仕方ありません。
暇なのは目に見えていますが仕事ができるだけ良しとしなければだめですね。

 

|

« オオタキ1/48 FW190A-8 いきなり完成(笑) | トップページ | 飛行機模型スペシャル No.29 アブロランカスター »

AFV模型 (LAND)2020」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
シミヤン部隊長とイルカさんが全然更新されないので
ちょっと心配しておりましたが、急に陸物が出てきた
からビックリです。
私も今やってるワイルドキャットで、映画テーマは
一旦終了になるのでこれからどうしよう。

投稿: majirisann1954 | 2020年5月 6日 (水) 12時15分

マジリ様
レス遅くなりました。
GW中のステイホームで思いのほか体が鈍り
久しぶりに仕事をすると年のせいか、肉体的にも精神的にも疲れ
毎日PCを開く出もなく何をするでもなくボケっとしてしまいました。

ブログは確かに熱が冷めてきたと言いましょうか、模型自体作る頻度が少なくなってきたせいもあり
色々と要因が重なって更新おろそかになってしまいました。

模型はテーマとは別に縛られずに気の赴くまま作られたほうがモチベーション保てると思います。
全部ではないとしてもいくつかは映画にこじつけられるかもですし(笑)

投稿: シミヤン | 2020年5月10日 (日) 10時00分

完成おめでとうございます。
確かに砂漠の将軍、ロンメルと来ればGREIFですね。
グンゼ/ドラゴンはもう絶版品でしょうか。
無線機のコードなどしっかり手を入れていらっしゃるのは流石です。
こちらは最近、ブログタイトルから外れてAFV以外の飛行機、艦船と本能のままに作っております(笑)。

投稿: hajime | 2020年5月10日 (日) 17時09分

ご無沙汰しております モチベを落とさないようにするのも
時間がありすぎても、つい模型以外の事に心が、動きます
車体の迷彩は剥げたのが、そう見えているのは、聞かないと
わかりませんでした。

投稿: あきみず | 2020年5月10日 (日) 17時32分

hajime様
ありがとうございます。
久しぶりの完成キット、しかも飛行機ではなくハーフトラックというところがミソ?です(笑)

いぜんGREIFを作ろうと思いタミヤ1/35のSdkfz250/3を購入したら
3は3でも初期と後期でちょっと違うらしいということで
改めてリベンジしようと思い、手を付けてからはや2年(;^_^A

私も艦船キットは多数在庫しているので作らなければと思いつつ、目が付いていかなくなっています(T_T)

投稿: シミヤン | 2020年5月10日 (日) 19時46分

あきみず様
ご無沙汰してしまいました。
どうも持続力が無くなっていると言いましょうか
同じものに集中せず、他キットにうつって、それも中途半端な状態が続いています。
年が変わって暖かくなって、いざ模型をやろうと思ったら
感染症騒ぎで気勢を削がれ、だらだらしてしまっています。
迷彩の剥げは作っているときに調べていてどこかに書いてあったものの受け売りです。

投稿: シミヤン | 2020年5月10日 (日) 19時49分

見惚れる完成度に眼福します。
幌や鞄の質感は鳥肌ものであります。

ツイッター、何とかアカウントは出来ました。

投稿: ハヤテ | 2020年5月11日 (月) 22時44分

ハヤテ様
ありがとうございます。
鞄はモールドを彫り込んで深くしたのが良かったんだと思います。
幌は手を加えていないので(タミヤ製)モールドがいいんでしょうか。
塗装はべた塗りでいつものエナメルスミイレ、
艶消しスプレーをブワッと吹いてからドライブラシしただけです。

ツイッターはいろいろ試してみてください。
ベイシアのところに基本操作を書いておきました。

投稿: シミヤン | 2020年5月12日 (火) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオタキ1/48 FW190A-8 いきなり完成(笑) | トップページ | 飛行機模型スペシャル No.29 アブロランカスター »