« ご無沙汰とお詫び  と言い訳 | トップページ | オオタキ/アリイ 1/48 P-47D »

2019年10月17日 (木)

二式水上戦闘機

ずっと放置していましたが、此方にもため込んだ製作記&完成キットの記事を書いておかないと・

タミヤ1/48 二式水上戦闘機

10_20191017223501

いつかは伝説の藤色の二式水上戦闘機を作りたいと思い、ようやく完成しました。
真偽のほどはともかく、再現するのは模型的にも面白いと思いました。

以前よりアリューシャン方面の二式水戦に藤色の機体があったという話がありました。
古くはジョーハン1/72キットの箱絵にもありましたし、最近ではハセガワ限定キットにもありました。

米軍の記録にはあるものの
日本側の記録もなく見たことがないというのが多数の中、
横空整備員の方が「見たことがある」との証言があるようです。

前置きが長くなりましたが、今でも通用するタミヤのキット、作るのは楽でした。
(フロートが1/50でキャノピーの合いが悪いのは昔から言われていますが・・・)

DUPは
・機首下面気化器操作ロッド追加
・フロート支柱基部付近右横に気化器空気排出口開口
・機体後部下面に係留フック追加
・座席シートに軽め孔開口
・シートベルト追加
・計器とネームステンシル以外は塗装仕上げ

塗装はイメージしている藤色なので参考になりません。
汚し入れずスミイレと軽い退色感を出すのみにとどめました。

※おまけ。★資料的写真★
最後の実写真はキスカの藤色機体と言われているらしい機体です。
おしいことに頭で日の丸が隠れているため垂直尾翼の機体番号との比較がかないません。
機体番号は「赤」もしくは「黒」と言われていますが、今回は「赤」にしました。

方向舵の上半部分が明るい色で、巷のキットの取説では黄色になっています。
何故黄色なのかリサーチ不足なので理由はわかりません。
「白」でも「明灰白色の塗り残し」とも考えられますが、今回は一般に流布されている「黄色」にしました。

主翼前縁の味方識別帯は前記取説にあるものと無いものが混在しています。
写真でもわかりませんが、今回は帯を入れてみました。

20_20191017223501 80 70 90 50 30_20191017223501 40_20191017223501 60 100

|

« ご無沙汰とお詫び  と言い訳 | トップページ | オオタキ/アリイ 1/48 P-47D »

航空機模型 (AIR)2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ご無沙汰とお詫び  と言い訳 | トップページ | オオタキ/アリイ 1/48 P-47D »