« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月の3件の記事

2019年6月16日 (日)

86’トレノ

今日、PCプリンター用インクを買いに電気量販店に行ったついでに

模型コーナーに寄ったところ

なんと若いころに乗っていた車のキットがあるではありませんか!

ハッチバックのキットは今でもよく棚にあるのを見るのですが

2ドアのキットは最近はほとんど見ませんでした。

(過去に一度作ったことがあり存在は知っていました)

ということで見つけて即レジに直行しました。

カーモデルは10年以上作ったことがないのでどうしたもんかと思います(笑)

F24-86trueno

フジミ1/24 SPURINTER 

TRUENO AE86 2ドア前期型

若いころは”おとなしい走り屋”でした(笑)ので、こういう車に乗っていましたが

子供が出来てからはファミリーカーになりました。

※ちなみに乗っていたシャーシカラーはキットの箱絵のようなではなくでした。

 

| | コメント (2)

ホビークラフトカナダ1/48 P-40B(AVG)

先に手を付けた二式水戦零戦22型甲もまだ完成していないのに

映画を観て衝動的に作りたくなり、

ホビークラフトカナダ1/48 P-40B(AVG)

一気に進めました。

Hc48-p40b-avg Dvd

コックピット側壁には機器類のモールドがあります。
はっきり言ってキットのモールドは適当です。

全部削り落として正確なものにしてもいいんですが
1、モチベーションが高いうちにさっさと作りたい。
2、キャノピーを閉にしてかぶせてしまえば良く見えなくなる。
3、雰囲気が出ればいいじゃないか!
4、もともと適当でよしとする性格(笑)
5、そこまでする作業が面倒だし気力もない

ということで、プラ板で追加したりモールドの上にプラ板を張り付け
厚みを増したりしてそれっぽく雰囲気を高めました

P40b-avg-hc48-1_1

塗装してみるとなかなか雰囲気が出ていません?
実際に比べると全然配置や物が違いますし
配線もなくスッキリしすぎていますが、
どうせ見えにくくなるのでこのくらいで満足です。


P40b-avg-hc48-4

 

P40b-avg-hc48-2

計器もデカールがないので筆塗りやドライブラシを駆使してそれらしく。
最後に計器にクリアーを垂らしガラスっぽくして見えなくして誤魔化す(笑)

機銃尾部をプラ片で追加。(もしかしたら無いかも~雰囲気です。)
シートベルトはちょっと贅沢にファインモールドのナノ製使用

シートは薄々攻撃で薄くしてあります。

Cimg11090

士の字にしてサフを吹きチェックです。
先に手を付けた二式水戦と零戦22型甲は写真にあるように
”士の字””十の字”のままサフ吹きすらしていません。
(だって零戦系のキャノピーマスキング面倒くさいんですもの)

 

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

二式水上戦闘機 タミヤ1/48 ③

タミヤ1/48 2式水上戦闘機 

5月末までは順調に進んでいたんですが・・・・

11a 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細々としたところで止まっています。

キャノピーマスキングして取り付け、塗装していけばいいんですが

キャノピーマスキングで止まっています((;^_^A

12_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にも違うキットを弄っていたというのもあるんですけどね(笑)

Cimg09750

こちらは2式水戦零戦22型甲(←こちらもシートベルトを付けた程度でコックピットのDUP無し)

H48-22 P40b-avg-hc48-10

ハセガワ1/48 零戦22型甲

ホビークラフトカナダ1/48 P-40B AVG

おいおい製作記事アップします。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »