« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月の6件の記事

2019年5月29日 (水)

二式水上戦闘機 タミヤ1/48 ②

タミヤ1/48 2式水上戦闘機 

順調に進めています。

10_6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・胴体/主翼接着ライン(下面)

本来はラインが無い所の接着ライン処理(基本工作)

5_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・主翼基部(上面)

仮組み時は大きな隙間がありましたが、きちんと接着する殆ど隙間は出ませんでした。

6_1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・水平尾翼

そのままつけると接着ガイドの凸がズレているので下方にズレて付きます。

加工して付けましたが、胴体側と尾翼側の厚みが違うのか段差が出来ました。

上面を優先(段差が出ないように)して取り付けました。

7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滑油注入孔

接着ライン処理が面倒なところでもあるので、穴を開けてしまい、

接着ライン処理後に伸ばしランナー等を差し込んで再現したほうが

綺麗にできてなおかつ作業が楽。

8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・エンジン

やっぱり目立つので手を抜かずパイピングすればよかった。

9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

か増えていますが・・・・・

Photo_30

 

 

 

| | コメント (4)

2019年5月26日 (日)

1/35 Sdkfz250/3 室内編

映画「砂漠の鬼将軍」のDVDを観ていまして

Photo_29

そういえば北アフリカロンメル乗車のSdkfz250/3の作りかけ放置キットがあったなと

Sdkfz2503-1_1

蜜柑山中断キット群から引っ張り出してきました。

パーツを切り離しただけでほとんど作っていなかったので

室内から(主に無線機)組み立てました。

Sdkfz2503-5  Sdkfz2503-2 Sdkfz2503-3

無線機配線は不明瞭な実写真を参考にそれらしくでっち上げました。

詳しい方が見たら「なんじゃこりゃ?」と思われるかもしれませんが

雰囲気です(笑)(正しい配線が分かってももう直しません:キッパリ!)

砂漠での使用ということで、室内に砂を再現してみましたが、粒子が粗いのかちょっと不自然?

フロントの覗き窓(名称は詳しくないので知りません)の押し出しピンあとが悲惨ですが

多分見えなくなるので未処理です。

Sdkfz2503-4_1

今回はここまで。

あ、来年のSHSお題の「映画」に使おうとしたら、映画にはこの車両は一切出てこない・・・(笑)

次の記事UPは二式水戦かな?

※砂漠の鬼将軍という映画、砂漠という割にはアフリカ戦線の場面は前半1/3程度

邦題も「鬼将軍」は無いだろうなと思います。全然鬼将軍として描かれてはいないですし

素直にロンメルのあだ名のDesert Foxを直訳した「砂漠の狐」で良かったのではないかと・・・。

| | コメント (2)

2019年5月24日 (金)

二式水上戦闘機 タミヤ1/48 ①

全く来年のSHSのお題とは関係ないんですが、

突然作りたくなり袋を開けました

タミヤ1/48 2式水上戦闘機

ヤフオクか何かでセットものを落札した時に入っていたキットで

箱はボロボロ、デカールは劣化して使い物にならない状態でした。

10002301

このキット1970年代(1973年)の製品で主フロートが短い(ここだけ1/50?)とか

いろいろ省略があるとか言われるキットですが、現在も流通しているところが凄いですね。

・コックピット

1_1

シートベルトを追加した以外は素組みです。

(計器盤が平坦なのでの中央部分は削って凹ませてあります。)

2式水上戦闘機は全て中島製なのでコックピット内の塗装もクレオスの中島機内色使用しますが

ビン生だと全くイメージに合わないので緑を加え少しアレンジしました。

(クレオスのこの中島機内色、イメージとかけ離れ嫌いなので普段は使わないんです。)

計器盤デカールはマイクロソフトリキッドを塗って、何とか使用できました。

2

側面もスミイレしただけです。

・カウリング

3_1

排気管を取り付けた後に内部をくりぬきました。

・主フロート

4_1

後部の支持脚基部の取り付けラインが目立つので丁寧に消し

右上部付近の開口部(用途は忘れました)を開口しました。

さっさと完成させたいので

フロートが短いとかカウリングの形状がおかしいとか言われているらしいですがスルーします。

(修正せずキットの形のまま作ります)

パネルラインも凸でほとんど見えないくらいの細さですが、あえてそのままとしリベットも打ちません。

エンジンのパイピングも今回はやりません。

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (6)

2019年5月21日 (火)

1/48 Bf109G-14 Croatia

第58回静岡ホビーショー/第30回モデラーズクラブ合同作品展

ハセガワ1/48 Bf109G-14 クロアチア 

SHS用に製作したもう1機のBf109の画像UPします。

(お題は「小国空軍機」)

以前1/72で同塗装、同機体を製作しましたが、1/48でコレクションしたいため
製作したというのもあります。

シートベルト、コックピット後部の雑具入れ、コックピット右舷の燃料計パイプ、ブレーキパイプを追加した以外は
何も追加していません。
あ!作業中にピトー管を折ったので金属パイプと金属線の組み合わせに変えてあります。

まだまだ異国のBf109(特にボイレ付き)はあるので地道に揃えていきたいですね。

Bf109g14-2 Bf109g14-3 Bf109g14-9 Bf109g14-8 Bf109g14-7 Bf109g14-6 Bf109g14-5 Bf109g14-4 Bf109g14-10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4)

2019年5月19日 (日)

1/48 Bf109C/D Swiss

第58回静岡ホビーショー/第30回モデラーズクラブ合同作品展

に急遽製作した

ホビークラフトカナダ1/48 Bf109C/D Swiss

作品展終了後ですが画像UPします。(お題は「小国空軍機」)

Bf109cd-2 Bf109cd-3 Bf109cd-4 Bf109cd-5 Bf109cd-6 Bf109cd-7 Bf109cd-8 Bf109cd-9 Bf109cd-10 Bf109cd-11

機首がちょっと短い気もしますがスルー
排気管がパーツに無く開口部のみのため真鍮パイプで追加
ついでにブレーキパイプも銅線で追加し、主脚パーツは太い棒状だったため
オレオ部分で切り離しパイプを仕込んで加工(目立ちませんが…)
それ以外は素組みで速攻制作です。

 

| | コメント (4)

2019年5月15日 (水)

第58回静岡ホビーショー/第30回モデラーズクラブ合同作品展

2019年5月11日・12日

第58回静岡ホビーショー/第30回モデラーズクラブ合同作品展

参加してきました

詳しい状況、会場の様子などは他所で沢山upされているので

そちらを見ていただきたいと思います。

(カメラは持っていきましたが、写真を撮っても後から見ることもないし

作品が多数あり過ぎてキリがないので、ほとんど撮りませんでした。

まぁ、ずっとブースに座っていたというのもありますが・・・)

Photo_24

今年も2ブース兼ねての参加でしたが、一方のみに常駐し

もう一方は初日の朝に顔を出して作品を置いてきただけの不義理をしてしまいました。(反省)

Photo_25

こんな感じで作品を梱包し持っていきましたが、

このほかに1/24フィギュア1体と1/72飛行キットを持っていきました。

(下の空母サラトガの箱は梱包材押えのためのもので展示用キットではありません)

・模型合宿さんチーム(西館260)

511-6

511-3a

・”非公認”ホビコムモデラーズの輪(西館255)

512-41a

2日間とも昼食以外はほとんどの時間「模型合宿さんチーム」にいましたが、

ちょっと抜け出して「北館」のメーカーフロアに行ったのは内緒です(笑)

いつも散財するのであまり行きたくはなかったのですが(ウソ!!)今年も積(罪)を増やしてしまいました。

でもいつもより比較にならないほどおとなしいですW

Photo_26

1/200 B737-800は直前のGWに搭乗した機種でなんとなく作りたかったもの。(衝動買いです)

1/72 流星改は以前から目を付けていましたが定価ではちょっとお値段が高かく躊躇していましたが

なんと半額だったため即購入!!!

他にも迷ったキットがいくつかありましたが、なんとか自制しました(爆)

あとはコンコースの自衛隊車両をチラッと見て、南館に交流頂いている方々への挨拶も済ませ

楽しんできました。

なおブース不在中に訪問いただいた方や挨拶に伺えなかった方々にこの場を借りてお詫び申し上げます。

 

PS.ブログ未発表新作については週末にでも記事アップします。

 

 

| | コメント (14)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »