« 2019年 謹賀新年 | トップページ | Fw190A-6/R11 完成 »

2019年1月 6日 (日)

Fw190A-6/R11 ①

新年最初の制作は1/72航空機

最初と言っても取り掛かりは昨年末12月30日| ̄ω ̄A;

新年初頭の挨拶用にと急遽思いついて始めたものの時間切れ、過去作使用になったのはご覧の通り。

他にも中断キットは多数あれど、まずはこれから仕上げます。

(猪ということで)

.

ハセガワ1/72 FW190A-6/R11(Nacht Jäger)

FW 190A-6/R11 with FuG 217 radar and MG 151/20 cannon

.

H72_fw190a6n_1_2


サフ吹き時点で時間切れ。

ここから再開です。

.

H72_fw190a6n_2

.

ここにレーダーアンテナ差し込み用の穴を開けてから今晩から塗装に入ります。

あっさり系塗装なのでさっさと済ませ国籍標識やエンブレムはデカールで済ませる予定です。

|

« 2019年 謹賀新年 | トップページ | Fw190A-6/R11 完成 »

航空機模型 (AIR)2019」カテゴリの記事

コメント

早速始動なんですね。
この間作って改めて1/72が小さい事を認識しました。
塗装、ましてや迷彩となれば難易度も反比例で
難しくなるのかもしれませんね。

投稿: ハヤテ | 2019年1月 6日 (日) 16時25分

ハヤテ様
逆に細かすぎて誤魔化してもわかりづらいというのもあります(笑)
以前は1/72ばかり作っていたので1/48に移行したときはとても楽に感じました。
逆に1/32ともなると大きすぎて作りづらいです。
(大きいのが苦手なのはここからきています)

投稿: シミヤン | 2019年1月 6日 (日) 19時10分

昔からミニスケールは苦手意識が在りました、しかしながら一昨年立て続けに3機ほど作ってみて小さいだけ端折り易く思いのほか完成するのが早くて面白かったです、
正月休みのせいもあるのでしょうがそれにしても早いですね、この調子で行くと1小隊は出来そうですね。

投稿: マック | 2019年1月 7日 (月) 23時34分

ドイツ機の迷彩ってスポット的な迷彩があったりして難しそうですね。1/72だと余計難しそうですね。

投稿: hajime | 2019年1月 8日 (火) 21時25分

マック様
1/72はお気軽制作に向いています。
あまりこだわらず数を揃えるのがよろしいかと。
と書いていますが弄りたくなるのもまたモデラーの性(笑)
どこで止めるか、素組みでいくかによって完成度数が違いますね。

投稿: シミヤン | 2019年1月 9日 (水) 22時21分

hajime様
今回の機体は箱絵にもあるようにほとんどインクスポットが見られない機体なので
そんなに苦労はなさそうです。
でも1/72でインクスポットができたらもっと大きなスケールは楽に感じることがあると思います。
逆に大きすぎると難しい感じがします。

投稿: シミヤン | 2019年1月 9日 (水) 22時23分

フォッケ!フォッケ!
単座のレーダー付き夜戦なんて手が2本じゃ足りなくなりそうな予感しかしません。
A-6/R11というサブタイプもよくわかりません、武装強化型の夜戦タイプ?でいいのかな。強そう。

投稿: シロイルカ | 2019年1月 9日 (水) 23時39分

フォッケの夜戦ですね。
主翼上下についたアンテナが特徴的ですね。
排気管上部についた「目隠し板」が良いですね。

投稿: 日の丸航空隊 | 2019年1月10日 (木) 20時27分

シロイルカ様
Fw190A-8の夜戦タイプキットは良く見るんですがA-6はあまりないかもしれません。
対爆撃機というよりも標的は主に随伴してくるモスキート夜戦だったようです。
作っていると武装はフル装備標準型と同じように思います。
実写真は2~3機しかないように思います(2機?)

投稿: シミヤン | 2019年1月10日 (木) 23時25分

日の丸航空隊様
枝にアンテナがついたA-8は作ったので
串刺しアンテナタイプもなかなか変わっていて良いですね。
空気抵抗はこちらのほうがまだましだと思うんですが
レーダー性能的には枝アンテナのほうが良かったんですかね?

投稿: シミヤン | 2019年1月10日 (木) 23時30分

単座の夜戦となると 技量が無いと上がれないですから
ドイツでも猪突猛進なんでしょうね ドイツでは動物の
エンブレムが割合あります お国柄なんでしょう

投稿: あきみず | 2019年1月11日 (金) 21時40分

機首のマーキングが素敵であります。
夜間迎撃、日本では月光など操縦、航法、レーダー索敵と3人がかりで行うところ
ドイツは凄いであります。
このレーダーやBMW発動機を訪独潜水艦で日本に運べていれば・・
コピー自体難しかったかもしれませんが(汗)

投稿: mamo | 2019年1月12日 (土) 19時00分

あきみず様
そうですね、レーダーも操作しつつ、難しい夜間操縦もこなし
なおかつ攻撃動作を行うなんて、並みの技量じゃできませんね。
エンブレムやノーズアートを見るとお国柄が出て面白いです。
これが付くと模型映えするので良いですね。

投稿: シミヤン | 2019年1月14日 (月) 01時51分

mamo様
さすがに戦闘機のレーダ組み合わせは複座以上が主で単座機は少数機だったらしいです。
それにしても単座機にレーダーを積みこむ技術は凄いです。
BMW発動機はFW190A-5が1機輸入されているので研究されたと思うのですが
残念ながら技術が追い付かなかったというところでしょう。
ただ首なし飛燕の5式戦への開発段階でFW190のエンジン取付方法を参考にしたようです。

投稿: シミヤン | 2019年1月14日 (月) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年 謹賀新年 | トップページ | Fw190A-6/R11 完成 »