« ハセガワ1/72 Bf109G-6 フィンランド 完成 | トップページ | Fw190D-9 完成 »

2018年9月20日 (木)

Fw190D-9 ➀

いろいろと体にガタが来ている今日この頃・・・

.

模型制作も中断しており心機一転という訳ではないですが新規キットに手を付けました。

唐突に1/48 Fw190D-9を作りたくなり押入れ在庫キットを漁ったところ

1/48では3キット+Ta152C-0が出てきました。

.

Fw190d9hd48tile0

.

モチベーションもちょっとあるので一番作りにくいであろう

ハセガワ/ドラゴンのキットを選択

1/48 Fw190D-9

Hd48_fw190d9a

画像中にも書いてありますが元々はトライマスターのキットで

「完成した時の形状は良いけど、作るのがちょっと大変」というキット

ただトライマスター時代の金属パーツがプラパーツになった分、多少は作りやすくなった?

ちなみにトライマスターのキットはこれ↓(在庫しています。(笑))

Tm48_fw190d9

箱絵は同じです。

.

・胴体

Fw190d9_1a

写真は撮っていませんが左右胴体を貼り付け、主翼をそのまま組み立てようとすると

左右主翼上面基部に1㎜以上の隙間が開くので、

胴体幅をランナーで(画像中の”伸ばしランナー”は記入ミス)現物合わせで広げるよう加工

.

・主翼基部

〇印部は1枚パネルなので接着ラインは消す

ここをそのままにしている作例をよく見ます。

素人なら許せても雑誌の作例ではきちんと修整してほしい箇所ですね。

Fw190d9_4a

.

・ガンベイパネル

Fw190d9_2a

久々に模型を弄ったら基本工作が雑になってしまった・・・

.

・機銃他

Fw190d9_3a

胴体上面機銃は単純なプラ棒状のパーツで、パーツの切り出しやパーティングライン処理を考えると金属パイプに変えたほうが楽!

実際機銃先端は単純な円筒ではないけど作業と先端の穴あきを差し引きするとこちらのほうが良。

小エアスクープも先端を開口

.

・シートベルト(コックピット)

Fw190d9_5a

コックピット内は素組み(覗き込んでもほとんど見えません)

シートベルトファインモールド社のナノレッドシリーズ使用

.

・主脚

Fw190d9_6a

お約束のブレーキパイプを銅線で追加取り付け。

かなり適当(笑)

※Fw190Dの特徴の一つである
脚庫の胴体よりのエンジン後部のチラ見え再現は再現工作をするとモチベーション維持が難しくなるのと面倒でもあったのでキットのまま。

.

・十の字

Fw190d9_7

マスキング済キャノピーで接着固定しRLM66で塗装(ここはブラックかも)

この後サフを吹いてチェックし塗装に移ります。

|

« ハセガワ1/72 Bf109G-6 フィンランド 完成 | トップページ | Fw190D-9 完成 »

航空機模型 (AIR)2018」カテゴリの記事

コメント

術部の違和感や血圧の不安定と体力、気力もなかなか戻らずで
PCを開くことも無い日々であり、ご無沙汰いたしました。

シミヤン様のFw190D-9、必見であります♬

投稿: ハヤテ | 2018年9月22日 (土) 23時07分

ハヤテ様
私も夏の暑さを引きずったのか9月に入ってまたもや体調すぐれず状態です。
気分転換にと模型再開してみました。
中断キットの再製はなんとなく気分的にやめて新キットに手出ししました。
案外サクサクといきますね。

投稿: シミヤン | 2018年9月24日 (月) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハセガワ1/72 Bf109G-6 フィンランド 完成 | トップページ | Fw190D-9 完成 »