« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の2件の記事

2018年7月24日 (火)

零戦52型戦闘偵察機

暑中お見舞い申し上げます

毎日毎日暑い日が続きますが、皆様お加減いかがでしょうか?

ではブログタイトル通りに模型ネタ(笑)

ハセガワ1/48 零戦52型(旧黒箱)戦闘偵察機仕様

52h48_20

第153海軍航空隊 偵察第102飛行隊
フイリピン・クラークフィールド基地 1944年10月
佃喜太郎少尉機

.

52h48_30 52h48_40 52h48_50 52h48_60

タイトルを見て「戦闘偵察機??」と思った方もおられるかと思います。
「あ~、あの機体ね!」と思われた方はかなりのマニア?(笑)


スケールアビエーション2003年3月号(Vol.30)に発表された機体で
破損写真を参考に推定して作図されたようです。(写真は未掲載)

52h48_70


52h48_90 52h48_100 52h48_120

佃喜太郎少尉の回想記録記事もあるのですが肝心の偵察カメラ設置状況は記憶にないとのことで作図は想像したものが書かれています。(胴体下部にカメラ用の四角の窓?)

52h48_80

.

52h48_110 52h48_130

今回はその想像図とは異なり、同じ偵察仕様でも上の国立博物館にある
ラバウルで破損機の部品を寄せ集めて作った”複座零戦”の偵察仕様部分に準じて作ってみました。
(最後の写真の左下画像が実物で右下がキット:円形の部分がスライドしてカメラが覗く)
塗装は三菱製の塗装にしてあります。
(カウリングのナス紺色、濃緑色と灰白色の色合い、胴体上下ラインの塗り分け、味方識別帯や日の丸縁の太さ、脚庫内の下面色等々)

機体の剥げは案外初期の零戦52型はあまり見られないので入れませんでしたが、
下面は汚しを入れてアンバランスになっています。
上面は結構濃淡つけたはずなんですが、艶消しや、半艶消しで光沢を整えていくうちに
ほぼ1色に見えるようになってしまいました。
(パネルライン強調塗装は好みではないのでほとんどやりません。色の濃淡だけで微妙な変化をつけることが多いです。←だから消えるんだ!(笑))
ちなみに下面はサイパン捕獲零戦52型の飛行姿勢の写真を参考にしています。

すべて塗装仕上げです。


独断想像で思いこみいっぱいの作品なので参考にはなりません。

7月初旬には完成していましたが、ブログ発表は今になってしまいました。

思ったようにはなりませんでしたが、完成できただけでも良しとします。
このキット、制作中断してから何年熟成していたんだろう??

.

.

.

| | コメント (10)

2018年7月14日 (土)

三式戦闘機 飛燕丁

暫くネットを離れていたの(特定HPのみ覗いていました)とブログ更新もサボっていましたが

キットは少しづつ弄っていました。

そのうちの1機

ドラゴン1/72 三式戦闘機”飛燕”一型丁

 

飛行第19戦隊、第1中隊
フィリピン ルソン島クラーク基地 1945年

D72_20_2

D72_30 D72_40 D72_50_2 D72_60 D72_70 D72_80 D72_90 D72_10

M_image

このキットも胴体がカツオ節状態で主翼も貼り合わせて未処理のまま放置して合ったものを再開完成させました。

確か模型合宿のビンゴキット(押し付け編)だったと思います。

はっきりと写っていませんが最後の実機写真を参考に(真ん中の機体を主に)それっぽく塗装してみました。
WEB上でのカラー側面図もありましたので、それも参考にして組み合わせてあります。

ちょっとグリーンが弱かったでしょうか?もう少し濃くしても良かったかもしれません。
急いで塗装したので一部日の丸がズレてしまいました。
いつものようにすべて塗装で仕上げましたが、戦隊マークがヨレヨレです。

おまけとしてコックピット付近の途中写真です。

D720

| | コメント (8)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »