« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の2件の記事

2016年11月23日 (水)

B-17F 01

ここのところ仕事がらみで一応地域の”長”と名の付くものになっていまして
そのせいで忙しく趣味のほうはなおざりになっています。

そんな中、息抜きで見たDVD

B17_dvd_2

どちらも”B-17”の映画

”B-17”を作りたくなってしまい在庫の箱を開けました。

B-17FB-17Gの2キットを在庫していますが、銀色の機体を作りたいということで

ハセガワ1/72 B-17G

H72_b17g

1/72ではレベルの出来のいいキットやスジ彫り仕様のアカデミーキットがありますが
購入したり安く上げたオークションでセットの中に入っていたりでハセガワキットが2箱ずつあるので
(もう2箱あったんですが、展示会や、模型合宿のビンゴ用に供出)
在庫減らしのためハセガワキット使用

時間もあまり取れないので主尾翼の貼り付けとコックピットパーツ組立程度しかしていません。

Cimg68460

資料も用意しましたが、とりあえず完成させたいので素組みでいきます。

B17

実はこちらも手を付けてあったんですが、御多分に漏れず小物処理で中断中(汗)

Bf109G-6 ルーマニア空軍

Bf109g60_2

| | コメント (10)

2016年11月 2日 (水)

Bf109E-7 日本陸軍航空審査部

ハセガワ1/48 Bf109E-7

途中写真はありませんが、完成しました。

8月31日記事での上左写真の中断キット3機すべて完成です。

Bf109e7_9

Bf109e7_1

Bf109e7_2

Bf109e7_3 Bf109e7_4 Bf109e7_5 Bf109e7_6 Bf109e7_7 Bf109e7_8

Bf109e7_10

Bf109E-7
日本陸軍航空審査部
実用試験機「白1」 (各務原飛行場:1941年)

japan Army Airlines examination department
Practical use testing equipment "white 1" (Kagamigahara Airbase: 1941)

Bf109Eの好きな方なら1度は作ったことがあるか作ってみたいと思う機体ではないでしょうか。

ハセガワのキット「Jt9」(カタログ落ち?)では数種類の選択デカールのうち
日本仕様がありRLM74/7576塗装指示ですが
限定キットの「H07369」ではRLM02/7165の指示になっています。

ドイツからの輸出時期で制空迷彩後期塗装(後者)にしてみましたが、
実写真をみると迷彩境界があまりはっきりと見えないので
前者だったかもしれません。

もしかすると主脚柱は無塗装もしくは明るめの色のようにも見えます。

ちなみに限定生産キットはデカールが陸軍航空審査部の1種類のみで値段が倍以上になっています。
今回はもともとのキットの下左写真の安価なほう(笑)

H48_bf109e47   H48_bf109e7

フィギュアハセガワパイロットセット陸軍操縦者なんですが
このキットのフィギュアはどれも頭が大きく5~6頭身で困ったもんです。

DUP
ブレーキパイプ、アンテナ線、方向舵操作索を加え
機首部の開いた部分にエンジンが入っているようにプラ板を張り付けたのみで
細かな省略部分は再現していません。
パネルラインモールドもそのままです。

ベースは100均のA4写真入れに灰色の画用紙にマジックペンで線を引き
塗料洗浄用の汚れた液を散らして、片隅にシーナリーパウダーでちょっとアクセントをつけた
ほとんどお金をかけない簡易ベースです。(使い回し可(笑))

| | コメント (14)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »