« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の4件の記事

2016年10月21日 (金)

ハセガワ1/48 Bf109E-7Trop 完成

ハセガワ1/48 Bf109E-7Trop

Bf109e7trop_1

Bf109e7trop_2

Bf109e7trop_3

Bf109e7trop_4 Bf109e7trop_5 Bf109e7trop_6 Bf109e7trop_7

Bf109e7trop_15

Bf109e7trop_16


第27戦闘航空団 第1飛行隊本部付副官 
ルートヴィッヒ・フランチスケト少尉
(最終階級少佐”JG27最後の司令官” 最終撃墜数43機)
1941年4月 リビア/カステルベント


Stab.I/JG27
Unterleutnant Ludwig Franzisket
(Kommandant "der letzten Reihe größerer "letzter JG27
43 Zahl des letzten, das niederschießt)
April 1941 Libya

ほぼストレート組み
・機首開口部から見える内部にプラ板を貼り付け何かあるように見せた。
・ブレーキパイプとアンテナ線を追加
・コックピット内は弄らずキットのまま(シートベルトはモールドあり)
・主翼機銃は製作時に邪魔なので切り取り、塗装後金属パイプ+ランナー加工で取り付け
・翼端燈、尾燈をクリアーパーツ化
・方向舵操作索を0.3mm金属線で再現、取り付け
・実際は尾輪のところはカバーが付けられ凹は無いが、今回はそのまま。
・方向舵のところに白棒で11本の撃墜マークがあるらしいが付けていません。
と、極簡単なDUPにとどめてあります。

今回は金型小改修前の古いキットで少々手を加えるところもありますが
おおむね良好なキットだと思います。
(パネルラインが図面と同じか?とか、形が丸いだのの角ばっているだの
膨らんでいるとか細いとか、細かな形状がどうかという点は
調べていないし気にもしないでのキット評です)

| | コメント (12)

2016年10月16日 (日)

ハセガワ1/48 Bf109E-7Trop #2

ハセガワ1/48 Bf109E-7Trop

Bf109e4trop_8

デカール貼り付け終えました。
細かなものは大判の鮮明な実写真をみても無かったように見えるものもあったので
いつものように結構省略してあります。
(フレーム番号やエンジン留め具部分等)

さらにデカール日付が1988年
しかも箱無し袋入りのキットを格安で購入(かなり前)したもので
不要デカールで試すと案の定バラバラになりました。
秘密兵器(笑)”LIQID Decal Film” を使用しデカール保護してなんとか貼れました。

ハセガワのデカールは昔から新旧関係なく
白部分がピュアホワイトではなく黄色がかったものなので
ホワイト塗装した部分と違う色になり
また破れたり剥がれたりした部分を塗装して補修しようとすると非常に都合が悪く
また隠蔽力も弱く下地が透けるものがあるので
これは強く改善をお願いしたいですね。
(外国製のデカールと違い国内ものはデカール使用塗料の規制か何かの関係で
こうせざるおえないと聞いたことがありますが、都市伝説なんでしょうか?)

| | コメント (8)

2016年10月12日 (水)

新潟上越・信州長野(模型合宿地)旅行

10月9~10日の2連休(私の仕事は土曜日はAM/PMフルで仕事です)に

女房殿を連れて新潟上越~信州長野に旅行に行ってきました。

宿泊は新潟上越の妙高なんですが

妙高から高速道路で近くてすぐ行けるということで先に
大河ドラマ「真田丸」でも有名な信州松代に行きました。

109_290


長野の善光寺もすぐそばなんですが2年前に行ったのパス。

松代では「長野模型合宿仲間」と行ったことのある

手打ちそば処の「沙羅樹庵」に行ってきました。(懐かしい人もちらほら?(笑))

1009_40vert

蕎麦は”辛味大根のしぼり汁を使った「おしぼりそば」”大盛り

おいしかったです。

ご主人ひげをはやされていましたが、前に行ったときもそうでしたっけ?

で偶然なんですが松代では「松代藩10万石まつり」をやっていまして人だらけでした。

1009_30 109_120tile0


大名行列の再現で、左下は真田14代当主真田 幸俊氏

右下の右側、若いお姫様は茶々姫、長野市出身の

リオオリンピック・シンクロナイズドスイミングメダリスト箱山 愛香選手

おじさんにはここが一番の見どころだったかな(笑)

このあと旧真田邸や真田宝物館、旧松代駅(臨時駐車場?)をみて上越妙高に戻りました。

(残念ながらホテルチェックインの時間があるので松代城はパス

象山大本営跡も途中まで行きましたが駐車場に止められず(祭りのせい)で断念)

妙高では「アパリゾート上越妙高」に宿泊したんですが、なぜここに?

「アパリゾート上越妙高2016 Myoko Happiness Illumination~幸福を呼ぶ光の双龍~」

という光のイルミネーションがありまして、これを見に行くのが今回のメイン目的でした。

広大な丘陵地を使った光のイルミネーションで綺麗でしたが「なばなの里」のイルミネーションを見た人には「う~ん、綺麗なんだけど・・・・同じ?」という感じでしょうか。

109apa_170tile0

109apa_340tile0_2

109apa_75horz0

109apa_1000

翌日は再び南下して松本市国宝「松本城」

1010_40

ここも模型合宿メンバーといった所ですが、

ここでも「そば祭り」なんてやっていまして、城周辺市街地は歩行者天国で人だらけ。

天守閣もたどり着くまで30分以上かかるというので登城はやめました。

写真では人が少なく見えますが、城外は人でごったかえしています。

早々に切り上げ安曇野市へ向かいます。

安曇野市には10回も行っているのに今まで一度も観光したことがありません(爆)

と言ってももう午後2時を回っています。

安曇野 大王わさび農場安曇野 碌山美術館のみ見学して

帰途につきました。

・安曇野わさび農場

1010_40horz0

・碌山美術館

1010_20horz0

今回は長野模型合宿の宿泊地にはいきませんでしたが
「この地で10年前から毎年やっているんだ」と見せることが出来ました。

もっとも今回の目的

妻が見たいといった「Myoko Happiness Illumination~幸福を呼ぶ光の双龍~」が第1で

2番目は「沙羅樹庵」の蕎麦を食べることだったので他はおまけですが…

さらに松代松本祭りイベント全くの偶然でした。

走行距離720Km ちょっと遠出したというところでした。

まぁ、これで来年も模型合宿メンバーと予定が入らない限り遊べます(笑)

| | コメント (10)

2016年10月 2日 (日)

ハセガワ1/48 Bf109E-7Trop

ハセガワ1/48 Bf109E-7Trop

Fullsize_image

中断キットのうち
スピットファイアMk.Ⅵは完成させることが出来たので
お次は「Bf109E-4/7」2キットのうち「Trop」のほうを再開。

金型プチ改修前の発売直後のキットで微妙に細かな部分の詰めが甘いキットです。
(もう1機のほうは金型改修後のほう(現在流通しているキット))

小物の塗装を終え、機体も基本塗装のRLM.76(78ではない)を済ませた状態です。
有名な「黒フチ付き赤の”8”」は作例も多く
1/72でも作っているので別機にします。

予定はルードヴィッヒ・フランチスケト少尉機

Me109ejg27ju87bstg2194145fstilevert

この後上面の迷彩塗装とスミイレ、軽く汚しを入れるだけなので
完成まで持ってこられるでしょう・・・たぶん。

※ホビコムに同じ記事投稿しています。

| | コメント (8)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »