フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 諸々のこと その9 | トップページ | フジミ1/48 Bf109G-10 03 »

2016年7月10日 (日)

諸々のこと その10

昨日7月9日(金)ようやく残っていた仕事関連の前半の会議も含む種々雑用?がすべて終了しました。

これから後半に向けて色々とあるんですが、まぁ、一段落というところでしょうか。

これで趣味のほうにも少しは時間がさけるかなというところですが、モチベーションがちょっと低い?

前回記事のフジミ1/48 Bf109G-10マスキング途中

Cimg60940

これから主翼上面の白十字をマスキングして迷彩塗装します。

その後に改めて胴体上部の迷彩塗装をします。

昔は胴体と翼は同時にマスキングしていましたが
ドイツ機独特の塗装で、別々にしたほうが手間も時間も良くストレス!も少ないということことが分かったので(個人的感想)
最近はこのように別々にしています。

でも今回マスキングは雑です(笑)

さて、連日記録的などとNEWSで流れるほどの暑い日が続いています。

もうここのブログでは死語に近い言葉になりましたが

「夏はやっぱり艦船ちゃん!」

350a_52_2

アオシマ1/350 伊ー52潜

これをやろうかと思っています。

ほとんど活躍らしい活躍はしていないのですが、なぜこれにしたかというと

Cimg60910

以前から立体化したいと思っていました。

遣独潜水艦の1艦で大西洋に沈んだ唯一の日本海軍潜水艦

(日本海軍乗員が回航した呂ー501もありますが、もとはU-Boot)

Japanese20submarine20i52tilevert

↑最下段の潜水艦写真は同型艦の伊ー53潜(左側)

アオシマからキットが出ています。
同社他の潜水艦キットには入っていない
手摺。舷外電路等のエッチングパーツが同封されてお得です。

パーツも少なくモールドも浅くも深くもなく良い感じです。

Cimg60930

WEBで評価を見るとスタイルも悪くないようです。

久しぶりの艦船キットなのであまり凝ったりせず、フロムザボックス!
サクッと作ろうかと思います。

« 諸々のこと その9 | トップページ | フジミ1/48 Bf109G-10 03 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そちらでも猛暑日が続いていますか、
熱中症と共に暑いと体調を崩しやすくなります。
暑さを乗り切るために酒の肴は酢の物等が
いいかもしれませんね(笑)

スピナーの蛇の目は塗装でしょうか、
私はデカールでしくじりそうです(汗)

伊ー52いいですね、
アオシマで出していたんですね。

回航のお話しは「深海の使者」を思い出して
目頭が熱くなります。

動画を拝見、感無量であります。
1/350のキットならではの作品になると思い楽しみであります。

夏はやはり船ですね♪

飛行機のマスキングは悩むところですね、今回4機作ってしみじみ分かりました。
 当分はマスキングのないAFVで行こうと思っています、
出戻ってからAFV,飛行機、車、ガンプラ、作りましたが苦手意識がそうさせるのか艦船は一箱のもありません、お仕事も少々楽になったらしいのでハヤテさんばりのお舟期待してます。

1/144と1/700の他に、1/350の潜水艦ですね。
1/350くらいだと、そんなに大きくないので、収納も楽ですね。
久々の艦船モデル、楽しんでください。

動画を見ました感動です 大西洋の真ん中で沈められるとは 目的は
何だったのでしょう。こういう背景があると製作にもテンションがアップする
のではないですか。
大きな潜水艦です Uボートから日本は潜水艦の技術を学んだのでしょう
製作楽しみにしています。

●ラッキーユダヤ殿
今年はエアコンを入れる期日が早かったような気がします。
そういえば長野ってあまり暑くなかったですね。

スピナーはデカールをトレースしたマスキングテープ使用で
はみ出し部分は補修しています。

1/350伊号潜水艦キットはアオシマからも数種類でていまして、
初期の頃のキットはいまいちだったんですが
第2シリーズ?あたりからよくなったようです。

遣独潜水艦については何種類か書籍が出ていますが、
吉村昭氏の「深海の使者」が一番読みごたえがあると思います。

●ハヤテ殿
この動画は内容から2000年前後のTV放送ものだと思いますが
放映されたことは知らなかったものでした。
(出演者も若いですし、(笑))

夏は船といいつつここ数年は艦船模型より離れているので
このキットで艦船リハビリですかね。

●マック殿
マスキングも機体によって違う方法のほうがいいこともありますん慣れでしょうか。
私はAFVの全部組み立ててから塗装というのが出来なくて
やっぱり「蛇の道は蛇」なんでしょうか。

艦船に関しては素組み~スクラッチパーツでのDUPで
昔よく作っていましたんで作り方は良いんですが
パーツが見づらくなってきています(汗)

●日の丸航空隊殿
700はキットとアフターパーツはまだ大量に押入れ在庫があるんですが
目につらくなってきています。
350は戦艦、巡洋艦クラスは大きくて価格もお高いので
駆逐艦か潜水艦がお手頃です。

潜水艦だと水上戦闘艦のような引っ掛ける個所も少なく保管も楽ですし(笑)

●あきみず殿
遣独潜水艦については吉村昭氏の「深海の使者」がお勧めです。
新潮文庫から出ていると思います。
名著だと思いますので是非ご一読ください。
私は何回か複読しています。是非!

簡単なことなら記事中のアンダーライン部分がWikiにリンクさせてありますので
ご興味がおありでしたらクリックしてみてください。
橘花や秋水などのことも関連してくる話もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 諸々のこと その9 | トップページ | フジミ1/48 Bf109G-10 03 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ