« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の4件の記事

2016年4月25日 (月)

フジミ1/48 Bf109G-10 02

前回の隼Ⅲ型製作に同週中に記事アップと書いたのに
早くも約束破り・・・<(_ _)>

ちょっと遅れましたが

フジミ1/48 Bf109G-10

の製作記事アップします。

・士の字ならぬ十の字

Bf109g10_3

前回のBf109G-10製作記事  には掲載していなかった塗装状態の

・コックピットと主脚

Bf109g10_1_2

・機首1

Bf109g10_2 Bf109g10_5

DB605Dエンジンを収納するため(潤滑油冷却器)のバルジが別パーツで不自然なため
パテでなだらかになるように成型
ちょっと大きいので大きさをもう少し小さくしたほうが良かったかも。

・機首2

Bf109g10_4

機首の小エアスクープは削り取り(2か所)
パーツにある小エアスクープを取り付け(4か所)
取説には未記入

・MW50パワーブースト・システムの張り出し

Bf109g10_6

コックピット背面のMW50パワーブースト・システムの張り出しは少し大きすぎた?
これでも取説指示より小さめにしたんですが…

・主翼後縁

Bf109g10_7

Bf109共通、下面のパネルラインが一部途切れた場所のライン消しを兼ねて
接着ライン段差修整

・コックピット

Bf109g10_8

キャノピーをつけると見えにくくなるので記念撮影(笑)

この機体も判明している塗装例が少なくどの機体塗装にするか悩み中です。

(人の書いた塗装は比較参照できる実際の写真があればいいんですが、
とくに写真があっても読み違いや思いこみが多いN氏のものは
かなり以前よりまったく信用しなくなったので。)

| | コメント (12)

2016年4月20日 (水)

ファインモールド1/48 隼Ⅲ型甲 04

まだまだ九州は大変な時期ですが東日本大震災の時も全く関係ない趣味の記事を見ると息抜きになると言っていただけたので少しでも気休めになるようアップいたします。

まだまだ大変でしょうけど今は応援することしかできません。

色々と手を付けているのですが1か月ぶりに再開しました。

(前回記事③は3月12日

ファインモールド1/48 隼Ⅲ型甲

・機首

1a

胴体側のカウリングが正円ではないため
カウリング前パーツを取り付けると段差ができる。

胴体側にパテ盛して修正するか、前縁パーツを胴体にあわせ削って修正するか・・
簡単な後者を選択。
多少の形状は目をつぶり楽なほうの作業を選択。

・主翼付け根 1

2a

主翼前縁基部上面の胴体と主翼の接着ラインは本来無いものなので消しました。

・主翼付け根 2

3a

胴体前縁下面は上下のパーツの形状が異なり、接着すると段差が生じるので
パテ盛り修整。

・主翼付け根 3

4a

胴体下面、主翼後縁の>形の接着ラインはパーツ分割により生じるものなので消します。

・コックピット後部

5a

Ⅲ型独自の水エタノール注入口のパーツを失くしたので、でっち上げ取り付け
ヘッドレスト右側のパーツ取り付け指示が組説にはないので
忘れずにつけておく。

おまけ(比較用)

1000

比較用過去作掲示
2003年に作ったもので、当時はパネルラインの有無など気にも留めず
主な接着ライン処理をしたのみの素組み
スミイレもせずべた塗り。

※考えてみると、この機体「合宿お題」に該当しますね。

フジミ1/48 Bf109G-10も製作は進んでいるんですが出し惜しみ(笑)

今週中に記事アップします。

| | コメント (10)

2016年4月17日 (日)

タミヤ1/35 B.M.W.R75 With Side CAR

熊本、大分中心に九州地区の方、大変な思いをされています。
心よりお見舞い申し上げます。

落ち着いたら何かしらの支援を考えていますが、
今はただもう事態終息を願うばかりです。

そんな中ではありますが

以前、基本組みで止まっていた

タミヤ1/35 B.M.W.R75 With Side CAR

Bmwr75_side_car_00

時代ものキット

Bmwr75_side_car_00d

1972年の刻印が打ってあります。
今から44年前のキットです。

・素組み状態

0010

0020

・デティールがあまりにも省略されているので
少し手を加えました。

ただしアフターパーツは存在すら知らないので、
すべてプラ板、プラ棒、伸ばしランナーでやっています。

0050


Bmwr75_side_car_14

アップにすると削りカスだらけじゃないか!(笑)

バイクは素人で図面ではなく実車写真を見て現物合わせで作っているので
間違いがあるかもしれません。

この後、塗装に入りますが
いろいろと再開しなければならないキットがあるので製作順は不明です。

※いいかげんに「6月模型合宿」お題キットを作らなければ・・・これが優先順位1位かな?

| | コメント (6)

2016年4月 4日 (月)

岐阜コックピット展示会

4月3日(日)

岐阜各務ヶ原に友人の車に便乗して
「岐阜コックピット」さんの展示会に行ってきました。

1

いや~、毎年思うんですが、レベル高いですね~。

展示物掲載の許可も得ていないのでなんですが、あまりに素晴らしいので

一部掲載させていただきます。

関係者の方、もし差し支えあるようでしたらお詫びの上すぐ削除いたしますのでお知らせください。

2

Mig21各社シルバー、メタリックで塗装し比較したものです。

アイデアも素晴らしいですが、各社、各種シルバーの比較が一目でわかり
非常に感銘しました。

同じ作者の方の航空機ディオラマです。

6 7

技術的にもかなり素晴らしい作品でした。

他にも出されていましたがとりあえずは2作品。

3_2

1/72のTu-95ベアです。
大きさもさることながら2重反転プロペラが回転するというギミック付きです。
塗装と相まって工作技術も素晴らしいですね。

あと4~5枚掲載しますが、展示作品をすべてお見せ出来ないのが残念です。

4 5


8 10


9


ディオラマ系や精密工作の作品を載せましたが、もちろん単品作品も
非常に素晴らしいものばかりで自分の技術の未熟さを再認識させられました。

地方大会(自分の作品)と全国大会(会場の作品群)の違いといえば分かるでしょうか。

ちなみに持っていった作品はこちら2点

Cimg53220

1/48五式戦闘機P-47N

まったく目立ちませんでした(笑)

| | コメント (12)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »