« モチベーション | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機 完成 »

2015年12月27日 (日)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 09

もう今年も残り1週間を切りました。

かといって日々の生活が変わっているかというとほとんど同じ。

強いて言えば、「いつからいつまで休み?」と聞かれたり

「今年中にやってください」「年が明けてからやりましょう」なんて

今月中とか来月回しとか月を年に変えただけの会話(笑)

まだ雪も積もっていないし師走って感じは薄いです(個人的感想)

さて

ハセガワ1/48 五式戦闘機 

ですが、やっと塗装にかかりました。

今日なぜかノリノリでやったので時間も忘れて気が付いたらAM3時!!!

とりあえず基本塗装

まず下面クレオスNo.11シルバーで全体塗装し、またまたいつものように一部パネルを別のシルバーで塗装し変化をつける(塗装変化はフィクション)

今回は差は控えめにしました。

44

次に機体上面塗装

45tile0

左上→右上→左下の順番です。

末期陸軍機塗装ということで塗装はよくわからない、ということで
自分のイメージに合えばエエやろ(笑)

最初にクレオスNo.17ダークグリーン(ドイツ空軍色 RLM:71)で全体塗装
(これが結構イメージに合っていたりする(笑))

つぎにクレオスNo.130日本陸軍機上面色(川崎系)をパネルラインを残すよう、かつランダムに吹き付け塗装

さらに極薄のクレオスNo.23イギリス陸・空軍機迷彩色でさらにランダム塗装

う~ん、肉眼では結構いい感じなんですがLEDの光だと蛍光灯以上に色が飛んで単色に見えますね。

排気煙痕

48tile0

いつもは塗装やスミイレ、汚しすべて終えてから入れるんですが
ちょっと早めに排気煙を入れてしまいました。

クレオスNo.22ダークアースで排気煙痕ベース

クレオスNo.101 スモークグレーで排気煙痕

基本塗装終了

50

やっぱり単色に見えますね(汗)

しかも途中経過画像と全然色が違って見えるし(実際は同じです)

これから色々と汚しでデコレーションしていきます。

せっかくの年末なので年内完成目指そう!!

|

« モチベーション | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機 完成 »

航空機模型 (AIR)2015」カテゴリの記事

コメント

五式戦の塗装ができましたね。
シミヤン様らしいカチットした塗装で、いつも憧れております。
後は、小パーツ類ですね。
年内完成目指して、頑張ってください。

投稿: 日の丸航空隊 | 2015年12月27日 (日) 05時28分

●日の丸航空隊殿
ありがとうございます。
PC等での記事アップの際には、そのPCの解像度や撮影機材の性能にもよるでしょうけど
オーバー表現でないと肉眼で見るような再現はできませんね。

小物塗装は終えているのであとは機番号のデカール貼りと定着
スミイレ、汚し入れです。
5式戦に塗装剥げのイメージがあまりないので
入れるかどうか思案中です。

投稿: シミヤン | 2015年12月27日 (日) 09時52分

クレオスNo17はいい色合いですね。
大戦末期陸軍機で広く使われていそうな感じです。
微妙な褪色表現を加えれば、陸軍機全般で応用できそうです。

投稿: ラッキーユダヤ | 2015年12月27日 (日) 16時49分

●ラッキーユダヤ殿
塗料の蓋の色を見てやってみたんですが
(実際は蓋の色と中の色はかなり違うんですが・・)
ドイツ機用なのに案外日本陸軍機にマッチしているように思います。

単色ではなくベースとして他の色を加えていくと
結構面白い表現ができるかもしれません。
(こんなこと書くと例のパクり大明神に書かれるかも(爆)
まぁいいですけど(笑))

投稿: シミヤン | 2015年12月27日 (日) 22時21分

おっ、いい色になりましたね、
明度的には明るめに見え、他の陸軍機とは
違うぞ!と言っているようですね♪

ここから剥げと汚しに入るのですね、
年内ロールアウト、楽しみであります。

投稿: ハヤテ | 2015年12月27日 (日) 22時53分

●ハヤテ殿
遅くなりました。
この色、再度塗れといわれても出せないかもしれません。
まぁ、混色ではないので近似色は出せるかな?

でもドイツ空軍機色でもなかなか面白い色が出せたと思います。
ちょっとブレンド加減が全く画像に反映されていないのが不満ですが(笑)

あとちょっとのところなんですが
さあ!と、取り掛かるまでの時間がこれまた長い。

投稿: シミヤン | 2015年12月30日 (水) 16時55分

ノリノリですか!。   ウラヤマシー。
ノってるってね、模型の神様が身近に居るアカシなんだね。
細かい事思案しちゃいけないよ、オノレの直感と流れを信じるべし。
もう私はダメだぁ、、。

投稿: apuro | 2015年12月30日 (水) 17時48分

調合色でなくて このように塗り重ねで 表現されるのも 一つの方法ですね
キャップに 角が有るのは かなり年代物では ないですか 私も持ってますが
使わないです 排気煙のつくり方は 初めて見ました これも吹いているの
ですか。私は 万年皿に ローソクの煤を取って 筆でサラサラと 汚しています。

投稿: あきみず | 2015年12月30日 (水) 21時09分

イメージって大事だと思います。
飛行機は全然わからないのですが、AFVでは日本機の濃緑色を英軍のダークグリーンのベース色に使ったりします。
実際に使ってみてイメージに合いました。
これはAM誌で確か土居さんが書いていた気がします(間違っていたらすいません)。

色味って奥が深いですね。

あと、写真にあるダークアースのMr.カラーの瓶、超なつかしいです!!!

投稿: hajime | 2015年12月31日 (木) 15時00分

●apuro殿
仕事も残りわずかってとこで気分的に余裕が出来たのかもしれません。

あと塗装もメーカー指示じゃなく自分の気の赴くままにというところも大きかったかと思います。

あ、これはいつものことか(笑)

投稿: シミヤン | 2015年12月31日 (木) 21時04分

●あきみず殿
調合色は作り過ぎることがあるのと、作った調合色がなくなったら
2度と同じ色が作れないということで、
既存色の塗り重ねで落ち着きました(笑)

クレオスの蓋は個人的にはこちらのほうが好きです。
良く見れば古いラベルのものもありますが、
これはすでに薄め液で薄めて或るものを継ぎ足し継ぎ足し使っているためです
(ウナギのたれではありません・・.(笑))

排気煙痕はエアブラシのこともあれば筆塗りのこともあります。
一番お手軽にタミヤのウエザリングセットを使うこともあります。

投稿: シミヤン | 2015年12月31日 (木) 21時09分

●hajime殿
最近は大体イメージ塗装が多いかもしれません。
基本的にはメーカー指示色なんですが、イメージが少しでも違うと
(または良く知らないものだと)完全に自己満足色を使います。

実際の色でも神経質に細かくどの色を使わなければなんて思うより
退色もあればスケールエフェクト的にも違って見えるんですから
適当がお気楽です。
(ある方のように細かくこの色をってのもいいかもしれませんが知識だけにとどめておいて
他人に押し付けてはいけませんね。)

土居氏の記事はちょっとわかりませんが、
多分上記のスケールエフェクト効果やイメージ優先のようなことを言われたんではないでしょうか。

塗装瓶に関してはこの手の古いバージョンやさらに古い”タカラ”バージョンもあったりなんかします(笑)

投稿: シミヤン | 2015年12月31日 (木) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モチベーション | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機 完成 »