« ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 02 | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 04 »

2015年11月 8日 (日)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 03

こちらは一昨日まで天気が良かったのに休日になると天候が崩れるという
天邪鬼的な天気です。

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

あまり進展はなく、パテ盛とパイピングだけです。

まぁ、パテ盛りに時間がかかったんですが。

・下面処理

前回の記事での胴体の下面処理は「2」の方法でやりました。

6

タミヤのラッカーパテ使用ですがヒケが生じるため均してはパテ盛り付けを
数回しています。

光硬化パテやエポキシパテやポリエステルパテも持っているんですが
プラが柔らかいため切削が楽なラッカーパテにしてしました。

・主脚柱&ハ112Ⅱエンジン(海軍呼称「金星」)

7

いつもの通り銅線ブレーキパイプおよびエンジンのプラグコードを取り付けました。

・主脚

主脚柱は実態に近いようにピンバイスで穴をあけそこに銅線を通し
主輪を塗装後に後付けしても差し込めるよう加工してあります。

ブレーキパイプ押さえはマスキングテープの細切りです。
なぜかこのキット、他キットにはめったにないのに、押さえのモールドがあります。

・ハ112Ⅱエンジン(海軍呼称「金星」)

こちらも銅線を差し込みやすいようピンバイスで穴を開けました。
ちゃんと1シリンダー2本づつ付けました。

プッシュロッドのモールドが太すぎて実感を損ねています。
でも加工も大変なのでそのままです(汗)

この後、胴体下面処理をした後、フィレット部分の修整が待っています。
パーツ分割の関係上、パネルラインは違っていますし、ボリュームも不足しています。
完璧にするととんでもなく大掛かりな修整が必要なので
それっぽくごまかしていこうと思います。

|

« ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 02 | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 04 »

航空機模型 (AIR)2015」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
やはり②の方法でやりましたね。
ハセの五式戦、ここがネックですね。
金型を新しく起こすのも、コスト面で大変なのでしょうが・・・

48サイズだと、完成後でもパイピングがよく見えるので、やり甲斐がありますね。

フィレット部分の修正をどのように料理されるのか、楽しみであります。(^^)

投稿: 日の丸航空隊 | 2015年11月 8日 (日) 15時11分

●日の丸航空隊殿
こんにちは。
どちらがいいかと考慮しましたが、たいしたモールドでもなかったので
ガシガシ削るほうをとりました。
でもラッカーパテは使用料を考えると失敗かもしれません。

48だとピンバイスが使えて金属線のイモ付けを避けられるので
その点では楽ですね。

フィレット部分は脳内作業手順はあるんですが、うまくごまかせるようにできるか
やってみないとわかりませんが頑張ってみます。

投稿: シミヤン | 2015年11月 8日 (日) 17時04分

ラッカーパテは 薄く何度も塗り重ねる必要があります 水ぺでも 軽く落とせる
ので 私も愛用です。 ブレーキパイプは 黒で色付されるのですね
プラグコードは どうされます。

投稿: あきみず | 2015年11月 8日 (日) 20時53分

●あきみず殿
ラッカーパテは扱いやすいですもんね。
でも量が多いとヒケもあるのでその点はきびしいですね。

エンジンのプラグコードはいつもの通り
とりあえず全面ラッカーシルバー塗装しクランクケースをグレーなど指定職で塗装。
エナメルブラックでスミイレしてそのまま乾燥させ
特別に塗装は施しません。そのままです。
ベースシルバーにスミイレ用のブラックがちょっと染まった感じです。

投稿: シミヤン | 2015年11月 8日 (日) 23時13分

着々と進められているようですね、
フィレットの修正楽しみにしています。

ところで気になるのが機体の塗装色なんですが、
川崎系になるのでしょうか?
あの色って何となく違和感があるんです。

私の思い込みなんでしょうかね?

投稿: ハヤテ | 2015年11月 8日 (日) 23時31分

金星エンジン確かに気になりますよね。
でも修正するのは地獄だし、収まってしまうとあまりよく見えない?

フィレットは主翼側の直線部とアール部分の境目がムズい感じですね。
RAFミュージアムの実機を見ると精度がなくて現物合わせっぽく見えるし。

投稿: シロイルカ | 2015年11月 9日 (月) 21時46分

●ハヤテ殿
胴体下面の修整に時間がとられてしまっています。
フィレット部分は脳内モデリングでは工程が出来上がり
完成も見えているんですが、実際やるとどうなるか
神の味噌汁・・・神のみぞ知るです。

か川崎系のクレオスの塗装色ですが
塗装指示も各模型メーカー・・いや同じ取説の中でも2種類以上書いてあるので
確定はしていないんじゃないでしょうか。
クレオスの特色はたしか黄色味の強いグリーンだったと思いますが
陸軍黄色のオリーブドラブのような色も塗装指示としているところもあります。

自分のイメージでいんじゃないでしょうか(刷り込みふくむ。(笑))

投稿: シミヤン | 2015年11月 9日 (月) 22時35分

●シロイルカ殿
最初このエンジンパーツを見たとき思わず取説やデカールの
発表年月日を探しました(笑)
このプッシュロッドのモールドなら下手につけないほうが
精密に見えるんじゃないかと思います。

フィレット部分も実機でも即興やっつけだったと思いますが
なだらかな基部の”R”がこのキットでは痩せた”∟”ってなっている感じが
おかしく見えるんでしょう。

こちらも現物合わせでパテ盛り付け?(笑)

投稿: シミヤン | 2015年11月 9日 (月) 22時41分

昨夜はブログやってそのまま用事があって外に出てしまいました
しかし空冷エンジンのパイピングを見ると液冷エンジンしか作りたくなくなる(笑)
タミヤのメッサーにした理由は勿論パテ要らず&部品が少ないですから。

これから日本海側の天気が悪くなる季節が迫って来てますねえ
太平洋側は湿度10%台のカラカラ天気が続くんでこれも嫌ですけど。
送信確認っと。

投稿: 垂直オヤヂ | 2015年11月10日 (火) 20時24分

●垂直オヤヂ殿
エンジンのパイピングは楽しいのか苦行なのかよくわかりませんね。
まぁ、モチベーションの高低にあるかもしれませんが
一回やっちゃうと「次もやらねば」という脅迫観念がありそうです。

こっちはおっしゃる通り晴れの日もあとわずか「どんより~」の時期になってきました。
タイヤ交換も面倒です。

投稿: シミヤン | 2015年11月11日 (水) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 02 | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 04 »