フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の6件の記事

2015年10月28日 (水)

ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 01

間が空いてしまいました。

先週は風邪をひいたのかずっと頭が重く
最初の頃はうつむくと鼻水が垂れてきたので寝てばかり、
仕事から帰ったらPCは重要事項のみの閲覧で
ネットはそのままボ~ッと見るだけのコメント等アクション無しでした。

模型も当然弄らずでしたが今週初めあたりから落ち着いてきたので
ネタ用(笑)に袋を開けました。

病み上がりのせいで飛行機の中断品はあらためて手を付けたくない気分・・・と、しておこう。

好きな零戦 H48_22 とも思いましたが

1/48では大昔にオオタキ(オオタキなので○十年前?)のものを作ったきり
手を出していない(1/72では有り)

ハセガワ1/48 五式戦闘機 甲

H48 にしました。

水滴風防の乙型も持っているんですが、今回はこちら”甲型”です。
(大昔といえど”乙型”はオオタキで作っていますし。)

・早速パーツいじり

01

いつものように接着ライン処理が必要なものは先に貼り合わせ(左右胴体以外)
小物パーティングライン、ゲート処理は済ませてしまっています。
(あえてランナーにつけたままのパーツもあります)

・コックピット

Photo

キットの塗装指示はすごくあっさりしたものなので

2_2

軍機メカシリーズのコックピットイラストを参考に塗装してあります。

ただし病み上がり?(笑)のため省略部分の追加はせず
パイピングも最小限、上からキャノピー越しに覗いて目立つ部分しか
追加していません。

コックピット内塗装色五式戦闘機にはちょっと疑問の残る
塗装指示通りのクレオスNo19サンディブラウンをベースに

上から軽くクレオスNo.126 コックピット色(三菱系)を吹きましたが

薄めすぎたせいか汚しを入れて落ち着かせると全く効果は出ていません
完全にサンディブラウン1色に見えます・・・

塗装しなおす気も起らないのでこのままです。

イギリスに現存する五式戦闘機コックピット
塗りなおしたのかほぼ黒なので参考になりません。
(オリジナルなら黒塗装だと模型映えしないですね(笑))

----------------------------------------------------------

PS.合間もしくはこの後に蜜柑山の中からAFVのどれかの製作塗装を再開したいと思っています。

数あるAFV蜜柑山キットのうちの選抜メンバーです(爆)

いずれも1/35 ( )内は中断突入月(笑)

Kv1s20066 イースタンエクスプレス KV-1S(2006.6)

2008726 タミヤ ヤ-クトパンター後期型(2008.7)

D2011321 ドラゴン パンターD(2011.3)

1/72の

72kt ドラゴン キングタイガー(不明)

ダメージ等は施さないので、どれもこれも塗装に取り掛かればすぐに完成できる状態です。
飛行機にしてもAFVにしてもパーツ処理終え、塗装直前のこんな中断キットばっかりです。
塗装前に完成形が見えてしまうので飽きるんでしょうかねぇ???

2015年10月17日 (土)

P-47Nサンダーボルト 1/48 完成

リパブリック P-47N サンダーボルト

Republic P-47N Thunderbolt

完成です。

P47n_010

P47n_020 P47n_030 P47n_040 P47n_060 P47n_070 P47n_090 P47n_110 P47n_120

P47n_080

P-47N-1-RE  (s/n 44-87916)

アメリカ陸軍航空隊 第7航空軍 第73戦闘飛行隊 第318戦闘飛行大隊

太平洋戦線 1945年 パイロット不詳

P-47N-1-RE  (s/n 44-87916)

USAAF 318FS/73FG 7AF

Pacific Theater 1945 Pilot:Unknown

追加/変更(4か所)は

・銅線2種(太・細)でブレーキパイプ

・銅線でエンジンプラグコード、プラ棒でリング(プラグコードが出ている基部リング)追加

・シートベルトはファインモールドのナノ・アヴィエーション使用

・機銃を金属パイプ(径1mm)に置換

他はキット外観は全く弄らず変更点、修正点なし。

塗装

機体全面シルバー3種(基本クレオスNo.11)

アンチグレア:オリーブドラブ(クレオスNo.12)

国籍マークは塗装

コーションマークはキットオリジナルデカール
機体アート、機番号はエアロマスター・デカール

ツヤ統一とデカール定着のため全体にガイアノーツのセミグロスを吹き付け

ラインにエナメル茶+黒で薄くスミイレ

今回煤、埃等の汚れは一切入れず、退色表現もやっていません。

この機体、オネイちゃんノーズアートじゃない機体は大体地味ですね W

※このキットはあまり苦労せず組みあがりましたが、形状は少しおかしいらしいので
納得いくように作るのなら結構修正しなければならないようです。

個人的にはP-47Nにしか見えず、極端に変な個所もないように見えるので
この完成形で十分”可”です(笑)

2015年10月14日 (水)

足立美術館、松江、出雲大社

9月のシルバーウィークはどこにも行けなかったので代わりといってはなんですが

10月11・12日の2連休で足立美術館、松江、出雲大社に出かけてきました。

足立美術館は女房殿のリクエストで行ってきました。

10tile0

写真にもありますが12年連続庭園日本一になっています。

綺麗で素晴らしいのですが、ちょっと整い過ぎているような気がしました(個人的意見)

夜は松江市内泊

ちょうど”水燈路”なる催しを松江城を中心に塩見縄手(武家屋敷通り)でやっていまして
なかなか風情があって良かったです。

20tile

Cimg34340

松江城も今年の5月に国宝になりまして、結構な人が来ていました。

40horz0

松江市内には就職先も同じ富山県東部の某市だった大学時代の同級生が
帰郷していたんですが
残念ながらつい昨年他界しまして、もう少し早くいっていればと悔やまれました。

さて最後は出雲大社

200

数十年ぶりにきました。

丁度今、来年までの”平成の大遷宮”であちこち工事中だったのでちょっと残念。

ここでは昇殿祈祷を受けさせていただきました。

前回は独身で彼女もいない身だったんですが、ここでお参りした数か月後に
女房殿と知り合ったんで、やっぱり最強の”縁結びの神様”ですね(笑)

10horz0

やっと”お礼参り”できました。

久しぶりに長距離旅行を堪能しました。・・・というか疲れた(笑)

2015年10月10日 (土)

P-47Nサンダーボルト 1/48 04

世間では3連休なんでしょうけどちょっと天気がすぐれませんね。

もっとも私は今日1日仕事でありまして、明日から2連休です。

さて

リパブリック P-47N サンダーボルト

Republic P-47N Thunderbolt

ですが基本塗装を終えました。

P47n_12

3種類のシルバーを使ってみましたがちょっときつすぎましたかね?

P47n_13

脚庫内、尾輪扉はこの後インテリアグリーンに塗装します。

ここまですべて塗装できていますが

マーキングやコーションマーク等はデカール使用予定。

今回は小物もまだ完全に塗装していないので完成はもう少し先。

さらに明日、明後日は出雲方面に出かけますので製作お休みです。

またコメントレス、訪問等も火曜日以降になることをご了承ください。

2015年10月 8日 (木)

P-47Nサンダーボルト 1/48 03

昨日は秋晴れのいい天気ではありましたが、朝、夜の気温の低さは冬近しというところでしょうか。

さて

リパブリック P-47N サンダーボルト

Republic P-47N Thunderbolt

ですが、ゆるゆると進めています。

今回は国籍マークの塗装です。

P47n_10horz

近くで見るとヨレヨレです(T T)

最終的にはちゃんと修正しますが、位置決めのためマスキングテープを

何度も貼ったり剥がしたりしたので糊が弱くなってしまったんでしょう。

この後はブルーの部分をマスキングして、シルバー塗装予定です。

(先に上部のアンチグレア塗装を先にするかもしれませんが、
そこは気分で・・・(笑))

--------------------------------------------------------

※近隣の火災情報が分かるのでtwitterを始めたんですが、
使い方がよくわかっていません。

また、たまたま知っている方々がおられたので
ツイートしようとしましたが皆さんと同じく例の知る人ぞ知る理由で
ためらってしまいました。お心当たりのある方、何も書かずにスミマセン。
本家以上にあちらでは御活躍されているようですね(驚)

2015年10月 2日 (金)

P-47Nサンダーボルト 1/48 02

10月に入りめっきり気温も下がって、朝布団から出たくなくなりつつある今日この頃です。

また10日も更新せず間が空いてしまいましたが、模型のほうも大した進展はありません。

リパブリック P-47N サンダーボルト

Republic P-47N Thunderbolt

エンジンプラグコードをパイピングし、コックピットともども胴体パーツに組み込んで

”士”の字にしたところまでです。(今回は”十”の字にあらず(笑))

P47n_09

P47n_050

画像はありませんが現状はこれより少しだけ進んでキャノピーがつけてあります。

実機は全面無塗装シルバーの機体なので、シルバー塗装のために
この後サフを吹いて細かな傷チェックし塗装に移ります。

※映画「FURY」がもうDVDの廉価版で出ていたので早速買ってしまいました。

1410円となっていますが実売価格1000円で購入しています。

Dvd_2

早速観ましたが・・・なんだかなぁ・・・・映画ですね(苦笑)

まだ「NOAH」のほうが面白かったかな?

「許されざる者(リメイク)」はまだ未見。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ