« 足立美術館、松江、出雲大社 | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 01 »

2015年10月17日 (土)

P-47Nサンダーボルト 1/48 完成

リパブリック P-47N サンダーボルト

Republic P-47N Thunderbolt

完成です。

P47n_010

P47n_020 P47n_030 P47n_040 P47n_060 P47n_070 P47n_090 P47n_110 P47n_120

P47n_080

P-47N-1-RE  (s/n 44-87916)

アメリカ陸軍航空隊 第7航空軍 第73戦闘飛行隊 第318戦闘飛行大隊

太平洋戦線 1945年 パイロット不詳

P-47N-1-RE  (s/n 44-87916)

USAAF 318FS/73FG 7AF

Pacific Theater 1945 Pilot:Unknown

追加/変更(4か所)は

・銅線2種(太・細)でブレーキパイプ

・銅線でエンジンプラグコード、プラ棒でリング(プラグコードが出ている基部リング)追加

・シートベルトはファインモールドのナノ・アヴィエーション使用

・機銃を金属パイプ(径1mm)に置換

他はキット外観は全く弄らず変更点、修正点なし。

塗装

機体全面シルバー3種(基本クレオスNo.11)

アンチグレア:オリーブドラブ(クレオスNo.12)

国籍マークは塗装

コーションマークはキットオリジナルデカール
機体アート、機番号はエアロマスター・デカール

ツヤ統一とデカール定着のため全体にガイアノーツのセミグロスを吹き付け

ラインにエナメル茶+黒で薄くスミイレ

今回煤、埃等の汚れは一切入れず、退色表現もやっていません。

この機体、オネイちゃんノーズアートじゃない機体は大体地味ですね W

※このキットはあまり苦労せず組みあがりましたが、形状は少しおかしいらしいので
納得いくように作るのなら結構修正しなければならないようです。

個人的にはP-47Nにしか見えず、極端に変な個所もないように見えるので
この完成形で十分”可”です(笑)

|

« 足立美術館、松江、出雲大社 | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 01 »

航空機模型 (AIR)2015」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
シルバー塗装が落ち着いていて、シルキーな感じです。
カウリングとキャノピー下のパーソナルマーキングも、個性的で良いですね。
オネイサンも良いけど、こういうのも好きです。(^^)

投稿: 日の丸航空隊 | 2015年10月18日 (日) 12時59分

ご無沙汰しております。m(_ _)m

完成おめでとうございます。
例によって素晴らしいクオリティですね。カッコイイです。
銀の調子を変えていらっしゃるのも、適度でバランス良くていい雰囲気ですね。
イイ物拝見しました。
久しぶりに飛行機作ってますので、モチベーションが上がります。ありがとうございます。

投稿: 躍人 | 2015年10月18日 (日) 20時21分

完成おめでとうございます。
しかし流石のシルバーメイク、国籍マーク塗装もデカールの定着も見事であります。
(オネイちゃん仕様でなくともしばし見とれてしまいますw)

パイロット不詳>機体は地味ながら、なかなか地味に手強そうな印象も。。
やはり米機も腕が立つ順に ド派手>派手>地味>極端に地味 でありましょうか。
戦場マ○ガ「アクリルの棺」のようなド派手で新米も居そうな気がw

投稿: mamo | 2015年10月18日 (日) 23時00分

完成おめでとうございます。銀塗装にクッキリのパネルラインが映えますね。
ところで銀塗装へのクリアコートについてですが、巷では賛否両論あるようですがいかがでしょうか?
現在空自マルヨン製作中につきご意見をうかがえれば幸いです。

投稿: realjukuchou | 2015年10月19日 (月) 12時50分

あいゃ~、惚れ惚れする機体になりましたね♪
国籍マークの塗装やパネルラインの表現は是非生目で
見せてもらいたいであります。 (来年の合宿で)

完成おめでとうございます。

投稿: ハヤテ | 2015年10月19日 (月) 20時00分

●日の丸航空隊殿
ありがとございます。

全体の雰囲気は”ガイアノーツのセミグロス”を全体に吹いたおかげでしょうか。
自家調合のセミグロスよりいい感じになりました。

この機体のマークはWEBで検索した作例でも見たことがなく
これはいけると思いました。
(失礼ながら同じような御性格といいましょうか、お分かりになると思います?(笑))

ただこのマーク、どうも2種類(尾翼部分(部隊識別)が違う)があるようです。

投稿: シミヤン | 2015年10月19日 (月) 20時44分

●躍人殿
こちらこそご無沙汰しております。
 
ありがとうございます。
シルバー塗装は難しいようで案外面白いので結構好きだったりします。
今回もセミグロスを全体に吹いてみるということを試してみましたが
結構いい感じになったと思っています。
(いままでグロスクリアーか全くクリアーを吹かないことしかしていませんでした。)

今、飛行機を作っておられるんですね。
後ほどうかがわせていただきます。

あ、そうそう。先の日の丸航空隊さんですが以前ラリーをやっておられたようですよ。
BMメンバーでもあらせられます。

投稿: シミヤン | 2015年10月19日 (月) 20時48分

●mamo殿
ありがとうございます。
シルバー塗装はまだまだ試行錯誤状態ですが
やるごとに面白さが出てきます。
結構はまっているかもしれません(笑)
ただし塗装までもっていくまでの組立以前で中断することが多いですが(爆)

米機でもド派手なものは限度を超えたド派手なものがおおいですから
ほとんど遊びのようなもんでしょうか(戦意高揚?)
まぁ、上級商将校・指揮官も頭の柔らかい人が多かったんでしょうかね?

投稿: シミヤン | 2015年10月19日 (月) 20時52分

●realjukuchou殿
ありがとうございます。
銀の塗り分けは模型的な面白みといいましょうか塗装のデフォルメですね。
中にはそのように見えるものもありますが、ほぼ創作です(もしくは先人のパクり(笑))

シルバー塗装におけるクリアーかけは個人的には施す派です。
ただし否定はしませんし肯定もしませんが、どちらかというとやってもいい派かも。

ラッカー系シルバーとラッカー系クリアーの組み合わせ前提出書きますと

今までの数少ない経験から行くとフラットクリアーだけはやめられたほうがいいと思います。
完全に”灰色”になります。

グロスクリアーはもちろんピカピカになります。
シルバー に関していえば微妙にくすみますが、気にするほどのくすみではありません。
ただし鏡面のような場合はせっかくの輝度は落ちます。
またシルバーの塗装厚が少ないとクリアーに侵され下地が出ることがあります。

セミグロスクリアーは艶消し剤の合有度合いにもよりますがグロス系がやや強いと
今回のようなしっとり系になります。
度合いが強くなるほどグレーに近くなります。

フラットクリアーは完全にグレーになります。
旧日本軍機の補助翼(取説でよく明灰色指示がされているところ)は
布にシルバードープを施したものと思っているので
シルバーにワザとフラットクリアーを吹くことはあります。

いずれにしてもプラ板にシルバー塗装し、各々試されたほうがいいと思います。
イメージが違うこともありますので。
(私は人に勧めておきながら、面倒でやったことはありませんが(笑))

投稿: シミヤン | 2015年10月19日 (月) 21時06分

●ハヤテ殿
ありがとうございます。
今回はガイアノーツセミグロスクリアーがベストマッチでした。

最初はクリアーにしようと思ったんですが
前回のグロスクリアーでおもちゃっぽくなってしまったので
失敗を覚悟でセミグロスを吹いてみましたが、
なかなか良い感じになりました。

多分この後は多用しそうです。
そうそう、このセミグロスクリアーは(迷彩)塗装されたレシプロ機体にも合いますので
是非1本どうですか。

投稿: シミヤン | 2015年10月19日 (月) 21時10分

完成おめでとうございます。
銀色の仕上がりが、しっとりしています 塗装のレシピを、公開してもらえると
よく解り 試してみたくなります 銀色には いつも苦戦しています

投稿: あきみず | 2015年10月19日 (月) 21時30分

●あきみず殿
ありがとうございます。
今回はピカピカでもなく、くすんでもいなく
しっとり系で落ち着きました。

ガイアノーツのセミグロスは今回のシルバー塗装の上吹きの感じに加え
以前よりやっていた迷彩塗装機にも合うので自分では気に行っています。

投稿: シミヤン | 2015年10月21日 (水) 02時33分

お久し振りです。
シルバー塗装にセミグロス(半艶)で、この輝きが残るんでっか!(驚)
自分がT-33を作った時も半艶でコートしましたけど、ほとんど雨ざらし
のアルミホイール状態だったのに(困惑)
ガイアノーツ、買って来よう。

投稿: majirisan1954 | 2015年10月22日 (木) 21時23分

完成おめでとうございます。
スミ入れでパネルラインが出るとシルバーが落ち着きますね。
より塗り分け部分の立体感が増幅されて金属であるという印象が強くなります。
汚しナシだとディスプレイに向いていますね(モーターショー的です)
カッコいいです(笑)

投稿: ラッキーユダヤ | 2015年10月25日 (日) 15時08分

●マジリ殿
大変遅くなりました。
風邪をひきましてぶっ飛んでいました。

ガイアのセミグロスはどちらかというとグロスに近いセミグロスです。
もう少し艶消しが強いとグレーに近くなると思われますので
微妙な配合だと思います。

ただ実際と画像だとまた違うかもしれませんので
一度試し吹きされるといいと思います。

私はこのツヤ具合は好きですけど。

投稿: シミヤン | 2015年10月28日 (水) 21時31分

●ラッキーユダヤ殿
遅くなりました。
ありがとうございます。
シルバー塗装はのっぺり感が出てしまうので薄いパネルスミイレは効果ありでしょうか。
濃すぎるとまたくどくなるので薄め、淡めがいいですね。

シルバーの汚しは結構バランスが難しいので
今後の課題です。

投稿: シミヤン | 2015年10月28日 (水) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足立美術館、松江、出雲大社 | トップページ | ハセガワ1/48 五式戦闘機甲 01 »