« ファインモールド1/48 試製橘花 05 | トップページ | P-47Nサンダーボルト 1/48 01 »

2015年9月13日 (日)

ファインモールド1/48 試製橘花 完成


河川氾濫や地震で各地災害が多発していますが、罹災された方お見舞い申し上げます。

こんな中、完成披露もどうかなと思いましたが、完成報告いたします。

ファインモールド1/48 試製 橘花

イメージとしては実際の試験飛行を行った1号機ではなく

工場に数機分の生産ラインに乗っていた機体がロールアウトしたという仮想設定。

Photo_2

(なので以下の塗装はフィクション)

01_2

02 03_2 04 05 06 07 08 1090


特殊攻撃機 橘花(皇国二号兵器)

(J9Y)Kikka Orange Blossom

・仮想設定 Virtual setting

増加試作機 第6号機

Increase prototype 6unit

飛行性能試験段階のため無武装、無線機器未搭載。

ある程度試験飛行したとの想定で極微量の塗装の剥がれ書きこみ。

機体も汚れ付着させてあります。

前脚柱も第1号機とは違い無塗装ではなく、あえて黒で塗装しました。

使用したといってもロールアウトしてからそんなに時間はたっていないということで
チョーキング再現なし、塗装の退色なし。

主脚ブレーキパイプをつけておきました。

29_2

プレーキパイプは銅線。パイプ押えバンドはマスキングテープの細切り。
(画像は未塗装状態)

それにしても上面塗装に緑系3色使った割には全くの単色にみえてしまい
手間を掛けた意味が無くなりました(T_T)

|

« ファインモールド1/48 試製橘花 05 | トップページ | P-47Nサンダーボルト 1/48 01 »

航空機模型 (AIR)2015」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
綺麗な汚しが効果大ですね。
最後の実機の写真を見ると、下面も塗装されているようなので、これでOKじゃないでしょうか。
次回作が楽しみです。

投稿: 日の丸航空隊 | 2015年9月13日 (日) 05時32分

●日の丸航空隊殿
ありがとうございます。
最初の手付キットより後からのほうが先に完成しちゃうという・・・なんともはや(笑)
それでも手付から1か月強かかっているわけですから
以前に比べてだいぶんペースが落ちています。

本当なら前記事に書いたように塗装構想の
下面無塗装の予定をうっかり忘れ去ってしまったんですが
何よりも上面塗装が単色に見えてしまったことが失敗でした。

もう少し使い込み感を出したかったんですが製作途中期間を開けるとダメですね。

次回は橘花の参考先輩機を作るか末期日本軍の試作機シリーズで攻めるか
それとも全く別ジャンルになるか考え中です。
あ、P-51D・・・・

投稿: シミヤン | 2015年9月13日 (日) 10時29分

完成おめでとうございます。

試作機も数機が完成間近だったのですね~(感慨)
貴重な新鋭機ですから完成の際には丹念に塗装されたと思います。

パネルラインに沿って僅かに剥がしてあるのも
ロールアウト直後を想わせます♪

ブレーキパイプ>
着陸速度も速いでしょうからブレーキの効きも肝心でありますね。
車輪も大きめのようで脚回りも丈夫そうで頼もしいであります。
ただ前脚だけは細めでありますね。。


投稿: mamo | 2015年9月13日 (日) 20時03分

●mamo殿
ありがとうございます。

WIKIによると「18~25機以上の本機が完成間近」とあり
「機種には陸上攻撃機型の他に、五式30mm機銃2門を装備した戦闘機型と複座偵察機型、
それと非武装の複座練習機型があった。」らしいです。

また本国に持ち帰ったものは
「陸上攻撃機型2機と、半完成状態の戦闘機型1機と
複座偵察機型1機と複座練習機型1機の計5機であった。」

なんとなく信じがたい記述ではありますが、複数の機体生産途中というのは
残された写真からも間違いがないようです。
(残っている写真では素人目には陸上攻撃機型しかないように見えます)

ちなみに前脚は陸上攻撃機「銀河」の後輪流用だそうです。
また主車輪、ブレーキは時間の関係で零戦のものを流用ですが
これが第2回試験飛行時のオーバーランの原因でもあるようです。

投稿: シミヤン | 2015年9月14日 (月) 01時09分

おっ、かっこいいですね~。
濃緑色の感じも新鋭機という感じが出ているように思えます。
完成おめでとうございます。


投稿: ハヤテ | 2015年9月14日 (月) 20時22分

●ハヤテ殿
ありがとうございます。

もう少し製造されていて塗装のバリエーションがあればよかったんですが
完成機が1機のみじゃ1号機か生産ラインの機体程度しかできないので
仮想設定で遊ぶしかありません。
でもその過程が面白いといえば面白いんですが(笑)

投稿: シミヤン | 2015年9月14日 (月) 21時49分

完成おめでとうございます 
出来上がったとこの きれいな機体が、いいです 
架空のマーキングにするよりも シンプルな試作番号だけで
十分です。脚も流用してあるのは、時間がなかったんですね。

投稿: あきみず | 2015年9月15日 (火) 21時03分

紺碧の艦隊がGYAOで無料放送してたんで、全部見ました。
かなり早めにこれあっち側で出てましたよね~震電改とかも・・妄想かき回されっぱなしでした。
昔見た時よりも感激大きかったですw

投稿: SAIUN | 2015年9月15日 (火) 22時50分

●あきみず殿
ありがとうございます。
部隊番号を入れるような
部隊配備仕様にすると、やはり武装は必要でしょうし
武装はなくとも爆弾装着装備が必要だと思います。

試験飛行状態での部隊配備仕様はちょっと不自然かなと思います。
もっとも訓練用機体だとすればおかしくはないんですが。

製作工程はかなり簡略化、流用されていたようです。

投稿: シミヤン | 2015年9月17日 (木) 00時01分

●SAIUN殿
GYAOの紺碧の艦隊はちらちらっとみましたが、通しでは見ていません。
面白そうな場面(回)だけ見てました(汗)
でも漫画のほうは持っています。(どこかにあるはず)

かなり熱く読んでいましたが、今考えてみると
現代の軍隊より強いかもと思ってしまいます(笑)
(当時出てきた装備は結構キット化されなかったでしょうか?)

投稿: シミヤン | 2015年9月17日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ファインモールド1/48 試製橘花 05 | トップページ | P-47Nサンダーボルト 1/48 01 »