フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の5件の記事

2015年8月30日 (日)

ファインモールド1/48 試製橘花 04

前回記事より10日以上たってしまいました。

はっきり言って製作サボっています(汗)

とりあえず現状報告です。

ファインモールド1/48 試製 橘花

24

全体のサフかけと
日の丸の白のみ、歩行禁止ラインの
味方識別帯の黄橙色を塗装してマスキング。

この後、フィクションで量産機仕様にするか、実際の第1号機にするか
迷い中で中断。

第1号機仕様は以前作っているので
フィクション仕様にする可能性大ですが組説にある部隊配備想定にはしないつもり。
(個人的にこのキットの機体装備では無理がある想定だと思うので。)

あと、最近まで作っていた中断中のP-51D

P51d

サフかけてキズ等チェックし塗装していけばいいんですが
1機分の国籍デカールがなく、手書きでの=☆=マークのマスキングが面倒くさいので
ここで放置突入。
(タミヤキットは機体デカールは4機分ありますが、国籍標識は1機分のみ)

デカール無しのパーツだけのキットを数種類格安で大量に仕込んだ結果です(苦笑)

※ 当ブログをずっと読んでいただいている方は分かっておられると思いますが
この状態の塗装直前中断キットが1/48,1/72あわせて十数機あります。
(いつの間にか完成しないのに製作記事が更新なく消えたり・・・(笑))
ちなみに1/35の戦車も5~6両ばかりあったりなんかします。
困ったもんだ。

ごくごくたま~に製作再開、完成というものもあることはありますけど

こいつらが片付いたらまた蜜柑山攻略作戦発動かな?・・・無いか・・・((笑))

2015年8月19日 (水)

ファインモールド1/48 試製橘花 03

お盆が過ぎてちょっと気温も落ち着いて過ごしやすくなってきたでしょうか。

20年位前までの正しい夏?(笑)

ファインモールド1/48 試製 橘花

基本形「十」の字までできました。

23_2

修正箇所

104a

1.胴体下部主翼取り付け部の段差を直線に均し広がった隙間に0.5mmプラ板を挟み込んで閉鎖
(前記事の2)

それによる主翼の多少のずれ(0.2~0.3mmあるかないか)は許容範囲

105a

2.主翼基部上部の左は仮合わせ、右は引っ張りあげて接着固定。
(パテいらず。)

106a

3.主翼前縁基部のモールドは
左翼はほぼ合っていて修正いりませんが、右翼は胴体側が幅広く
翼側が狭いのでラインが一致していません。
ずれて接着したわけでもありません。
(多少あるかな・・・?でもズレたせいでモールドが一致しない訳でもなさそう)

20

問題のエンジン・主翼接着部上部はごく微量のパテとすり合わせで
何とかなりました。

左下の小さな開口部をピンバイスで貫通させておきます。
(画像のエンジンカバー中心下部の凸のところ)

写真はありませんが水平尾翼の右翼はぴったりと合うんですが
左翼は合いません。
左翼の取付基部差し込み部分の前部の0.7~1mm程度削ってやれば
ピッタリとはまります。

2015年8月14日 (金)

ファインモールド1/48 試製橘花 02

お盆に入りこちらでは天候も湿りがち

そのせいか気温も下がり少し過ごしやすくなったでしょうか。

我が家はどこにも出かけないので天候が良くても悪くてもあまり関係ないんですが
せっかく帰省されて遊びに行こうと思っている方や、
休みを利用して遊びに行ってる方、行こうと思っている方には
ちょっと恨めしい天候ですね。

ファインモールド1/48 試製 橘花

さて少し気温が下がり過ごしやすくなったのと、どこにも出かけないため時間ができたのとで少し進めました。

と言ってもコックピット周りだけなんですが・・・。

02

資料もないのでそれっぽく配線、左側計器函?にプラ板でレバーを追加
スロットル?にも伸ばしランナーで操作レバー追加。
雰囲気のみで全くフィクションですので信用度0(笑)

03

塗装指示ではコックピット内部クレオスNo.15暗緑色(中島系)
機体上面色と同じです。

なんとなく面白くないのでクレオスNo.126コックピット色(三菱系)を上から軽くかぶせ
エナメル+黒でスミイレ拭き取り、
軽くタミヤウエザリングマスターNo.1・ライトサンドでドライブラシしたのが下の画像

04 05

弄った割にはあまりそう見えないですね。

細かな塗装もそれっぽく雰囲気で、
シートベルトファインモールドのナノレッドのもの。
計器板はデカールを貼って、計器のところにクリアーを垂らしてガラスっぽく。
ラダー部分のベルトはマスキングテープの細切り。

現時点でこれで左右胴体パーツを貼り合わせて接着剤硬化待ちしています。
(Iの字の途中)

主翼関係では、エンジン部分の合いが悪いのでちょっと思案中。
隙間は何とかなるんですが、○の径が違ったり○が歪で合わないのが困りもの。

あと、パーツ合わせで幅や高さが片方が小さく(低く・短く)、
もう片方が大きい(高い・長い)っていうのも困ります。
作ったことがある方にはわかると思います(笑)

追加

↓以下このキットの困ったちゃん部分 ①

主翼、エンジン関係の愛(合い)のない箇所です。

101a

1.主翼上面は合いは比較的良好。
ちょっと抑えてやればピタリと合います。
(この状態で接着した時の主翼上反角が合っているかどうかは未確認)

2.下面は左右胴体接着のズレも見られますが
(ズレているように見えますがモールドの繋がりは合っている
→ということは金型の時点でズレが生じている?)

ここはワザと広げるように直線に整形してプラ板を挟んで修正予定

102a

3.エンジンポッド前部は先端パーツが円(○)なのにエンジンカバー部分が
微妙に楕円(〇)で径もやや小さいので段差とズレが生じます。

画面では付けていないですが後部パーツも少ないながら同じようなズレが生じます。

ペーパーかけにて修正予定。

4.左翼エンジンポッド取り付け部に隙間が生じますが
なぜか右側同部位には隙間が生じません。

左側内部にランナーを組み込み幅を広げて(現物合わせ)隙間をなくし接着予定

103a

5.主翼とエンジンポッド取り付け上前部は左右とも同じような隙間と段差が出ます。

主翼側のほうがやや大きい(厚い)ように思います。

すり合わせと必要ならパテ使用し修正予定

でも昔作った同社の1/48彗星12型よりは断然組立は楽です。

2015年8月 9日 (日)

ファインモールド1/48 試製橘花 01

立秋もすぎましたが毎日暑い日が続きます。

残暑お見舞い申し上げます

こう暑いとなかなか模型を弄る気力もわかないのですが
P-51Dはちょっとだけ進めました。

Thp51

あとはサフ吹いてチェックし塗装に進むだけなんですが
ここで中断(おい!!)
製作をやめたわけではありません。

ちょっと思うところがあり

昭和20年8月7日に初飛行したこの機体

Fm48

ファインモールド1/48 試製 橘花

このキット、FM社でも比較的初期の頃のものなので合いは悪く
今じゃ珍しいバリも結構見られます。
(以前1機作っているんですが合いは悪かったです。)

005_2

(メインはMPM1/72橘花で、機首と右エンジンだけ写っているのがFM1/48 橘花です。
1/48橘花はこの写真しか残っていませんでした。2003年頃)

過去にはエンジンパーツ付(ホワイトメタル製?)のキットも出ていたらしいんですが
現行キットにはエンジンパーツはなく、総パーツ数も少なくあっさりしたものです。

で、いつものごとく小物パーツの処理を済ませ
主翼上下の貼り付け接着ライン調整を終えてあります。

01

この機体、エンジン資料は結構あるんですが、コックピットや主翼折り畳み部
脚庫などの資料は現在のところ見たことありません。

ということでDUP無しの素組みでいこうかと思っています。
と言ってもブレーキパイプくらいはでっち上げて付けるかも。

普段も比較的多いんですが、
夏休みになると当ブログ中の記事の”椰子の木の作り方”の
アクセス数が驚異的に伸びます。(左下検索フレーズランキング参照)
夏休みの宿題でしょうか?(あまり役に立ちませんよ~笑)

2015年8月 3日 (月)

長岡花火

連日の暑さにぶつぶつ言いながらも生きてます~!

7月中の毎週の頭が爆発しそうになる重要会議、会合も無事終えまして

8月に入り、さあ!模型でも再開!!と思ったんですが、毎晩毎晩暑いこと暑いこと。

筆塗りすればすぐ乾いて塗りにくいし、エアーブラシはすぐ詰まるし

何よりも汗がダラダラ、ダラダラ・・・止めた(笑)

そんな中、2日の日曜日、新潟長岡花火を見に行ってきました。

2017_02_2

でかすぎてカメラに収まりません。

普通のカメラや携帯で撮りたい場合はちょっと遠くからがいいでしょうけど

やっぱり迫力はほぼ真下ですね。

日本海側というより全国有数の規模の花火なんですが

地方では主役級の花火が脇役で、地方ではメイン級のスターマインが

1発打ち上げではなく2桁連続打ち上げ(10~30発)で、じゃあ主役はというと

3尺玉のとてつもなく巨大なものであります。

ここで見ると地方はもちろん、全国区の花火大会でも小規模に見えちゃうんじゃないでしょうか。

2017_01 2017_03 2017_04_2

2017_05 2017_06

2017_08_2

終了後さっさと家路につきましたが、自宅到着は午前3時!!

月曜日の仕事に差し支え・・・・・ました(汗)

でも1度は見る価値有りますね。

若い頃は新潟市にいたのに長岡にはなかなか行けずに何年ぶりでしょうか。

さて、元気をもらいましたのでこの後も頑張りまっしょい。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ