フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の3件の記事

2015年4月16日 (木)

タミヤ1/72 Fw190D-9 01

第9回模型合宿まで残り2ヶ月弱しかないので”お題”の下拵えをしなければならないのに
またまた横道にそれてしまいました。

タミヤ1/72 Fw190D-9

でございます。

しかも塗装が面倒なJV44の赤腹ドーラです。

Fw190d9t72_jv44 Fw190d9jv44

タミヤの72も48も(ハセガワも同じく)主脚収納庫の天井の一部壁が再現されておらず
ちょっと不満が残ります。

今回、かなり以前(2007年10月)アオシマ1/72のTa-152H-1を作ったとき
同じように主脚庫天井の一部から見える

なんちゃってエンジンをでっち上げたように、今回もでっち上げてみました。

なんちゃってエンジン2型

ちょっと性能UPしています(笑)

・主脚庫天井の一部を切り取って壁をプラ板ででっち上げておきます。

Fw190d9_01_3

・プラ板、プラ棒、ランナーなどでそれっぽくエンジンを作り、適当に銅線でパイピングします。

Fw190d9_001

・胴体に組み込んで仮に主翼を取り付けてみます。

Fw190d9_002_2

なかなか雰囲気が出たんではないでしょうか(笑)

アイリス他レジン製のアフターパーツが出ていますが、全部見せるわけでもなく
エンジンだけでも値段はキットと同等かそれ以上するので
チラ見えなら”でっち上げなんちゃってエンジン2”で十分でしょう(笑)

いい感じなのでこれで塗装し組み込みます。

PS.模型合宿お題キットは下記3種のうちいずれかです。
荷物てんこ盛りの似合うやつかなぁ・・・・・

1944 M8_18 M4



2015年4月11日 (土)

ハセガワ1/72 Bf109G-14 完成

ハセガワ1/72 Bf109G-14 完成です。

Bf109g14_01

Bf109g14_07_2 Bf109g14_02_2 Bf109g14_03 Bf109g14_04 Bf109g14_05 Bf109g14_06 Bf109g14_08 Bf109g_croatia_02

クロアチア独立国空軍 第2戦闘機中隊 

チェコヴィッチ空軍大尉 1945年4月

Nezavisna Draava Hrvatska

2nd Lovacka Eskadrila

Flt.Lt.Cekovic  April 1945

(Croatian Airorce

2nd Kroat Jagt Staffeln

Flt.Lt.Cekovic  April 1945)

塗装指示と実写真との比較記事で書いたとおりに塗装してみましたが
機体側面のインクスポットは、もう少し濃密な方がよかったかも。

もしかしたら迷彩色はグレー系じゃなくグリーン+グレー系かもしれません。
G-14はG-6からの改修機も多いとありましたので
ここは指示通りグレー系迷彩にしました。

今回は付属のカルトグラフ製デカールを使用しましたが
どこぞのデカールと違い
1998年製デカールにも関わらず黄ばみもなく発色は良好
水につけてもバラバラになることはありませんでした。

隠ぺい力も申し分なく、白いところも下地が透けることはありません。

ただノリは弱い(経年的に弱くなった?)のと、少々固くマークソフター(クレオス製使用)
でもなじみませんでした。

最終的には熱いお湯をつけた綿棒を押し付け密着させました。

コーションマークはかなり省きましたが、少なからず貼ったものには
デカールが固く密着しにくいせいか
シルバリングはなかなか消えてくれませんでした。
(でも文字は仕方ありませんがニス部分はかなり少なくトリミングしなくてもいいくらいです)

あれ!?”黒の10”の字体の大きさ、ちょっと小さくないかい?
(今、気がついた!!)

左側面キャノピー下の四角い点線で囲った山羊?のイラストはデカールがなく
手書きも無理なので泣く泣く省きました。

クロアチア独立空軍の機体は初めて作りましたが、なかなか新鮮ですね。

2015年4月 8日 (水)

岐阜コクピット展示会 2015

4月5日(日)富山サンダーバーズ の友人に便乗して

各務ヶ原市で開催された岐阜コクピットさんの展示会に行ってきました。

クラブ名通り航空機作品がメインですが他のジャンル作品もありました。

展示会場には流石に航空機作品はレベルの高い作品が多く、私が持っていった自作など全然目立ちません。

・ちょっと古い作品ですが持っていったのはこれ

Battle_of_britain_03

もともと既存のポーズそのままのなんのひねりもなく配置した作品です。

単体作品も素晴らしいものが数多くあったんですが、個人的にはディオラマ作品に目がいってしまいました。
(もちろん単体作品も写真を撮らせていただきました。)

興味を惹かれた作品は以下。
(無許可掲載ですので問題があれば削除いたしますのでご一報を)

07

06

02

05

03

04

01

作品の完成度の高さはもちろん、見せ方、展示の仕方など秀逸です!

ディオラマ系の作品はとくにあちこちのアングルで複数枚写真撮らせていただきました。

-------------------------------------------

仕掛かり中の

ハセガワ1/72 Bf109G-14

は、まだこの程度しか進んでません。

Bf109g14_09

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ