フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月の5件の記事

2015年3月31日 (火)

ハセガワ1/72 Bf109G-14 番外

前々回記事で
「ハセガワキット指示「黒の10」を素直に作りますが、指定塗装図に疑問有り。

と書きましたが、
ぱっと見ただけでもかなり適当だったので独立した記事にして晒します(嫌なヤツ、笑)

まず塗装指示書

Bf109g14

組立説明図とは別に、わざわざ新たに書き下ろしてあります。

で、塗装指示の実機写真

Bf109g_croatia_02horz_2

パッと見、私のような素人でも分るようなところに印をつけてみました。
(写真クリックすると拡大写真が開きます)

1、機首と胴体中部の帯の色をどちらもクレオスNo.113としていますが
  微妙に白黒濃淡は異なり、胴体中部の帯は箱絵や数少ない海外の塗装図通り
  水色(淡青色)と思われる。(塗装図間違い1)

  機首の帯の後縁は後ろ側の小エアスクープをすべて含んでいるのに
  塗装指示では小エアスクープの前か中間部分になっている(塗装図間違い2)

2、後部帯の境界はぼやけていて、担ぎ棒取り付け穴のやや後ろまで塗装
  (これは印刷の関係上仕方がないかな?)

3、「ズヴォ二ミルの十字」の縁はきっちりパネルライン部分にあり
  塗装図のようにパネルラインを越えていない。(塗装図間違い3)
  箱絵はもっと機首よりに書いてありもっと大間違い!

4、アンテナ柱とループアンテナはちゃんと確認できるのに全く無視されている。
  (塗装図間違い4)

5、こちらは塗装図の間違いではなく、防弾ガラスが写っていない。
初めからとっぱらっていたのか、もしくはもともと付いていたのが鹵獲前後に外れて(外して)しまったか・・・?)

6、タイヤホイールは淡色系に見えるが、たぶん土埃が付いたためと思われる。
  それよりも全体的に塗装指示図のような大人しいインクスポット迷彩じゃなく
  濃密でぼんやりした迷彩のように見える。

7、左舷キャノピー下の四角い点線で囲った山羊?の頭部のイラストデカールが無い!
  人物右横胴体側面にうっすらと見えている。

8、スピナーの渦巻きはもう少し細いようにも見えますが、はっきりと写った写真が見つけられなかったので、こちらは推定

9、あとは塗装指示図を見ればわかるけど”方向舵”の使用塗料番号が書いてない(笑)

まぁ、ど素人の考証なので記事文章には正しくないところもあるでしょうけど、ハセガワ塗装指示って
時々とんでもない嘘が書いてあることがありますね。
無視するには大きすぎるものは(1/48 マッキ MC.205  ベルトロ2011年7月16日 記事にしてます)についで2例目!

誰が考証しているんでしょう?

2015年3月29日 (日)

風に立つライオン

今回はちょっと模型と離れまして映画のおはなし。

久々に女房殿とデート?いたしまして

風に立つライオン

Photo 

を観てきました。

さだまさしさんの歌に感動した大沢たかおさんが映画化を直談判してっつくられた映画だそうです。
(歌をもとにした小説もあります。)

曲の方は知っていましたが小説の方は読んでいません。

久々に”いい映画”でした。

内容は歌とちょっと違いますが、上手くまとめられていると思います。

映画を観たあと某映画評価を見たんですが
高評価がほとんどですが、もちろんなかには低評価もあります。
でも低評価の内容を読むと「観た人の思った展開ではなかった、映像ではなかった」等
ちょっと映画評と違うかな~?と思ったものが多かったです。
まぁ、映画を見る前に、そんな評価欄は見ないほうがいいですね。
変な先入観が入ってしまい、見る前から評価してしまいかねます。

ただ映画の前後場面数分は要らなかったかなと思ったことは白状しておきます。

映画関連でもう少し。

ここ何日か近所で映画ロケしています。

桐谷美玲さんの「乱反射

高倉健さんの「あなたへ」につづいて(別にTVドラマロケもありましたが)のロケです。

石橋冠監督 竹野内豊主演「人生の約束」俳優さんが近所をウロウロしています(笑)

女房殿は友達のおばちゃん連中とエキストラで出ていますし、ボランティアスタッフなどで協力しているようです。

今日は午前中は江口洋介さんが間近でロケしているのを見ていました。
お昼ころから、竹野内豊さんや小池栄子さんなどロケしていたようですが
見学も飽きたので「風に立つライオン」を観に行きました。

近所ではありませんが同じ市内で
生田斗真さんの「脳男」も過去にロケしていました。
二階堂ふみさんが、撮影中に失神したエピソードで有名なやつ(笑))

2015年3月27日 (金)

ハセガワ1/72 Bf109G-14 01

少し間が空いてしまいました。

仕事から帰って夕御飯、風呂と続くとすぐ寝てしまう日々が続いています。

春が近づいてきた証拠です(笑)

さて日の丸航空隊さんFM72BF109を製作しておられ、見ていると作りたくなりました。

ハセガワ1/72 Bf109G-14

48は重いので72をサクッと作りましょう。

Bf109 この3箱を引っ張り出してきましたが

以前クロアチア空軍Bf109G-14を作ろうとして却下した経歴があるのでハセガワ72のキットにしました。
(1/72のBf109キットはあとハセガワ72のE-4、G-6/14ハルトマン、G-6フィンランドを在庫しています)

Bf109g14_003_3 1998年7月カルトグラフ製デカール 

黄ばみはありません。発色も良好です。

・コックピット

今回はコックピット工作はスルーしようと思いましたが
機体キャノピーがエルラハウベのためちょっと見えるんじゃないかと
病気が出てしまいました(笑)

でも72なのでちょっと適当にそれらしくしただけの雰囲気だけです。

Bf109g14_001

プラ板とランナーと伸ばしランナーでそれっぽくでっち上げ。

でっち上げようとする場合は
下手な中途半端なモールドがあるより真っ平らの方が工作しやすいですね。

・速攻「十の字」

Bf109g14_08

Bf109g14_002

雰囲気は出ているんじゃないかい?(笑)

雑具入れをプラ板で作り貼り付け、シートベルトはマスキングテープ製。

・シートベルトの取り付け位置を間違えていますね。
後で直します。

Bf109g14_06

シートベルト取り付け位置を修正しました。

胴体と主翼の接着硬化待ち。
例のごとく小物パーツ処理は終えていますがまだ未塗装です。

クロアチア空軍のBf109Gは「黒の4」が有名ですが、今回はボイレ付きの機体のため
ハセガワキット指示「黒の10」を素直に作りますが、指定塗装図に疑問有り。

実機写真Bf109g_croatia_02

指定塗装図は写真に撮っていないので完成時にでも。

2015年3月14日 (土)

ハセガワ1/72 ホーカー・ハリケーンMk.ⅡB Trop 完成

Ssfc_1253

こちらでは北陸新幹線開業で沸き立っていますが、

とりあえず「開業おめでとうございます」と言っておきます。

でも個人的な本音は「不便になってしょうがない!!」であります。

東京、関東方面へは、それは便利でしょう。

でも関西、新潟方面によく行く人間にはクソ不便になりました。

駅も自宅からは遠くなりますしね。

経済効果?・・私には直ではほとんど関係ありません。

まぁ、このくらいにして

ハセガワ1/72 ホーカー・ハリケーンMk.ⅡB Trop

完成しました。

途中画像は全くありませんが、いつものワンパターンな塗装法です(笑)

Mkb_01

Mkb_02_2 Mkb_03 Mkb_04 Mkb_05 Mkb_06 Mkb_07_2 Mkb_08


ホーカーハリケーンMk.ⅡB Trop イギリス空軍”No.274 中隊”

1942年 北アフリカ

Hawker HurricaneMk.2B RAF No.274 Squadron

North Africa 1942

砂漠の過酷な状況化で使用ということで
いつもより(個人的作例比較)汚しをキツメに、
機体上面のチョーキングもきつめにしたんですが
画像にするとほとんどわかりません(T_T)

ただプロペラの塗料の掠れは写っているようです。

※気がついたら”また青系”だわ!(笑)

※デカールが水につけたらバラバラになりました。
  リキッドフイルム使用でなんとか救えたものもありましたが
  垂直尾翼のマークは他から持ってきたので左右非対称です。
(塗装で仕上げる気力はありませんでした。)

2015年3月 7日 (土)

ハセガワ1/72 ホーカー・ハリケーンMk.ⅡB Trop 01

最近なんだか忙しくて帰宅夕食後にうたたねしてしまうことが多く、
気力がわかないせいで模型いじりもせず、
ネット徘徊もせいぜい流して見るだけで足跡も残さず何もしていませんでした。

前々回の記事 で書いたもうひとつの茶色系

ハセガワ1/72 ホーカー・ハリケーンMk.ⅡB Trop

H72_mkb をやっつけます。

このキットも素組でいきます。
といってもシートベルトはいつものマスキングテープ製で付けましたが。

ということで、あっという間の士(十)の字です。

Mkb_02

また、いつものごとく小物のパーティングライン、ゲート処理等は終えてあります。

今回組み方が悪かったのか(とも思えないんですが。)

機首下面トロピカルフィルター部分合いがとんでもなく悪く
久々にパテのお世話になりました。

Mkb

ここで結構時間を食ったのでモチベーション低下。

一時休止(あ、今回はちゃんと完成させますんで蜜柑山にはいかせません。笑)

DUPらしき作業としてあとブレーキパイプくらいは付けたほうがいいかな。

---------------------------------------------------------

このあとの予定(あくまで予定)として作ろうかと思っています。(また思うだけかなぁ(笑))

こんなのが手に入ったので

V35_88mm

VOYAGER MODELの88mm砲用エッチングパーツ。

前から探していてやっと手に入れました。

ほぼ定価かと思いますが(多少安い?)あのタミヤの名作キットに使えます。

T35_88mm

このキットも赤札1000円で買っているのでアフターパーツの方が3倍ほど高い(汗)

ドラゴンの88mmキットも持ってはいるんですが、なぜか箱を開けると制作意欲が無くなります。

D35_88flak36

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ