« ハセガワ1/72 F4U-A1コルセア 完成 | トップページ | ハセガワ1/72 零戦52型 完成 »

2015年1月16日 (金)

ハセガワ1/72 零戦52型 01

また飛行機キットかと思われるかもしれませんが、もうしばらくお付き合いください。

年末より中断中のハセガワ1/72 隼Ⅱ型は全面シルバー塗装で止まっています。

再開せねばと思いつつ、前回完成のF4U-1Aの対戦相手ということで

H72_52d_2

ハセガワ1/72 零式艦上戦闘機52型

れいによってハセガワお得意のデカール替キットです。

この302空の塗装指示機はタミヤ1/72零52型にもありますね。

もちろんこの塗装指示機にしてもいいんですが、先のF4U-1Aが対戦したであろう部隊にしようと思います。

ただし、熱心に調べませんので嘘をつくかもしれません(笑)

・コックピット

52001_2_2

タミヤキットなら必要ない作業ですね。

ハセガワキットにしてもキャノピーをつけるとほとんど見えないので必須ではありませんが作業すると雰囲気は出ます。

シートベルトはいつものマスキングテープの細切り

この作業自体はこなれてしまったので小一時間もあれば出来上がります。

・ちょっとしたDUP

52002

右翼付け根に空気取り入れ口を開けます。(主翼上下パーツ接着前にちょっと切り込みを入れておけばOK)

潤滑油冷却空気取入れ口に簡単に仕切りを入れます。
三菱製には仕切りは無いそうです。)

ヘッドレスト後方に軽め穴を開けておきます。

照準器が思いっきり無視されているのでプラ小片で再現しておきます。
(単なる四角小片でもそれなりに見えます。透明ガラスをつけておけばなおベスト)

・士の字(十の字)

52003

合いはいいのであっという間に士(十)の字になりました。

・小物

5207

ブレーキパイプはつけましたがエンジンは少しデティールアップしたものの
プラグコードは付けませんでした。

胴体/主翼の接着剤硬化待ちの間に小物塗装は済ませておきます。
(キャノピーマスキングもこの時同時にしておくと完成が早まる?(笑))

|

« ハセガワ1/72 F4U-A1コルセア 完成 | トップページ | ハセガワ1/72 零戦52型 完成 »

航空機模型 (AIR)2015」カテゴリの記事

コメント

零戦52型ですね。
ハセの零戦には、何故か九八式射爆照準器が付いてないんですよね。
シートベルトは、雰囲気があって良いですね。

オイルクーラーの整流板があると言うことは、中島製の零戦ですね。
グアム近海での戦闘となると、有名どころの261航空隊あたりでしょうか?

完成が楽しみです。

投稿: 日の丸航空隊 | 2015年1月17日 (土) 08時40分

●日の丸航空隊殿
ハセガワ72の零戦シリーズは何機か作りましたが
側壁はいじらなくとも照準器は必須ですね(笑)

マスキングテープ製シートベルトはキャノピー閉にする限りは
雰囲気重視で許容範囲内です。
というかアフターパーツケチっているだけという話もちらほら(笑)

整流板は引っぺがすこともできるので
とりあえずは中島製で進めて塗装によっては三菱製でしょうか。
でも味方識別帯、日の丸塗装時点で決めなければいけませんね。

投稿: シミヤン | 2015年1月18日 (日) 11時03分

精力的に進められてますね、
やっぱり零戦はいいであります。

中島か三菱製か、パネルを始め細かい所で違いはありますが、
キットは中島製をモデル化しているのでしょうか?

栄21が立体であるのは嬉しく、
シートベルト、脚カバーの内側明灰など流石であります。
剥げチョロ、グラディーション楽しみにしています。

投稿: ハヤテ | 2015年1月18日 (日) 12時51分

●ハヤテ殿
振り返ってみれば零戦は年1作は作っているんじゃないんでしょうか(笑)

どのメーカーも後期型は中島製をモデル化しているように思いますが
やはり生産数や残存機体によるものなんですかね?

この機体もなるべく退色を再現したいと思っていますが
今まで思うような退色加減を再現しきれていないので
今回は少々大げさにしてみようかと思っています。

投稿: シミヤン | 2015年1月19日 (月) 00時01分

プロペラの茶色は、赤黒だけでしょうか 何か混ざったようですが、
筆塗ですよね。初めに小物が出来上がっていると、後で慌てなくても
いいし、部品をなくすこともないです。

投稿: あきみず | 2015年1月20日 (火) 19時05分

●あきみず殿
プロペラはクレオス特色の日本機プロペラ色のビン生です。
以前のレッドブラウン(グンゼ時代?)の赤が強い色は好きだったんですが
茶色系が強くなった、現在のレッドブラウンはどちらかというとドイツ戦車の
迷彩色だと思うので日本機プロペラ塗装には使っていません。

小物塗装をモチベーションが高い時に済ませておくと
いろいろな意味で楽ですよ♪

投稿: シミヤン | 2015年1月21日 (水) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハセガワ1/72 F4U-A1コルセア 完成 | トップページ | ハセガワ1/72 零戦52型 完成 »