フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の5件の記事

2014年9月28日 (日)

ドラゴン1/35 Ⅲ号戦車G型 完成

ドラゴン1/35 Ⅲ号戦車G型 完成しました。

前々回記事にも書いたように「戦車のつくり方、塗り方のコツ」は忘れてしまいましたが
なんとか見られる程度にはなったかと思っています。
でも戦車屋さんから見ればツッコミところ満載?(笑)

G_01

G_02 G_03 G_04 G_05 G_06 G_07

Ⅲ号戦車G型(熱帯地仕様)

第5軽師団第5戦車連隊 北アフリカ 1941年

sd.kfz.141 Pzkpfw Ⅲ Ausf.G

D.A.K. 5th leichte Dvision 1941

ドラゴン1/35”旧”Ⅲ号戦車G型キットです。

・資料も持っておらず設計図通りに作りましたので形状、OVM取り付け位置等の間違いは関知しません(笑)

強いて言えばジェリ缶の指示された取り付け位置の変更と
車体前面に予備キャタピラ取り付けたくらいです。
伸ばしランナー製のアンテナ線もかな?

・車体番号デカールは手持ちのジャンクデカールから適当に。
ということでこの車両はフィックションです。
(キット指定のものにすると巷に溢れている作例と比較されちゃうので。(笑))

・ほぼボックス純正パーツ使用ですが、砲身は金属製アフターパーツ(頂いた時点で箱に入っていました)なのと
左後部のグレーのジェリ缶および車体前部のバケツは多分タミヤのパーツです。

・予備転輪も欲しいところですがキットパーツにはなく手持ちもないので付けてありません。

・もう少し下地のジャーマングレーを出したかったんですが、
満足できるダークイエローを出すために数種類のダークイエローを塗り重ねていくうち
下地のジャーマングレーはほぼなくなってしまいました。

サビだれも砂漠ということでごく控えめに。

チッピングは入れ方の感がつかめなかったのでほとんど入れてありません。

・前回作った戦車長を乗せたらイマイチだったので乗せませんでしたが
キューポラハッチは開くので何時でも搭乗可能です。

さて、次は水物かな?
ブルーインパルスも気になってはいますが・・・

2014年9月20日 (土)

航空自衛隊創設60周年記念 航空祭 石川・小松基地

”小松基地航空祭2014”

9月20日(土)

石川県小松空港/航空自衛隊小松基地 で開催された

「航空自衛隊創設60周年記念 航空祭」に行ってきました。

今回は自家用車で行くと駐車場、その他でとんでもなく疲れるので
旅行会社のツアーに便乗。
(駐車場から基地までのシャトルバスは行きで30分~1時間、帰りで1時間以上の待ちは覚悟)

Photo F15j

まずはF-15Jイーグル

F15j_01

航空祭の最中にスクランブルがかかり2機のイーグルが飛んでいきました。

こちらは時系列的には時間がたっていますが

F15j_02

記念塗装が施してあるらしいF-15Jもチラッと見たんですが人混みと疲れと
ブルーインパルスのポジション取りで撮影には行きませんでした。

次はF-2A/B

F2ab_02

右上の写真でこのあとコントレイルをひいたんですが、普及版デジカメではシャッターが戻るのが追い付かずシャッターチャンスを逃しました。

F2ab

お約束のモデルさんがいましたが好みじゃなかったので(笑)遠くからのショットでおしまい。

ブルーインパルスは午後からのため、基地内をブラブラと。
大量の写真があるのですがブログ容量が気になるためさわりだけ。(写真容量も小さくしてあります)

救難隊

Photo_4

対空システム

Photo_2

支援車両(一部)

Photo_3

お目当てのブルーインパルスの競技です。

普及型のデジカメでの撮影のため良いショットはありません。

(画像クリックで拡大別窓開きます)

Bi_00

Bi_01 Bi_02 Bi_03 Bi_04 Bi_05 Bi_06 Bi_07 Bi_08 Bi_09

実際の画像は1枚1枚A4版で撮影しているのでかなりでかいです。

プロ級のカメラ、巨大な望遠レンズで連射した写真にはかなり劣りますが
普及版のデジカメで撮ったにしては巧く撮れたのではないかと思っております。
(余計な日付の入っていない写真あります。)

こりゃ、現在制作中のキットがまた蜜柑山に行きそうだなぁ(笑)

2014年9月18日 (木)

ドラゴン1/35 Ⅲ号戦車G型 01

飛行機(1/48)が続いたので次は蜜柑山攻略陸物編にいきます。

前回のハリケーンを終えた時点では
ファインモールド九五式軽戦車の再開を考えていたんですが
古い戦争映画の「トブルク戦線」を観てしまい
急遽「ドラゴン1/35 Ⅲ号戦車G型」にしました。

D35_g

このキット、2010年6月27日「第4回模型合宿」 のビンゴキットの一つなんです。

前々回の記事での進行状況は車体の基本塗装で中断というところです。

G_00

ここから進めたわけですが、OVM(車外装備品)を塗装し取り付けました。

まだ基本塗装のべた塗り状態です。

G_01

この後、汚しチッピングを入れていきますが、フェンダー等車体の変形は再現しません。(できない)

はっきり言って戦車の作り方,塗装方法なんて忘れてしまいました。
(1/35戦車最終完成は2012年9月30日のドラゴン1/35 シャーマン ファイアフライ1Cハイブリット
陸物としての最後は2013年5月7日1/35 Sdkfz250/5 (もどき) )

キャタピラも ランナーから一つずつ外し、ゲート処理を
ちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちま

G_02

戦車屋さんはよくこんな作業を平気でやられるなぁと尊敬です。

まぁ、今では同社マジックトラックがメインのようですが、戦車屋さんでない私はベルト式で十分(笑)

キャタピラも飽きてきたので戦車兵でも乗せようと思ったら
このキットには太陽がまぶしそうな体のでかいおっさんしかなかったので
出戻りの頃作ったタミヤ2号戦車の車長さんに登場願いました。

フィギュアの塗り方も忘れちまいました。

T35_101

雑誌の作例にあるようなファレホ油彩なんぞ持っていない揃えるつもりもないので
クレオスのMr.カラータミヤエナメルのみで塗装します。

えらい年取ったような顔になってしまいました(笑)

原型の古い時代らしい眠いモールドを掘り込んで今風に近づけようと
ジタバタあがきましたが、これが私の現時点での限界でした。

2014年9月 9日 (火)

ハセガワ1/48 ホーカーハリケーンMk.Ⅱc S.E.A.C 完成

これもいきなり完成になるかも(笑)

ハセガワ1/48 ホーカーハリケーンMk.Ⅱc S.E.A.C

完成しました。

1/48蜜柑山攻略 4機目です。
(”モチベーションが高いうちに手付中断キットを続けて完成させましょう企画”)

Mkc_00

Mkc_01 Mkc_02_2 Mkc_03 Mkc_04 Mkc_06 Mkc_07 Mkc_08 Mkc_09


東南アジア司令部 第34中隊 c/n LB957

No.34 Squadron S.E.A.C.

※S.E.A.C.(South East Asia Command)

・マスキングテープ切り出しのシートベルト

・銅線のブレーキパイプ

・伸ばしランナーのアンテナ線

・方向舵操舵幹(方向舵操作ロッド)のモールドを削り取り0.3mm金属線に置換

これ以外の追加はなく、形状変更もなく残りはストレート製作

国籍標識、機番号、アルファベット、コーションマークはデカール使用

何の問題もなく組めるキットでしょう。(製作中断放置しましたが・・(笑))

2014年9月 2日 (火)

蜜柑山攻略計画 多分第3回か4回

”モチベーションが高いうちに手付中断キットを続けて完成させましょう企画”

前回までに1/48航空機 

「四式戦 疾風」「スピットファイアⅤb」「スピットファイアⅤb Trop」

3キットを攻略完成させました。

1/48の飛行機キットで、もう1機くらいやっつけようと思います。

000

・ハセガワ ホーカーハリケーンMk.Ⅱc

・ハセガワ マッキMc205V ベルトロ

・セクター フィアットG50(フィンランド)

・タミヤ P-51Dムスタング

・トライマスター Fw190A8

001

・アカデミー P-35A

・クラッシックエアフレーム P-43ランサー

・ハセガワ P-47D レザーバック2機

            バブルトップ1機

※これはリパブリック系機体の進化を作っていこうとしていたもの。

とくにP-47D以降はおねいちゃん系ノーズアートで攻めようかと(笑)

このあとP-47N(もちろんおねいちゃんノーズアート)が続く予定です。

現時点で”1/48”蜜柑山飛行機 合計10機(残り10機)

このうち製作進行状況から一番完成に持ち込めそうなもの

マッキMc205Vは塗装が面倒

・ハセガワ ホーカーハリケーンMk.Ⅱc にしました。

Mkc_01 H48_c

これの完成後もう1機くらい行きたいところですが

今年に入って陸物、海物一切完成キットがありません。

陸・海あわせてどれか1つづつ今年中に完成に持ち込みたいと思っています。

陸物候補として

002 

・タミヤ M8グレイハウンド

・ファインモールド 九五式軽戦車

003

・グンゼ/ドラゴン Sdkfz250/1・3

・ドラゴン Ⅲ号戦車G型

のどれか。

海物は「大和随伴艦祭り」で途中で挫けた

Pitの「駆逐艦 初霜」もあるんですが、気分的には

004

ちょうど書籍読破したところで南極観測船「宗谷」がいいかなぁと思っております。

ただしアフターパーツは使わず(持っていないので)素組みになります。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ