« 1/48 ハセガワ 四式戦闘機「疾風」 完成 | トップページ | 蜜柑山攻略計画 多分第3回か4回 »

2014年8月29日 (金)

1/48 スピットファイアMk.5b T.H. 完成

すみません、いきなり完成です(笑)

”モチベーションが高いうちに手付中断キットを続けて完成させましょう企画”

ハセガワ1/48 スピットファイアMk.5b 

タミヤ1/48 スピットファイアMk.5b trop

2009年10月7日にタミヤハセガワ1/48スピットファイアMk.5b作り比べようと始めました。

1/48 スピットファイアMk.5b T.H.1

2回目も順調

1/48 スピットファイアMk.5b T.H.2

ここで両方とも士の字まで作ったものの中断し

●WWⅡ双発戦闘機祭り のタミヤ1/48 グロスターミューティアに移行してしまいます。

この後2011年8月11日まで放置し突然再開するも1回で終わり(爆)

1/48 スピットファイアMk.5b T.H.3

文面より気温が高く暑かったせいで中断だと思われ。

で、今回めでたく完成しました。

※5年越しの完成です(笑)

5年前まだDUPしようか考えていたかどうかは忘却の彼方・・・。

両方とも作り方がちょっと雑なところがありました。

ハセガワ1/48  スピットファイアMk.5b 

Mkvbh4801

Mkvbh4802 Mkvbh4803 Mkvbh4804 Mkvbh4805 Mkvbh4806 Mkvbh4807

第2ポーランド戦闘機航空団司令官 ステファン・ウイットゼンク中佐

1942年

Wing Commander Stefan Witozenc,co

2nd Polish Fighter Wing

※塗装指示は1942年7月のディエップ上陸作戦時の
機首に白線が数本入れてあるものですが、時期特定するのではなく
一般時期の塗装にしてあります。
 

タミヤ1/48 スピットファイアMk.5b trop

Mkvb_tropt4801

Mkvb_tropt4802 Mkvb_tropt4803 Mkvb_tropt4804 Mkvb_tropt4805 Mkvb_tropt4806 Mkvb_tropt4807

第417飛行隊

1942年北アフリカ

No.417 Squadron

1942 North Africa

※熟成期間が長かったせいか、両キットとも主翼前縁の機銃孔保護シール再現の赤デカールの一部が破れて穴があいてしまっています。

|

« 1/48 ハセガワ 四式戦闘機「疾風」 完成 | トップページ | 蜜柑山攻略計画 多分第3回か4回 »

航空機模型 (AIR)2014」カテゴリの記事

コメント

怒涛の完成ですね♪
仕掛品を完成させるなど到底出来ない私です(汗)

どちらも好みの色ですが、
やはり戦域や年代で塗装が変わるのでしょうか?

投稿: ハヤテ | 2014年8月30日 (土) 18時42分

お手付きキットは そんなにはありませんが なかなか完成に持って行くには
気力が上がってないと いきません。 やはり完成したらどの子も かわいいもんです
置き場所が一遍になくなりそうです。

投稿: あきみず | 2014年8月30日 (土) 20時51分

完成おめでとうございます。
気合い入りまくり!
お手つきを完成に導くには、なかなか難しいのでは?
どこまで、どうやって作ってきたのか、これからどうしようと思っていたのか等々思い出すだけでも大変そうです。

投稿: 日の丸航空隊 | 2014年8月31日 (日) 05時24分

仕掛品で数年放置してるのなんぞどうなるんだろうと思いますが、ワタシも箱を空けなければなりませんね(笑)そんなに数は無いのですけど・・・

スピットの翼形状は可愛いいですね、九九爆も同じく翼が可愛いけど、こいいうフォルムは好きだったりします♪

投稿: SAIUN | 2014年8月31日 (日) 08時27分

●ハヤテ殿
仕掛品の箱がちょっと邪魔になってきました(笑)
新しい箱を開ける時もどうも気になってしまい
若干の罪悪感?
まぁ、士の字の塗装直前中断キットあたりをボチボチやっつけておこうかと。

英軍機塗装は年代的にはそう変わりませんが
地域的な変化がありますね。
ここらへんはドイツと似たようなものです。

投稿: シミヤン | 2014年9月 1日 (月) 01時42分

●あきみず殿
蜜柑山キットは飛行機だけでも72,42あわせて10機超えあります。
(20超えまではいきませんが)
そのうちモチベーションがあるうちに(気温も塗装しやすくなりましたし)
1/48だけでもやっつけようかと思いました。

ただし置き場所はかなり厳しくなりますね(苦笑)

投稿: シミヤン | 2014年9月 1日 (月) 01時46分

●日の丸航空隊殿
ありがとうございます。
先のお二方のレスにも書きましたが
モチベーションのあるうちに気になっている蜜柑山を攻略しようと思いました。
ただ「疾風」から3機続きましたので、あと1~2機で他のジャンルの蜜柑山攻略か
気分的に新キット開封になると思います。

蜜柑山キットは仰るとおり何をどうしようと思っていたか一切忘れ去っていますね。
何をしたかもブログ過去記事でかろうじて分かる程度?(笑)

投稿: シミヤン | 2014年9月 1日 (月) 01時51分

●SAIUN殿
何年かに一度は蜜柑山攻略計画をたてるんですが
だいたい1キット完成させればいいところでした。
でも今回は既に3キット完成で自分でも驚いています。
もっとも3キットでは焼け石に水なんですが(笑)

やっぱり丸みのある形状がいいんでしょうね。
米軍機のような角ばった工業規格のような期待は
力強さを感じることはあっても美しいって感じはないですね。

投稿: シミヤン | 2014年9月 1日 (月) 01時56分

ああ、仕掛品の完成お祝い申し上げます。
中断に至った経緯を思い出せないキットってありますよね。
でも、シミヤン様は仕掛品でもパーツの整理が行き届いているので再開してもパーツが見つからない系のトラブルはなさそうでありますね。
作り比べですがトロピカルフィルターのインテイク有無を置いておいても機首形状の解釈に違いを感じますね。

投稿: シロイルカ | 2014年9月 2日 (火) 00時37分

5年も忘却の彼方にあった未完成キットを破損、紛失も無くきっちりと仕上げるって(汗) 私には到底無理な事ですね、シミヤン殿の保管管理そして記憶の良さだから出来ることでしょう
 スピットファイヤー どちらとも素晴らしい出来!とても放置してあったものとは思えません くどくない墨入れ、程よい汚し、やっぱりシミヤンワールドだなあ
 これ見たら飛行機作りたくなって来ましたよ(笑)

投稿: マック | 2014年9月 2日 (火) 00時55分

●シロイルカ殿
ありがとうございます。
私の場合はだいたい士(十)の字で小物処理も終え
あとは塗装していくだけの状態で蜜柑山にいくことが多いんです。
もしくは士(十)の字になっていなくても小物処理は終え
胴体主翼を張り付ければ士の字になるという段階も多いです。

なんて言うんですかね~?先が見えちゃうと飽きる?(困)

今回のスピット、スピナー形状が違うことを改めて認識しました。
5年前は多分気が付いていたと思うんですが・・・

投稿: シミヤン | 2014年9月 2日 (火) 19時57分

●マック殿
保管管理というか私の場合、作り始めの最初からパーツをほぼ切り離してしまい
パーティングラインも処理した段階で(できれば小物の塗装も)
チャック付きの小袋に入れちゃうんで、ばら撒かない限りずっとそのままです。

ただ何をどう弄ろうと思っていたか、どこを弄ってどこを弄っていないとか
さすがに忘れ去っています。
次回でもネタつなぎに保管画像を晒そうと思っています(笑)

逆に私は陸物海物やりたくなってきました。

投稿: シミヤン | 2014年9月 2日 (火) 20時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/48 ハセガワ 四式戦闘機「疾風」 完成 | トップページ | 蜜柑山攻略計画 多分第3回か4回 »