フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月の5件の記事

2013年9月29日 (日)

堀越二郎技師設計機体キット ②-完成

堀越二郎技師設計機体キット ② 

・ハセガワ1/72 零戦21型

・ファインモールド1/72 烈風11型

2機とも完成はしているもののカメラが要修理で手元になく
予備カメラもないため写真が撮れません

携帯電話のカメラ(スマホ)でも写真も撮れることは撮れるのですが
いちいちPCに画像を移すのも面倒で、

とりあえず1枚だけ貼り付け、デジカメが戻ってから改めて記事アップします。
(2週間くらいかかるそうなのでその間は画像なし記事記事更新なしです。
多分後者・・笑)

0dsc_0088

詳細は各機体撮影記事アップ時に書きます。

ただ1点だけ「烈風11型試作3号機」のプロペラスピナーは茶褐色ではなく
機体色(濃緑色)という説がほとんどですが
うっかり茶褐色にしました。
(まぁ、実写真もプロペラを外したものなので、どちらでもありうると言えばありうるんでしょうけど。・・何か残っている記録(記述)があったかも)

2013年9月17日 (火)

軽井沢

9月14~16日(土~月)大型台風日本上陸のなか「軽井沢」に行ってきました。

結婚式出席の女房殿を迎えついでに軽井沢近辺を周遊してきましたが

わざわざ台風が上陸する時に行かなくてもと思いますが、前々から決まっていたことなので。

デジカメがいかれる寸前で調子が悪く、ほとんど写真は撮れませんでした。

14日は何事もなく無事「軽井沢」到着

1

女房と合流し昼は「星野リゾート・ハルニレテラス」や「雲場池

4

・右は雲場池のアクロバティックな鴨(笑)

夜は「旧軽銀座」をぶらつきましたが、「旧軽銀座」って19時を過ぎると
ほとんどの店が方付け始めシャッター閉めちゃうんですね(驚)
20時にはもう暗くて寂しい限り。

15日は午前中土砂降りの雨

室内のあるところと美術館巡り・・・・するはずが

6

軽井沢千住博美術館

1つの美術館を見ただけで芸術には向いていないなぁと以降中止(笑)

午後は晴れたので軽井沢プリンスの「アウトレットモール」へ
ブランド品は見向きもせず土産(ほぼ食い物!笑)を少々買っただけ。

夜は「野菜のおいしいレストラン」で夕食

Photo_2

野菜の1コースを頼みましたが、野菜だけで腹がいっぱいになるとは思いもよりませんでした。
もちろんすごくおいしかったです。

16日いよいよ台風直撃

各地で被害のニュースが流れる中チェックアウト
風雨が強いので帰宅コース

高速は各地で通行止めという事で国道を北上。

長野上田で昼食後、午後より台風一過なんとか晴れてきたので「長野 善光寺」でも寄って行こうかと
急遽コース変更

7_3

15時過ぎについたので参道の土産物店は人通りも少なく(台風のせいもあり)寂しい感じ。
参拝して高速の通行規制も解除されたようなので
大町ICより高速に乗り帰宅しました。

※来年の模型合宿オプションに考えていた場所でしたが、時間をかけていくとなるとイマイチかも。

なんとかだましだまし使えたデジカメが完全にいかれました。

さて次回はまた模型記事に戻りたいのですが写真が撮れません。

皆様、台風被害大丈夫でしたでしょうか?
進路上やニュースで出ていた近隣の分かっている方々には連絡いたしましたが
し忘れている方もおられると思います。この場お借りてお見舞い申し上げます

2013年9月14日 (土)

堀越二郎技師設計機体キット ②-4

また間が空いてしまいましたが、この期間

デジカメが壊れるわ、パソコンの調子が悪いわ、モチベーションがどん底だわと

ろくでもない期間でありました…いや、まだ”あります”かな?(笑)

堀越二郎技師設計機体キット ②

それでも一気に基本塗装までもっていきました。

・ファインモールド1/72 烈風11型

15

・ハセガワ1/72 零戦21型

2107_2

どちらも”キャノピーマスキング”を失敗しています。
とくに零戦21型のほうはかなり失敗あり。

今のところすべて塗装で進めていますが機番号等はデカール使用予定です。
(デカール使用前提のマスキング&塗装方法で進めています。)

※烈風については取説も下面無塗装シルバー指示ですし、
Web上での作例も下面シルバーが多いんですが
今回、烈風の下面は明灰白色で塗装しました。
理由は完成時に書きます。

この連休中にこのまま一気に完成といきたいところですが
結婚式に出席した女房殿を迎えに”軽井沢”まで行って
そのままその近辺で遊んでこようと思っているので
コメントレスや訪問等も含め、諸々の作業はお預けです。
(ただ台風が直撃しそうなんですよね~)

ヤバ!朝出発なのでもう寝ないと・・・PC不調のせいで記事書くのにも時間がかかる…

2013年9月 3日 (火)

堀越二郎技師設計機体キット ②-3

竜巻被害がひどい関東地方の皆様大丈夫でしたでしょうか。
お見舞い申し上げます。

冷房なしでもなんとか過ごせる気温になってきました。
模型もちょっとは弄る気がおきるようになりました。

堀越二郎技師設計機体キット ②

毎度同じような画像でスミマセン。少し進みました。

・ファインモールド1/72 烈風11型

0002a

9→10 機首部分のズレ
     
画像をみて分かるように
     モールドを合わせると大きなずれが生じます。
     モールド合わせを優先すると後縁(画像11)の隙間が
     単純にパーツを合わせただけ(前回記事1~3)よりさらに拡大します。
     でもモールドを合わせて接着した方が全体処理はしやすいです。
 

11→12 主翼パーツ後縁と胴体の隙間
     胴体側左右接着ラインに凸凹があったため(前回記事画像1)
     あえてヤスリがけし(隙間はいっそう広がりますが)直線にしてから
     胴体側にプラ板を接着しある程度出っ張りを切り取り均しておきます。
     (やや胴体より出っ張る程度にしておき、主翼固定後ヤスリがけ調整)
     (主翼側だとフラップモールド処理やフィレット部分の処理が面倒)

0003a

13.フィレット部分
  主翼上面と胴体フィレット部分に少し段差が生じるため
  (主翼側が胴体側より少し下がっている感じ)
  主翼パーツ上下の接着完全硬化後にプラ板を挟み込み厚みを稼ぎます(現物合わせ)

14.胴体フィレット接着面
  プラ板と併用して接着面もヤスリがけして主翼上面パーツと合うように調整

15.→16 胴体主翼間の隙間
     プラ板を主翼側に張り付け胴体にフィットするようヤスリがけ調整します。
     (主翼側へのプラ板張り付けは
      胴体側フィレット部分に微細な凸モールドでパネル表現があるため
      ヤスリがけで消したくないため)

     
ここは13~16を同時進行で合わせていきます。
プラ板は貼り付ける側の接着ラインは完全に消し、もう一方はパネルラインとして消さずに残します。(消す必要がある場合はけしますが…。)

・ハセガワ1/72 零戦21型

021001a

17.微妙な曲面の違い(段差)は一応ペーパーがけして均してみました。
  まだ少し段差が残っているかな?
  サフがけ時にチェックします。
 

18.接着剤がはみ出てしまって汚いですがサフがけすると消える程度です。
  隙間はありません。フィットしています。

今回はいつも先行する小物パーツ塗装もまだやっていません。

この後両機ともキャノピーパーツをマスキングして取り付け
サフがけチェックし塗装に移ります。

ちなみに現段階でパテは零戦主翼と胴体接着部分の凹埋め(前回記事写真7)部分以外は一切使っていません。

------------------------------------------------

のんびりいきましょう☆彡SAIUNさんより季節の贈りものを頂きました。
いつもいつもすみません。遅くなりましたが有難うございます。

2013

2013年9月 1日 (日)

堀越二郎技師設計機体キット ②-2

酷暑からいきなり平年並みの気温になったと思ったら朝方など涼しいくらいの温度になりました。

当地方は全国ニュースで流れるくらいの集中豪雨が続いて
ニュースではマンホールが水圧で吹っ飛んでいましたが(驚)
御心配下さった皆様ありがとうございます。自宅は無事です。

堀越二郎技師設計機体キット ②

進行状況です。

・ファインモールド1/72 烈風11型

11a

1.主翼後縁と胴体下面の貼り合わせ部分に1mm超の隙間が空きます。

2.3.主翼上面と胴体フィレット部分(特に後半)にやはり1mm超の隙間が空きます。
 前半は少し隙間は空くもほぼ合っています。

4.ここはどのキットでも見られますが、本来ラインが無い部分に接着ラインがあり
 しかも隙間やズレが見られます。
 さらにこのキットでは先端部分の長さが違います。

う~ん、修正面倒だなぁ。

※胴体左右、主翼上下パーツを単純に接着し、
何の力も加えずそれぞれのパーツを合わせただけで
接着ライン部分を削ったり均したりの加工はやっていません。
単純に合わせただけです。

・ハセガワ1/72 零戦21型

21_no3a_2

5.接着ライン処理がまずいせいか、いつも隙間はでないものの
 主翼後縁と胴体のRラインが異なり微妙に段差(ズレ)ができます。

6.接着前端が胴体と主翼の厚みが違って段差が出ます。
 とくに左翼に見られますが、工作が悪いのか
 このキットを何機か作っていますが、いつも出ちゃいます。

7.主翼組立てがが差し込み式 じゃない限りほとんどのキットに見られる分割です。
 ただそこの隙間や段差の大小の程度が異なるくらいで処理必須箇所ですね。

8.ハセガワキットに9割方(それ以上?)みられ、
 ハセガワオリジナルともいえる脚カバーさえ収まらないような
 ”ど”が付くほど浅い脚庫(笑い)

さっさとこのキットを仕上げ、ハセガワ48「疾風」もやっつけないと。
艦船は・・・夏が終わっちまったなぁ(笑)
またオオカミ少年になってしまったか?

 
 
 
 
 

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ