フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の5件の記事

2013年8月24日 (土)

堀越二郎技師設計機体キット ②-1

堀越二郎技師設計機体キット ②

(①はフジミ 1/72 96式4号艦上戦闘機

最近涼しくなってきましたが、まだまだ暑いので塗装する気もおきず
塗装せずにパーツをちまちま弄っていました。
(艦船はパーツが細かいのが多く”気温が高すぎる”と”暑くてイライラ”しそう(笑)なので手つかず)

2111

・ハセガワ1/72 零戦21型

・ファインモールド1/72 烈風11型

今年の夏は例年になく模型製作が進みません。
毎日毎日暑いですね~。

2013年8月17日 (土)

江戸前寿司 七尾編

昨日8月16日、娘と女房殿と3人で(長男は県外在で所用により帰省せず)
お盆休みに入って初めて遠出をしました。

今回の第一目的は石川県七尾市幸寿し 本店さん

01 02 03
※画像は食べログから頂きました。
行った時も玄関の植物以外は張り紙も全く同じです。

私の地元も寿司はかなり美味しくて有名な地域なのに何故七尾までいかなきゃならないのか(笑)

と思われるでしょうけど、この幸寿しさんはまた別物

本格的な江戸前ずしを提供されます。

いわゆる新鮮な魚の.切り身をのせた”刺身寿司”ではなく”仕事がしてある寿司”です。

ネタは小ぶりでシャリも少ないのですが丁寧な仕事、ネタ、シャリ、仕事のバランスが絶妙です。

詳細は「食べログ」で。(クリックでページ開きます)

口コミとおりのお店でございました。
普段あまりこの口コミは信用しないのですが
今回書かれているコメントはほとんど共感出来ました。

もちろん良い評価ですよ。
(ちなみに石川県にも有名店や高評判店も幾多ありますが
ここは勝るとも劣らない・・・というか個人的には一番もしくは
同率一位ですかね~)

御主人の静かで丁寧な対応が心地よく、また腕は確かだと思います。

でも小さな店なので掲示写真のように飛び込みじゃよほど運がよくない限り入店できないと思います。

満足したところで金沢市にむけ出発。

金沢はいつものことなので詳細は書きませんが、女房殿と娘はショッピングに
私は自由行動(笑)

全行程の距離にしたら160kmくらいなのできつくはないです。

---------------------------------------------------------

キット購入は控えてはいるんですが押し入れ在庫に無かったFM社1/72「烈風11型」を仕入れてしまいました。
(1度作ったことがあるんですが完成品は数年前に完成キットを一斉処分した時に一緒に処分したと思われます。)

Fm72_2 01_3

8月17日AM10時の時点ですでにパーツはランナーより切り取りパーティングライン等処理済
増槽およびカウリング左右と主翼上下貼り合わせ接着ライン処理済

合いの良いキットならこの後コクピット塗装して胴体貼り合わせ
パカパカ組み上げられるんですが、
このキットはそう一筋縄ではいかないキットです。

「烈風」試製でも11型でもは1/48のほうが作りやすく出来も良いんですが、
合いの悪い1/72で苦労をお金を出して買ってしまいました(笑)

20013年8月16日机横 現状

Photo

疾風中断中武蔵未開封、その他詳細後日。

疾風は掟キットなのでこのまま中断にはできませんけど(笑)

※今年はなぜか夏休みに入ってからずっと過去記事の「ヤシの木の作り方」のアクセス数が極端に多い(驚)なぜ今年?

2013年8月12日 (月)

1/72 フジミ 96式4号艦上戦闘機

フジミ 1/72 96式4号艦上戦闘機

空母「蒼龍」戦闘機隊

1938年4月~7月

中支方面作戦

A5M Type 96 (Claude)
Carrier "SOURYU" fighter corps
From April, 1938 to July
China area strategy

一人「堀越二郎祭り」(仮題)まず1機、いきなりの完成です。

といっても2008年10月23日より中断放置していたものを完成させました。
 
      (↑クリックで戻ります)

5年間放置かよ!(爆)

少しだけ途中写真

09 日の丸塗装

11 Photo

96式4号艦戦は外板シルバーの上から防錆用にワニスを塗ったため
アルマイト色に見えたということで

アルマイト色~薬缶類似色
(薬缶といってもステンレスなどの銀色や銅色のものではない)

ベースに全面シルバーを塗装し、さてさてどうしようかと。

クリアーに極少量の黄褐色(カーキ)を混入し吹きつけました。
まぁエエ感じではないでしょうか。

画像じゃよくわかりませんが増槽と比べてみてください。
それでもあまりわかりませんけど。

でも全面アルマイト色ってなんとなくやぼったいですね。
ウソでも全面シルバーがカッコいいかなと思いました。

※スミ入れ、汚し まったく施していません。べた塗り仕上げです。

12

13 15 16 19

14

何かおかしいと思ってよく見ると”ピトー管”が左右逆じゃないか!

つぎは「700戦艦武蔵」にいくか「1/48 4式戦疾風」を再開するか、なにか「堀越二郎技師設計機体」にするか、内緒でつくっていた「陸物」にするか・・・
でも、暑い日が続いて模型製作モチベーションは低いです~。

2013年8月 8日 (木)

風立ちぬ(ジブリ映画)

どうも模型制作のモチベーションが低空飛行のままというか
着陸してしまい離陸できません(汗)

そんななか(どんななか?)
話題の「風立ちぬ」を観てきました。

Photo

観客は小さなお子さんからお年寄りまで幅広かったですが完全に大人向け内容ですね。

内容のネタばれなんてのも嫌なのでここでは書きませんがフィクション、ノンフィクションうまく合わさって面白かったです。
(良いも悪いもWebでもいろいろと感想は書かれていますが私個人としては素直に面白かったですね)

ただ楽しむため用のネタなんですが
スイッチやエンジン音はすべて人間の口から出た音を加工したもの(宮崎監督のこだわり)
またキスシーンはジブリ映画では初めてということ・・・

おっと、ここまで(笑)

模型のモチベーションアップにでも

こっそりと一人で「堀越二郎祭り」(仮題)でもやりますかね(笑)

堀越二郎技師が設計された機体の押し入れ在庫キット

Horikosi_3

200_ys11_2

・フジミ1/72 九六式2号艦戦  ・フジミ1/72 九六式4号艦戦

・ハセガワ1/72 零式艦戦21型 ・ハセガワ1/48 雷電21型

・ハセガワ1/144 YS-11

同型機キットはYS-11以外まだまだ在庫はあるんですがとりあえず1部抜粋(笑)

(烈風のキットのみ在庫にありませんでした。また試作機の「七試艦上戦闘機」キットは存在するのかどうかも知りません。レジンキットでありそうですね。
雑誌とコラボで「九試単座戦闘機」の1/72キットは近々出るようです。

追加

宮崎氏と半藤氏の対談を読む機会がありまして

劇中最後の頃に出てくる零戦は22型で暗緑色ではなくあえて明灰白色にしたそうです。

また大編隊もワザとそのようにしたとありました。

まぁいろいろと映画「風立ちぬ」製作&内容について裏話?が書いてあったんですが
ネタばれになってしまいますのでこの程度で。

2013年8月 4日 (日)

1/48 ハセガワ 四式戦闘機「疾風」 02

また間が空いてしまいましたが何もしていなかったわけではなく
以下の理由でモチベーション低下し別のものを弄っていました。
(別のものは戦艦「武蔵」ではありません。
あえて画像は晒しません(写真撮って無いし)。しいて書くなら陸物です。)

1/48 ハセガワ 四式戦闘機「疾風」

前回記事の後すぐに士の字にはなっていましたが

4_13

この後の作業で第2風防のゲートの切り離しミス

4_14a

ランナーから切り離し残ったゲートを処理する際、TVを見ながら作業していたら部分が欠けてしまい一気にモチベーション急降下・・・

プラ板小片で修正はしましたがやる気がそがれたことは確か。

あと第3風防の胴体部分の塗装が取説指示では”濃緑色”(部分)

4_15a

ここは機体塗装色と同じという事で
これを塗装しちゃうと”濃緑色”系の機体になってしまい
候補に挙げていた系の塗装ができなくなります。

改めて機体の色(所属部隊)を決めてから塗装し直すつもりです。
濃緑色系の機体にするならこのままです。
(これもやる気が失せる原因にほんのちょっと影響)

ハセガワ1/32「疾風」の取説ではこの部分は”機体色もしくは艶消し黒”の指示があるので
どの機体色にも対応できる艶消し黒でも良いんですけどね。
(なんとなく艶消し黒では塗装したくない気分)

モチベーションが低下中のため、どの機体塗装にするか決めかね思考停止中
ということで機体塗装が決まるまで作業中断

※皆さん、些細なことではありますが上記と同じようなことでモチベーション低下、製作中断、以降蜜柑山行きなんてよくありません?(笑)

1年後完成(笑)クリックで飛びます

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ