フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の7件の記事

2013年6月27日 (木)

第7回模型合宿お題キット 番外2

第7回模型合宿のお題 2機

スミ入れチッピング終えたところで止めていますが、
現地で48フィギュア塗装講座が開かれそうなので
もう少し弄っておかないと焦るかも(笑)

・タミヤ1/48 くろがね4起 完成しました。

4_01

4_02 4_03 4_04

車体は土草色ですが海軍仕様(錨マーク)です。

・海軍搭乗員は2体塗装

01

4_01_2

ちょっと汚くなってしまいました。

2体で約1時間半かかりましたが、右像程度なら30分でできると思います。

現地でこの速効誤魔化し塗装を実践してみます。

模型合宿前の記事更新はこれで最後だと思いますので、機体の完成は合宿の後で。

今後の記事アップ予定
1、模型合宿レポート
2、お題キット完成画像

2013年6月23日 (日)

第7回模型合宿お題キット 塗装の剥げ

とうとう模型合宿まで残り1週間を切りました。

第7回模型合宿のお題

「1/48以上スケールのラバウル航空隊(航空戦)」

ハセガワ1/48 零戦52型(極初期型)

☆ タミヤ1/48 F-4U-1Aコルセア

今回はベースシルバーの上塗り塗料剥がしではなく
書きこみにより塗料剥がれを再現するため

案外時間のかかるということで完全ではないですが書きこんでおきます

52

F4u1a

零戦52型は実戦配備間もない機体という事で控えめに
(実写真でもあまり塗装の剥げたのが見当たらず
むしろ塗装の剥がれがない状態のものがほとんどだったためそのイメージで)

F-4U-1Aはむしろ米軍機らしからぬ塗料剥がれのイメージがありやや多めに。
(それでも塗料剥がれ表現は少々控えめに。ただし汚しは派手にやる予定)

両機とも汚しを入れて、さらにバランスを見て塗料の剥がれを追加するかもしれません。
(これは合宿現地でやります)

------------------------------------------------

前回記事のフィギュアは塗装はしておりませんがこの後1~2体は塗装し、残りは現地でフィギュアも増えそうなので時間があれば(さらに酔っていなければ、笑)塗装します。

あと賑やかしにこれも持っていきます。(今日の午前中に時間があったので作りました)

くろがね四起(タミヤ1/48)

4_2

4_03

パーツも少なくパーティングラインなども目立たない、また合いも良いため
小一時間ほどでもう形になりました。

海軍仕様で塗装予定ですが、
・タミヤの取り説では
車体色は陸海軍ともカーキ

・ハセガワ48の取り説では
陸軍カーキ、海軍濃紺となっております。

多分カーキ色の海軍仕様になると思います。

※1/48MMコレクションのものではなく限定生産品のキットです。
(限定といっても、ほとんど一般流通品同じなんですが)

2013年6月21日 (金)

第7回模型合宿お題キット 番外

番外編

第7回模型合宿のお題 2機

スミ入れを終えたところで止めていますが、
剥げチョロは入れておき現地では煤や排煙痕を入れ
フイニッシング作業(チョ-キング再現やクリアーがけなど)
を行うだけにしようかと思っています。

合宿お題とはまったく関係ないですがフィギュアを弄っていました。

前回ちょっと書いたフィギュアのモールドをカッターの先でカリカリ削り(彫り)くっきりさせてみました。

01

左の米軍パイロットはハセガワのパイロットセット物ですがデッサン悪く顔がでかいなぁ(5頭身?笑)

右の日本海軍搭乗員はタミヤの48零戦(21、32、52丙型)付属のパイロット(のはず・・)

もう一体

人形師 竹一郎氏原型製作のものですが

坂井三郎氏をモデルにしているそうです。

02

全体のポーズは指の位置から左画像
頭部のみ右画像(右を跳ね上げている写真は他にもあり)かな?

この3体も持っていきます。

2013年6月19日 (水)

第7回模型合宿お題キット スミ入れ

こちらは今日はとんでもない降雨で全国ニュースでやたらに近隣市の映像が流れていました。

家の裏に流れている川もかなり増水し(流れはゆっくり)地面縁に結構ぎりぎりでした(過去形)

第7回模型合宿のお題

「1/48以上スケールのラバウル航空隊(航空戦)」

ハセガワ1/48 零戦52型(極初期型)

☆ タミヤ1/48 F-4U-1Aコルセア

前回記事とあまり変わり映えはありません

スミ入れしました。

52_26

F4u1a_26

なんとな~く変化あり?(笑)

このあと塗装の剥がれ汚しなどどこまでやって止めるか、このままで持っていくかちょっと迷っています。

マックさん素敵な背景を用意されましたので
今回の趣旨とはずれますが、この方々ももっていきますか・・・
米軍パイロット立像は在庫にあったかな?

Photo

2013年6月15日 (土)

第7回模型合宿お題キット 基本塗装

さてさて残り2週間、明日6月16日(日)は外出するため製作お休みです。

第7回模型合宿のお題

「1/48以上スケールのラバウル航空隊(航空戦)」

ハセガワ1/48 零戦52型(極初期型)

☆ タミヤ1/48 F-4U-1Aコルセア

基本塗装までもってきました。

・零戦52型

52_21

52_22_2 52_23

※左翼のピトー管が外側に開いて取りつけてあるように見えますが、写真のいたずらで実際はちゃんと前向きに付いています(後部からの写真参照)

※脚出確認棒は仕上げ時に取り付けます。

今回はパネルのトーンを変えず濃緑色べた塗りの上から退色表現のため明度を上げた濃緑色をムラの出るように吹きつけましたが、ちょっと明度差が弱かったようです。
写真でもほとんど分かりません。

仕上げ時になんとかします。

こちらは現時点で全て塗装です。

カウリングを付ける前にエンジンパイピング記念撮影(笑)

52_24

・F-4U-1A

F4u1a_23


F4u1a_24_2 F4u1a_25

こちらは下地塗装後パネルを残し明度を上げた同系列色でグラデーションを付けました。

ただワザとらしくならないよう同系色で控えめにしてあります。

部隊マークと機首上面のシーリングテープ以外は塗装です。
シーリングテープは実際テープの貼りつけなのでワザとデカールにしました。

※両機体ともこの後スミ入れ、塗装の剥げ(チッピング)、油漏れや汚れ、煤等のデコレーションを付けていきます。

2013年6月10日 (月)

郡上八幡城

6月9日(日)天気もそんなにいいとは言えなかったのですが

フッと出かけたくなり日帰りで女房殿を連れて岐阜県の小京都・郡上八幡にいってきました。

北陸東海高速道で約2時間半、途中の「ひるがの高原SA」に隣接する牧歌の里にちょっと立ち寄り
クックラひるがので好物の乳製品やソーセージなど買いこみましたので
後の郡上八幡散策には機嫌良く同行してくれました(笑)

写真はあまり撮っていないのですが

今回メインの郡上八幡城 です。

01

05 03 04

02 06

あの有名な”山之内一豊の女房殿の出身がここ郡上八幡だそうな。

-------------------------------------------------

日曜日は中距離?ドライブと散策で疲れたので
第7回模型合宿のお題キットはほとんど弄っていません。

土曜日までの進行状況です。(もう少し進むはずだったんですが…。)

Photo

とりあえず零戦の垂直尾翼機番号(機番号がまだ未決定のため)以外は塗装にしようと思いマスキングしています(まだマスキング作業途中)

2013年6月 4日 (火)

第7回模型合宿お題キット 十の字

先月末の25日(土)より仕事や私用、色々と忙しくブログ更新やキット製作、ネット徘徊も滞っていました。

なんとか落ち着いてきました。

既に6月も前半にかかり第7回模型合宿のお題キットの進行も不安が出るような進み具合

(土・日2回つぶれたのが痛いですね~)

「1/48以上スケールのラバウル航空隊(航空戦)」

ハセガワ1/48 零戦52型(極初期型)

☆ タミヤ1/48 F-4U-1Aコルセア

「こりゃやばい」と一気に進めます。

両機とも”十の字サフがけ”まで進めました。
(普通は航空機の場合”士の字”ですが私の場合御存じのように塗装の工程上いつも”十の字”です)

Photo

なんて写真1枚で許されませんわね~(笑)

・F-4U-1A

F4u1a_15a

1.主翼は折りたたみ再現を前提にしているせいか、展開状態にするには補強パーツを用意してはありますが、接着部分が薄くさらなる補強を内側に入れないと接着後もちょっとした力で剥がれ(割れ)ます。

またタミヤパーツのシャープさ故、少しのズレも目立つのできっちりと接着処理しなければなりません。

2.工作のまずさか単純に付けると隙間が空くので圧接密着させなければなりませんが、場所が場所だけにちょっと苦労しました。

3.胴体と主翼の接着ラインは、本来無いラインなので完全に消し去らなければなりません。

4.同じく完全に消し去らなければならないラインです。

コックピットとサフかけ前の状態

F4u1a_20 F4u1a_21

あ、方向舵のタブ操作桿の置換をするつもりだったのに忘れている・・。

・零戦52型

52_14a

5.製作ミスでかなり隙間が空いてしまいました。プラ小片を挟み接着し、パテで埋めて均します。

6.ココも隙間と段差ができたのでパテ修正。ただし実機にも存在するパネルラインなので修正後モールドを復活させます。

7.ココは実機には無いラインなので消します。(ラインのみならず段差(ズレ)が生じたのでパテ修正)

コックピットとサフかけ前の状態

52_18 52_19

さてさてこの後いよいよ塗装です。

-----------------------------------------

今年は段ボール2箱と入りきらなかった1/35パンターA

+おみやげのお夜食(先着12名様、笑)

2013

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ