« 我が家のオネイちゃん達 | トップページ | タミヤ1/35 SdKfz232(8rad) 工作 »

2013年2月 3日 (日)

タミヤ1/35 SdKfz232(8rad) 開始

製作中の航空機キットの塗装をする気分にならず、かといってモチベーションが低いわけでもなく

ちょっと気分転換”素組み”AFVでも作ろうかと手を付けました。

一定年齢以上のMM世代にはタミヤ3種”8”あこがれのキット※1です。

もっとも私は戦車小僧ではなかったのであまり思い入れはないですが。

タミヤ1/35 Sdkfz.232(8Rad)

T35_sdkfz2328rad

Webで製作記なんて見るといろいろとDUPポイントがあるようですね。

・車体の溶接再現とか車体シャーシ前面下部の”く”の字型再現の”|”修正etc.

”素組み”でいくつもりなので上記を含めDUPは砲身開口等ほんの一部と最低限の不具合部分修正のみでほとんどやりません。

Sdkfz2328rad_01a_4

Sdkfz2328rad_02 Sdkfz2328rad_03 Sdkfz2328rad_04

さすがタミヤ、古い故(1974)の多少の合いの悪さはありますがあっという間に形になります。

もちろん(笑)どのジャンルでもやりますが「小物の加工」は終えています。

Sdkfz2328rad_05

2cm砲身の先端を開口し警笛も開口しました。
機銃は単なる棒だったのでジャンクのMG機銃より銃身だけ切り取り使用。

ここを弄ると他にあちこち弄らなくてもアイキャッチになり結構DUPしたように見える?(笑)

Sdkfz2328rad_06

車体側面のハッチはそのままだと真ん中に隙間が空きみっともないのでプラ板を挟み込みました。

前後フェンダー間の脚掛けはもう少し薄くしたかったんですが中途半端なところで止めています(根性無し)

これで塗装に移行すればいいんですが、ここで問題が。

”車体シャーシ前面下部の”く”の字型再現”

修正しないので”前部装甲板”を付けて隠したい。

このキット、車体は初期型再現なんだそうですね。

装甲板を付けている前期型の写真って資料を持っていない私はひと苦労

・よく見る有名なバルカン戦域の写真車両

Sdkfz2328rad_balkans_a

どうも後期型らしいです。

戦車素人のわたしにも分かりやすいところで
キットの砲塔(No.1)と実車の(No.3)のクラッペが違います。

アフリカ戦域のこれなら大丈夫?(No.2)

Sdkfz2328rad_01a_6 

マーキングが綺麗にわかる写真

Sdkfz2328rad_11a

ただこの写真、素人の私が唯一判別できる砲塔がカバーで隠されています。

しかもノテックライト(No.4)が左フェンダー前部にあります(キットは前部装甲板上)

こういうので悩んで手が止まると蜜柑山行きになっちゃうので適当に進めます。

(箱絵の車両にすれば一番楽だ!今頃気づくな。笑)

※1 ・88mm砲(No.17) ・8tハーフトラック(旧No.33) ・8輪装甲車(No.36)

|

« 我が家のオネイちゃん達 | トップページ | タミヤ1/35 SdKfz232(8rad) 工作 »

AFV模型 (LAND)2013」カテゴリの記事

コメント

AFVっていろいろな物があるんですね。
戦う車ってみんなキャタピラが付いている物だと
思っていました(汗)

こういう車両って独逸軍だからこそなんでしょうか?

投稿: ハヤテ | 2013年2月 3日 (日) 13時06分

●ハヤテ殿
走輪装甲車は各国あります。
トラックに装甲を施し砲塔を付けたら出来ますので安上がり兵器です。
そこから専用装甲車に発展し、さらに不整地走行など付加して無限軌道(キャタピラ)へと進化したんじゃなかったでしょうか。

まぁ、陸物があまり詳しくない私が書くので信憑性は薄いですが(笑)

投稿: シミヤン | 2013年2月 3日 (日) 22時53分

6輪では飽き足らず8輪にするところがドイツ的魔改造デザインですね。
装輪装甲車ってお国柄が一番発揮されるような気がします。
ドイツはとにかくオーバースペック(笑)

投稿: シロイルカ | 2013年2月 4日 (月) 22時53分

>装甲車…
おおっぴらに戦車開発が出来なかったこと、市販車のシャーシ流用で開発できたこと、西欧なら道路が整備されていて装輪車で必要十分だったのが相俟って装甲車を発達させたようです。

>キット…
232のアフリカタイプは金属砲身のついたゴージャス版。
KWK38を主砲(フラッシュハイダーがラッパ状の奴)にし、星形アンテナ装備の後期型改造キットが欲しかったりします。

MM少年にはあこがれのキットでしたよ(笑)。

投稿: XJunで〜す | 2013年2月 5日 (火) 04時39分

●シロイルカ殿
6輪と8輪が同じSdkfzナンバーなのはドイツらしくないですね。
ドイツならきっちりと分けそうなもんですが(笑)

それにしても8輪というのは性能を追求した結果なんでしょうか。
簡単にできるはずのものがより複雑にして工程煩雑・高価格になるのは
逆にドイツらしい?(笑)

投稿: シミヤン | 2013年2月 5日 (火) 21時36分

●XJunで〜す殿
日本は安価なのはともかく道理事情を考えると発達しなかったのもしかり?
戦車も歩兵支援では一流でも対戦車戦闘ではだめですからねぇ。

アフリカ版の新キット、金属砲身はともかくエッチングも付いているようですが
フックやライトガードよりも一番ほしいところの排気管カバーがないのは片手落ち?


いま気がつきましたがエライ早朝書きこみですね(驚)

投稿: シミヤン | 2013年2月 5日 (火) 21時56分

こんばんは、
陸ものに手を出したいのですが、AFV素人の小生
履帯は難しそうで走輪物は興味ありますね。
(実車の写真、初めて見る物ばっかり、、)

実は塗装の手順すら想像できない状況ですので
ポイントをブログで解説いただけるとありがたい
ですね。。汗(^^ゞ

投稿: イッコー | 2013年2月 5日 (火) 22時44分

安心 安定の☆★MM! 
    ↑ 雨で顕になったる地雷のごとし!w。
三枚目の写真が「ニャッキ!」に見えるw。

投稿: apuro | 2013年2月 6日 (水) 17時30分

●イッコー殿
塗装に関しては私の場合飛行機模型とほとんど同じです。

パネルラインと平面の塗装濃淡は航空機より強くしてみたり
スミ入れも少し濃いめにして拭き取るときにわざと残し気味
(飛行機なら拭き取不足のような感じ)にしたり
仕上げはツヤありや半ツヤは使わず艶消しオンリーだったり

機銃排煙や排気煙汚れの応用で錆だれ・雨だれ表現や
塗料剥げ表現をチッピングと名前を変えて同じことをやってみたり
程度の差こそあれ同じですよ。

投稿: シミヤン | 2013年2月 6日 (水) 21時41分

●apuro殿
☆★MMは古くとも作りやすいですね。
もっとも私はMM2桁No.が好きなので完成ラインナップを見ても
2桁台が半分以上?(笑)

投稿: シミヤン | 2013年2月 6日 (水) 21時45分

>機銃…
余計なお世話なんですが、変わった時期が定かじゃないんですが、ドイツ装甲車両の7.92mm機銃は一般のものと違って、スリーブ(銃身の外側)に穴ではなく、スリットが入っているだけのものになっているので、ただの棒のようでもあながち間違いじゃなかったりするんです。(銃口の穴あけはいりますが)。でも初期型232ならまだ普通のタイプかな?

>kfz番号
戦車を含む特殊車輌は割ときっちりした命名規則なんですが、ソフトスキン車輌は車体ではなく、用途でkfz番号をふっています。なので、kfz70 でクルップ6輪トラックもホルヒ1aもあるんです。
米軍の4輪小型トラックでバンタム社製とウィリス社製があったようなものです。

投稿: XJunで〜す | 2013年2月 6日 (水) 21時59分

気分転換にAFVをチョイス出来るのは、いいですね  
それでもそこそこ手を入れたくなるものでしょう
私もいま 気合が下がっているので ふて本読みをしています
面白くてやめられません。

投稿: あきみず | 2013年2月 7日 (木) 20時26分

●XJunで〜す殿
なるほどなるほど、穴あきではないタイプもあるのですね。
ただ、今回は前面に装甲板を付けるタイプを作るつもりなので
初期型といっても後期型と重複しているようなもので
手持ちの確認できる写真を見る限り穴あきタイプのものが装備されているように見えるものばかりです。

車両識別番号は同じなんですか~.
製造所が違うならせめて1文字付けるとか変えるとかすればいいんですが
(アベンジャー雷撃機なら同じ形でもTBF/TBMの区別があるように)
規定好きなドイツらしくないですね。

投稿: シミヤン | 2013年2月 8日 (金) 02時09分

●あきみず殿
AFVは作るにしても戦車小僧ではないので
知識も少ない故DUPをやろうにも出来ず、
写真で明らかに目立ったり製作作例を見て出来る範囲でやることはありますが
それほどDUPにこだわることなく素組みでも平気なので
息抜きとなるわけです。

ただ、作るという行為のモチベーションが低下していれば
AFVといえども作るという事はしませんが
何か弄りたいけど飛行機をつくるモチベーションが低下したときに
ちょうどいい材料です。
(艦船系は細かすぎて息抜きになりませんしカーモデルやアニメ系は
ほとんど作らないので)

私も本は好きです。
純文学と専門教養書以外は読みますね~。

投稿: シミヤン | 2013年2月 8日 (金) 02時17分

こんにちは。
装甲板無しの初期型を何も修正しないで完成させています。
ホントの素組となっております(汗)

投稿: hajime | 2013年2月 8日 (金) 18時15分

AFVの知識はほとんどありませぬが、やっとジオン公国のわっぱ偵察機の形状のヒントの一つってのがこれだ!と直感しました。

なんか嬉しいですw・・

投稿: SAIUN | 2013年2月 8日 (金) 22時11分

●hajime殿
修正するつもりはなかったんですが
皆さんどんなふうに作っておられるか
なにか製作時に注意点があるかどうか見てみようと思い
検索をかけたところ
色々とヒットしました。
(もちろんhajime殿のところも♪)

基本形を弄らずにそれとなく弄ってあるように見せ
なおかつ修正点を弄らず隠すという事で
砲身先端を開口し前面装甲板付きとなりました(笑)

投稿: シミヤン | 2013年2月10日 (日) 12時17分

●SAIUN殿
私もAFVの知識は乏しく
今回の陸物も製作時にいろいろ作例を見て回ることによって
修正点やDUP部分を探し
それらを自分なりに実写真と見比べて
出来るものはやるけど出来ないもの、面倒なものはやらない
というようにしています。

この作業が作る作業よりも楽しんでいるかもしれません。
だから形になると満足して中断してしまう?

投稿: シミヤン | 2013年2月10日 (日) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我が家のオネイちゃん達 | トップページ | タミヤ1/35 SdKfz232(8rad) 工作 »