« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の7件の記事

2012年12月29日 (土)

1/48 スピットファイアF.24 ⑥

本日仕事納め&職場の大掃除でした。

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

10月24日より他キットに浮気しつつモチベーションも低下のため
ずいぶんと放置してしまいました。

ここにきて目標の年内完成のためあせって始めましたが全てを塗装では断念し、一部塗装残りデカールということにします。

F24_31

ここではオネイちゃんにも手伝ってもらって主なマークの塗装とマスキング。

マークの中の赤丸はサークルカッターで書ける円より小さかったので
わざわざマスキングテープを切り抜くのも面倒なのでデカールで済まそうと思います

F24_34

A「全て塗装じゃなくてデカールも使うんですって。」

B「最初はすべて塗装でって張り切っていたのにね。」

C「そこがこの人の軟弱なところ。いつものことじゃない。」

A「黒を先に塗装しちゃったけど色の明るいところは大丈夫なのかしら?」

B「なんとかなると言っていたわよ。」

C「またいい加減なこと言ってあとで泣きみるんだから。」

A「あちこち浮気していたけど戻ってきただけいいんじゃない?」

B「まだ油断できないわよ。完成するまではね。」

C「じっくり見届けてあげようじゃないの。」

と言っているのかどうか分かりませんが(笑)

| | コメント (18)

2012年12月22日 (土)

1/72 IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ

ハセガワ1/72 IV号対空戦車ヴィルベルヴィント Sd.Kfz.161/4

Hasegawa1/72 Flakpanzer IV Wirbelwind Sd.Kfz.161/4

即興でカモフラージュ樹木を取り付けてみましたが大失敗の巻

木工ボンドを使用したため接着剤乾燥後に葉の部分のフワッと感がなくなり
ベタッとして貧弱になってしまいました。

しかも枯葉状になってしまっています。

これは次回(あるのか?)の研究の余地ありです。

01

02 03 04 05 06 07 08 09

16

肉眼で見ると結構いいんだけどな~!拡大するとダメですね(苦笑

| | コメント (20)

2012年12月20日 (木)

1/72 IV号対空戦車ヴィルベルヴィント 車体完成

ハセガワ1/72 IV号対空戦車ヴィルベルヴィント Sd.Kfz.161/4

Hasegawa1/72 Flakpanzer IV Wirbelwind Sd.Kfz.161/4

車体完成です。

01

02 03 04 05 06 07 08

ちょっとドライブラシが効きすぎのところもありますが、車体完成とします。

20㎜機関砲砲身もやっぱりほんの少し太すぎたようです。
(それでもキットのものよりずいぶん細いんですが)

フラッシュハイダー部分が1mmパイプで砲身部が0.8mm金属線くらいが丁度いいかもしれません(今回はそれぞれ1.2mmと1mm)

足回りもなんとなく面倒になりササッと適当に汚しただけ。

※砲塔左側の車体番号デカールで03の上縁ラインが消えずに浮き出てしまった!
くそ~!!と書いてみる(笑)

※何故わざわざ”車体完成”としたのかと言いますと

ふと思いついてカモフラージュ用樹木をつけようと急遽作り始めた為です。

19

ただこれを付けるかどうかは仮置きしバランスを見てからですね。

おかしかったら付けません。

・イメージ画像・

03_2

| | コメント (8)

2012年12月17日 (月)

1/72 IV号対空戦車ヴィルベルヴィント 02

ハセガワ1/72 IV号対空戦車ヴィルベルヴィント Sd.Kfz.161/4

Hasegawa1/72 Flakpanzer IV Wirbelwind Sd.Kfz.161/4

基本塗装を終えました。

14

サーフェイサ―も吹かず、よく見られるような下地にレッドブラウン系のベースも塗装せず
いきなりダークイエローを塗装し、その上からやや明度を上げたダークイエローを凸部を残すように吹き付け。

う~ん、そのせいかちょっと重量感が出ていません。

・車体/砲塔

011a

砲塔上縁は薄々攻撃で薄くしてあります。

この後の緑茶迷彩を薄めにするか濃い目にするか、はたまたくっきり形にするか悩み中。

・20㎜4連装機関砲

010a

可動にしようとした照準器は結局固定としました。
1.2.3が追加箇所です。

照準環は航空機器防御機銃用のエッチング照準環

機関砲身は1.2mmの金属パイプを片方を熱して柔らかくしてから広げ
1.0mm金属パイプ(金属線が手持ち在庫切れ)に差し込んでみました。

実際のスケールに合わせるともう少し細いかもしれません。

・キャタピラ

0

ハセガワ製オリジナルキャタピラの悲惨さがおわかりかと(笑)

せっかく足回りが改修でよくなったのにキャタピラがこれじゃ改修の意味がない?

--------------------------------------------

今後の記事アップ予定は

1.ヴィルベルヴィント の完成

2.12月末〆切祭り参加の 48スピットファイアMk.24 の完成

3.フジミ72 F86F とりかかり

この順番で記事アップ予定です。

| | コメント (12)

2012年12月11日 (火)

1/72 IV号対空戦車ヴィルべルヴィント 01

ハセガワ1/72 IV号対空戦車ヴィルベルヴィント Sd.Kfz.161/4

Hasegawa1/72 Flakpanzer IV Wirbelwind Sd.Kfz.161/4

前記事であまりDUPしないと書きましたが、弄っていたら面白くなってついついやってしまいました。

いくらでも弄りたいのですがきりが無くなるのでこのくらいにしておきましょう(笑)
(祭りエントリーのスピットファイアMk.24が中断手つかずで気になるので)

05_a 06_a

1.車体つり下げフック追加(プラ板+伸ばしランナー)

2.クラッペ上下のボルトを4か所追加(伸ばしランナー)

3.車体右側面パーツのスコップを削り落し不自然な接着ラインを消しプラ板で取り付け部を再現(後にスコップ取り付け予定)

07_a 08_a_2

4.ライトコード追加(伸ばしランナー)

5.泥除けフェンダー内側のスプリング再現(伸ばしランナー)

6.牽引用ホールドにピンバイスで穴を開けストッパーを銅線で再現

7.省略された履帯ラック再現(プラ板)
※車体前部の点検ハッチの上にも予備履帯用ラックがあるのですが再現はどうしようかな。

8.板かまぼこ状のモールドを切り取り把手再現(後部は追加:銅線)

9.あるかないかわからないようなタグロープ掛けモールドを削り取り、デフォルメですがプラ板と銅線で再現。位置も変更(左側のもの)

10.ここに把持を付ける予定

10a.後部フェンダーにも切りかけを入れ伸ばしランナーでスプリングもどきを再現

09_a

11.機関砲弾薬ケースを交換

12.一体成型の照準器は機関砲上下とリンクするので切り離し機関砲の位置に合わせ取り付け予定
(可動にするかどうか思案中)
照準環は透明プラ板に書き込むか、どこかに航空機搭載防御機銃用エッチングのものがあったか…

13.シートに3か所孔を突き抜けないようモールド(照準手×1、弾薬補給手×2)

14.砲身は太すぎるので交換予定。
フラッシュハイダーを何でつくろうか悩み中)

--------------------------------------------

●『自衛隊さんありがとう』
有志による空自機大製作大会。

自衛隊機祭り 水面下で進行中

Jsdf

※バナーは過去に作ったもので正式なものではありません。(参考)

--------------------------------------------

| | コメント (10)

2012年12月 9日 (日)

大雪警報

昨日12月8日午後辺りより降り出した雪

12月9日午前の時点ではうっすらと道路が白くなっている程度だったんですが
午後より降り続き、夕方時点で下記の画像(積雪10cm程度か)になり

20121209

日付が変わる直前の午後11時55分現在

目視で積雪20~30cmとなっています。
明日の出勤が憂鬱です。

---------------------------------------------------

さてさて、気を取り直して

ちょっと頼まれましてハセガワ1/72 ヴィルベルビント(20㎜4連装対空戦車)を始めました。

01 04

2時間ほどで車体の箱組みは終えました。

ミニスケール戦車もものすごい久しぶりなのでDUPも簡単にしてサッと仕上げたいと思います。
(祭りエントリー中のスピットファイアMk.24が気になりますが・・・。)

----------------------------------------------------

お付き合いいただいている皆様のブログ各地で空自機製作の確率がものすごく高いような気がします。

これは祭りと判断いたしまして

前回の記事内容を思いっきり無視しましてこいつ↓で参戦(断言)

F86f

フジミ1/72 F86Fセイバー

なぜこの機体かというと、在庫の中の空自機で最もパーツ数が少ないから(笑)

スピットファイアMk.24をさっさと仕上げ、ヴィルベルビントもある程度進んだらF86Fを始めます。

※やると断言してしまったのでやりまっせ。

| | コメント (10)

2012年12月 6日 (木)

コンバット(カラーバージョン)

御無沙汰してしまいました。

連日仕事を終え帰宅し夕食・風呂と終えたら眠くてしょうがなくなり早めの就寝。

さらに記事アップの数日後 ↓ を手に入れてしまいまして多いと言えない起きている時間はこれを観て過ごしていました。

コンバット・イン・カラー

Photo

豪華12本セットですが、極端に高価なものではありません。

最近模型キットも在庫量を考え新たに購入していないので贅沢もいいかなぁと(笑)

比較するなら

1/72ならハセガワ4発爆撃機(B-24やランカスターあたり)

1/35ならドラゴンの最近のキットかタミヤの新キット戦車
(場合によってはドラゴン新作よりは安いかも)

1/700ならフジミのキット+純正エッチングでお釣りくるくらい
1/350なら駆逐艦+α

上下ありますがだいたい同じ値段くらい。

今日は観ていませんが、さっきまで寝ていました(笑)

今は午前1時00分、これを書いたらまた寝ます。
あ、ブログ訪問おろそかになっているなぁ(謝)

・コンペ用のスピットファイアも再開しないと

F24_31

マスキングシート作り用にデカールの蛇の目の寸法を測りメモしましたが、その程度の作業しかしていません。

・前回記事のドイツ機つながりでこちらもやりたいと思っていますが、思うだけかも。

072horz

左は未開封、右はアイリスのパーツを組み込むため切りくり抜きしていますが72ゆえ面倒になりそこでストップ(切り取っただけなのでブログアップしていません)

・今年は艦船が完成品なし(このまま年を越すか・・・)

006horz

睦月は艦名から1月完成が良いかな。(中断中で再開せねばと思いつつ今のところものすごくモチベーションは低いです)

讃岐丸はあんまりごちゃごちゃとアフターパーツ(特にエッチング)使用するようなキットは面倒だからあまりアフターパーツやDUPの必要ない艦種と少し手を付けましたが、それ以前に商船故ちょっと組むのが面倒なことに気がつきました。
(これは製作するようになったら記事に書くと思います。書けるようになるかな?)

・模型合宿ビンゴキット(宿題は終えたので任意製作キット)もキャタピラ切り取り組立て面倒と中断

13506_3g 

他にもAFV系の中断キットは4~5両残っているんですが、とりあえずモチベーションの比較的高いものはこれと・・

コンバットの影響で

13504

M41ウォーカーブルドック、旧ドイツ軍マークにはしませんが現用ドイツ陸軍のマークは入っていたかも。

ネタ的にズラズラと挙げてみましたが、なによりも12月末〆切コンペエントリーのスピットファイア優先ですね。

| | コメント (6)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »