« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の9件の記事

2012年10月27日 (土)

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ②

タミヤ1/48 スーパーマリーン スピットファイア Mk.Ⅰ

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ

コックピットを弄りましたがほとんどコックピットの資料を持っていなかったため
小さな2枚写真から雰囲気重視でっちあげ

・床材

Mk001

冷却器フラップ操作レバーを伸ばしランナーで再現したのみ。

・コックピット左側面

Mk002

乗降ドアは”開”状態にするため切り取り。

・コックピット右側面

Mk003

コックピット左右側面とも省略された機器類追加と延ばしランナーでパイピング

パイピングは金属線でやろうかとも思いましたが、接着の手間を考えて延ばしランナー使用。

酸素マスク・ホースを金属スプリングに銅線を入れて曲げ加工しやすくしたもので再現。

計器板より前と座席より後方の胴体内部はほぼ見えないのでなにも追加工作無し。

展示会まであと15(県外行き製作不可能日4日間と納入当日1日を除く)

| | コメント (12)

2012年10月25日 (木)

タミヤ1/48 スピットファイアMk.Ⅰ①

タイトルを見て「あれ!?」と思われたでしょうか。

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

前回記事の通りサフかけし塗装開始状態なんですが、主マーキングを塗装でおこなおうと目論んでいるためごちゃごちゃと面倒なマスキングをしなければなりません。

しかし、ここにきて”富山サンダーバーズ”さんから11月17・18日(土日)展示会に例年のようにゲスト出品のお伺いがありまして
「よっしゃ~!」ということで急遽プチ航空機ディオラマをやろうということになりました。

すぴっと祭り のエントリー時に迷っていた

T48_s_mked_pirot をやってみます。

イメージはこちら(映画のスクランブルシーンです)
ただエデュアルドのフィギュアはおデブなのでイメージとかけ離れるかも(笑)

Photo

残り日数もあまりないのでこちらを優先して製作しますが、Mk.24も接着硬化待ちの時間などにちまちまと進めていきます。

・箱絵

タミヤ1/48 スーパーマリーン スピットファイア Mk.Ⅰ

TAMIYA1/48 SUPERMARINE SPITFIRE Mk.Ⅰ

T48_mk

・現状

Mk01

いつものようにパーツを切り離しランナーは捨てました。

左右等分かりにくいパーツはNo.タグを付けたままです。

コックピットを開放するので少し内部を弄るかも?

※連休含む11月1~4日に前回と別用でまた新潟市に行くので
  全く弄ることができないのがちょっときついですが。

※今年の”富山サンダーバーズ”さんの展示会には例年にも増して県外の模型クラブの協賛参加が増えるそうです。
17日(土)は仕事の関係上、会場にはいませんが同夜の懇親会に顔を出し
18日(日)は1日会場にいますので
お声をかけていただければ嬉しいです。

※これはすぴっと祭り にエントリーしてもいいもんだろうかとちょっと悩むところ。

| | コメント (1)

2012年10月24日 (水)

1/48 スピットファイアF.24 ⑤

ペースダウンですがやっと全体にサフかけし傷等チェックしました。

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

F24_27

主なマーキングは塗装にしようと一部ホワイト塗装してありますが

さてここで困ったことにモチベーションが下がるような箇所が・・・

F24_012

主脚に銅線でブレーキパイプを取り付け、オレオ部分に軽目穴を開けました。

排気管は金属パイプにしようかと思いましたが既存のプラパーツに穴をあけただけにしました。(手抜き)

キャノピーが合わなかったので胴体と擦り合わせをしたまではよかったんですが、パーツの縁が凸凹なのを見逃していました。
(透明パーツって見難いんですよね~。と、言い訳)

このキャノピーがモチベーション低下の元凶です。

--------------------------------------------------

2009年10月より3年間放置タミヤ・ハセガワ1/48 スピットファイアMk.Ⅴもこの際やっつけようと引っ張り出してきました。

20121024_2

前回記事より進んで塗装してありますが、いつ塗装したか憶えておりません(笑)
基本塗装のべた塗りのみで後はスミ入れや汚しを入れるだけになっています。
※昨年2011年8月11日にVb Trop迷彩を施していました。

こんなところで製作中断し変なヤツとお思いでしょうが、3年前にココでやる気が失せたのは確か。

1/35 M4A3シャーマンもレジン製パーツの離型剤洗浄し塗装、乗せるだけの段階で中断中ですわ。

| | コメント (4)

2012年10月19日 (金)

1/48 RAF FIGHTER CREW 1940

今回は

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

製作をちょっとお休みして

エデュアルド 1/48 RAF FIGHTER CREW 1940
(eduard)

Raf_fighter_crew_1940_00

息抜きにちょっといじってみました。

このメーカー、機械物キットの出来は良いんですが、フィギュアはダメですね。

デッサンが悪いというか、バランスが悪いというか…

以前作ったドイツ軍パイロット、足だけ少し短くしましたが細すぎますね。

24

今回の英軍パイロット・・・おデブです(笑)※1
サイズも1/48じゃなく1/42くらいに感じます。

パイロット4人衆

Raf_fighter_crew_1940_01 Raf_fighter_crew_1940_02 Raf_fighter_crew_1940_03 Raf_fighter_crew_1940_04

グランドクルー2人

Raf_fighter_crew_1940_05 Raf_fighter_crew_1940_06

少なくとも3体は箱絵のポーズと全然違うし!

このメーカーのフィギュアを使った作品をあまり見ないのが納得できたような気がする・・・・(笑)

※1:正面から見るとスマートなんですが横から見ると全員おデブで顔が小さく腕だけが細い。
というか、顔と手は1/48で胴体と脚は1/44(横から見ると1/42。笑)

※いままで1/48で出来がいいと思ったフィギュアは(手に入れやすいプラ製限定。また限定品除く)
ICMですね。タミヤもいいんですがポーズが固く整い過ぎ。

ハセガワはピンキリあり総合としてはあまり良くない、ファインモールドは日本人体形で小さく種類もない。
モデルカステンは地方での流通がほとんどない。

と個人的感想を書いてみる。

またまたコメントの入れにくい記事で申しわけありませんm(_ _)m

| | コメント (12)

2012年10月17日 (水)

1/48 スピットファイアF.24 ④

胴体に主翼を取り付け”十の字”にしました。

いつものことですが私の製作方法
塗装やデカール貼りorマスキング手順の関係上
塗装前は水平尾翼は付けず”士の字”にはめったにしません。

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

F24_21

まだガチガチに押さえている最中です。

※最中:餡子が入っていないモナカ状態なんですが「もなか」と呼ばず「さいちゅう」と呼んでください。
”オヤジギャグ”をかましておく。

F24_010

・胴体側と主翼上下パーツをを貼りつけたものの厚みが主翼側がやや膨らみが大きく厚く見え段差ができるので主翼をクリップで押さえて強引につぶす。

・主翼前部以外は翼端をセロハンテープで引っ張るように固定するとバチピタです。

F24_011

逆に
主翼胴体後部の接着部分は何故か左側のみが主翼側が微妙に沈み込みほんの少し段差ができます。

ここは主翼側に繊細なモールドがあるためパテ盛り整形せず接着剤硬化後に胴体側を少し削ってつじつま合わせします。

・右側の画像でも分かるように左側のほんの少しの部分だけです。

え!?胴体ラインがおかしくならないかって?
モールドを生かし、ラインは目をつぶります。
細かなラインどりなんて気にしないので。

ご要望のあった?(なかったかな?)計器板アップです。
計器自体は組みこんでしまって別撮り不能です。

F24_26_2

ローラ風に「結構いい感じ~

あ、ココ読んだら両手を頬に当て右斜め上を見ながら頬を膨らませてくださいね~(笑)

※そうそう、新しいデジカメの接写機能可能でした。
添付の取説には書いてなくパソコンでのDL取説に書いてあるんだものなぁ・・・。
もっとも取説ではなくいろいろと弄っていたら分かったんですが(笑)

| | コメント (2)

2012年10月15日 (月)

1/48 スピットファイアF.24 ③

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

少しずつ進めていきます。

偵察用カメラ窓

F24_006

1.機体胴体下面の写真偵察窓(F.24のみF.22にはありません)のクリアーパーツ中心にヒケがあります。

2.幸いパーツに厚みがありヒケの深さも厚みの1/2程度なのでガシガシ削ります。

3.研磨

F24_007

4.(周囲にモールドもないので)パーツを内側から付けずにワザと外側から付けます。

 パーツが平らなので内側から付けても胴体の局面に合わないし(笑)

5.胴体の曲面に合わせ削ります。

6.研磨。

綺麗になりました♪
やや曇っていますが内側未清掃のため

今回に限らず分厚い透明パーツや合わない透明パーツ等にもよく応用します。

・燃料注入口

F24_008

7.機首前部上面の燃料注入口蓋がやや深めで中心部に接着線がある。

 似たようなものでよく「プラ板を丸く切り取り付け」なんて作例を見ますが
プラ板を丸く切り取るなんて面倒です。

8.穴を貫通させちゃいます。

9.延ばしランナーを突っ込んで上縁を鉛筆等でマーキング。

10.マーキングのやや下で切り取り穴に押し込んで接着。

簡単でしょ♪

逆に○モールドだけという場合にも応用すると効果的です。

| | コメント (8)

2012年10月14日 (日)

1/48 スピットファイアF.24 ②

先週の新潟市より帰還後気が抜けましてネットも見ずキットも弄らず日時ばかりが過ぎてしまいました。

やっと少しキットを弄る気力も出ましたので再開です。

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

再開したといっても胴体を貼り合わせただけの「鰹節」なんですがね(笑)

F24_005

機首グリフォンエンジン用の覆いパーツの接着であまりの隙間にパテで修正
形状も気に入らないのですがそのまま。

垂直尾翼はシーファイアのキットとの関係か2分割されており
しかも合いもいまいち。
(でも海外キットにしてはいい方の部類?)

F24_006

コックピットパーツの接着もやや不安定ということで
位置決め接着後にプラ小片で補強

パーツの合いの関係でサクサクと組みあがるとはいかないと思いますが
さっさと仕上げたいですね。

| | コメント (4)

2012年10月 6日 (土)

1/48 スピットファイアF.24 ①

すぴっと祭り エントリーキット

エアフィックス1/48 スーパーマリーン スピットファイア F.22/24

AIRFAX1/48 SUPERMARINE SPITFIRE F22/24

始めました。

じつはデジカメを落として壊してしまい新調したところ接写機能がいまいちでした。
ということで、以前のように接写がうまくできません。
(8年前のカメラなんですが結構気に入っていたのに・・・。)

まずはコックピットから。

F24_01

計器のデカールはただの白丸だし、計器モールドがしっかりしているので塗装で表現してみましたが
計器部分にクリアーを垂らすとカメラ私の撮影では目盛が照かって見えなくなります(T_T)

操縦桿も単色塗装指示ですが「そんなわけあるかい!」と実機写真とにらめっこし塗り分けてみました。(これもよく見えないなぁ)

F24_02

左右側面機器も適当にそれっぽく塗り分け。

ま、雰囲気ですな(笑)

Mk.Ⅰ~Ⅴ~Ⅸあたりのコックピット写真はあるんですがF.22/24なんてありゃしない。
で、塗装をでっちあげ。
デティールアップもせず塗装のみ。

F24_03a

でもパイロットを乗せないのでシートベルトは付けてやろうと思いましたが
エッチングパーツやアフターパーツの手持ちはなく
探していたら時間だけが過ぎていくので
マスキングテープの細切りと電線をほぐした銅線でこちらもでっちあげ。

F24_04

ま、これも雰囲気ですな(笑)

今日はここまで。
この連休は諸事情により地元を離れ新潟市にいっていますので模型製作、ブログ更新&ブログ訪問やコメントレスはお留守になります。

-----------------------------------------------

本日9日21時過ぎ 新潟市より帰宅しました。

日・月の連休と本日仕事を休み3日間行っておりましたが
楽しいこと目出度いことならよかったんですが悲しい事由であったため
精神的、肉体的にも疲れました。
ブログレスは遅まきながら返させていただきましたが
各ブログ訪問は後日改めまして訪問させていただきます。

なお新潟市に出発前に撮影してあった計器の画像を載せておきます。

F24_05

| | コメント (16)

2012年10月 1日 (月)

すぴっと祭り

以前よりお世話になっている、そして当方のお祭りに何度か御参加いただいている

ドカ山様主宰のすぴっと祭りにドカ山様よりお誘いいただきました。

http://blog.livedoor.jp/spitfire2012/

やはりここは参加しないと男がすたる?(オーバーな。笑)

とはいえ参加させていただくにしてもスピットファイア・キットの在庫多数でキット選定に悩みます。

1/72が5種5箱に1/48が4種6箱、蜜柑山に1/48 2種

とりあえず1/72を除外しましょう。

現時点でモチベーション上位(というか場所を開けたいというか・・)から

箱がやたらに大きくて邪魔な
①1/48 エアフィックス スピットファイアF22/24

E48_mk2224 E48_mk2224a_4

以前より構想があった
②1/48 タミヤ スピットファイア Mk.Ⅰ&エデュアルド スクランブルセット
(情景仕立てはOKなのか要確認ですが)

T48_smk1

余裕があれば2機使うかも

こちらもフィギュアの在庫減らしに
③1/48 ハセガワ スピットファイアMk.Ⅵ&ICM グランドクルーセット

H48_smk6

2枚ペラの極初期型が作られるのが魅力
④1/48 エアフィックス スピットファイアMk.Ⅰ/Ⅱ

E48_s_mk1

各翼後縁が分厚く処理が大変らしい
でも完成形は1級品

ほとんど完成の
⑤1/48 ハセガワとタミヤ スピットファイアMk.Ⅴ

Th48_smk5

こちらは出すと顰蹙だろうなぁ・・だから出さない・・ならば載せるな(笑)

多分をやって余力(というか同種機種製作のモチベーション維持)があればを追加でしょうか。

これにタミヤ1/48 10HPテイリーを組み合わせるかどうかというところ。

T48_10hp

キット選定はもう1~2日悩みます

蛇の目好き、スピットファイア好き、航空機好きの皆様も御参加どうですか?

-----------------------------------------------

10月4日

1/48 エアフィックス スピットファイアF22/24

にてエントリーさせていただきました。

| | コメント (10)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »