フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の8件の記事

2012年6月30日 (土)

タミヤ 1/48 紫電11型甲(N1K1-Ja) 01

タミヤ 1/48 川西 紫電11型甲 始めました。

前回記事のようにリベンジでありますが、まずはお約束のコックピットから。

●紫電のコックピットは計器板前方部分(照準器支柱の下部分)が空洞でチラ見えします。

・計器板の裏を弄ってみました。

たんに計器筒の凸のみでなく当然あるであろう配線も付けてみましたが、
この配線は集合してひとまとめでどこかに逃がしてあるのか、
それとも単線づつ逃がされるのか
よくわからなかったので集合させて隔壁に逃がしています
(仮組みしてみると完全に自己満足の世界でした。笑)

11_01tile

・何故か目立つのに胴体機銃後部のパーツがなく、再現もされていないので
装弾レバーとともにプラ板でスクラッチ。

・タミヤには計器のデカールがないものが多く、この1/48紫電にもありません。
しかも計器のモールドは目盛りも指針もなくドライブラシしても単なる○になってしまうので
ジャンクデカールを切り貼りしてそれっぽく貼りつけ。

胴体右左舷

11_04tile


室内燈右舷の計器ボックスが一つ足りなかったのでそれも再現し
計器からの配線を追加してみました。

コックピットフロア

11_06tile

画像に書いてあるところを弄りましたが、他のチョコチョコ追加した部分はお手持ちのパーツと見比べていただければ分かるかな?

ああ、座席パーツの厚みが目立ちますね。
薄々攻撃しておけばよかったかな?
軽め孔のモールドはピンバイスで彫りこんで深くしてあります。
後はシートベルトをいつものマスキングテープででっちあげて付けてあげる予定です。

案外このキットのパーツ、モールドは省略はあるもののかなり上位に入るのではないでしょうか。
(弄らずストレート組みでも十分の再現だと思いますよ。いつになく褒める。笑)

ちなみに塗装はクレオスMrカラーNo.126コックピット色(三菱系)がベースです。

ハセガワ1/48紫電11型後発でありますけど、形状は良いかもしれませんがハセガワ伝統?のタイヤの収まらないような脚庫の浅さが私には大きな減点です。

2012年6月27日 (水)

この後・・

合宿用のお題も梱包してしまい追加工作出来ないようにしてしまったので
次になにを作ろうかと思案中。

お題キット製作開始直前までほんの少しだけ弄っていた

帝国海軍駆逐艦「睦月」 1/700 02

も再開せねばいけないのですが

戦車は組立てたは良いものの塗装直前で中断したもの多数。

航空機は言わずもがな、艦船も結構あります。

振り返ってみると

陸物は2011年7月10日「1/35三式中戦車(ファインモールド)」

海物は2011年5月15日「1/700ギアリング級駆逐艦(ピットロード)」

以来完成品なし。(1/35フィギュア除く)

でも一度中断したキットはなかなか再開できませんね(私だけでしょうか?笑)

●今はこいつリベンジしたい。

この写真は2003年「旧トピ出張所」局戦祭りの時に作ったもの。
べた塗りで濃淡塗装やスミ入れもせず汚しも入れておりません。
たんに指定色を綺麗に塗っただけ状態です。

この「旧トピ出張所」に参加して以降、学習させていただき
急激に作風は変わっていきました。

ネタはこれ

T48_11

箱なしで安く買ったのでこの状態。

タミヤ1/48 紫電11型 です。

●陸物もFlak36/37 88mmなんぞ作りたい気分がありますが

往年の名作「タミヤ」かパーツ多数の「ドラゴン」か悩むところではあります。

Td_88_2

あと以前合宿ビンゴでいただいた

グンゼ1/35 Sdkfz250

マイナーなキットの車種じゃなく普通のSdkfz250/1として作りたい。

G35_sdkfz250

●艦船に関しては前述の「睦月」もあるんですが

航空母艦が作りたいぞということで「鳳翔」が小型でお手軽かなぁと

700f_3


とりあえずタミヤ1/48 紫電11型から手をつけますが、
後者3種は気が変わり未着手の可能性が大きいです。
(ネタ振り要素大。笑)

PS.

どなたかこの中断キット↓いります?
(何故か急にやる気が失せ再開する気も持てません。)

合宿に持っては行きますが、引き取り手がなければ破棄処分します。

パーツはそろっています。(ビンゴとは別物で)

ただしモーターライズ化は船体接着済のため不可です。

ニチモ1/200 伊号潜水艦イー19

Jk01

おまけ

Ngn01

2012年6月22日 (金)

ハセガワ1/32 Fw190F-8 (09)

ハセガワ1/32 Fw190F-8

スミ入れをおこないほぼ9割方完成です。

完成時写真は7月7日以降第6回長野模型合宿終了後にアップいたします。

現地爆弾の塗装と装備汚し塗装追加フィニッシングをおこないます。

Fw190f8_46

Fw190f8_47 Fw190f8_48 Fw190f8_49_2 Fw190f8_50_2

アンテナ線
はキャノピーを開にするか閉にするか悩み中なので未装着。

このお題はさっさと済ませ、残り時間を1/72ドイツ機フリーハンドインクスポット迷彩(エアブラシ編)の下拵えに回したいと思っています。

-----------------------------------------------------

●模型講座ネタについて

1/72ドイツ機インクスポット迷彩の使用エアブラシは0.2mm口径と一般的な0.3mm口径で行います。
なるべく皆さんが持っておられる確率の大きい0.3mm口径でやろうかと思っています。

あとはデカール貼って直ぐに保護、艶統一のためのラッカー系缶スプレー吹きテクニックを披露しようかと思っています(ただし屋外でスプレーを吹くため雨が降っていない場合)

ちなみに今回もデカール貼りつけ直後にラッカー系半艶消しをエアブラシで吹いています
(現地で何か問題があるかどうか実際に見てみてください。)
前回記事の皺が寄ったと書いたのはこのせいではなく、貼りつけ時のミスによるものです。

デカールを貼って直後にラッカー系スプレーを上から吹くなんて
普通は模型誌等ではやってはいけないことの一つですね(笑)

やっているとしてもデカール完全乾燥1週間なんて・・・短気には向きません(爆)

今回はデカール貼って直ぐの保護です。
そんなの上手くやればいくらでもできます。
(まぁ、慣れないと冒険ではありますけどね。)

------------------------------------------------------

早々と梱包しました。

Ngn02

2012年6月20日 (水)

ハセガワ1/32 Fw190F-8 (08)

ハセガワ1/32 Fw190F-8

デカールを貼るぞと思いつつ1週間が過ぎてしまいました。

これはいかんと言うことで腰を上げましたが、急いだせいか皺が寄ったり破損したりした箇所が数か所。
(見せなきゃ分からないので画像アップなし。笑)

Fw190f8_43

Fw190f8_44_3

このあとスミ入れ汚しを入れていきます。

襲撃機型のメインである爆弾は未塗装・未装着

Fw190f8

ハセガワ指示「フラップフルダウン」駐機状態での実写写真ではほとんど見られなかったので、よく見られた「少しだけフラップダウンした状態」にしました。

●おまけ

主脚柱

Fw190f8_45_2

なかなか雰囲気は良いんでないかい?

2012年6月15日 (金)

ハセガワ1/32 Fw190F-8 (07)

ハセガワ1/32 Fw190F-8

もたもたしておりましたが、やっと基本塗装を済ませました。

まだ細部の塗装は残っております。

Fw190f8_42

●以下詳細

Fw190f8_35_2

機銃点検扉以外の主翼基部前部も接着ライン上にはラインがないので消しておきます。
(忘れていました。消さないと1/32だと目立ちます。1/72クラスだと無視するのに。笑)

RLM76

Fw190f8_rlm76

RLM76を塗装後にRLM65をパネルラインに沿って線吹き。
なじませるため上から軽くRLM76を再度吹き付け。

評価は分かれますが、基本色に黒や白を混色したり、
ベースに暗色を塗装してパネルを残すように塗装する方法よりも
近似色混色のくど過ぎない濃淡塗装でお気に入り塗装法です。

RLM75

Fw190f8_rlm75

こちらはRLM75ベースにRLM75RLM74でパネルライン塗装
以下RLM76の時と同じです。

微妙な濃淡差が分かるでしょうか?

RLM74

Fw190f8_rlm74_2

RLM74ベースにRLM74ジャーマングレー!でパネルライン塗装
以下同じ。

※国籍マーク等は面倒くさくなったのでデカールでいくことにしました(笑)

2012年6月11日 (月)

飛騨牛

6月10日(日)

岐阜県の高山「飛騨牛」を食いに行きました。

05_2

※JRの高山駅ですが列車ではなく自家用車で行っています。
  (自宅より高速道路使用で1時間40分くらい)

女房殿に福井の「ソースかつ丼」飛騨の「飛騨牛」どっちがエエかのう?
と聞いたら「飛騨牛」となりました。

06

お昼なのであまり豪華にせず「飛騨牛サイコロステーキ定食」
ちょとお肉が少ないかな?(笑)

朝市

02

「みたらし団子」などなど色々と買い食いしたあとなのでちょうどいい感じ♪

「飛騨牛」を食べに行くのが目的なので観光地のようなところはあまり行きませんでしたが
一応「街並み保存地区」を歩いてきました。
ここは醸造元の造り酒屋が数件集まっているので好きなんです(笑)

03 

観光というよりグルメツアーのため写真はほとんどありません。

昨日は早速買ってきた地酒を飲んだら疲れとあいまって即就寝爆睡しました。
おかげで合宿お題キットは全く弄っておりません・・・何か問題でも?(笑)

2012年6月 6日 (水)

ハセガワ1/32 Fw190F-8 (番外1)

ハセガワ1/32 Fw190F-8 (番外1) 

前回記事で発掘?(笑)した

タミヤ1/35”BMW R75とツェンダップKS750&サイドカー”

BMW R75を1台塗装を変えてみました。

001

既に塗装してあったエナメル塗料の塗膜が厚く、上塗りしてもなんだかもったりした感じです。

基本塗装のみの状態なのでスミ入れや汚しを入れるともう少しはっきりするでしょうか?

しかも省略が著しく現在の目で見るとかなり物足りないですね。
省略個所を追加するともう少しはっきり度が増すかもしれません。

大雑把ですが

001a

発掘時状態のツェンダップKS750と並べてみます。

002

もともとのモールドがぬるいのかな?

フィギュアと並べると大型バイクなんですが、Fw190F8と並べると
いかに航空機が大きいかということが分かります。

003tile

さぁ、合宿まで残り一ヵ月となってしまいました。
バイクなど弄っている場合ではない!
いいかげんFw190Fの塗装を始めないと間に合いませんねぇ(焦

PS.このスケールのバイクキットも面白いですね。ちょっとはまりそう(笑)

2012年6月 3日 (日)

ハセガワ1/32 Fw190F-8 (06)

ハセガワ1/32 Fw190F-8

ここ数日”主夫業”をしていましてなかなか忙しいものです。
(夫婦危機ではありませんので念のため。笑)

まぁ、それも今日の夜までなんですけどさっきまでたまった洗濯してました(爆)

模型製作も記事アップも滞っているわけなんですが、一応少しは進行しているぞということで

Fw190f8_007

とりあえず接着面やパテ盛り等の修正部分サフを吹いてチェックします。

主翼付け根部分に少し粗が見られますが、まぁ、許容範囲だな(O型の性格ですな。笑)

さてさてこれからは塗装に入りますが、国籍マーク等塗装にするかデカールに逃げるか思案中・・・。
ドイツマークは塗装だとマスキング等の行程が多くて面倒くさいしなぁ。

--------------------------------------------------

追加ビンゴキットを探していたら、忘れ去っていた箱から中学か高校のころ作ったと思われる1/35タミヤの独バイクが出てきました。

破損度は小さく車体がフィールドグレーに塗ってあります。
しかもタミヤ・エナメルと思われる塗料がかなり厚めで(当時は筆塗りのためでしょうか)塗ってあります。

001

どれか改修して今回のFw190Fの傍らにおけませんかねぇ。

時間ないかな?

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ