フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の5件の記事

2012年3月30日 (金)

帝国海軍駆逐艦「睦月」 1/700 01

年度末で何かと忙しく、会合や勉強会が続き飲みに行く・・・もとい
模型を触る時間もありません。

さらに2日ほど前より鼻風邪(花粉症にあらず)をひいてしまい、俯いていると鼻汁がツツ~
頭も重いです。

場つなぎに鼻風邪を罹患する前に空き時間を見て弄っていたものを晒します。

48蜜柑山航空機も弄っていたんですが、大した進展もないので写真すら撮っておりません。

帝国海軍駆逐艦「睦月」 1/700 ピットロード

700

純正のエッチングパーツを持っていますので(といっても主要部だけで手すりなどはありません)
を使用して、少しだけデティールアップしてみます。
コテコテ金万モデリングでもいいんですが、久々の1/700艦船模型なのでちょっと面倒(笑)
でも気が向けばどこまでやるか分かりません手すりを付けるなどやってみます。
最終的にはコテコテになったりして(笑)

さっそく弄ります。

01

1.キットでは成型の関係かかなり厚くなっているので実写を参考に薄々攻撃。

2.階段も三角状のものを斬り飛ばし、後ほどエッチングパーツの梯子状階段を付けます。

(砲架の下部は空間じゃなくなにかあると思いますが写真では解析不能)

02

3.睦月型の舷外電路はほとんどの図面では艦尾で折れ曲がっていますが
 「睦月型 三日月(1943)」では直線に見えます。

4.ピットロードのキットでは時々見られますが、艦尾付近の舷窓の位置が左右で違います。
左舷の舷窓の位置が正しいですね。
しかも浅いので後ほどピンバイスで深くします。

5.機雷投下軌条も厚みが厚いので薄くします。

余計なお世話的旗竿やマスト接着位置用の◎モールドはみっともないので切り取って平らにしておきます。
(Pitのキットには位置決め用またはモールドを彫刻する時の確認用ガイド線?や+字が残ってそのまま極細の凸モールド状になっている箇所がけっこう多いので、パーツを付けた後も見えるところは綺麗に消去っておきます。
模型誌にはこんなことを書いているのは少ないですが、当たり前のこととしてあえてしスルーしているのかしら?それともまさか消去していないとか…)

03

とりあえずここまで。

次回は艦橋編?

鼻水がぁぁぁぁぁぁ。

2012年3月22日 (木)

ハセガワ1/48 九七式戦闘機 完成

ハセガワ1/48 九七式戦闘機 完成です。

中島 97式戦闘機 (キ-27)

97_01

97_02 97_03 97_04 97_05 97_06 97_07

九七式戦闘機 キ27乙 

飛行第62戦隊第1中隊

昭和14年夏 中国大陸

(関口寛曹長)

Ki-27 Type 97 Fighter (Nate)

The 62nd flight squadron

Summer of 1939 Mainland China
(Hirosi Sekiguchi sergeant major)

※搭乗員名が( )なのは、固定の搭乗機はないと聞いたことがあるので参考程度ということで。

エンジンパーツの一部を切り取り細い伸ばしランナーに交換
(これは環状冷却器パーツを付けると見えなくなるので必要ない作業)

写真銃、落下タンク、90式翼下照明火の3種パーツを取り付けなかったので
取り付け穴を埋め消去

排気管の開口部を広げて縁を薄く見えるようにした

・尾部標識灯(垂直尾翼直前)をクリアーランナー加工し交換取り付け

・マスキングテープの細切りでシートベルト作成取り付け

これ以外は一切デティール追加はしておりません。

モールドのスミ入れだけで済ませましたが、すばらしいリベット表現で
思った以上にスミ入れ表現がきつくなり
念入りに拭き取りましたが、それでも肉眼ではくどく見えます。

塗装前にアンテナ柱を付けていましたが、塗装の機体(他の機体も多い)はアンテナ柱を外していたので、切り取り穴埋め整形し塗装しました。

※垂直尾翼の記番号はやや小さすぎ、”3”の字体も違うので参考になりません。

おまけ

97

フォッカーD21 と比較。

2012年3月20日 (火)

ハセガワ1/48 九七式戦闘機 02

最近更新が1週間に1回以下の間隔になっています。

年度末は何かとバタバタしております。
仕事方面の会合ではビギナーでもなく、さりとて嫌味なベテランぶりを発揮することもなく
何事にも使いやすい年齢なんでしょう。

----------------------------------------------------

進行中の97式戦闘機ですが、どの塗装にしようかあれこれ迷いました。

箱絵の「独立飛行第84中隊」:写真もたくさん残っており塗装も派手で模型映えするのですが
Webで探すとキットの完成品のほとんどがこの塗装!・・・しかも甲型の30号機ばかり・・同じもん作りたくないなぁ

次が尾翼が黒塗装「独飛10中隊」:魅力的ではある。

でも97式戦闘機といえばイメージがノモンハン戦
上記どちらもノモンハンにはいっていない。

で、参加部隊を調べたところ、結構地味で模型映えしそうな機体はあまりない(実戦なので当たり前?)

カウリング赤塗装がええなぁ。
塗装も簡単かマスキングをあまりしなくていいもの。
ということで「独飛84中隊」の本家「飛行第64戦隊」にしまっしょ。

97 「黄色の13」この機体にします。

97_06

全体にサフ吹いて胴体帯の塗装とマスキング、垂直尾翼マスキングはこれから。

流行りの濃淡陰影はつけないでスミ入れでリベットモールドを生かす予定。

----------------------------------------------

元祖合宿選定キット

前々回の合宿お題キットですが
候補の一つの「1/48 B-26B」
デカールが死んでます

B26b

・保護紙が貼りつき剥がれない。

・デカールのひび割れ

・全体にカビ発生

手書きするのも面倒なのでこの1/48 B-26Bキットは候補脱落です。

ということは必然的に1/32ですかね。

1/48双発機キットも多数所持しておりますが、爆撃機以外は大型キットとは言えず
逃げるのも癪なので1/32キットでいきます
(いまのところ皆さん1/32にされるようですし。笑)

第1候補はハセガワ1/32 Fw190F8ですが・・・もしかしたら変更するかも。

2012年3月12日 (月)

ハセガワ1/48 九七式戦闘機 01

以前記事で手付キットを出しましたが、そのうちから2機ほど完成させさせようと製作再開です。

提示したキットのうち”ほぼパーツを切り出しただけの状態”(手付キットのうち最も弄りが少ない)こいつをやっつけます。
1/72 四式重爆「飛龍」も気になってはいるんですけどね…とりあえず48から)

ハセガワ1/48 九七式戦闘機 Ki27 Nate

●コックピット

97_01 97_02

マスキングテープの細切りでシートベルトを作ったくらいで
追加工作はしていません。

コックピット内塗装は指示ではクレオスNo.14ネービーブルーだったんですが、
激しく疑問を感じグレイブルーのように塗装しました。
ベースクレオスNo.335ミディアムシーグレー:イメージなので正確ではありません)

その他の座席やフットバーなどもインスト指示塗装は「この指示変じゃね?」ということで
思いっきり逆らってハセガワさんの指示には従っていません(笑)

●エンジン(空冷9気筒 中島ハ1乙)

97_03

前面に環状ラジエターが付くのであまり見えなくなるのですが少しだけいじりました。

塗装も全面シルバーにブラックのスミ入れのお手軽塗装です。(ドライブラシはしておりません)

空冷エンジン塗装で全面ブラック塗装にシルバーのドライブラシという方法もよく模型誌に書いてありますが、お手軽さではスミ入れ法のほうが楽ちんです(笑)

97_05 97_04

いきなり”士の字”です。
今回はここで放置せず塗装工程に入ります。

手付再開の残りもう1機1/48ハリケーンMk.2Cの予定。(あくまで予定)

2012年3月 3日 (土)

元祖模型合宿

今年も全国モデラーの集い

第6回模型合宿の告示がなされました。

後発に某雑誌を含め類似企画が色々と立ち上がっているのを散見しますが
個人的では全国規模のこのような催しは
我々は連続6年の歴史を誇るモデラーの交流ということで最古参だと思います。

今年の打ち合わせ場所はこちら。

ご興味の有られる方は是非のぞいてみてください。

http://fun.ap.teacup.com/mokeiyarou/

-----------------------------------------------------------

以前(昨年夏ごろ)に手持ちキットのお題にそった候補を挙げました。

その時は「隼」なんて書いていましたが、お題の中に”1/48双発機(爆撃機)”も含まれるということで

・一昨年(2009年)の第3回合宿での逆ビンゴキット(押しつけられキット。笑)で、手を付けたものの直ぐに中断したこちら

モノグラム 1/48 B-26B

B26b

・もともとのお題 1/32 レシプロ機でこちら

ハセガワ 1/32 Fw190F-8

Fw190f8

Fw190でもA型じゃないところが天の邪鬼(笑)

この他にもタミヤ1/32零式艦上戦闘機、トライスター 1/35 フィゼラーシュトルヒ、ウイリアムブラザーズ 1/32 P-35 が在庫にありますが、とりあえず上記2キットに絞ります。

さすがにどのキットも大きいのでどちらか一つになります。
(参加者の皆様が1/32でまとまりそうならFw190ですかね~)

打ち合わせ掲示板での状況によっては変わるかもしれません。
1/48にするかはたまた1/32にするか、しばらく状況を見てから決定ですね。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ