フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の5件の記事

2012年1月30日 (月)

進まぬ仕掛品

昨年10月あたりより
ハセガワ1/72零戦21型タミヤ1/48疾風は完成させたものの
模型製作ペースがひどく鈍化しています。

またここにきて大雪!除雪で腕が痛いときたもんだ。

除雪してもすぐにまた積もります。
一時溶けたり落ちたりして少なくなりましたがここにきて再積雪。
現在屋根雪で50cm超くらいでしょうか。

Cimg0008 Cimg0007

1mや2m以上積もっている地域から見れば少ないのでしょうがうんざりですね。

今年の仕掛品

Photo

昨年10月より今日まで弄り中のキットなのですが、先の2キット(零戦、疾風)を含めこれだけです。

これ以前の蜜柑山中断品はいまのところ忘却の彼方・・・・・・┐(´д`)┌オイオイ

・フォッカーD-21小国空軍機コンエントリーキット なんですが昨年10月28日より機体の基本塗装で止まったままです。

・4式重爆「飛龍」1月3日に機体内部を少しいじった後、その胴体内部を塗装していないので左右胴体を貼りつけることもできず放置中。
ただし小物の加工(パーティングライン消しや接着部分消し)は終わっています。

・シャーマンファイアフライⅠcは組立ても小物加工も終えており塗装するだけになっています。大ボケくそキットですがなんとかここまで。
(この後もデティールアップする気なし。ボックスに無いパーツをスクラッチしただけであとはほぼ素組み)

・Ⅲ号戦車G型一昨年の第4回模型合宿のビンゴキットなんですがいい加減作らないといかんし、また途中ブロックごとの塗装を必要とせずに製作を進められるキットということでファイアフライの後に仕掛中でございます。

インストで見るところの”21”工程のうち”9”工程まで進んでいます。
(工程”1”を除く。転輪は未着手、小物未加工)
もっとも細かなパーツをやたら取り付ける工程があったり、
車体に砲塔を取り付けるだけという工程もあるので
一概に何%進んだとは書けませんが。
(この時期のドラゴンのインストは多少パーツ取り付け部などややわかりにくい箇所もありますが現在のものと違いかなり普通かも。笑.)

まぁ、このキットもあれこれ調べる気もないのでこのまま素組みですね。

G_01tile

このうちフォッカーD-21締め切りがあるのでいい加減に完成させなければならないのですが、塗装する部屋が寒くて・・・・

塗装ができるならばどれも一気に進められるのですが…ほんとか?(笑)

2012年1月26日 (木)

ドラゴン シャーマン ファイアフライ1Cハイブリット 01

模型をいじっている部屋が寒く行く気にならずずっと模型弄りをしていません。
同時にPCを開くのも御無沙汰しています。

エアコンはあるんですが20年選手なもので暖房はほとんど機能せず。

「こりゃいかん!」ということで

塗装がほとんどできないので塗装せずパーツ加工のみで組み立てられるAFVでも弄ろうかと引っ張り出してきました。

艦船はここのところの除雪で手/腕が疲れ細かなパーツをいじられないのでパス。

最初 IV号戦車 / 70 (A) にしようかと思いましたが(IV号戦車 / 70 (V) も在庫あり)

70a 転輪の多さに「めんどくせ~!」で却下

シャーマンファイアフライでいこうかと

Photo

タスカのキットはストウェージ(車載装備)セットパーツをそろえてから作ろうと思い
ドラゴンキットに決定!

ドラゴン 1/35 シャーマン ファイアフライ1Cハイブリット
DRAGON 1/35 Sherman Firefly Mk.1c hybrid

ところがこのオレンジボックスシャーマンファイアフライ1C ハイブリット
くそキットでございました。

戦車模型にこだわりを持っているわけでもなく、ましてシャーマニアでもないので
形状がどうとか全く気にしませんが、それ以前の問題として
ボックスオンリーでは完成させることができません。
(道理でこのキットの製作記が見つけにくいはずです。)

1c_01

一部提示しますが、白いプラ板の部分のパーツがありません(自作しました。)

1c_00a

上記がインストですが、インストには書いてあり車体あるはずのフェンダー部分の一部がありません。
後日新規に出したスマートキットか何かでエッチングパーツにした部分なので除去したはいいものの
オレンジボックス廉価版ゆえエッチングパーツがなく、おかげであるべきはずの部分がないという
大ボケくそキットでございます。
(間違えて切り取ってしまったかと思いました。そう思うような箇所があるんです)

他にもライトなど透明パーツで用意してあるにもかかわらず
透明パーツを不要部品とし、普通のプラパーツを取りつけろとか

1c_00c
インストの青い部分は不要パーツ指示箇所。
先の前照灯のインスト取り付け使用パーツ指示は透明パーツの”C”ではなく普通の”V”パーツ

足回り(サスペンション)のパーツを不要パーツとしておきながら、これがないと転輪を取り付けるものがなくなる箇所や

1c_00b

必ずしも不要パーツではなく車両によっては使用するパーツを一括不要パーツとしたり

インストのパーツの接着位置の不明瞭は言わずもがな。
しかも取り付け用の凸はあるものの取り付ける側の凹が一切ない等々

どうしてもシャーマンファイアフライ1Cハイブリットが作りたい場合は高くてもエッチングパーツの入った方が良いと思います。
(または形状や組みにくさはともかく古い改修前のキット)

ただしそちらのキットは持っていないのでどんな落とし穴があるか知らないので要確認ですけど…

頑張って小物パーツの加工も終え、後は塗装組立てとなりました。

1c_03

最初に書いたごとく塗装をなるべくやりたくない状況なのでまた別キットの加工でもやりますかねぇ。↓

フォッカーD214式重爆「飛龍」はモチベーションが低くなったわけではなく
塗装したくないわけでもなく、単に塗装するところに行きたくないだけ(笑)

2012年1月16日 (月)

親父の長い一日

日曜日

2012年1月 3日 (火)

ハセガワ1/72 四式重爆撃機”飛龍” 02

ハセガワ1/72 四式重爆撃機”飛龍”
HASEGAWA 1/72 Ki-67 Type 4 Hiryu (Peggy)

1月2日は昼は取りためたDVD鑑賞し
夜は息子と燃料補給しエネルギー充填120%超のため弄らず(弄られず?)。

今日1月3日は夕方よりボチボチと弄っていました。

1.爆撃室

03

2無線机

04

机の右下は無線機なので接着前にもう少し考えればよかったです。

こうしてみるとノーマルパーツ状態では結構端折ってありますね。
追加した個所とまではいかなくとも、もう少し最初からデティールがあっても良いんではと思います。

3.操縦席側壁

05

伸ばしランナーで桁を再現

4.胴体中部

06

座布団と12.7mm機関砲用弾薬箱をプラ板で再現

5.尾部機関砲

07

薬莢受けや把持部をプラ板、伸ばしランナーで再現

胴体上面旋回機銃座も弄りたいんですが、既存の図面は12.7mm機関砲のもので実際の20㎜機関砲のものではありません。
まあ、似たり寄ったりだとは思いますが・・・。

この後、塗装後にコックピット計器板にあるレバー類をスクラッチ予定です。

2012年1月 2日 (月)

ハセガワ1/72 四式重爆撃機”飛龍” 01

今年の正月3ヶ日は前記事の理由で家にいるので、触られるときに触ろうと

ハセガワ1/72 四式重爆撃機”飛龍” 始めました。

「龍」が「飛ぶ」なんて.縁起もよさそうな名前ですし。

え”!1/48フォッカーD-21はどうしたかって?
きちんと仕上げますよ・・・・・後で(笑)

とりあえず飛行機模型では必須の機体内部から工作です。(画像は素組み状態)

02

パーツのゲートやめくれ、パーティングライン等の処理後にそのまま組んだものです。

座席や操縦桿はまだ付けていませんが、このままで十分とは思います。
が、少しさみしい、ものたりない感じがしないでもない。
しかも爆撃機のため窓が多く組立て後になんとなく見えるような見えないような。

いつも書いている”無意識下の精密感”の演出ということで少しいじってみます。
(こんなことするから作業遅滞するということも聞こえないでもないですが。笑)

Photo

(内部)資料はしっかりと揃っています。

1、旧 世界の傑作機「四式重爆撃機”飛龍”」 文林堂

2、新 世界の傑作機「四式重爆撃機”飛龍”」 文林堂

3、丸 メカニック 飛龍/DC-3・零式輸送機 潮書房

この3冊で十分でしょう。

これ以上比較してしまうと作業が進まなくなるだけですし。

あとは小物パーツのゲートやめくれ、パーティングライン等の処理と
主翼や車輪を含め貼り合わせが必要なパーツの接着をしておきます。

01

これをやっておくと後は先の小物接着ライン消しと胴体部分の貼り合わせ処理後、加工パーツ接着、塗装するだけとなります。
胴体の接着硬化待ちの間に主脚や武装パーツ等、小物塗装予定です。
(この時点でキャノピーマスキングを終えておくとかなり楽になりますね。やってないけど。笑)

さて、1~2か月ブランク後いきなり長時間の弄りもきついので2時間ほどで終了しました。

1日丸丸作業するわけではないので、3日間でどの程度まで進めることができるかわかりませんが、やれるところまでやってみます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ