« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の5件の記事

2010年4月27日 (火)

諸々の事 その4

4月24日(日)〆切間近のMe210を弄ろうと思っていたんですが、あまりの天気の良さに妻と遊びに出てしまいました。

毎年この時期の訪問が恒例?になりつつある世界遺産(五箇山・白川郷)と桜です。
高速道路のおかげで五箇山は自宅から1時間程度です。
World Heritage
(Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama)
(Villages historiques de Shirakawa-go et Gokayama)

この時期、平地では葉桜になってしまっていますがここ五箇山では満開です。
(24日の時点で満開の後半というところでしょうか。)

2010042505

2010042506 2010042507 2010042509 2010042510 2010042513 2010042515 2010042516 2010042521 2010042524

五箇山地区には相倉集落菅沼集落がありますが、今回は菅沼集落と五箇山合掌の里です。

五箇山に行かれる方、集落の方は生活地区なのですが合掌の里は穴場ですので静かでお勧めです。

ちなみにカメラ設定を修正し忘れ模型コンペ用のままにしていたので小さなものしかありません。

---------------------------------------------------

わがままプラモ日記2 のハヤテさんよりグアム土産をいただきました。
Cimg0001
お気づかいそしてわざわざありがとうございます。<(_ _)>

これは合宿時に爆弾キットの一つでもお返しせねば(笑)

---------------------------------------------------

「諸々の事」記事のお約束、お気に入り女優さんコーナー

今回は今はNHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」に主演されている
女優松下奈緒さんです。

003 008

女優もさることながらピアニストでもあり作曲家でもあります。

恋におちたら〜僕の成功の秘密〜』(フジTV 2005年)でちょっと気になり
行列のできる法律相談所』の特番で島田 紳助さんサプライズに対するお返しに自作曲『夏の思い出』をピアノで演奏されたのをみて一気にお気にに仲間入り(笑)

| | コメント (18)

2010年4月21日 (水)

1/72 Me210 vol.2

まだ1ヶ月くらい残っていると勘違いしていました。 ●夜間戦闘機コン/WWⅡ双発戦闘機祭り〆切まで10日を切ってしまいました

のんびりしていられません(・・;)

001

1.右写真の主翼と胴体の接着部分(2)に大きな隙間があき、修正と隙間閉鎖を兼ねて胴体内にランナーでつっかえ棒を入れました。

2.少し隙間が残っていますがこれはつっかい棒によるパーツの変形となによりパーツ同士の接着ラインが合っていないためで、この程度なら修正はなんとかなるでしょう。

3.1例ですが1か所ラインを合わせると別の個所(4)がまったく合わない個所が多々あります。
モールドの不一致は言わずもがな・・・。

5.主翼とフィレット部分の厚みが違うので仮合わせしつつ主翼に合わせてフィレット部分を削りましたがまだ段差があるので接着硬化後にペーパー掛けします。

002

6.ここでも先の(3)のようなズレが生じています。(パネルラインで合わせてあります。)

7.ここも隙間と段差が出ました。しかもパネルラインは大ウソです。(修正してありません。)

8.省略された機銃孔をピンバイスであけます。

003

9.照準器のガラスはまだつけていませんが省略されたコックピットのロールバーや救命具入れカバーなどを追加します。(結構端折ってあります。)

10.士の字(あ!十の字だ)になりましたが面倒なキャノピーマスキングが残っています。

時間がないので弄りはここまで・・・ブレーキパイプくらいは付けるか・・・。

次回はいきなり完成かも(完成しない可能性もあり。)

| | コメント (23)

2010年4月17日 (土)

諸々の事 その3

●海上自衛隊祭り1/700 DDH-142 ひえい 完成したので
●夜間戦闘機コン/WWⅡ双発戦闘機祭りイタレリ1/72 Me210を再開しなければならないのですが

Me210

ケースにパーツを整理したまま進展なし・・・。

作りかけ蜜柑山も崩さなければいけないのですが

1

ごくごくほんの一部です。中には箱と中身が違うもの(ホルヒ等)や複数押し込んであるもの(これがほとんど)があります。

Mauve48_p40m

ほぼ袋を開けただけの↑こいつが気になって仕方ありません。
しかも英軍のキティホークⅢではなくP-40MCBIとして作りたいなぁと。

でも手を付けちゃうとMe210は絶対〆切まで完成しなさそう。

---------------------------------------------

「諸々の事」記事のお約束、お気に入り女優さんコーナー

女優石田ゆり子さんです。

011 319357258

左の若い頃もいいのですが現在の大人の女性にはオヤジとしてはたまりません(笑)

<>

♥女房酔わせてどうするつもり?♥ 
うん~~~~どうしましょう(笑)

---------------------------------------------

第4回となる模型合宿が今年も開催されます。

参加御希望の方や詳細は↓まで

「第4回模型合宿」

年々参加者が増えていきます。楽しみですね。

| | コメント (20)

2010年4月11日 (日)

1/700 DDH-142 ひえい 完成

●海上自衛隊祭り

ピットロード1/700 DDH-142 ひえい 完成です。

Ddh14201

Ddh14202_2 Ddh14203_2 Ddh14204 Ddh14205 Ddh14206 Ddh14207 Ddh14208 Ddh14209 Ddh14210 Ddh14211 Ddh14212

(祭り会場用の画像はどれでも良いですが 最初の3枚あたりでいいでしょうか?)

・製作当初は意気込んで弄り(DUP)始めましたが
ある時期の「ひえい」に合わせるべく後下甲板を少しと格納庫左右側壁のレイアウトの修正、
上面の甲板を少し修正した時点でモチベーション低下。

・マストは純正エッチングパーツ。

・年代により追加されたレーダー&アンテナは増やしました。

・艦載ヘリはローターブレードを弄った以外は素組み。

・手すりは自衛艦の三段手すりの手持ちがないのと、すでに製作してある自衛艦とのコレクション性、
なにより面倒くさかったので(笑)付けませんでした。

・スミイレ、汚しもやらずベタ塗りのままです。

弄ってあるような弄ってないような、ちょっと中途半端な完成かな?

サムネイル用

0ddh142

| | コメント (26)

2010年4月10日 (土)

1/700 SH-60J(DDH-142 ひえい 番外)

2週間ぶりなってしまいました。

模型いじりも滞っていたんですが何よりPCの調子が絶不調です。

先週の4日の日曜日には富山サンダーバーズの面々に便乗して各務ヶ原市の「岐阜コックピット」さんの展示会に行ってきました。(早い話が連れていってもらった)

Cimg0063

さて本題1/700 SH-60J(ピットロード)

Sh60j_05

上の小さい2つが1/700 SH-60J です。
下の機体はハセガワ1/72 SH-60Jこのキット素組みではJ型にはなりません。)です。

・胴体

01

同じピットロード製の1/700 SH-60J です。

「なんじゃこりゃ!」ですね(笑)

のものが今回のDDH-142「ひえい」付属のものです。
は別の自衛艦のもの(キットNo.は「ひえい」より前のものです。)

側面はまだしも(長さは別物ですが)上(下)面はほとんど別機のようです。
まるでメダカオタマジャクシ(笑)

造形は古いほう?が細かいですね。
ここで上記の1/72との比較写真を出したのですが、どっちもどっち。
ちょうど中間くらいが良いみたいです。

・ロータープロペラブレード

02

キットのロータープロペラブレ-ドは新旧とも断面が意味不明的な2等辺3角形になっています。
(実物のように普通に板状にしたほうが金型的にも楽なのでは?破損防止のための厚みかせぎかな?)

1、当然カンナかけして平坦な板状にしSH-60の特徴である先端の曲がりを削って再現してみました。

2、指でしごいて先端のたわみも付けてみます。

・塗装

03

2機(メインロータープロぺラのちがい)作りたかったので、ジャンクで余っていた細い胴体のパーツをつかいました。

「海上自衛隊」のロゴはデカールその他は塗装ですが、機番号をガンダムマーカーで書いた後、ラッカースプレーを吹いたら滲んで読めなくなりました(T_T)

展開しているほうのロータープロペラの長さが少々(かなり?)長いようです(古いほうのパーツ)。
折り畳んだほうはエッチングパ-ツセットのものです。

●すでに船体も完成しているのですが、出し惜しみ(爆)

明日にでもアップします。

PCキーボードの調子がおかしくて、この記事書くのにどのくらいの時間がかかったのやら・・・。

写真追加します。

Sh60j_08_2

拡大すると粗が目立ちます(笑)

| | コメント (18)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »