フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の7件の記事

2010年3月28日 (日)

1/700 DDH-142 ひえい 03

またまた間があいてしまいました。

順番からいくと艦船ですかね。
ということで ピットロード1/700 DDH-142 ひえい

・MOZさんが格納庫内を弄っておられるのを拝見して影響されましたが・・・

上手くいきませんね~。比較になりません適当さが目立ちます(爆)

001

かなり端折りましたが凝り始めると止まらなくなりそうですね(笑)

前甲板の歩行ラインマスキングでやってみました。

002

マスキング自体は1/72の日本機キャノピーマスキングに比べると直線ばかりなのでむしろ楽なんですが、いかに幅に合わせた細いマスキングテープを作れるかというところでしょうか。

右上はマスキングテープを取り去ったところですが、微妙な寄れやはみ出しがみられます。
タッチアップで修正します。

飛行甲板は一部スジ彫り法でやってみます。

どちらが上手くいくか実験です。

船体塗装完了

Cimg0008

私の腕ではマスキングもスジ彫りもどっちもどっちですかねぇ(笑)

スジ彫りの場合は少し深めに彫らないとはみ出しを拭き取るときに一緒に取れてしまいます。

このあとは艤装にかかりますが、手すりを付けるかどうか思案中・・・
(過去製作の護衛艦は製作年が古いので手すりを付けておらず、手すりを付けると1隻だけ浮いてしまいます。・・・建前)
(実は3段手すりエッチングパーツを持っていない・・・本音。笑)

2010年3月22日 (月)

1/35 Half Track vol.1

DDH-142 ひえい」も「Me210」も放り出して1/35ハーフトラックなんぞチマチマ作っておりました。

Photo

どちらも過去に半額以下で手に入れて積んであったものです。
急にM3A2を作りたくなり、ならば設計思想の違いはどうじゃろかとSd.Kfz251/1Dも弄ってみました。

Photo_2

タミヤキットは大戦中にほとんど使われなかったM3A2ということでM3A1にすべく小改造。(何故に誰もが欲しがるであろう大戦中の形式ではなくほぼ大戦後のM3A2をキット化したかというと・・・タミヤのいつもの癖ですね。現物が・・・詳細略。笑)

改造といっても大袈裟なものではなく梯子のモールドを削り取っただけです。(よく知らないのと、のめり込み度が少ないため調べるのも適当。笑)
本当は後部の荷物ラックも取らなければならないのですが、モールドの関係上 自分の技術ではモールドの再生が出来なさそうなのとM3A1でもここに荷台を付けているように見える写真もあった(と思いたい)のでそのまま残してあります。

梯子を削り去った後はリベットとフックを再製しました。

M3a1_half_track_03_3

つぎにSd.Kfz251/1Dを弄ります。

Half_track_04

基本塗装足回りの汚し(本来なら汚しは最後の方が良いんですが・・・)を施してあります。

Half_track

迷彩塗装全体のデコレーションはこれからです。
(実写真のほうはM2またはM3とSdKfz251/1Cのようですね。)

次回更新は艦船か飛行機かハーフトラックか・・・未定です。

裏話M3A2英軍仕様(ノルマンディ用)にしようと思ったんですが英軍向けはM5シリーズで結構な改造が必要なため技術も(熱意も?)なくあきらめました。

2010年3月21日 (日)

1/72 Me210 vol.1

ご無沙汰いたしました。

理由はいろいろありますが
完全にサボっていたことにしておいてください。

ネタも「1/700DDH-142 ひえい」は進展なし。

今回の記事のMe210も前回の休止時の記事ネタです(汗)

1/72イタレリ Me210 

(いずれも左:加工前、右:加工後)

1.

001_2

主翼下面のエアインテイクが抜きの関係か狭いので薄く広く開口。

2.

002

主翼を貼り合わせると断面が四角いので丸くなるよう削る。

3.

003

主翼後縁がぶ厚いので薄く削る。

4.

004

エアインテイクのフラップを切り取ったのはラジエターパーツを入れるのを忘れて主翼上下パーツを貼り合わせてしまったためパーツを組み込むべく泣く泣く切り取り(笑)

キットの主タイヤは直径も厚さも小さいのでダメダメ.なんですが
直径修正はきついので厚みだけ1mmプラ板を挟んで修正。

5.

005a

前後とも薬莢排出孔 が無視されているので開口、とくに後部は左右非対称。

またBf109の時にも書きましたが後部中心線には上下ともパネルラインがあります。

間違えて綺麗に消さによう注意しなければならない個所です。

2010年3月 9日 (火)

1/700 DDH-142 ひえい 02

ブログ訪問はもう少し時間があるときに。

PC休止中もそれぞれのキット製作が進んでいたかというと そうでもなく・・・(汗)
まずは●海上自衛隊祭り

ピットロード1/700 DDH-142 ひえい から。

あくまでネットで集めた画像からの解析で年代等の変化や実際の大きさ、太さ、正確な位置等はまったく分かりません。
ウソついてる可能性大です(笑)

※画像はクリックすると少し大きめのものが別窓で開きます。

Ⅰ上部

03000_2

①煙突の排気孔をピンバイスで開口

②「ひえい」は水平灯台座を拡大

③④煙突左舷に構造物を追加

⑤余計なお世話的取り付け指示モールドの○を削り取り、接着面をフラットに均す

⑥「ひえい」はラッタルではなくパイプ?なのでモールドを削り取り実艦に合わせ伸ばしランナーで再現

⑦ここに隙間は無いのでパテ埋めしフラットにする

⑧この部分は傾斜が付いているためパーツを切り取りプラ板で加工

Ⅱ各箇所

05000_3

⑨アンテナ基部のふくらみを伸ばしランナーを半分に切って取り付け

⑩サイドの桁と先端を伸ばしランナーで取り付け(この作業は年齢的にきついなぁ。笑)

⑪張り出し下部が.前部のみのため後部と内部の桁を再現

⑫ブラストディフレクター(と言うらしい)の形状が「ひえい」はキットの形状と違うので、高さを高くするのを兼ねて変更

⑬「ひえい」はラッタルではなく階段(はしご?)なのでモールドを削りエッチングパーツに置き換え

⑭ここに階段を付ける(Eパーツ)

⑮この部分も線状のモールドを削りEパーツに交換。下段は無視されているのでついでに付けておく(次の画像参照)

Ⅲ中央構造物

1000

02000

実艦の「はるな」「ひえい」の比較画像を載せておきます。

左右の換気孔(なのかな?)と配管がキットはほぼ「はるな」ということがお分かりいただけるかと思います。
(「はるな」とするにしても太いダクトが再現されていませんが・・・。)

○モールドを削り取りプラ板と伸ばしランナーでそれらしくしてみましたが、救命筏コンテナも位置が微妙にズレているのか、私の加工ミスか無理やり配管を合わせた個所があります。

あ、右舷中央付近の一か所、換気孔?を付け忘れていますね(^^;

あと艦橋部分の後部張り出し部分艦尾寄り下部に大きめの支持架が見えますね。(後日追加予定)

まだ途中ですが今回はここまで。この後頼んであった純正Eパーツを引き取り.取り付けます。

2010年3月 8日 (月)

サクラサク.

息子が第一志望校に合格いたしました。

我が息子ながらとんでもないところです。天晴れ!

これで通常通り再開いたします。

とりあえず祭り会場の整備といただいたコメントレスからですね<(_ _)>

う~ん、かなり浦島太郎状態になっているような予感(笑)

2010年3月 4日 (木)

雑食モデリング

PCをちょっと触れる合間に

●夜間戦闘機コン/WWⅡ双発戦闘機祭り の完成記事アップいたしました。

あきみず様、XJunで〜す様 遅くなり申し訳ありませんでした。

この機会にさっと「手を動かしているぞ~」も載せます。
(急いでいるので誤変換要謝)

----------------------------------

Sdkfz7

●対空兵器コン にはまだエントリーしていませんがSd.Kfz.7/1用のフィギュアです。
ただし車体を冬季塗装にするかどうか悩み中なので出番はないかもしれません。
タミヤオリジナルドラゴン砲兵から。

---------------------------------------

Me210 Me21001 Me21002

●夜間戦闘機コン/WWⅡ双発戦闘機祭り 次期エントリー作決定

WWⅡ双発戦闘機祭りにイタレリ1/72 Me210A 
資料
・航空ファン誌1997.3~7連載の国江隆夫氏のMe410
・スコ-ドロン社Me210/410
・ファインモールドMe410キット&組説

コックピットを少しいじっていますが詳細は後日。
ちなみにこの機体、キット完成機を調べてみると日本では
本家ドイツ機よりも日本機(輸入機)塗装される方が多いようですね(笑)
私?多分ドイツ機にも日本機にもしません。

-----------------------------------

Ddh142

●海上自衛隊祭り のエントリー品 DDH-142 ひえい

艦橋を少しいじっていますが、このキットもろにDDH-141 はるな仕様ですね。
「ひえい」にするにはレイアウトはかなり違います。
画像はまだすべて修正していません。

こちらも後日、修正点等をあらためて記事にします。

おっと時間切れ・・・

2010年3月 1日 (月)

すみませんm(_ _)m

ちょっとPCに触る時間というか触れる時間がすくなく
記事に頂いたコメントのレスやブログ訪問もサッと眺めるだけでコメも残せていません。

もうしばらくしたらまたPCを弄られる時間も取れると思います。
コメレスや訪問時の足跡を残せないのをもうしばらくお許しくださいませ。

ブログを休止するわけではありません。

PS.夜戦双戦祭りの完成記事も少し遅れますがもうしばらくお待ち下さい。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ