フォト
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の12件の記事

2010年1月26日 (火)

海自祭り発令!

このお方このお方による海上自衛隊祭りが正式に発令されました。

この時期近辺では祭り・コンペだらけであります・・・(笑)。

1月9日の記事で候補にあげていたエントリー予定キットのなかで、
今回は無難にPit 1/700 DDH-142 ひえい でいきます。

いつもはあまり人がやらないようなキットを選定しがちなんですが、今回はらしくなくノーマルに(笑)
※実は南極観測船「宗谷」なんて狙っていたのですが、「宗谷」はまだ海上保安庁所属で、海上自衛隊管轄は次船のAGB-5001 南極観測船「ふじ」からなんですねぇ。(残念)

まだ製作にかかっていないので個人勝手なキットレビューでもしておきます(笑)
01PIT RORDの他のキットと同じく1.船体 2.構造物 3.武装の各パーツとデカールです。

2 ①:このキットに限らず1/700艦船模型でネックになるマストのトラス構造の桁がプラ成型の限界か太く潰れ気味です。
しかも型ズレしていて繊細さが必要なパーツにもかかわらず大きく段差が出てるし・・・。

ここはエッチングパーツがあれば絶大な効果を発揮するところです。(持ってないけど)

適材適所のエッチングパーツ使用は否定しませんよ~。むしろ持っていれば使ってください。
(要はパーツが存在するからと言って使うと不自然なところまでわざわざ置き換えてまで使うなということ。
ex.爆風でガラスがすべて吹き飛んだような1/700航空機のエッチング製キャノピーフレームの使用の一般商業ベースでの奨励に反発。個人でその使用を楽しむ分や技法の一つという紹介で済んでいるならこんなこと書かない。)

②:Pitの艦船キットどのキットにも言えますが個人的には「有難迷惑」(大きなお世話とも言う)旗竿を接着するためのガイドモールドです。

みっともないのでサッサと切り取ってしまいます。(笑)
ちなみに私はきれいに切り取れたら、”救命浮輪”の代用にして使っています。

フェアリーダーもごつくてらしくないですね。

③:が「DDH-141はるな」用、が「DDH-142ひえい」用の煙突でどちらの艦も作れますが、④デカールは「ひえい」用デカールしか入っていません。(「はるな」のキットにはあたりまえですが「はるな用」デカールのみだと思います。)

⑤:両側に大きなヒケがあります。全体的にはここしかヒケはなさそうに見えますが、組み立てているうちに他所にも見つかるかもしれません。

海上自衛隊と言っても艦船ばかりではありません
航空機、ヘリコプター、自衛官etc.いろいろと選択できます。
御興味がおありでしたら皆さまも御参加いかがですか?

-----------------------------------------------
艦船模型ネタということで前回(1月9日)記事の航空母艦「飛龍」①から少しいじった状態を掲載しておきます。

08主錨用のホースパイプは艦首をシャープにするときに消えそうになったので、一旦すべて削り取り改めて追加。

艦首尾のムアリングパイプは無視されているので追加。

どちらもちょっとオーバースケールになっちゃいました。

艦首フェアリーダーもモールドだけ?なのでプラ板で追加し菊の御紋章接着。

※ホースパイプ・ムアリングパイプは伸ばしランナーを薄切りにし(厚みが厚ければ貼り付けた後にペーパーかけし薄くする。)
中心部をピンバイスで彫っていく。(ムアリングパイプは貫通させる。)

2010年1月24日 (日)

1/35 Sd.Kfz.7/2 01

今日の日曜日、予定も何もなくポッカリと1日時間が出来ましたので
sWS with Flak43 塗装・・・・

あれ?形が違わない?と思った方 正解です(笑)

なんとなくシャーシ部分を少しだけ弄ってあった
タミヤ1/35 Sd.Kfz.7/2 フラックザウリア を作っていましたがなんと作り易いのでしょう(笑)

Sdkfz7206_2 ・パテの必要もなく接着面の処理だけでパーツの合いもピッタリ。

・取説も接着部分の指示が適切で迷わない。

・なんとほぼ日中の1日の作業でここまで出来ました。
もちろん素組みで合間に食事もし風呂も入りDVDも観てました(おい!笑)

0sdkfz72a ・最近のキットはエッチングパーツやなんやと同封されて、パーツの数も半端じゃないキットが多い中、気軽にしかもストレスなく組みあがるキットって貴重ですね。

そりゃデティール面では最近のキットには及ばないかもしれませんが作り易さから考えるとこちらの方が好みです。

このキットにデティールアップするもよし、素組みで仕上げるもよし、そこは個人の楽しみ方であって完成へのもっていき方にはとやかく言うつもりはありませんが、素材としては理想的なキットだと思います。
ただ最近T社の値上げ幅が大きすぎるのがキビシイですね(笑)

※まだボンネット部や車体上下等接着してないので浮き上がりや隙間があります。

これ●対空兵器コン にエントリーする前に完成しそうです。

2010年1月23日 (土)

1/35 sWS with Flak43 05

イタレリ1/35 sWS with Flak43 (重国防軍牽引車)

今回はFlak43/37mm機関砲を弄りました。

Sws_with_flak43_a_2

エッチングパーツセットのパーツを使って組み上げたのですが、組みづらいのなんの。

慣れないこととはいえこれだけで車体部分を作る以上の時間と労力を費やしました。

しかもヨレヨレだし(笑)

瞬着だけで組み上げるには無理がありますね。
ハンダを使い慣れている方ならそちらを用いたほうが綺麗にかつ強度も得られると思います。

エッチングの薄さを選択するかプラパーツの作り易さを選択するか、はたまたプラ板でスクラッチするかですが
オリジナルパーツ使用が最も楽なのは当たり前ですが、薄いものは薄くなどある程度のデティールアップしたいときには高いお金を出してエッチングパーツを買って組み立てに苦労を背負い込むくらいなら、エッチングパーツを組み上げる同じ労力でプラ板からスクラッチしたほうが良いかもしれません。
まぁ、あくまでこのキットに対する個人的感想ですけどね。
(すべてのエッチングパーツの事を言っているわけではないので注意!)

Flak43_a ・エッチング製防盾の汚さが目にしみる~(笑)

・機関砲本体部のEパーツ取り扱いはそんなに苦労はしませんでした。

・防盾部の瞬着のみの組み立ては非常に難しいです。

Flak43_b_2 ・防盾と機関砲本体の取り付けで見えない部分の取り付け支柱は取り付けに無理が来たので端折りました。

・右下部分など隙間を作ってはいけない部分に隙間ができちゃっています。

・薬莢受けは塗装時に取り外し塗装する予定なので取り付け支柱はまだ未装着です。

2010年1月20日 (水)

1/35 sWS with Flak43 04

イタレリ1/35 sWS with Flak43 (重国防軍牽引車)

ここ数日ごちゃごちゃとあわただしく落ちつきませんがユルユルと進めています。

Sws_with_flak43_10_2 .

.

.

.

.

.

.

.

.

・卓上の見た目は進行軍に占領された工場の破壊された生産ライン状態です(笑)

前回の車体前部に加え荷台部分を組上げ、Flak43/37mm対空機関砲に取りかかっているわけですが、パーツが細かいにもかかわらずイモ付け状態が多く完全固着させないといつの間にやらズレていたり傾いていたり…

しかも組説が銅鑼に負けないくらい取り付け位置指示が不明瞭(なんだかなぁ)

なんとか進めていきます。
(某専門雑誌の作例だとこちらは使わずタミヤのFlak43を使いましたなんてあっさりと書いちゃうんだろうなぁ。皮肉・・笑)

・照準器や回転ハンドル等ブロックごとに組み上げている状態で、それを機関砲本体に取り付けていきます。

Sws_with_flak43_12_2Sws_with_flak43_13 .

.

.

・プラパーツ部分は組み上げましたが、この後難儀なエッチングパーツの防盾の組み立て取り付けがあります。(あと弾薬スレートや薬莢受け等も)

・機関砲本体部分もエッチングパーツの置換個所をいくつか端折っています。
どう見てもエッチングパーツに変えたら不自然に見える部分が結構ありますね。

パーツがあるからとすべて交換する必要はないと思いますが、個人的にこっちをパーツ化するくらいならこちらをパーツ化してほしかったという個所も何箇所か有りました。 

2010年1月15日 (金)

1/35 sWS with Flak43 03

全国ニュースにもなっておりますがここ連日の大雪の除雪疲れで帰宅後はボケ~っとしておりましたが、降雪の峠は越したようでやっと息がつけました。

ということでPCも開いてもコメも残さずにボ~っと流して見ているだけでした。
当然模型の進展もまったくなかったのですが、本日少しいじってみました。

sWS with Flak43 (重国防軍牽引車)

001_2とりあえず指示通りに内部の基本塗装を白にしましたが、もともとオープンコックピットのトラックなので装甲キャビン内も車体と同じダークイエロー系のような気もするのですが・・・。

しかも外に露出する部分も白色になっていましたが・・・陸物が詳しくない私はこのままバックレますかねぇ(笑)

赤の消火器や計器板左端のガスマスクケースは接着指示もなくパーツにもありません。
(エッチングパーツでは設置用金具のパーツはありましたが金具だけで装備品パーツはありません。)

ガスマスクケースはジャンクパーツから、消火器は4号戦車パーツから持ってきました。

上部装甲キャビンパーツを付けるとほとんど見えなくなりますが一応汚しておきました。
ここは飛行機模型に通じるところがありますね。

・↓前記事で色々物議をかもしだした(笑)エッチングパーツ使用です。

002_2

これでもエッチング置換指示パーツを少し端折っています。

ボッシュライトはタミヤ4号戦車装備パーツセットから、引き込みコードも付けました。

操縦席クラッペは操縦席側を開けて内側の支持ガイド?もプラ板からでっち上げて付けてあります。

左右フェンダー上のポールは昔何かで買ってあったメーカー不明の金属製。

・バンパーとフェンダーが一体成型で分離していないように見えるので切り込みを入れ、ボンネットハッチも同様に切り込みを入れました。

・エンジン始動用クランク差し込み孔は開けてみました。

左右サイドドアはスライドか観音開きの選択でしたがスライド方式を選択。

・エッチング使用個所は御覧のとおり。(指示されたすべてのパーツを使ってはおりません。)

まだ完全ではないですが今回の作業はここまで。

2010年1月12日 (火)

1/35 sWS with Flak43 02

700航空母艦「飛龍」はちょっとお休みして
2009年12月21日より放置中の●対空兵器コンエントリーキット

イタレリ1/35 sWS(重国防軍牽引車) with Flak43

再開!
といってもこの連休中で弄った時間は合計で2時間程度。
記事にするほど製作は進んでいません。
(「飛龍」も微妙に進んではいるのですが・・・似たり寄ったり。.)

Sws_with_flak43_03Sws_with_flak43_05 .

.

.

・以前記事中に書いたのですが、
このキット 自分としては珍しくエッチングパーツセットを買ってありまして早速使ってみたところ・・・・。

慣れない物は使うもんじゃないですなぁ。

・ビフォアー、アフターと並べてみました。
右に転がっているのはまだ取り付けていないエッチングパーツの無線機です。
使い慣れないエッチングパーツ・・・プラ加工のほうが楽ですね。

もちろん床の滑り止めやメーターパネルなどはエッチングパーツに軍配が上がりますが、なにがなんでもエッチングパーツが良いというわけでもないと思います。
しかも操縦席は完成時にはほとんど見えなくなりますし(笑)

あえてエッチングパーツを使わずタミヤの4号戦車装備品パーツを使ったところもあります。

・このエッチングパーツセットの本領発揮するのはFlak43の再現時だと思います。
乞うご期待?

sWS with Flak43 (重国防軍牽引車)

2010年1月 9日 (土)

海自祭り予告

このお方このお方による「海自祭り(海上自衛隊祭り)」の開催が決定したようです。

開始は2010年2月1日からということで要綱はまだ製作中とのことですが会場は決まっているようです。(決まり次第リンクを貼らさせていただきます。)

私はすでに●夜間戦闘機コン/WWⅡ双発戦闘機祭り●対空兵器コンエントリーしておりどちらもまだ製作途中なんですが、日ごろお世話になっておりまた当方主宰の祭にもエントリ-していただいているので、やはり参加表明しないと男がすたる(大袈裟な・・笑)

で、押し入れ在庫からちょっと掘り出してみました。

0203 .

.

.

まず順当なところの艦船です。

・DDH-142 ひえい(ピットロード1/700)
・SS-573 ゆうしお(アリイ1/700)
・DDG-173 こんごう(ハセガワ1/700)
・DE229/230 あぶくま/じんつう(ハセガワ1/700)

あと画像にはありませんがLST-4002 しもきた(タミヤ1/700)があります。
護衛艦は一時期作り倒したので手つかず在庫は少ないです。

こちら軽い変化球?直球ではないですね(笑)

01 ・HSS-2Bシーキング(フジミ1/72)
・P-3Cオライオン(アリイ1/144)

候補外(在庫あるも未撮影)
・PS-1A(ハセガワ1/72)
・P-3C(ハセガワ1/72)

・UH-60J(フジミ1/72)
・SH-60J/K(ハセガワ1/72)

手描き等マーキングを変えれば該当機種はまだまだ持っているんですが、手描きも面倒なのですべて却下(笑)
あまり変化球を投げても現用機はあまり作らないため中断蜜柑山行きになる恐れもありますのでこの辺のところで。

上記の青文字から選ぶと思いますが、とりあえず候補を挙げたということだけでまだまだ変更する可能性はあります。

モチベーションアップ!! (音量注意) 

ある年齢以上の方には聞きおぼえのある曲では?
一般には「怪獣大戦争マーチ」として知られていますが、ゴジラに使われる前から自衛隊広報用に使われた曲だそうです。
でもやっぱりゴジラだな(笑)

※追記 上記は出典もとが怪しいので確証したわけではありません。
ただ「自衛隊マーチ」として使われることもあり
実際自衛隊音楽隊では演奏されているようです。

2010年1月 6日 (水)

1/700 航空母艦「飛龍」 1

アオシマ1/700 日本海軍航空母艦「飛龍」製作開始

記事にするほど製作進行しているというわけでも有りませんが・・・。

001

艦首が厚く戦闘艦艇らしくなくカッコも悪いのでシャープにします。

・画像はありませんが艦首甲板はそのまま貼りつけると艦舷の高さがパーツの厚み分(約1mm)高くなってしまいます。
船体を1mmほど低く削って甲板パーツを付ければいいのですが根性無しでそのまま付けてしまいました。

艦尾甲板パーツは船体にはめ込み式で高さは良いのですがパーツをすり合わせないと隙間ができます。
あまり仮組せず付けたため隙間ができましたがパテ拭き取り法で隙間を埋めました。
(隙間よりも滑り止めの有無のほうが気になります。
金額を気にせずアフターパーツを使って作れる方(MG誌推奨法・爆)は前後甲板とも滑り止めモールドのエッチングパーツを切り出し貼ったほうが良いです。)

・整形加工が終わったら艦首尾ともムアリングパイプの開口、錨部分の加工を施す予定です。
フェアリーダーも再現しなければいけませんね。

002

第1煙突基部バルジの形が丸みをおびてらしくないのでパテで裏打ちし削って形状修正。

・左右舷側中央のバルジライン(船体中央付近の凹ラインの事)が上過ぎて要修正(上縁はWLから2mm幅程度)なのですが手間がかかりそうでやろうか止めようか思案中。

※新しい割には図面とざっと比べただけで結構手をかけなければならない部分が多そうです。
バックレて素組にするには違いが微妙に気になります。
傑作キットと言われていますが旧キットに比べてということかな?

おまけ

003 1、利用できる部品を探してWL蜜柑山を漁っていたら航空母艦「加賀」の上下船体パーツを接着して接着ラインを綺麗に処理しただけの中断キットが出てきました。

何故ここで止めたのかとしばし眺めれば・・・
接着ラインを綺麗に処理し修正個所を調べるうちに他のキットに浮気したもの(あるいはライン処理で力尽きた)と思われます(笑)

2、ライバルの米航空母艦「ホーネット」と並べてみました。
同じくらいの大きさだと思っていたら飛龍のほうがコンパクトなんですねぇ。
しかもホーネットも蜜柑だし(笑)

飛龍はボチボチ製作していきます。
ただし●対空兵器コンのエントリー作品を優先しますので飛龍製作の更新は不定期です。

2010年1月 4日 (月)

諸々の事 その2

正月休みの最後の日の1月3日は近所の神社の正月用飾り付けの解体片付けと、またしても降り積もった仕事場駐車場の雪かきで1日が終わり同時に身体もガタガタですわ(疲)

当然家に帰っても何もする気力もなく、キットの選択をしておりました。

●対空兵器コン 用のイタレリ1/35 sWS with Flak43と内緒製作(笑)のタミヤ1/35 sd,kfz7/2はまったく弄っておりません。(身体がだるくて弄られないです。歳だねぇ。)

●夜間戦闘機コン/WWⅡ双発戦闘機祭り
Ta154h72 タミヤ1/48 グロスターミーティアF.1の次の機種を前回イタレリ1/72Ju88C-6の全面黒塗装機としましたが、たまたま1月2日に家内と帰省中の娘と金沢に行きレオナルド11にてハセガワ1/72 Ta154V-3 / A-0特別仕様格安で手に入れましてこれに決定!

なお、これが完成後に余裕があればまた製作のモチべがあればイタレリ1/72Ju88C-6に手を付けます。

もうひとつ、

前回記事で引っ張り出したアオシマ1/700航空母艦「飛龍」

00 ・モチベーションは維持しており作る気はあるので資料なんぞ揃えてみました。

雑誌やWEB上でも有名艦、人気艦だけあって素組から超絶デティールアップまで多数見つかります。

一応出来る範囲で弄るつもりではありますが、いつものように全てにエッチングパーツを使う金満製作だけは避けたいと思っております。
といってもまったくエッチングパーツを使わないというわけではなく、要点個所には使おうと思います。(要するに某雑誌で推奨しているような何でもかんでも全てにアフターパーツを使うことはしないということ。自作や応用も必要ですね。

---------------------------------------------

「諸々の事」記事のお約束、お気に入り女優さんコーナー
(いつお約束に決まったの?笑)

1月2日夜、金沢より帰宅後DVDを観ておりました。
Photo

・今夜は日本映画の「ローレライ」
ちょっと前の潜水艦の映画ですね。
内容はWEB上でググれば多数ヒットしますので省略。
まぁ戦闘シーンなど突っ込みどころ満載ではありますがそれなりに楽しめます。

.

1Photo_2女優香椎由宇さんです。
一般デビューはこの映画より前からですが映画デビューはこの映画だそうです。

左の写真のおしりがなんとも・・・おっとっと(^^;

最初は美人過ぎていまひとつ入り込めなかったのですが、別のTVドラマ、映画や某発泡酒CMでのコミカルな面を見るにつけ、「お!なかなか良いじゃん」とちょっと気になりはじめた女優さんの1人です。

惜しむらくは人妻であること(笑)

2010年1月 2日 (土)

フジミ1/76 タイガーⅠ後期型 完成

寅年記念キット完成です。

フジミ1/76 タイガーⅠ後期型 
Panzerkampfwagen VI Ausf. E (Sd Kfz 181)

第505重戦車大隊 1944年 ロシア
sPzAbt.505,June 1944 Russia

F7601F7602_2F7603F7604F7605F7606F7607ミニスケールにしては全体にやや暗すぎた感があります。

なぜならウオッシングした後”適当に”という悪魔のささやきで拭き取っていません(笑)

キャタピラの向きが左右逆なのは指示通りに付けたつもりが間違っていたのか?
でも接着ガイドの凹凸があるのでおのずと向きは決まってくると思うのですが・・・ 

ほぼ丸一日で完成したのは車体の箱組みおよびツインメリットコーティングまで終えていた中断キットだったためと、デティール追加も最小限に抑えたためだと思います。

※前回記事より追加個所:ワイヤーロープは極細タコ糸に変更。
  ミニスケールAFVの完成品はほぼ2年半ぶりです。

フジミのこの1/76タイガーⅠは傑作キットです。
(Fujimi 1/76)

2010年1月 1日 (金)

諸々の事

今日1月1日は午前からの雑用があったのが無くなり時間ができました。

・午前中はPC上の挨拶回りをしワンパターンの詰まらない正月番組は見ずにDVDを見て過ごしておりました。

ちょっと古いですが1本目はバイオハザードII アポカリプス

ホラーではありますが顔をしかめるような特殊メイクは少なくアクション傾向が強いです。

主人公のアリス役のミラ・ジョヴォヴィッチもいい女なんですが、ジル・バレンタイン役のシエンナ・ギロリーがハマリ役なのかものすごくいい女でお気に入りの女優の一人です。

0j_1_1 ・この女優さんはもちろん他の映画やドラマにも出演されていますが、この映画でのジル・バレンタイン役のイメージは他の出演作のイメージとまったく異なる感じがします。

もちろんこの映画での彼女がお気に入りです(笑)

.

で、いつものごとくDVDを観ながらキット弄りしていました(笑)

・大晦日記事に書いたフジミ1/76タイガーⅥ後期型をチマチマ弄っていました。

え!?「飛龍」はどうしたかって?
今年は辰年ではないためとりあえず寅年のタイガーからです。

F76_01aF76_02aF76_03a.

.

.

1.ペリスコープガードを置換
2. ライトコード追加
3.サイドスカートの取り付け金具設置
4.エンジン点検ハッチ取っ手の金属線置換
5.マフラー上部取り付け金具の金属線置換
6.リアマッドフラップの薄々攻撃
7.ハッチの取っ手の金属線置換
8.ピルツェンの開口
9.ゲペックカステン留め具の追加

こんなところでしょうかねぇ。
時間がとれるうちに作業して明日未明までにはサクッと完成させたいですね。

・おまけ

020091231_2343 神社の神殿内からの画像ですが携帯電話のカメラのため画像は粗いです。

方向が反対なので御利益は?

謹賀新年

A_2         

明けましておめでとうございます

昨年は何かとお世話になりありがとうございました。

本年も変わらぬご支援のほど

よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

                 平成22年元旦

雨晴海岸・立山連峰より朝日

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ