フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の9件の記事

2009年10月28日 (水)

1/48 スピットファイアMk.5b T.H.2

●夜間戦闘機コン/WWⅡ双発戦闘機祭り が始まってしまったので大急ぎでスピットファイアを仕上げようと弄ってみましたが、心はすでに祭りへと…(笑)

ハセガワ、タミヤ1/48スピットファイアV 両機とも士の字にしました。
(10月12日の1/72 燃料補給車 ①以来ほとんど模型は弄っておりませんでした。)

Mk5bth_13主翼上半角:作り方がまずかったのか分かりませんが、ハセガワ(上)がタミヤ(下)に比べかなり角度が付いてしまいました。

写真では良く分からないかもしれません。
どちらも主翼基部の接着部分の隙間をなくすように接着しました。
ハセガワは後述する(※1)部品分割の影響があるかもしれません。

Mk5b_007 ・どちらも主翼下面後部のΩを再現しようとした結果の部品分割だと思われます。
あまりこだわらないのでどちらも形に不満はないですがH社の主翼接着にはかなりストレスを感じました

・胴体に主翼を合わせると主翼後部部分が浮き上がり、押さえつけないと接着できないのと、分割ラインがぴったりと合わせにくく段差ができる。
また、その部分を均そうとするとちょっと複雑なモールドがあるので消してしまわないように気を使う(単純な直線モールドではないので消すと再現が難しそうです。)。(※1)

Mk5b_006主翼基部の接着T社は隙間があるように見えますが、塗料が溶けて表面ににじみ出ちゃったので離れているように見えるだけで、実際は隙間も段差もありません。

H社も隙間はありませんが、隙間をなくすように.接着すると最初に書いたように上半角がつきすぎたようになります。

ちなみに主翼の上下がズレて接着してしまったわけでもなく、上下のパネルモールド線はちゃんと一致して失敗はしていないと思います。

・また機首下面のパーツは両社種類が違うのではっきりとは書けませんが
H社のほうは若干下面パーツのほうが広くペーパーがけを必要とします。
T社はほとんど一致してはいますが主翼部分に若干の隙間が出ます。

あまり仮組みしなかったので、おそらく70%以上は作り方がまずかったせいだと思います。

士の字まで出来ましたが祭りが始まったので浮気するかも(笑)

完成はちら(←クリック)

-----------------------------------------------

祭り用キット

エントリーキットは”夜間戦闘機”がやや人気高のようです。
”双発戦闘機”が少ないので第1号機はそちらのほうにエントリーしたいと思います。

前回候補をあげましたが、どれもとびぬけてモチベーションが高いというわけでもなく少しの差なので変更可です(笑)

Bf110はかぶりますし、新たな双発戦闘機候補

Ju88c6 ・天邪鬼的に

イタレリ1/72 Ju88C-6 重戦闘機型

.

戦闘機の範疇にはいるかどうか微妙かも・・・。
まぁ、箱にはHEAVY GERMAN FIGHTER と書いてあるし、PCや雑誌等で調べてもC-6は”戦闘機型”と書いてあるのでエエでしょう。

このキット、タミヤからもOEM製品として出ていますね。

302Photo ・なにげに302空の写真集を眺めていたら、銀河改造夜戦の写真で、アンテナ柱にのぼりを立てた写真が…

これ再現してみたいぞ!ということで

0102 ・余裕があれば銀河夜戦も作ってみたいですね。

本家の陸爆「銀河」の開発にはJu88の影響を少なからず受けたということでJu88の遠い親せき?

.

Ju88g172 で、さらに余裕があれば先に筆頭候補にあげた

ハセガワ1/72 Ju88G-1

まぁ、複数キットは祭り会場の方向性を見ながら、かつ共同制作のディオラマも作らなければならないので様子を見ながらでしょうか。

PS.巷でちょっとショックなニュースが流れました。内容の性格上コメントは控えますがなんともやり切れませんね。

2009年10月25日 (日)

第5/6回祭り個人的ネタ

PCリカバリーも無事になんとかこなせ、普通のVisuta並みの開きにくさまで回復できました。

でもいまだにYahoo系のブログは開きにくい感じが残ります。

祭り/コンも続々とエントリーいただきありがたい限りです

ウチでも何か決めなければと膨大な在庫の中から撮影できるものだけ撮ってみました。

候補筆頭

Ju88g172Ju88G-1(72)ハセガワ:昔mpcとか言うメーカーの同機体を作ったことがありますが、ハセガワから特別仕様として出ました。

特別仕様にする必要性が理解できません。

以前はこんな特別仕様とか限定キットは作るのもったいないなんて思っていましたが、墓まで持っていくものでもなし、某オクで売るつもりもないので気にせず作る方向で。

第2候補

3348P61b72Bf110g248 .

.

.

彗星33型夜戦(48)ファインモールド:ファインの組み立て難儀キットです(笑) この型の夜戦は実際は厚木に2機のみ存在したと何かで読みました。

P-61B(72)ドラゴン:ドラゴン特有のパーツ表面が梨地で均すのが大変、かつ離型剤べったりなキットで組み立て前の下処理が大変な、また合いも悪いらしいキットです。
最近のプレミアキットとして塗装済みエッチングパーツ付きで再版されました。

Bf110G-2(48)レベル・モノグラム:以前ヤフオクで落札。夜戦型は競り負けまして(振込+送料+商品料の合計が定価の8割以下でないと止めます。)重戦闘機型しかありません。主翼の接着面等が少なく、ある程度強度を考えながら作らなければならないらしいキット。

以上3種は祭りでもなければ面倒くさくて作らないようなキット。

第3候補

48Me410b172.

.

.

屠龍(48)ハセガワ:言わずと知れた最新キット。最新故にそれほどモチベが高くなくこの位置の候補。

Me410B-1(72)ファインモールド:過去に同シリーズの偵察型を作った時、キャノピーの製作が面倒だと思ってしまい、あまり食指が湧かないキット。
このほかに写真を撮り忘れたイタレリ(72)Me210なんて機体も同じ理由。 

・ウケ狙い

72 ・ウエストランド ホワールウインド(72)エアフィックス:ミーティアはともかくホワールウインドは多分穴でしょう(笑)

クラッシックエアフレーム(だったかな?)で1/48簡易キットもあったと思いますが、うちにはエアフィックス72しかありません。

Ar24072Ar240A-02(72)レベル:フジミの月光も作りにくいキットですがメジャーどころ。

一番上のAr240なんて大穴じゃないでしょうか?

たしか夜戦型もキット化されていましたが持っておりません。

この機体、駄作機ですがちゃんと実戦に使用されています。

152v372Ta152V-3(72)ハセガワ:ハセガワスタンダード製品だと思ったら田舎ではあっという間に見かけなくなったキット。

キット化は嬉しかったですが売れなかったんでしょうねぇ(笑)

.

その他

0hasegawa0doragon0etc .

.

.

このあたりは在庫しているもののモチベーションは非常に低いです。
まぁ、ウケそうなキットもあるんですが・・・。

まだ他にも1/72単発夜戦なんていくつか在庫していますし、それにしても呆れるくらいのありますなぁ(爆)

2009年10月22日 (木)

第5/6回祭りネタ 続報2

前回記事の皆様のレスの冒頭にも書かせていただきましたが

どちらか一方に決めちゃうと参加が難しくなる方もおられますし
どのみち対象の範囲も狭く重なる部分も多いため
このさいなので2題とも併催しましょう

ということで回数も「第5/6回」に変更です。

とりあえず「要綱」を作ってみました。(ほとんど今までと同じで、お題と日付の変更程度です。)
「完成欄」も2つ作ってあるので少し見にくく「要綱」は1番下になります。

http://simiso21.cocolog-nifty.com/

何かご意見がございましたらこちらのコメント欄に書いてください。
いくらでも変更、調整できます。
(締切日延長とかでもいいですよ。)

あ!肝心のエントリーもしてくださいませ。

当方のPCの調子が悪いのは前回の台風時の接続不通のあたりからで
場所、ブログによりまったく開かないか、ものすごく時間がかかります。
(運よく開いてコメントを書いて送信しても時間がかかりすぎて通信が遮断されてしまいます。)

一旦PCのリカバリーしますのでしばらく音信不通になるか
あるいはあっという間に通信できるようになるか・・・蟹の味噌汁

2009年10月20日 (火)

第5回祭りネタ 続報1

皆様たくさんのご賛同ありがとうございます。

返事も17日未明以降遅くなり申しわけありません。
ちょっとPCがトラブリまして調子が良くありません。
返事も遅くなりネット徘徊もやりにくい状態です。

●お待ちいただいていると思いますので
今回は簡単に続報のみを書かせていただきます。
(調子悪く単語の色変換しないので読みにくいかもしれません。)

今のところ(20日AM1時現在、夜間戦闘機と双発戦闘機の票が同数で拮抗しております。
どちらでも当てはまる機体も多いため選択も悩まれているのだと思います。

※5名以上の御賛同をいただきましたので”祭り/コン”に目出度く昇格(笑)

●で、提案なのですが「お題は両方」としてエントリー時にどちらにエントリーするか明記していただくというのはどうでしょうか?

もしバナーを使われる場合はエントリーされた方を使用していただくということで。
(参加される方は勝手に持っていっていただいて結構です。)

”1キット1題”で重複エントリーはできずどちらか一方のみとする。
もちろん両方のエントリーは構わないのですがその場合は別キットでそれぞれエントリーする。


・例えば
Bf110G-4 : 双戦でも夜戦でも当てはまりますが、1キットで両方のエントリーはできず、エントリーはどちらか一方のみ。

月光 : 前期型を双戦で、後期型を夜戦でエントリー。

等々

ただ、こうした場合「祭り会場」では”どっちがどっちか”ちょっと区別がつきにくくなるかもしれませんけど・・・。

やっぱりスパッと一つに絞ったほうがよいでしょうかねぇ。

2009年10月15日 (木)

第5回祭りネタ 

前回の●日本海軍重巡洋艦祭り から半年以上、●零戦祭り からみると1年以上経過してしまいました。

その間にもあちらこちらで祭りやコンペが開催されていたのであえてこちらではやりませんでしたが、そろそろ「やらんのか~」という声もチラホラと聞こえてくるようになりました。

独断と偏見で「夜間戦闘機」WWⅡ双発戦闘機」でやろうと思っています。
あまり範囲を広げると大人数でない限りお題が分かりにくくなるため絞っています。
※どちらかに一方に絞りたいと思います

開始時期も期間も要綱も何も決めてはいませんが、
お題限定でも御賛同者いらっしゃいます?

例により5人以上の御賛同があれば開催いたします。

参考バナー

Photo .

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

         [または]

.

Ki4502toryunick2 .

.

.

.

.

※バナー製作秘話:水着おねいちゃんに天使の翼を付け双発機に見立てたバナーにしようと思いましたが、あまりにくだらなかったので止めました(笑)
!ヤカンもくだらん(爆)!

2009年10月12日 (月)

1/72 燃料補給車 ①

金曜日は各ブログ訪問やネット徘徊で時間をつぶし、土曜日は夕方まで仕事で夜は久々に飲みに誘われ夜の市場調査(笑)

で、日曜日は家でごろごろしつつ模型を弄り~のDVDを鑑賞し~の(昔で言う”ながら族”ですな)しておりました。

PhotoH社、T社比較製作の48スピットファイアは胴体張り合わせ乾燥待ち

・左にある首なし72グラマンは依頼品ですが機首にキャットマウスを手書きで書こうと思っていたら面倒になり2009年9月13日 記事以降そのままになっています。

スピットファイアの乾燥待ちの間、模型製作のモチべ-ションもあることだし中断キットでも…やる気が起きないなぁ。

17200各国のWW2燃料補給車でもやってみるか。

1/72だし在庫減らしの3種同時製作~!

もちろん素組み。(案外早く形になったので今回はちょっと弄るかな・・・かも・・・未定。)

ここにエアフィックス社英軍燃料補給車があればそろい踏みだったものを・・・持っておりません。

あと過去にPST社ソ連軍燃料補給車を持っていたんですが、パーツを見て恐れをなし人にあげました。(もしかしたら合宿のビンゴ用景品でだしたかも?)

17201 ・どの車両もタイヤを付けていませんが、どれもパーツ処理をして各2時間もあれば形になります。

しかもDVDの映画を観ながら作っていたので集中すればもっと短時間で形にできたかもしれません。

今回作っているドイツのオペル燃料給油車はメッサーやフォッケの一般的な機体の燃料ではなく、Me162コメットの特殊溶液の(T液かC液どちらか)補給車で一般的な燃料補給車両ではないらしいです。なぜこの型の燃料補給車をモデル化したのか・・・。

2009年10月 9日 (金)

台風と暴風注意報

皆様、.台風一過いかがお過ごしでしょうか。
何も被害がなかったことを願っております。

当方、風雨が凄まじく夜半中家がギシギシと音を立て、ゆらりと揺れたりで寝不足でした。
というか久々の強制徹夜(笑)

パソコンでリアル天気予報を見ようとしたらプロバイダーに接続不能・・・

しかも午前4時前後には停電、電話不通・・・・

電話線がやられたのかケーブルがやられたのか分かりませんが外部連絡は不能。

携帯電話がありますので、完全孤立というわけではないんですが

なんとかラジオで状況把握をしていましたが、電気がないと何もできないのだなぁと実感。

冷蔵庫は大丈夫か!冷凍食品があ~~~!

パソコンも復旧しこうして記事をかけているわけですが、木曜日未明からPCを弄らないと禁断症状が・・・(禁断症状はウソです。笑)

2009年10月 7日 (水)

1/48 スピットファイアMk.5b T.H.1

突然ですが1/48 スピットファイアMk.Ⅴbです。
(Supermarine Spitfire Mk.Ⅴb)

え!気まぐれにもほどがあるって?・・いつものことです(笑)

Mk5bth ・単に作っても面白くないので同時期に発表されたタミヤハセガワの同じ1/48スピットファイアMk.Ⅴb作り比べをしてみます。

ハセガワの組説が変色しているのはずっと蜜柑山に積んであったせいですcoldsweats01

以下いずれの画像も基本塗装とデティールアップなしの素組みで、軽いドライブラシのみで使用感もだしてありません。
(塗装はどちらの組説も指示不十分なため、現存機のコックピットカラー写真を参考に塗装してあります。)

・コックピット1

Mk5b_001ハセガワの再現範囲でタミヤの細部表現だったら最高です。

好みはパーツが精密に見えるタミヤかな。

ただハセガワは防弾板のシートベルトが通る穴が開口されている点は評価できます。

・コックピット2

Mk5b_002 ・コックピット側壁の再現はスロットルなど別パーツにしているタミヤが良いですね。
塗装もやり易いし、精密感が違います。(微妙に機器類の数が違います。)

キャノピーと乗降ドアを開けるなら迷わずタミヤ。(タミヤには開用の乗降ドアパーツが別部品で用意してあります。)

ただし模型製作中に4次元空間が出現しパーツが消えることが多い方はハセガワが良いかもしれません。(笑)
(ハセガワはパイロットを乗せるかキャノピーは閉めたほうが良いと思います。それなりの再現はありますがなんとなくもったりとした感じであえて見せようという気にはなりません。
もっともハセガワには乗せたくともパイロットフィギュアは無いですけど・・・。)

・計器板

Mk5b_003 ・スピットファイアMk.5の一般的な配置ハセガワが正解なのか…な?
タミヤには記録写真にない計器のモールドがありました。

まぁ。余分なものは削り取れば良いのですが、もしかするとⅤ型にはそのような計器もあったかもしれず資料不足で確認できませんでした。

塗装塗り分けのやり易さは6:4でタミヤでした。(計器はデカールではなく塗装です。)

タミヤは計器のデカールが無いので手描きせざるおえません。
デカールが必要な方はハセガワを選択ですね。もっともハセガワの付属の計器デカールも出来はいまいち・・いや、いま3くらいです(笑)

計器枠は模型的にはホワイト塗装が強調されていいのですが、実際は黒枠なのであえてそのようにしてあります。
そのため計器板のブラックは少量の白を加えて黒に近い灰色にしました。

・胴体形状

Mk5b_004 ・両社胴体を貼り合わせてみると、第1風防タミヤハセガワより大きく機首方向に長いです。

機首の燃料注入孔がハセガワでは胴体一体でしかも1段下がっているので接着ラインの処理が困難なのに比べ、タミヤは別パーツでちゃんと○で再現できるところは細かいところながら評価大

・胴体後半、タミヤ特有のデフォルメなのかハセガワと比べ胴体縦幅が太く垂直尾翼も微妙に大きい。
そのせいか男らしいスピットファイアになってしまい独特の微妙なラインが崩れているような気がします。

・機首、胴体後半と同様にデフォルメされており先端が太く全体に四角くなってしまっています。
参考に図面と比較してみますが、ハセガワのラインのほうが図面に近く、スピットファイア独特の綺麗なラインが出ていると思います。

全体型はハセガワが良いですね。

・主翼形状

Mk5b_005 ・画像の中に解説を書きこみました。

.

.

・まとめ(個人勝手な評価)

あれこれ弄ってデティールアップするならタミヤのほうが手間が省けていいと思います。
細かなパーツの精密感や部分的な造形はタミヤですね。

機体形状を重視するならハセガワで全体的なとらえ方は(図面に近いという意味で)さすがに飛行機のハセガワです。

また、スミイレ等を施しかっちりしたものが作りたいならタミヤ
ただし濃い目の色でスミイレするとモールドが比較的深いので目立ちすぎるので注意が必要です。

逆にハセガワはやや濃いめのスミイレを施すかパネルラインを強調した塗装(と言っても限度はありますが)をしないとモールドが浅いため(繊細なという表現をよく見かけますが、単に浅いだけでしょう。笑)眠い完成品になってしまいそうです。
ちなみにパネルラインとパネル内の濃淡差が大きな塗装例を見かけますが、否定はしませんが表現方法としては私の好みではありません。

ハセガワの機体形状でタミヤのパーツシャープさ&モールドだと最高ですね。
 
自分の製作方法と作風を考えると1/48スピットファイアに関してはタミヤが好きです。


まだ仮組みの段階で完成時には違ってくるかもしれませんが、
全体的な機体形状を重視される場合はタミヤはお勧めできません、デフォルメが強くスピットファイアらしいやわらかな曲線が無くなっています。

以上勝手なキット比較でした。
参考にされてイメージが違ってもノークレームで(笑)

個人的な感覚で書いているので購入の際にもし参考にされる奇特な方がおられましたら文章ではなく画像のみの御自分の好みでお選びください。

なお商業模型誌ではないので無意味なメーカー(よいしょ)持ちあげはしていないつもりです。
どっちも甲乙つけがたいなんて比較の意味ありませんから。
両キットが出た時に雑誌に同じような比較記事が出たと記憶していますが
比較のやり方が全体像か無塗装パーツのみのパーツの良し悪しではなく単なる形状比較(実機ではなくH社パーツとT社パーツ、単純に両社パーツを比較しどっちがどっちのパーツよりもサイズ・丸いやら四角いやらの形状のみ)で
どちらを作っても甲乙つけがたいスピットファイアができるなんてどうでもいい内容で不完全だったような記憶があります。

完成はこちら(←クリック)

2009年10月 1日 (木)

イタリア海軍駆逐艦フレッチア級 完成

1/700イタリア海軍駆逐艦フレッチア級

2日で完成です(笑)
その代わりなにも弄らずデティールアップ無し
塗装ベタ塗り状態、ただ塗っただけの汚しなしです。

010203040506 .

.

.

Freccia_1・フレッチア級4隻のうち左写真の”FR:フレッチア”にしようと思いながら、何を考えていたのかSA:サエッタにしてしまいました。

後日写真のFA:フレッチアに変更予定です。

なぜそうするかと申しますと、舷側に書かれている固有艦記号の”S"が独特の書体で、今回の完成品に書いたような”S"の字ではありません。

ちなみにフレッチア級4隻の記号は以下の通り。
ダルド(DARDO):DR
フレッチア(FRECCIA):FR
サエッタ(SAETTA):SA
ストラーレ(STRALE):ST

Strale_dardo_saetta Pitの取り説では艦橋角型(DR,SA)丸型(FR,ST)の違いを表現するようになっているのですが
戦前は2種類でも大戦中のある時期からはすべて角型のように思うのですが・・・あるいはその逆か。資料が少なく良く分かりません。(写真はストラーレ、ダルド、サエッタ)

武装機銃を中心に変更されているのですが、装備および変更状況はまったくわからないのでキットのまま(戦前仕様)です。

あ、形状不良のプロペラガードを切り取ったまま付け直してない…

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ