フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の6件の記事

2008年12月31日 (水)

今年はお世話になりました。

平成20年もあと3時間ほどとなりました。

皆様には今年はいろいろとお世話になり大変ありがとうございました。

来年も変わらずお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

---------------------------------------------------

本年最後として、来年早々よりはじまる日本海軍重巡洋艦祭りのエントリーキット

フジミ1/700「足柄」用艦載機を作りました。
010201_202_2 .

.

.

フジミの重巡洋艦「足柄」最終状態を製作するよう指示があります。
とくに製作年代を替えるつもりもないので最終状態で製作します。

このときの艦載機は資料により色々な説が散見されますので、
とりあえず零式観測機1機零式三座水偵2機を作りました。
零式三座水偵の左翼の日の丸デカールが1部破れている(^_^;)

---------------------------------------------------

この後は地元の神社にて大晦日から元旦にかけ
大祓祭に始まり厄払いの手伝い、元旦祭に出かけてきますので
今年最後の書き込みとなります。

皆様よいお年をお迎えください。

2008年12月29日 (月)

買い物ネタ

いまだに模型弄りしない状態が続いています。

ネタもありませんが本日書店にて以下の書籍を購入。

Photo・ 以前出版された「飛燕戦闘機隊」の姉妹書籍でしょうか?

購入してはみたものの、まだ読んでません(笑)

このような書籍は無条件にレジに持っていってしまいます。

財布に厳しい値段です・・・。

15 ・椎名誠氏の著作はエッセイ、紀行文が好きでけっこう読みます。

J・ヴェルヌの「十五少年漂流記」はフィクションですが、そのモデルとなった島を訪れるお話です。

.

今日は地元の神社へ新年を迎えるための準備を手伝いに行っていました。
大みそかから正月にかけ神社に出張っています。(寒そう・・・)

開催中のWEB模型祭り

日本海軍重巡洋艦祭り

チハタソ祭り

よろしくお願いいたします~。

2008年12月25日 (木)

重巡洋艦祭り

前回の記事でハヤテ殿と2人で年が明けたら1/700妙高級重巡洋艦を作ろうと書いたところ、思わぬ反響がありまして5人以上なら祭りにしようかと考えていたところ、私を含め6名の方が名乗りをあげられ、急遽「祭り」に昇格させることにいたしました。

急なことなのでまだ要綱も何も作っていないのですが、とりあえず概略として。

1/700スケールに限定。

艦種は旧日本海軍重巡洋艦(甲巡、1等巡洋艦) ※1、※2

市販には艦底付き(フルハル)キットもあるが規格統一のためWLのみとする。

製作は素組みでもアフターパーツてんこ盛りでも構いませんが、実在し行動した艦とする。

※1、最上、鈴谷級は軽巡時代でも可。

※2、下記の一覧表の艦

こんなところでどうでしょうか?

・古鷹型:古鷹、加古

・青葉型:青葉、衣笠

・妙高型:妙高、那智、羽黒、足柄 (条約型)

・高雄型:高雄、愛宕、摩耶、鳥海 (条約型)

・最上型:最上、三隈

・鈴谷型:鈴谷、熊野

・利根型:利根、筑摩

エントリーは何時もの祭り会場にとりあえずこの記事と同じ事を書いておきますので、そちらにお願いいたします。

要綱作りました。↓

http://simiso21.cocolog-nifty.com/blog/

製作期間などはこちらで話し合いましょう。(いつものように3カ月ほど?)
製作期間は勝手に3か月にしちゃいました。駄目?

それとこちらの「チハタソ祭り」もよろしくお願いいたします。

Ps.祭り会場を空けるため急いで「零戦祭り」に頂いた写真をアルバムに整理しましたが、なにかおかしなところがあるようでしたら教えてください。できるだけ早急に対処します。

2008年12月23日 (火)

リハビリ?

どうも”やる気なし病”が治らないシミソです。

「こりゃいかん」ということで蜜柑山からキットを引っ張り出してきました。
新キットは途中で挫けそうな気もするし、あまり進んでいないものも再び蜜柑山に行く可能性もあり、ある程度製作が進んだもの素組みでも見られるものです。

148fiat_g50 ・再開リクエストにもありましたし士の字寸前の状態で止まっているものです。
といっても小物部品は見ての通りランナーについたままで進行度50%というところでしょうか。

1700 ・素組みでも十分な出来のキットです。艦底板を0.3mmプラ板に替えて接着し、艦橋左右部品をくっつけただけで中断しています(進行度10%?
これは多少弄るかもしれません。(一応エンガノ沖の小沢艦隊の1艦として作っていました。「瑞鳳」のみ完成)

-----------------------------------------------

新年からの製作予定キットです。

1700_21/700 足柄(フジミ)
ハヤテ殿新年妙高級をやろうと引っ張り出してきました。

御賛同者おられます?
5人以上になるようでしたら「祭り」にしましょうか?

もし御賛同いただけるのであれば、キリがないので1/700 妙高級、高雄級限定させていただきます。
(もう少し広げて帝国海軍重巡洋艦でもいいかな?)
(ただし1/700と1/350では造形に差がありすぎるので1/700限定)

1351/35 一式砲戦車(タミヤ)
「チハタソ祭り」に参加させていただくべく用意しました。
もう祭りは始まっているのですが、製作開始は〆切(2009年2月15日)
ギリギリになるかもしれません(汗)

航空機のほうは前回の記事のなかからと思いますが、前述のキット製作がありますのでそれ以降の気分しだいで変わる可能性大です。

Ps.巷で噂のこんなキットを買ってきました。

1700_3 ・ファインモールドの1/700機銃セットです。
今回は2連装+3連装のセットのみ購入。(単装+2連装セットもあり)
エッチングの機銃とコスト的にはあまり変わらないかもしれませんが、銃身の立体感はこちらが上、ただし防盾がなくつける場合は薄さを考慮しなければなりませんね。

-------------------------------------------------

2008年12月16日 (火)

矢矧1945

シロイルカさんに記事で
沖縄作戦時の矢矧の艦載機の有無について話が出ましたので写真を載せます。

1枚目はあまり発表されていないかも?2,3枚目はよく見受けるので有名ですね。
右に拡大写真を付けておきます。

「矢矧」1945

01 1、坊ノ岬沖海戦 水偵定数2のうちの1機は08:15徳山沖にて対潜警戒のため射出発艦済み。大和に次ぐ大型艦のため攻撃が集中し早々に海上停止。(以後の矢矧攻撃一連写真はもう少しシャープなものが存在します。)

カタパルト上の零式3座水偵はまだ原形をとどめています。機体横の船体左舷の白い部分は魚雷の命中による泡(オイルではなく)の噴出箇所?

02 2、上の写真よりさらに時間経過。零式3座水偵はカタパルト上より左舷に落下。

カタパルトから左舷に落ちた零式3座水偵矢矧水偵。 はっきりとフロートが確認できる。(やや逆ガルぎみで特徴的な零式3座水偵の主翼形状も確認出来ますね。)

03 3、矢矧の最後。艦尾部と後檣の一部海面上に突出。損傷した零式3座水偵が浮いています。

胴体後部と左翼部分をもぎ取られた零式三座水偵の状況(カタパルトより左舷にズリ落ちた時、主翼の折りたたみ部分から外側破損?)右主翼上の大きな国籍標識が目立ちます。

「準鷹」1945

1月別冊「スーパー・零戦 烈風図鑑」という雑誌の中に「佐世保の残照」というページがあり
佐世保恵美須湾の上空写真がありまして空母「準鷹」「笠置」「伊吹」の3隻が写っております。

なかでも空母「準鷹」の写真、解説には触れられていませんが、記憶によると佐世保の「準鷹」1945飛行甲板には迷彩は施されていたであろうがそれらしき写真は無かったはずです。

ところがここに掲載されている写真にははっきりと迷彩跡が分かります
(もっとも最近艦船から少し離れていたのでその間にこのことは周知の事実になっていたのかもしれません。)

著作権があると思われるのでここには1部分しか載せません全貌を見たい方はぜひ雑誌購入をお勧めします。
零戦32型の空母発艦シーンや空母「海鷹」の新発表写真もあり損しないと思いますよ。

Photo ・飛行甲板前半部ですがコピーなので解像度は悪いですが迷彩跡が見えませんか?(実際の写真はもっとはっきりしています。)

.

※皆様への各コメントレスにも資料的なことが書いてありますので是非御併読をどうぞ。

2008年12月14日 (日)

復帰

ブログ復帰いたします。

このようなヘタレブログに休止中もご訪問いただいていたようで感謝感激です。

また前回コメントをいただいた方々にまとめてのお礼になってしまいましたが、改めてお礼申し上げます。

20081201_2048 ・前半はまたまたこのようなところに閉じ込められておりまして、行動の自由もままならず読書量だけは飛躍的に増えました。

ノンフィクション、フィクションにとどまらず娯楽作品からエッセイ、専門書まで幅広く(笑)

まぁ、病状自体は食事制限もなく大したことはないので心配には及びません。(食べる楽しみしかないのでまた腹がでちまった・・・orz)

Hagu 閉じ込められている間に仕事の合間にプラモ製作haguさんより素晴らしき贈り物が届いておりました。
遅くなりましたが再度お礼を申し上げます。
ちなみに食品は全てすでにありません(笑)

復帰作は何にしようかと在庫を眺めておりましたが、帰宅後もなんとなく模型を弄る気力もなく毎日ボケ~っとしており、一応候補をあげておきますが、やる気が無い状態なのでこれらを作るかどうかは分かりません。
PS.なぜかパソコンもさわりませんでした。

・航空機編

172_21/72蜜柑箱です(笑)一箱に4~5機は入っているでしょうか。
小物処理も終え残すは塗装のみというものが半分以上です。(あと同じ箱が2~3箱あったかも。)

右下の1/200エアバス320は飲料のおまけについていたキャビンアテンダントのフィギュアが揃ったので作りたいなぁと思い引っ張り出しました(笑)

148air1/48の航空機の蜜柑はあまり多くなかったです。
左上のFiatG50は士の字直前の状態で放置し、他は胴体と主翼部品を切り離してある程度です。(もう2~3機どこかに埋もれています。)

とくにP-47Dはノーズアートのオネイちゃんデカールが箱絵とかけ離れたブサイクさで気力が萎えました(笑)

・艦船編

1700_01 ・過去にも出しましたが、艦船の蜜柑は10隻以上あります。
そのうち続けそうなものを出しておきます。
中でも大淀はアオシマから新キットがリリースされたためモチべが下がりそうな気もしますが、フジミのこのキットは愛着があるので続けると思います。

1700_02_2 ・いづれも未着手の新品なんですが、上2隻は12月8日ということでパールハーバー物として出しましたが、12月8日はとっくに過ぎてしまいました(笑)

伊勢は戦艦を作りたくなり数ある在庫の中から航空戦艦という気色の変わったものを引っ張り出し、巡戦グアムはとりあえず人が作らないようなものとして出してきましたが・・・グアムはまだ作らないだろうなぁ(笑)

・AFV編

172afv1/72AFVはちょっとお気軽に小さなスペースでビネットもどきを作ろうと出してあります。
左のSdkfz251/1Cは航空機と組み合わせてある場面を再現しようと企てているのですが、思いばかりでまだ手が動きません。

135afv1/35AFVはちまたで「チハタソ祭り」が開催されており、とりあえず日本戦車を2両出してきましたが、要綱も見ていないためどちらも却下されるかもしれません。
ただ先に書いたように製作意欲が少ないためエントリーはもう少し猶予下さい。

右上は夏頃から放ってあるヤクトパンターです。(あとホルヒ&20mm機関砲もありますが写真撮り忘れています。)
他に今のところ再開する気が起きないものが4~5両あります。

このうちいずれかを製作意欲の赴くままに手をつけたいと考えておりますが、どうなる事やら・・・。
もっとも最初の手付キットは全く違ったものになるかもしれません(笑)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ