« 復帰 | トップページ | リハビリ? »

2008年12月16日 (火)

矢矧1945

シロイルカさんに記事で
沖縄作戦時の矢矧の艦載機の有無について話が出ましたので写真を載せます。

1枚目はあまり発表されていないかも?2,3枚目はよく見受けるので有名ですね。
右に拡大写真を付けておきます。

「矢矧」1945

01 1、坊ノ岬沖海戦 水偵定数2のうちの1機は08:15徳山沖にて対潜警戒のため射出発艦済み。大和に次ぐ大型艦のため攻撃が集中し早々に海上停止。(以後の矢矧攻撃一連写真はもう少しシャープなものが存在します。)

カタパルト上の零式3座水偵はまだ原形をとどめています。機体横の船体左舷の白い部分は魚雷の命中による泡(オイルではなく)の噴出箇所?

02 2、上の写真よりさらに時間経過。零式3座水偵はカタパルト上より左舷に落下。

カタパルトから左舷に落ちた零式3座水偵矢矧水偵。 はっきりとフロートが確認できる。(やや逆ガルぎみで特徴的な零式3座水偵の主翼形状も確認出来ますね。)

03 3、矢矧の最後。艦尾部と後檣の一部海面上に突出。損傷した零式3座水偵が浮いています。

胴体後部と左翼部分をもぎ取られた零式三座水偵の状況(カタパルトより左舷にズリ落ちた時、主翼の折りたたみ部分から外側破損?)右主翼上の大きな国籍標識が目立ちます。

「準鷹」1945

1月別冊「スーパー・零戦 烈風図鑑」という雑誌の中に「佐世保の残照」というページがあり
佐世保恵美須湾の上空写真がありまして空母「準鷹」「笠置」「伊吹」の3隻が写っております。

なかでも空母「準鷹」の写真、解説には触れられていませんが、記憶によると佐世保の「準鷹」1945飛行甲板には迷彩は施されていたであろうがそれらしき写真は無かったはずです。

ところがここに掲載されている写真にははっきりと迷彩跡が分かります
(もっとも最近艦船から少し離れていたのでその間にこのことは周知の事実になっていたのかもしれません。)

著作権があると思われるのでここには1部分しか載せません全貌を見たい方はぜひ雑誌購入をお勧めします。
零戦32型の空母発艦シーンや空母「海鷹」の新発表写真もあり損しないと思いますよ。

Photo ・飛行甲板前半部ですがコピーなので解像度は悪いですが迷彩跡が見えませんか?(実際の写真はもっとはっきりしています。)

.

※皆様への各コメントレスにも資料的なことが書いてありますので是非御併読をどうぞ。

|

« 復帰 | トップページ | リハビリ? »

艦船模型 (SHIP)2008」カテゴリの記事

コメント

流石にシミソ様、常に資料証拠に基づいての
模型制作、素晴らしいであります(尊敬)

新年は妙高級やりません?
そうなったら私も引きづられるかも(爆)

投稿: ハヤテ | 2008年12月16日 (火) 22時49分

私も、”丸別冊烈風図鑑”購入しております。
確かに、隼鷹の写真に迷彩塗装の跡がくっきりと残っております!
さすがシミソ殿、鋭いですね。私なんか、ただ漫然と眺めておりました。

投稿: pierre k | 2008年12月16日 (火) 23時50分

●ハヤテ殿
以前(4~5年前?)坊ノ岬沖海戦時の大和の艦載機の搭載の有無でπ殿(だったかな?)が完成した大和に搭載機を載せたら
模型仲間から「当時は搭載機は搭載しなかった」(だったかな?)と言われ反論のために資料を提示したときに、
もう一方の艦載機搭載艦の矢矧はどうだということで調べてあったものです。

当時は二人とも艦船に燃えていました(笑)

「妙高級」ですか、いいですよ。(と、あっさりうなずく私。笑)
手もとの同級手つかずキットにはハセガワ「妙高」とフジミの「足柄Eパーツ付き」があります。
どちらでいきましょう?

投稿: シミソ | 2008年12月17日 (水) 00時17分

●pierre k殿
この”丸別冊烈風図鑑”は「準鷹」は別として
かなりいい写真が多いですね。
久々に即買いでした(笑)

艦船ちゃんを始めるとこのようなところが気になってきます(笑)
「準鷹」の飛行甲板の迷彩は1945時点では施されている確率が高いにもかかわらず
それと分かる写真がなかったのですよ。
(これは当時の状況からすると迷彩が無いのはけっこう矛盾している状態です。)

もっとも最近艦船ちゃんから少し離れていたので
その間にこのことは周知の事実になっていたのかもしれませんが
すくなくとも4~5年前は実際に迷彩が施してあったかどうかの確定は出来なかったように記憶しております。

投稿: シミソ | 2008年12月17日 (水) 00時27分

お帰りなさいませ。
日曜に復帰されてたんですね。大酔いで夜中(もう月曜)に帰宅して、全然覗いてなかったです(汗)
船舶には丸っきりコメント出来ないので、前記事になりますが、かなり高い蜜柑山を築いておられますね(笑)
しかしもっと凄いのは、その蜜柑箱を広げられるスペースがあることです(爆)

投稿: 夜戦部隊 | 2008年12月17日 (水) 01時00分

●マジリ殿
ありがとうございます。
今年は体はもう何ともないのですが入院のせいで燃料補給は自粛しており、ストレスがたまりそうです(笑)

蜜柑箱は一箱ずつ撮影したものを画像結合しただけで
全部並べているわけではないんですよ。
でも我ながらこの中断キットの多さにはあきれ返っております(爆)

途中で面倒になり放置する面倒くさがりなのか、細かな部品の模型を組み立てるので面倒くさがりではないのかよくわからない性格です(笑)

投稿: シミソ | 2008年12月17日 (水) 01時15分

おお、ありがとうございます。
漠然と水上特攻という言葉に惑わされて水偵を載せるような作戦だったのかな?というのが発端です。
(先の大和の疑問を呈した方と同じような発想ですね)

日の丸まではっきりと見える航空写真も参考になりましたが何より対潜警戒というのが納得です。
レイテの戦訓を考えれば確かにそうでありますね・・・

>丸別冊・・・私も立ち読み(!)いたしましたがタイトルで食わず嫌いすると損しますねこの本は!
現在重度の金欠ですのでこの本やスケビ、アマモも横目で眺めてすごすごと帰宅いたしました(爆)

投稿: シロイルカ | 2008年12月17日 (水) 07時43分

この丸別冊はエエですなあ・・・・最近、書店にはスケビを買いに行きましたが、その際に他の本を探すことよりもスケビを2冊買うかを悩んでおりました(笑)明日にでも行ってみます。

しかしこれを買うとなおさら艦船ちゃん(?)が作りたくなりますね。一隻買うと他の物も欲しくなって、しまいには連合艦隊を揃えたくなるのが目に見えているので購入を控えておりますがいつまで我慢がきくか・・・・

投稿: まつよっし | 2008年12月17日 (水) 15時02分

ブログ再開!
まってました!。

入院されていたとか、、。
お身体には気をつけてクダサイね。

投稿: apuro | 2008年12月17日 (水) 16時05分

遅まきながら復帰おめでとうございます。

>模型仲間から「当時は搭載機は搭載しなかった」

よしんばそうだったとしても、私ならあえて載せるかと思います。だってその方が見映えいいもん。零式小型水上機も、潜水艦から降ろしていたときの方が多かったわけですが、それでもやはり載せるでしょうね。

我々の手がける模型は「博物館模型」ではないので、おかしくない程度の脱線や演出は大いに結構だと思います。

でも、随伴艦のものとはいえ、載せていることがはっきりとわかる写真があったのですねぇ。

チハタソ祭り、お越しくださ~い。

投稿: t-wak | 2008年12月17日 (水) 18時51分

ご退院 おめでとうございます。

矢矧にそのときまで零式三座水偵が載っていたとは驚きです。 
うる覚えですが、大和の艦載機は全部帰したというのを読んだことがあったので、
矢矧も同様と思っていました。

ハセガワが350で企画しているようですが、
赤城にしても評判がわるいですねぇ~。

阿武隈型は好きなカタチなので、作ってみたいとは
思いますが(ほとんど寝言に近いW)

投稿: nananiya72 | 2008年12月17日 (水) 21時12分

シミソさんお帰りなさい~私も今まで仕事が
忙しく暫くWEB離れしておりました><
矢矧艦載機考証・・・丁寧なご説明でただただ、
ほぉぉ、と溜息つくばかり^^こういう写真を
ジーっと見て推測できません><基本的にもっと
勉強しないとダメですね・・・
こういう風にして、手持ちの資料を穴が空くほど
見て、みなさんそれぞれ御自分だけのMY考証!?
を確立されてるのですね^^私も持ってる資料を
今一度眺めてみます!?
丸スペは新刊なのでしょうか?準鷹・・・ただでさえ
空母詳しくないのにましてや後期になっての空母群
は私には分からないことだらけです。。
迷彩は避けたい・・・心理なのでしょうか><
零戦32型は積みプラもあるしその内作りたいので、
ぜひ手に入れたい一冊ですねー

投稿: ロコ | 2008年12月17日 (水) 22時46分

沖縄作戦に艦載機も乗せて出撃した
のは知りませんでしたし、疑問も
わきませんでした 全機発艦しなかった
わけですね それでも艦艇に飛行機を
搭載するとグッと引き立ちますよね
セクターのG50フィン空の完成をリクエストします 私もイタリア空軍を
持っていますので参考にさせていただきたいです

投稿: あきみず | 2008年12月18日 (木) 21時45分

矢矧、隼鷹のいずれもとても参考になりました。通説のコワさがよくわかる事例ですね。

投稿: XJunで〜す | 2008年12月19日 (金) 22時36分

やりましょう フジミの足柄♪
私の方に那智があります。というかそれしか持ってませんので(笑)
那智でいってみます。

投稿: ハヤテ | 2008年12月20日 (土) 08時17分

訪問遅れておりましたが、ご復帰おめでとうございます!~
各地で年末に向けた制作活動を尻目に毎日動かぬPCとはかどらぬ仕事の年末ですけど、のたのた作成してますわww

丁度本日はでっち上げカタパルト作成の予定なんで参考にさせていただきやす(^^ゞ

投稿: SAIUN | 2008年12月20日 (土) 09時42分

●シロイルカ殿
レス遅くなり申し訳ありません。

記録写真のみならずノンフィクションの戦記物なども読んでいると
ときどき「あれ?」と思うようなことが書いてあるのですね。

一時期戦記をけっこう読んでいたのでおぼろげながら覚えていることがあるのですが
矢矧ではなかったかもしれませんが、大和か矢矧の水偵の搭乗員の話を読んだような記憶があります。
御本人の回想か戦友が聞いた話か、はたまた作家が調べて書いたものか
今となっては定かではありませんが・・読んだ記憶だけあります。

これを裏付ける写真があると確定できるのですが
その写真がなかなかないのが旧日本軍ですね。

今回の自分的な目玉は「準鷹」の飛行甲板迷彩です。
記事に書いてあるとおり、あるとは記述はあるものの
それと分かる写真を知りませんでした。
それを目の当たりにしたものですからサラッと書いている割には興奮しております(笑)

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 22時47分

●まつよっし殿
レス遅くなり申し訳ありません。

この雑誌はどちらかというと題名の通りに
「烈風」を作りたくなります。
マジに模型屋に行こうと思いましたもの(笑)

「烈風」はファインの1/72を過去に作りましたが、
1/48は作っておらず在庫にもありません。
なぜか購入には二の足を踏んでいるというか・・・
機体自体は嫌いというわけでもないんですがねぇ?

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 22時52分

●apuro殿
レス遅くなり申し訳ありません。
ありがとうございます。

体のほうはほとんど回復しているのですが
どうも何かをするという気力がなく
仕事から帰るとボケ~~~~ッとしている毎日です。
今回の怠け癖は重症かもしれませんねぇ(笑)

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 22時55分

●t-wak殿
レス遅くなり申し訳ありません。
ありがとうございます。

史実や形状を忠実にするなり、デフォルメやフィクションを入れたり
模型作りには色々な楽しみ方があるので私も楽しみ方にはどうこう言うつもりはあまりないですが
特定の話題が出れば知っていることは出すということでしょうか。

>チハタソ祭り、お越しくださ~い。

一応キットは用意してあるんですが、要綱はまだ見ておらず、参加要領も分かっておりません。
エントリー受付はどこですればいいのでしょう?

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 23時03分

●nananiya72殿
レス遅くなり申し訳ありません。
ありがとうございます。

矢矧の水偵については写真集から結構前から知っていたのですが
大和の水偵に関しては4~5年前に調べた文献で初めて知った次第です。

確認したわけではないので正しいかどうかは分かりませんが
このような記述もありました。
【始めに大和機が発進、哨戒にあたり、その後に矢矧の一番機(371-01)が発進、二番機は待機。
大和の水偵は212-01号機の搭乗員は出雲上飛曹、周富士一飛曹。
全ての機は突入直前照明弾を投下し味方を誘導、
その後に特攻攻撃を命じられていましたが、大和一番機は一旦指宿基地に帰還、爆装待機中に作戦中止になりました。】
模型で再現しても良いかもしれませんね。

ここ10年くらいは艦船物は1/700でもエッチングパーツてんこ盛りの
金満デティールアップ作品が模型誌をにぎわせ
気楽に作れなくなったような気がします。
さらに最近ブームの1/350は1/700で細部再現に目が肥えたモデラーが
サイズが大きくなったことによりアラさがしをしている結果であって
評判が悪いように聞こえるだけだと思いますよ…個人的な見解ですが(笑)

>阿武隈型は好きなカタチなので・・
渋いですね~、5500tのスマートな艦形はそそりますよね。

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 23時16分

●ロコ殿
レス遅くなり申し訳ありません。
ありがとうございます。

以前は模型を作るというよりも戦史を読んだり写真を眺めているのが好きだったんですよ。

模型のほうは飛行機主体ですが、写真は艦船が多かったです。

丸スぺは今月に出版されたものだと思います。
(1月別冊とありますし・・。)
退院の次の日にいった書店の棚にあったものでして
出版の情報は持っていませんでした(汗)

いつもならこの手の特集は立ち読みで済ませることが多いのですが
記事にもありますように「烈風」に限らず色々な興味のある写真が掲載されていたので購入しました。

艦船も赤城、加賀関連や海鷹、しまね丸等なかなか面白い写真がありますよ。
あ、私は出版社とはまったく関係ありませんよ(笑)

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 23時24分

●あきみず殿
レス遅くなり申し訳ありません。

大和・矢矧の搭載機については前の方のレスと重複しますが
要約すると
・進路の対潜警戒
・照明弾による突入後の進路誘導
が任務だったようです。
その後(発進時に爆装済)機体は突入する計画だったようです。

史実と違っても自分の好きなように作るのが良いと思いますよ。
たかが模型、されど模型です(笑)

>セクターのG50フィン空の完成をリクエストします 
この機体は何故中断したか覚えていないんですよ。
たぶん何かの祭りが始まったので(Bf109祭り?)
そちらを優先しちゃったのかも。
モチベーション的にはまだ低くないキットの一つです。

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 23時33分

●XJunで〜す殿
レス遅くなり申し訳ありません。

準鷹に関しては(すでに周知の事実なのかもしれませんが)
自分的にはかなりの発見です。

在庫にタミヤの「準鷹」があるので、いずれ再現してみたいですね。
(別角度からの写真がもう一枚でもあれば迷彩をかなり解析できるのですが・・・)

個人的な意見ですが雑誌のライターは最近の方々は勉強不足だと思いますよ。
私らみたいな素人が知っていることを知らないことが多いですから。
それを存在しないがのごとく記事にしちゃうところが怖い(笑)

★ちなみに「飛鷹」の飛行甲板迷彩資料の存在があるらしいですが
沈没時期と迷彩導入時期から「飛鷹」にも迷彩導入計画はあったかもしれませんが実際の塗装はなされず
図自体はあったとしても予定していた塗装(これは実際になるとどうとでも変更になりますね。)予定図、悪く言えば想像図であり
信頼率はかなり低い(個人的には信頼度10%未満)と言われています。★

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 23時39分

●ハヤテ殿
レス遅くなり申し訳ありません。

では新年(べつに年末でもいいですが。笑)になったら
妙高級やりましょう。
御賛同される方が多数あれば「祭り」になるかもしれませんね(笑)

では机の横の積みの一番上に置いておきます。
二番目はチハタソ祭り用戦車?(爆)

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 23時43分

●SAIUN殿
レス遅くなり申し訳ありません。
ありがとうございます。

PC不調ですか。
私は体調不調でしたがなんとか回復しました。
同年代としても季節がら御自愛ください。

そう言えば私もSAIUNさんの所にご無沙汰かもしれません(汗)
どうも怠け癖かPCを開くことすら途切れがちになっております。
では、何をしているかというと・・これが何もしていない(笑)
ボケ~~~ッとTVを見るでもなし見ております。
いけませんね、何か行動をおこさなければ。

投稿: シミソ | 2008年12月20日 (土) 23時48分

今晩は。
入院されていたのですね。
その前にお会いしていたので驚きました。
退院おめでとうございます。
今年もあとわずかですが、ご自愛のほどを。
元気になりましたら、金沢の模型店の引率を
お願いします(笑。

投稿: satonobu | 2008年12月21日 (日) 21時46分

ええと、チハタソ祭りの件ですが。
コメントスパム防止ということで、文中にURLの貼り付けができません。

最近、コメントスパム対策をとるプロバイダやサーバが増えてきているのは喜ばしいことなのですが、どうも一律に規制に引っかかってしまうのは一考を要しますね。

と、それはとにかく。
スケールやキット名の表明は必要ありません。制作対象は「チハ系列」ということで、派生型もオーケーです。

今夜にでも、私のブログ上にURLを貼り付けましょう。面倒をおかけしますが、そこから祭り会場のトップページへとお越しください。

投稿: t-wak | 2008年12月23日 (火) 16時23分

おかげさまで矢矧1945完成いたしました^^

この記事にリンクを貼らせて頂きましたのでご報告いたします。

妙高級作られますか、いいですね~^^

投稿: シロイルカ | 2008年12月23日 (火) 17時00分

●satonobu殿
レス遅くなり申し訳ありません。
ありがとうございます。

お会いした時点ですでに決まっていたのですが
調子が悪いということもないので普通にしていました(汗)
術後の結果も大したことがなかったのでホッとしています。

>金沢の模型店の引率をお願いします(笑。

来年天気が良い時にでも行きましょう。
あ、仕事も落ち着いているときの方が良いですね。
ちなみに私は特に忙しいという月もなくいつでもOKです。
時期をみてお声かけいたしますね。

投稿: シミソ | 2008年12月23日 (火) 20時57分

●t-wak殿
了解いたしました。
祭り会場にも書けるようでしたらコメ入れますが
当ブログ左上のWEBコンにリンクを付けてもよろしいでしょうか?
あ、ご返事は祭り会場にコメントコーナーがあればそちらでお願いします。

投稿: シミソ | 2008年12月23日 (火) 21時01分

●シロイルカ殿
了解しました。
でも報告はお付き合いしていただいているので別にしなくてもいいですよ。
(昔書いたのはまったく未知の方が当ブログ記事や名前を勝手に書かれていた(らしい)ので、です。)

>妙高級作られますか、いいですね~^^
一緒にどうですか?
あ、条約型(重)巡洋艦として高雄級でも良いのでは?

これを書くとウチには高雄と鳥海の手付蜜柑キットがあるあるんですよねぇ(笑)

投稿: シミソ | 2008年12月23日 (火) 21時07分

あ!なにやら甲巡祭りの気配が♪
我が家の小さいドック(パソコン机w)にはまだ鵜が
「来年も鵜年w」とばかりに居座っておりますが、もしも開催となればいつ頃位になりますでしょうか。
私はお祭りでもないといつまでたっても完成しないんです(爆;)

3枚目、重油漂う海面の点々は乗組員の方の姿でありましょうか・・胸に迫る写真であります。。

投稿: hagu | 2008年12月23日 (火) 22時11分

●hagu殿
>あ!なにやら甲巡祭りの気配が♪
とりあえず新年開始を予定しておりますが
まだハヤテ殿と私だけの目論見ですのでどうでしょう?
でも以前「Bf109」の時も2人だけだったのが「Bf109祭り」に発展していったので
もしかするともしかするかもしれません(笑)
5人くらい集まれば「祭り」に発展させてもいいかもしれませんね。

>3枚目、重油漂う海面の点々は乗組員の方の姿でありましょうか・・

おそらくそうでありましょう(合掌)
でもこのくらいやられても矢矧の生存者は比較的多かったような記憶があります。
(艦の破壊の程度の割にはという意味ですが・・)
当時の鬼畜米軍機の漂流者の機銃掃射がなければもっと生存者は多かったと思われます。
東京裁判のようなものが米軍にも当てはまったなら
可成りの人数が死刑だったでしょうね。
(私は貝になりたい・・・。)

投稿: シミソ | 2008年12月23日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復帰 | トップページ | リハビリ? »