« 「寿」41型エンジン | トップページ | 1/72 シーハリアーFRS.Mk1 ① »

2008年10月23日 (木)

1/72 九六式4号艦上戦闘機 その1

前回の「寿41型エンジン」の機体は九六式4号艦上戦闘機でした。

まだフジミが元気に1/72ラインナップを出し脂の乗っていた時期のキットだったと思います。

いろいろ形式が出ていたのですが最近はラインナップの縮小整理されたようで定番商品化されたみたいですね。

0441 ・前回のパイピングしたエンジンを塗装するとこうなりました。

.

.

05 ・ジャンクのパイロットを乗せます。

飛行服の色が少しこげ茶色すぎました。

.

06_964 ・1/72の単発機でデッチアップもエンジンだけなのであっという間の”士の字”(水平尾翼は後付けなので正確には”十の字”)です。
せめて機体番号以外は塗装で仕上げましょうか・・・。.

.

全体塗装の準備がまだ出来ないので次回更新は
1/72 シーハリアーFRS.Mk1」・・・かな?

PS.完成は5年後(爆)記事はこちら(←クリックで飛びます)

|

« 「寿」41型エンジン | トップページ | 1/72 シーハリアーFRS.Mk1 ① »

航空機模型 (AIR)2008」カテゴリの記事

コメント

ある程度模型の肝みたいなのが分ってくると、色合いに目が行くようになりますが、フィギュア等の色合いも、スケールによって濃淡から色彩まで違ってきますから、同じ色なのに気楽に塗ると自分では違うんぢゃ無いかな、って思うことがよくあります(笑)

投稿: ⊥TT | 2008年10月23日 (木) 22時15分

●⊥TT殿
フィギュアはスケールを考えないで塗装するとこうなりますという
失敗の見本みたいですなぁ(笑)

ブラウンがなくマホガニー(濃い焦げ茶)にウッドブラウン(赤っぽい茶色)を混ぜたらこうなりました。
しかもブラックでスミイレしているし・・・(笑)
塗りかえるのも面倒なのでこのままいきました(爆)

投稿: シミソ | 2008年10月23日 (木) 22時27分

色が付くとグッと感じがでますね♪
十の字は私も同じなんですが、この機を立てたら
⊥マークに見えますね(爆)

追伸 私の使っている携帯用イヤホンのコードの
銅線の1本の太さは0.1mmらしいです。

投稿: ハヤテ | 2008年10月23日 (木) 22時38分

●ハヤテ殿
そういえば⊥ですね(笑)

>銅線の1本の太さは0.1mmらしいです。
極細ですね。
1/700用でもないんですが前回レスに書いた銅線は
調べたところ、「フラッグシップ」という会社の製品で0.08mm×5m の150円でした。

どうもこの手の細いものをピンと張るのが苦手です。
なのでコックピット内の配線等にしか使っていません。
(ピンと張らせたいところに使用すると
直後はピンと張っているのにいつの間にやらへロヘロになっています。悲)

投稿: シミソ | 2008年10月24日 (金) 00時39分

エンジンが質感たっぷりですなあ・・・この機体は完成後も結構エンジンが見えるので効果的な工作ですね。。ワシも至高でパクらせて頂きます(ペコリ)実はこの記事を読んで1/48の96艦戦が作りたくなってきました(笑)

投稿: まつよっし | 2008年10月24日 (金) 16時06分

うわー、すごいなぁ。
エンジンの表現、
きれいだね。
96艦戦、今、作りかけ。
参考、参考。
ワクワク!^^

投稿: apuro | 2008年10月24日 (金) 20時15分

96艦戦銀塗装ですが防錆のアルマイト
をどのようにされるか楽しみです
羽切機は黒が基調の精悍な機体ですね
いまからワクワクします

投稿: あきみず | 2008年10月24日 (金) 20時47分

96艦戦のエンジンマウントってこんなにごっつかったんですね…
零戦に比べるとかなり念入りな感じですね~振動対策なんでしょうか?整備の寿光さんが大変そうです(笑)
1/72での作り込みさすがです…1/48ならまねできるかも…

投稿: シロイルカ | 2008年10月24日 (金) 21時55分

●まつよっし殿
96艦戦の1/48キットは持っていないので1/72を弄くりまわすしかないんですが
96式4号艦戦の1/48キット(レジンではなくインジェクションで)は出ませんかねぇ。
Fmさんは何故4号艦戦は出さなかったんでしょう・・・。

投稿: シミソ | 2008年10月24日 (金) 23時46分

●apuro殿
もしエンジン抑えを再現されるのでしたら
もう少し細い金属線が良いと思います。
電線を解したものでもまだ太く感じます。

ただ細くなるにしたがって切れやすいというか
加工もしにくくなってくるんですが・・。

投稿: シミソ | 2008年10月24日 (金) 23時49分

●あきみず殿
>防錆のアルマイト

これがまたかなり再現のしにくいものですね。
頭の中では塗装手順はできているんですが
想像だけですので上手く表現できるかどうか
ちょっと自信がありません。
今回ばかりは一度何かに試し塗りしたほうが良いかもしれませんね。
(いつもぶっつけ本番なので・・笑)

投稿: シミソ | 2008年10月24日 (金) 23時52分

●シロイルカ殿
>96艦戦のエンジンマウントってこんなにごっつかったんですね…

いや、もう少し細い金属線です。
電線を解した金属線でも1/72は少々太すぎてみえますので
1/48なら丁度いいかもしれません。
(逆に細すぎるかな???)

この96艦戦のエンジン取り付け時の際の裏側がどうなっているか解らなかったのですが
案外裏側から整備がしやすかったのかもしれませんね。

投稿: シミソ | 2008年10月24日 (金) 23時57分

一般的な導線の単品、細いので0.2ミリ。
さがせば0.08ってのもあるね。
ピアノ線の0.1ってのがあるよ。

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=pmodel&page=3&nid=55007&start_range=54891&end_range=55217

投稿: apuro | 2008年10月25日 (土) 18時56分

●apuro殿
0.08mmは艦船模型の貼り線や航空機アンテナ線に使用と書いてあります。
銅線なので軟らかく加工も容易ですが
直ぐに緩んでしまいます(これは私が下手なのか…)
あと、ちょっと力を入れて引っ張るとすぐ切れますね。
(そう考えると人間の髪の毛は強いですね。)

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「寿」41型エンジン | トップページ | 1/72 シーハリアーFRS.Mk1 ① »