フォト
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アクセスカウンター

注意・Caution

  • 当ブログに掲載されています画像に関して、いかなる場合においても管理者の許可なく二次利用することはご遠慮ください。画像の権利は撮影者に帰属します。 また、当ブログに掲載されています画像・文章などに対して、管理者の許可無しに直接リンク・無断転用などを行うこともご遠慮ください。

美女キャンパス

  • 美女キャンパス

« 1/72 ハリアーGr Mk3 ② | トップページ | シュペルエタンダールの機体上面塗装色 »

2008年10月13日 (月)

1/72 シュペル エタンダール ①

サニー1/72 シュペルエタンダール(Super Etendard)

030405 .

.

.

・前回記事にしたようにコックピット内に計器盤や操縦幹はありません(笑)
適当にでっち上げていかにも弄ってあるように見せます。

・弄った箇所はもちろん正確ではありません。パイロットのヘルメットも使用したフィギュアはバイザーが内部格納仕様なのでウソです。

・胴体の貼り合わせと胴体側面のエアインティクの仮合わせをしてみましたが、古いキットにもかかわらず段差やズレもほとんどなく合いはかなり良いですね。

後ろの機体は並行製作中のハセガワ1/72ハリアーGr.3(HARRIER Gr Mk.3)と同じくハセガワ1/72シーハリアー(SEA HARRIER FRS Mk.1)です。(なんだか手付キットが増えているような気がしますね~。爆).

« 1/72 ハリアーGr Mk3 ② | トップページ | シュペルエタンダールの機体上面塗装色 »

航空機模型 (AIR)2008」カテゴリの記事

コメント

これでシーハリアーと両軍あい対する
わけですか アルゼンチン空軍の塗装
とマーキングがどの用になるのかわか
りませんので興味があります サニー
のキットは買ったこともありません
が作りやすそうですね

いつもながらのシミヤンタッチ。
 毎度惚れ惚れしますね 操縦桿がなくったて計器版が無くたって全然無問題! 三枚目の画像のようにキャノピー被せればほとんど見えないし 1/72のスケールだから此処まで出来る事が素晴らしい。作った事の無いジェット戦闘機 こんなの見ると「自分にも出来るんじゃあない?」と思ってしまう。

●あきみず殿
私も付け焼刃であまり詳しくは無いのですが
シーハリアーと空戦というか組み合わせは
ミラージュⅢEあたりが良いようです。

個人的に組み合わせると
ハリアーGr.3 VS A-4B/Cスカイホーク&プカラ
シーハリアー VS ミラージュⅢE(ダガー)
でしょうか(あくまで個人的な組み合わせです)

サニーのキットは多分絶版だと思います。
エタンダールは後発にアカデミーの1/72キットがありますし
手に入れにくいですが本家エレールから1/72,48キットが出ています。

●マック殿
たんにでっち上げの誤魔化しに長けているとでも申しましょうか…(笑)
まともな方が見るといかに適当か鼻で笑われるレベルです。

私もジェット機は経験値がとても低いので
まだまだ手探り状態です。
なので貼り合わせ部の処理とか基本的作業以外はでっち上げか何もできません。

>「自分にも出来るんじゃあない?」
マック殿の技術なら十分できると思いますよ!

見せ所を押さえたDアップで、勉強になります。
ヘッドレストのあたりは特にイイ感じですね。
やはり、パイロットが乗ると飛行機がイキイキ
して楽しいです。
シートベルトはマスキングテープですか?

シュペルエタンダール、知らない機体だったので、
完成が楽しみです。

こんばんは、シミソさん
シュペルエタンダール 来ましたね!
めったに見られない機体の製作なので
楽しんでいますよ~
それと、ジェット機の増産体制に入っているような?
ではでは

ずいぶんときつめのコクピットですね~この中での長時間飛行&索敵は大変そうです。しかも道中は超低空飛行だったようだし…さすがに冒険心に富んだスペイン人の末裔だけのことはありますな~
ところでデカールは生きているんでしょうか?アルゼンチン海軍の別売りデカールを入手するのは大変そうですよね(笑)

●pierre k殿
実際の機体と違ってイメージでそれらしく弄っているだけの
適当工作なんでDアップというよりDアゲです(汗)

シートベルトはマスキングテープです。
以前は鉛板をよく使いましたが、手に入りやすさ厚みや加工のしやすさなどから
マスキングテープが最も自分に合っていると思うようになりました。
(塗装も引っ掻いても鉛板のように剥げませんし。笑)

●mabo殿
シュペルエタンダールの写真は色々とあるんですが
ものによって機体上面の色が全然違って見えるので困っています。
次回は愚痴記事にでもしてさらそうかと思います(笑)

ハイ!ジェットの量産に入っています・・オイオイ(笑)
他にもA-4Qスカイホークなんぞ弄りたくてたまらないのですが
さすがに4機目も手をつけるととんでもないことになります。
(他にリンクスやシーキングのヘリコプター、空母H.M.S.インビンシブル、アルゼンチン陸軍のLVTP-7
などなど手を出したいのを抑えている状況です。笑)

●シロイルカ殿
実機の写真を見るとここまで狭っ苦しいようには見えません。
多分他から転属させたパイロットを乗せたせいかもしれませんね(笑)

狭いよりも照準器のようなもので前方視界がかなり悪いようなので
目視飛行はできるのかいなとそちらの方が気になります。

>デカールは生きているんでしょうか?

見た目では多分ミイラ化寸前だと思われ
70~80%以上危ない方だと・・・。
デカール秘密兵器を持っているのでどこまで通用するか分かりませんが
試してみます。(使用時はブログでアップします。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1/72 ハリアーGr Mk3 ② | トップページ | シュペルエタンダールの機体上面塗装色 »

アナログ時計

1/32航空機 (Aircraft)

  • Fw190f8_09
    完成させると置き場所に困るので完成機はまだ1機。

1/48航空機(Aircraft)日本機

  • 特殊攻撃機 橘花 08
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機です。

1/48航空機(Aircraft)外国機

  • P-47N-1-RE 11
    初期の頃の素組み、素塗りから現在までの1/48航空機(外国機)です。

1/48航空機(Aircraft)ディオラマ

  • Battle of Britain 07
    1/48航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)日本機

  • 零式艦上戦闘機52型 09
    最近1/72は目にきつくなってきました・・・。

1/72航空機 レシプロ(Aircraft)外国機

  • Fw190D-9 11
    ドイツ機のインクスポット迷彩なんて もう1/72じゃきびしいかなぁ・・・。

1/72航空機 ジェット(Aircraft)

  • F-86F-40 06
    ジェット機は苦手~

1/72航空機(Aircraft)ディオラマ

  • F4U-1A 08
    1/72航空機キットを使った簡単なディオラマです。

1/144航空機 (Aircraft)

  • 四式重爆撃機「飛龍」09
    1/144航空機模型です。 息抜きで適当に作っているので素組みです。。

1/35 AFV (Vehicles)

  • M4(初期型) & M3A1 02
    2005年7月に20数年ぶりに1/35AFVに出戻り  

1/35AFVディオラマ(diorama)

  • M3 Stuart In New Guinea 06
    大掛りなものはありません。

1/48AFV(Vehicles)

  • 2.5ton6×6カーゴトラック 06
    ほとんど作らないので数は少ないです。

1/76・72 AFV(Vehicles)

  • IV号対空戦車ヴィルベルヴィント カモフラージュ 10
    2003年9月~に製作した ミニスケール(1/76・72)の完成品です。 ・・ミニスケ・・

1/76・72AFV ディオラマ(diorama)

  • 17_sdkfz11
    ミニAFVを使った簡易ディオラマです。

1/700艦船模型(Ships)

  • 南極観測船「宗谷」 11
    主に1/700WLの完成品です。(随分古いものもあります。) 個人で使用し楽しむぶんには構わないのですが、昨今の某雑誌のアフターパーツを使っていないと認めません的な記事は駄目ですね。

1/144~艦船模型(Ships)

  • U-BootⅨC 13
    最近流行りの1/350は潜水艦しかありません。

鉄道模型(railroad layout)

  • 消防団
    1993年頃に作ったレイアウトです。 埃まみれで作動しないかもしれません。 Nゲージ

その他(etc.)

  • M-21881式雪風型宇宙突撃駆逐艦 07
    雑食なもので…(笑)

1/72雷電を作ろう(再)

  • 02
    2005年2月「旧トピ出張所:プチ雷電祭り」で出品した「ハセガワ1/72雷電」製作過程を紹介。一旦アルバムより削除しましたが、ご要望によりこのブログに再掲いたします。 写真クリックにて解説あります。
無料ブログはココログ