« 1/72 九六式4号艦上戦闘機 その1 | トップページ | ウッチー特製必勝祈願弁当 »

2008年10月25日 (土)

1/72 シーハリアーFRS.Mk1 ①

まだ全体塗装に取り掛かれないので手付キットをどんどん進めましょう。

今回は”ハセガワ1/72 シーハリアーFRS.Mk.1

詳細は画像に直接書き込んでありますので、クリック拡大してみてください。

・コックピット

05 ・シーハリアーFRS.Mk.1のシートマーチンベイカーMk.10らしいのですが、資料が見つけられず以前ネットで見つけたマーチンベイカーMk.9を参考にして射出シートを弄ってみます。

といっても1/72なのでかなり適当です。
(へたに弄りすぎると1/72ジェット機の場合はコックピットに収まらなくなる恐れがあります。)

.(このシートはマーチンベイカーMk.10でいいのかもしれません

101102_2103 .

.

.

サイドコンソール等の計器も立体化すればよかったのですがデカールで済ませてしまいました。

以下はシーハリアー製作時のとても素晴らしいデテールアップポイント記述の記事を見つけたのでそれを参考にさせて頂いています。
(ただ文章主体の.図面との記事だったので立体化したこの記事はかなり参考になると自画自賛。笑)

・胴体各部

104105106 .

.

.

・主翼

107108 .

.

.

・30mmアデン砲、補助インテーク

110111109 .

.

.

位置の間違いや省略してあるアンテナ等は塗装後に加工し取り付けるのでこれですべてではありません。

先行製作のハリアーGr.3はほとんど素組みなので比較しても面白いかも・・。

BAe シーハリアー. SEA HARRIER ,British Aerospace
ハセガワ1/72 シーハリアーFRS.1

 

 

|

« 1/72 九六式4号艦上戦闘機 その1 | トップページ | ウッチー特製必勝祈願弁当 »

航空機模型 (AIR)2008」カテゴリの記事

コメント

やりますねぇ~♪
ここら辺の弄りがもっともワクワクするところなんです。

よしっ!この勢いでジェーットエンジン行っちゃって下さいませ。

そー言えばジェットエンジンってどういう仕組みになっているのか
知らんです(汗)
序にそこら辺の講義もお願いしてみる(爆)

投稿: ハヤテ | 2008年10月25日 (土) 09時56分

すっすごい!だいたいジェット機の仕組みなんてあまり知らないし、資料もないのでこの様なDUは大変参考になります。たしか1/72のハリアーは2機くらいあったような気がするので製作の際には参考にさせていただきます。勉強になりますなあ・・・

投稿: まつよっし | 2008年10月25日 (土) 15時00分

そうかこっちはシーハリアーなんですね…

すばらしいマーチンベーカーの画像ありがとうございます^^

帰ったら私も作りかけのハリアーを見てみることにします(笑)

投稿: シロイルカ | 2008年10月25日 (土) 19時44分

こんばんはシートは
ここからですか??
   ↓
http://www.ejectionsite.com/frame_sg.htm

左側のメニューから MB MK.10を選んでください
画像が出たら、そこらじゅう突っつけば色々見られます。

でも、見たからといって、ワタシの場合 途方にくれるばかりなり(爆)

投稿: nananiya72 | 2008年10月26日 (日) 00時10分

ジェットはただひとつだけでっかい「盛行」ってキットがありますが・・・箱を開けるまでいたっておりません(笑)
自分もここでジェットの仕組み勉強させていただきま~す!!んで是非!!

投稿: SAIUN | 2008年10月26日 (日) 07時42分

操縦席のDアップ、お見事です。
それにしてもジェット機の座席周りは複雑で、
解かりづらいです。
機体表面にも、あちこちにDアップポイントが
有るんですね。私なら、実機写真を見ても見
逃してしまいそうです。

投稿: pierre k | 2008年10月26日 (日) 07時45分

やあ、ほんとうにすごいです。私のは胴体のスジ彫りで停滞しておりますので早く進めたいのですが、モチベがいまひとつあがりません。
ところでこのタイプのシートにはフェイスカーテンハンドル(頭上部の虎縞模様の輪っか)はついていないのでしょうか?

投稿: realjukuchou | 2008年10月26日 (日) 20時16分

72でこの各部の精緻な造作、壮観であります。
プロペラ機にも使える技術が盛りだくさんで非常に勉強になります♪

疾風殿のおっしゃるジェットエンジンにもとてもそそられるのですが、ジェット機の場合外部から(排気口付近などから)垣間見ることは出来るのでしょうか。(機体構造も全く無知でお恥ずかしいですっ汗;)


投稿: hagu | 2008年10月27日 (月) 17時57分

細かいところまでよく再現されてますね。
わたしも作る前に、実機写真なんかを見ていて、この部分とこんところだけはディテールアップしようと思うのですが、作ってる途中でいつも尻切れになってしまいます。ご健闘を祈ります!

投稿: g_scotch | 2008年10月27日 (月) 22時01分

あ、フェイスカーテンハンドルのない理由がわかりました。ご紹介いただいた記事をよく見ないといけませんね(笑)。
キャノピーを突き破る前に爆砕しちゃえ、という感じでしょうか?

投稿: realjukuchou | 2008年10月27日 (月) 22時15分

●ハヤテ殿
ハリアーのエンジンは4つノズルがあるので大変です(笑)
しかもジェットは手を付け始めたところなので
ど!初心者です。
たぶんジェットエンジンを弄ろうと思うのは
現用機(というより1950年以降?)は全くわからないので
He162やMe262あたりのエンジンでしょうか・・・。
在庫でエンジンパーツ付きのキットは上記2機種と
ミーティアくらいでしょうか・・。

投稿: シミソ | 2008年10月27日 (月) 23時44分

●まつよっし殿
今回は記事にもあるようにシーハリアーの詳細な資料があったので
ほとんどパクリのようなものです。
せいぜい2Dを3D化したというところです。
(モールドの違いとかRがなだらか過ぎとかあるようですが、そこはスルー・・笑)

ちなみに先行のハリアーGr.3も同じ個所をいじればよいようです。
まぁ、こまかく見ればハセガワ72のハリアーGr.3 は胴体下部のエアブレーキとか大きさが違うらしいですが。

投稿: シミソ | 2008年10月27日 (月) 23時49分

●シロイルカ殿
ジェット機を弄ろうと思ったら1/72じゃ小さすぎるように感じます。
やっぱり1/72は素組みで弄るなら1/48以上でしょうか。
ちなみにこのシーハリアーもそうですが
シュペルエタンダールも射出シートの上部にコードを付けたら
キャノピーが微妙に閉じなくなりました(笑)
Sエタンダールは強引に取りつけましたが
シーハリアーはキャノピー開にする予定です。

投稿: シミソ | 2008年10月27日 (月) 23時56分

●nananiya72殿
素晴らしい資料ありがとうございます。
ここを見るといちいち射出シートの資料を探しに彷徨わなくて済みますね。
なんとHe162の射出シートまで…。

記事中の射出シートは先日ジャギュアを作ったとき
たぶんイギリスの博物館のHpかどこかから拾ってきたものだと思います。
(お気に入りに入れていなかったので再訪できず。泣)

教えていただいたページによりますと、MBK.Mk.9と思っていたものは
どうやらMBK.Mk.10のようです。
いやいや本当に感謝です。

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時03分

●SAIUN殿
「盛行」ですか?
文字からすると中国のものでしょうか?
今でいうドラゴンやトランペッターとも違うようですね。

あ、そういえば長野合宿の持っていったタイタニックは
そんな名のようなメーカーだったかもしれません(笑)

なんだか非常に興味があります。
機会があれば是非製作記などを記事にしてください!

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時08分

●pierre k殿
コックピットもシートベルトは比較的一生懸命つけたものの
他の部分はそれらしく適当につけただけです(汗)
ジェット機の場合思いっきり弄りたいときは1/48でも小さすぎるかもしれません。

今回は写真を見たというよりも、他の方の手入れポイント記事をそのままパクっただけですので
偉そうなことは言えません(笑)

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時13分

●realjukuchou殿
いや~、私の場合スジ彫りは「何とかしないと」といつも思うだけで
そのままスルーします(笑)

フェイスカーテンハンドルはついていないようですが
シートのようなものがあるのでそれを引っ張って保護するというようなことがあるのか・・・もしれません。
スミマセン。よく知らないのですよ(汗)

nananiya72殿に教えていただいた射出座席のページは素晴らしいですよ!
是非見てみてください。

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時18分

●hagu殿
このシーハリアーという機体、塗装はフォークランド時代のものにする予定なのですが
デカールが入っている同時期の機体塗装は濃灰色なんですよ。
となると塗装の色にまぎれて弄った効果がなくなるような気がします(汗)
(明るい灰色塗装も増援部隊にはあったのですがデカールがないのです。・・基本的にジェットは細かなものが多いのでデカール使用。)

>外部から(排気口付近などから)垣間見ることは出来るのでしょうか。

たぶん見えないと思います。
七輪の中の連炭を真上から見たような感じでしょうか?(例えが…笑)

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時24分

●g_scotch殿
いや~、今回はまるごとパクリです(汗)
自分で調べたところはほとんどありません。
せいぜい確認で実機写真と付き合わせたくらいでしょうか。

レシプロ機なら比較的写真も読めるのですが
ジェット機の場合、構造的にいまひとつ把握していないものですから
見ていても流してしまっています。
(今回シーハリアーを弄っていて先行のハリアーGr.3に大きな間違い見つけてしまいました。
Gr.3のほうは一気にモチべ急降下です。)

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時31分

●realjukuchou殿
私も現用ジェット機の緊急脱出については全く知らないのですが
イメージとして
・キャノピーガラスを直接突き破って射出
・キャノピーガラスを爆砕し射出
・キャノピーフレームごと爆破、射出
の3種類が思い浮かびます。
あ、どこかの国の爆撃機だったかに
キャノピーボックスごと射出され機体は放棄するというのもあったような無かったような・・。

投稿: シミソ | 2008年10月28日 (火) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/72 九六式4号艦上戦闘機 その1 | トップページ | ウッチー特製必勝祈願弁当 »