« 1/72 ジャギュアGr1 完成 | トップページ | H.M.S. シェフィールド ① »

2008年9月14日 (日)

1/48 零戦11型 完成

零戦祭り 用の零戦11型 完成。

1101110211031104 .

.

.

局地戦闘機 零戦11型 ※1

昭和16年5月26日 黄河中流域
12空 中仮屋国盛三空曹機
  ※2

・以前より濃淡の塗装が物議をかもしだしている機体を再現してみました。

・主翼も写真がそう見えたので濃淡を付けています。

・機体中心部の塗装は少しムラになり汚くなってしまいました。

・排気煙や機銃排煙などの汚しは施していません。

参考文献

※1 学習研究社「零戦パーフェクトガイド」 P31
  零戦11型の初期生産分40機は「局地戦闘機」として発注。
  12試艦戦の試作機発注8機と合わせ、48機までが「局地戦闘機」  としての発注分。
  風防後部に特徴がみられるのは「局戦」発注分の機体。

※2 文林堂「世界の傑作機No.55 零式艦上戦闘機11‐12型」 P24

※このページのアドレスを無断で”j-aircraft.com”に張り付けたネチケット知らずの輩がいるようです。

右欄下の「注意・Caution」の日本語が理解できないようです。  October 21, 2011

※ There seem to be the etiquette-free people which stuck the address of this page on "j-aircraft.com" without permission.
I do not seem to be able to understand Japanese of "attention, Caution" under the right column.

|

« 1/72 ジャギュアGr1 完成 | トップページ | H.M.S. シェフィールド ① »

航空機模型 (AIR)2008」カテゴリの記事

コメント

アイヤー、山走りに疲れきって帰宅夕食後爆睡の夕寝、こんな時間に目が覚めた(汗)
ところで零戦、根拠がある塗装はどんな塗装であれ、見る者を引き付けます。
1000馬力級エンジン搭載の最強戦闘機デビューの瞬間のモデリングは妄想に浸れます(笑)

投稿: ⊥TT | 2008年9月14日 (日) 01時12分

●⊥TT殿
この季節は暑くもなく寒くもなく春と同様
夕寝の爆睡にはちょうどエエ季節ですね(笑)

長年作り続けている零戦も11型は初めて作りました。
今回の塗装法はムラを出してしまうなどイマイチ気に入らないので
遠いいつか(笑)リベンジしたい塗装ではあります。

あとはラバウルの応急迷彩零戦21型もやってみたいです。

投稿: シミソ | 2008年9月14日 (日) 02時17分

完成おめでとう御座います~
コンセプトを具現化し、完成後も明確に感じ取れるって、ほんとナカナカ出来ない事だと思うんですよ。画像にすると自分だけにしか判らない程度の効果しか無かったりするし。
ほんと、素晴らしいっス!

投稿: 黒石 | 2008年9月14日 (日) 02時37分

完成おめでとうございます!!
さすがビシッと決められますね★さすがであります!
11型ってキットだけ在庫してますが、まだ作ってません~★ってか最近は模型触ってないし(汗;
今日は雨模様なんでゆっくりと作業机に向かってみます(*^^)v

投稿: SAIUN | 2008年9月14日 (日) 08時04分

 完成おめでとうございます。

 不鮮明なモノクロ写真から色々と推理し、自分なりの結論を見出しそれを模型にする。まさにモデラーにのみ許された高度な楽しみかたですね。
 素晴らしい作品です。

投稿: pierre k | 2008年9月14日 (日) 08時05分

おほほほ
完成おめでとう!
キマッてます!
やっぱり、艶カウル、かっこいいよね。

投稿: apuro | 2008年9月14日 (日) 15時53分

完成おめでとうございます! 
見事な変色ぷりですね さすがです。
あと緑色に輝く補助灯がとても綺麗で
作品に品を感じます。
お疲れさまでした^^

投稿: mabo | 2008年9月14日 (日) 17時40分

完成、おめでとうございます。
このカウルの艶といい、機体の微妙な濃淡と
いい素晴らしいですね。
私には、やはり航空機は無理そうです(>_<)

投稿: akira383 | 2008年9月14日 (日) 19時52分

御介護、色々と大変だったと思います。お疲れ様でありました。

完成おめでとうございます。
零戦の塗装、写真は白黒ですので妄想するしかありませんでしたが、こうして実際に塗装された機体を拝見しますとじつにリアルであります。

眺めておりましたら。。また煙草が吸いたくなって
しまいましたw


投稿: hagu | 2008年9月14日 (日) 21時51分

完成おめでとうございます。
12空の11型と言えばのこの塗装、カラーで見ると『うんうん確かにこんな感じ』と思える楽しさがありますね。私もモチベーションアップのために佐々木譲さんのベルリン飛行指令を読みながらの作業でした、この零戦は本の内容とオーバーラップするな~

投稿: シロイルカ | 2008年9月14日 (日) 21時51分

完成おめでとうございます。
流石はシミヤン殿ですね~。
毎度の事ながら、神業的クロージング。あやかりたいものです。(笑)
途中画像で、汚れを意識しすぎか全体がぼやけてしまいそうな場面がありましたが、墨入れとツヤの調整で素晴らしい仕上がりになりましたね。
まったく、見事です。

しかし、貴殿の作品でツヤがきつめの作品というのは珍しいですね。
いつも新しい技法に挑む姿勢は見習わなければ…(汗)

投稿: J.パイパー | 2008年9月14日 (日) 23時34分

塗装による重みの表現に感服しました。
三菱製11型の艶有カウルも自然な感じでいいですね。

画像をモノクロに置き換えると残存する12空の零に
見えそうですが、
実機の色変えの真意が更に気になります(笑)

投稿: ハヤテ | 2008年9月15日 (月) 09時51分

●黒石殿
ありがとうございます。
今回の塗装は結構濃淡がはっきりしていたので境界が出せたと思うのですが
仰っておられる
”画像にすると自分だけにしか判らない程度の効果”は
私も10作れば9以上はありますよ(笑)

あ、でも飛行機模型のコックピットやエンジンのでっち上げは
まったくみえないので作りこみに関してはもっと確率が大でしょうか(笑)
戦車も砲塔内部や足周りの隠れるところなんかもそうですよねぇ。

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 10時58分

●SAIUN殿
ありがとうございます。

私も零戦の11型は生涯(大げさな!笑)初めて作りました。

模型弄りは気が向いたときに弄るのが一番ですよ。
そうしないと私のように蜜柑山在庫ばかりが増えていきます(爆)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時01分

●pierre k殿
ありがとうございます。

もともとは写真を見るのが好きで
実際仕事上でも白黒写真(のようなもの)は頻繁に見ておりまして
ある程度は写真を読めるかと自負しております。

で、趣味に合ったものだと一層のめり込むと申しましょうか…(笑)

都合よく手近に模型があり再現してみようとなりました。
ただし適当なところもあるため(だらけ?)嘘が多いと思いますよ(爆)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時07分

●apuro殿
ありがとうございます。

カウリングのツヤ
単体で見ているとグロス過ぎたかなと思いましたが、
いざ機体につけて見ると・・・

機体をツヤ消し気味のグロスにしていたので
急遽グロス仕様に変更して取り付けました(笑)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時10分

●mabo殿
ありがとうございます。
実はこの緑色に輝く補助灯
なぜかハセガワ48零戦11型の取り説には
両翼クリアーレッドの指示なんですよ。
箱絵は正しいんですけど・・。

過去の零戦もずっとグリーン・ブルー系に塗装していたので
大いに焦って文献を調べ直しましたらこの取り説のみの間違いでした(笑)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時14分

●akira383殿
ありがとうございます。

私には、やはり航空機は無理そうです(>_<)
いえいえ、
私もakira383殿のようなあの素晴らしい陸物の質感は出せませんですよ。
それでも恥ずかしながら陸物にもちょっかい出していますし(笑)
なんとかakira383殿の技を盗みたいと思っているんですけど
なかなか陸物は感覚が今一なので頭で分かっていても技術的に盗みきれていません(汗)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時19分

●hagu殿
ありがとうございます。
本人に続き妻までですから今年はなにかあったのかと(厄年でもないんですけどねぇ。笑)
まぁ、なんとか今週中にはかたが付きそうなので安心しております。

あ、白黒写真に変換して遊ぶのも良いかもしれませんね。
ヒントをいただきました。

タバコは横で吸われても欲しいともなんとも思わないのですが
ボケ~っとしていたりすると今でも時々欲しくなりますよ。
でもセーブ力?はついてきているようです(笑)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時22分

●シロイルカ殿
ありがとうございます。

>佐々木譲さんのベルリン飛行指令
このシリーズ3部作はどれも面白いですね。

ただこの手の本を読んでしまうと
出てくるメカのキットを探してしまう…
それが私の場合は押入れ大量在庫にあったりなんかするから困りものです(笑)

私の場合映画なんてとくに要注意ですね(爆)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時30分

●π殿
ありがとうございます。

>ツヤがきつめの作品

明灰白色の零戦や単色系にはけっこうグロス仕上げにしていますね。
濃緑色系や迷彩系は半ツヤかツヤ消しでしょうか。

ただスケールからいくと1/48以下のキットのピカピカグロス仕上げは
JMC好みの作品になりますね(笑)
個人的には飾り物っぽくなって好きではないです。
(旅客機やカーモデル除く)
そういうところからグロス系の作品は確かに少ないですね。

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時35分

●ハヤテ殿
ありがとうございます。

零戦11型は初めて作りましたが
作りに当たり文献を読み漁っていると
結構知らなかった新発見がありました。

もっとも模型で再現する分には半分も役に立っていないんですけど(笑)

カウリングをグロスにしたおかげでジタバタと機体のツヤを大幅に変更したのは内緒です(爆)

投稿: シミソ | 2008年9月15日 (月) 11時40分

11型完成おめでとうございます 初期の
機体は丁寧に作られていたのを、そのまま出来上がってきたようです 白黒で
撮るとイメージどうりになるのでは
無いでしょうか

投稿: あきみず | 2008年9月15日 (月) 22時41分

完成おめでとうございます。

色々と大変なご様子ですが、少し落ち着かれたのでしょうか。
くれぐれもお大事になさって下さい。
最近はツヤ有りが流行なのでしょうか?
胴体~主翼にかけて検証された色の加減が絶妙であります(笑)

投稿: ラッキーユダヤ | 2008年9月16日 (火) 16時08分

完成おめでとうございます。

作品は さすが! の一言です。
シミヤンさんらしいていねいできれいな作風がよくあらわれてます。

塗装の感じもええですな~ でも唐突に完成だったので少しびっくりしました(笑)

やはり零戦は11型~21型、ガンバって22型までですね、美しい零戦と呼べるのは。

投稿: g_scotch | 2008年9月16日 (火) 23時46分

●あきみず殿
ありがとうございます。
いずれ白黒写真に変換したものを記事中にアップできればと思っています。

白黒変換する場合は下の円形ベースは無い方が良いですね。

ただ色調変化の差が少ないのではっきりと出ないかもしれませんね。
(スケール的なものも考慮すると。)」

投稿: シミソ | 2008年9月17日 (水) 23時23分

●ラッキーユダヤ殿
ありがとうございます。
先日の連休中で
当ブログにも書いていますし
祭り会場にも記事アップできるほどに
雑用からもほぼ解放されつつあります。

>最近はツヤ有りが流行なのでしょうか?
単色系の場合(とくに零戦)はツヤ有りが似合うようです。
今回は違いますが迷彩機では実際はツヤがあるんですが
個人的にはツヤケシ気味のほうが好みです。

投稿: シミソ | 2008年9月17日 (水) 23時27分

●g_scotch殿
ありがとうございます。

>唐突に完成・・
あはは、すみません。

前回からやったことといえば
さらにグロスクリアーを吹いてスミイレしてマスキングを取っただけですので
あまり記事にすることもないと言うか
写真を撮る間もなく一気にやってしまったと言うところです(笑)

私も個人的な好みで言えば22型が一番好きでしょうか。

投稿: シミソ | 2008年9月17日 (水) 23時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1/72 ジャギュアGr1 完成 | トップページ | H.M.S. シェフィールド ① »